小説家になろうにてココナッツ野山(たぴ岡)先生が連載中の小説「ギスギスオンライン」についてまとめるwikiです

キャラクターネームョレ
魔法【クラフト技能】

概要

GumS Gems Onlineの運営ディレクターにして、自称一流のプッチョムッチョを弟に持つ。性格は一言で言えば傲岸不遜。事あるごとにヒューマンを煽ってくるが煽り耐性は無い様で、煽ってくる輩(主にコタタマ)に対しては直ぐに手が出る。公平性を重んじることを信条としており、正当性を重んじるモョモとはアカデミー?時代から対立していたようだ。

変身できる種族なので、小さなタコめいたちびナイ劇場に登場する第一形態、コタタマが「リア充の権化」と形容するヒューマンを模した第二形態、そして牙の生えた巨大なタコらしき第三形態を有する。

固有スキルはクラフト技能。発現させている%細胞の名前はNaive-Restore?。ョ%レの言によると「未だ見ぬ故郷」の意らしい。魔石を代償に捧げることで任意の物質を生成したり、戒律を刻んだりすることができるスキルである。その効果のほどは先生曰く「基本的に万能」であり、プレイヤーは初期段階においてはこれを細分化したものをそれぞれ個別に扱うことしかできなかった。作中では種々の金属による武器の製造や貨幣の偽造に始まり、毛皮によるエンドフレーム大に着ぐるみの産出、自動追尾や視覚強化の【戒律】の刻印、行動補助のブースターや相手に負荷を強いるダイスの生成、果ては惑星一つを包み込むほどの外殻の作成に至るまで、多岐にわたる使い方をされている。

ガムジェムNAiの存在、異常個体がバトルフェーズに出撃出来るなど、GumS Gems Onlineの仕様は本社が定めるものとは大きく異なっている。これらの仕様を定めたョレの目的は長らく謎に包まれていたが401話にてついに判明する。それは%?と敵対する勢力である天使の上位者、「神」の殺害。しかし、これもまた目的の一端でしかないようだ。

余談

モョモと対峙した際、勇者候補であることを持ち出したモョモに対して、「勇者。この世界で最も私が嫌いな言葉だ」と吐き捨てている。一方クァトロ個人に対しては特別悪感情は見せていないことから、勇者という概念に対する嫌悪と思われる。上記のョレの目的と関係があるのかもしれない。

また、櫻井氏とはかなり親しくしているようで、モョモから彼に危害を加えるとも取れる発言をされた際には目を攻撃色に染めた。時折公開される対話形式の記事を見る限り、定期的に飲みに行っているようだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます