ヌケニンテネブルとは生キタイ願望が具現化したものの行き着く先である。

解説

 通常リエンやドルキマス2元帥、雷マドロックなどのHPステータスを下げるSSを何度も使い、MAXHPを1にした通常版テネブルのこと。
 名前の由来はポケモンのヌケニンである。*1

 このテネブルの潜在能力には九死一生Ξがあるため99%の確率で敵の攻撃をHP1のまま耐えることができ、さらに戦闘不能の仲間の数に応じて上がった攻撃力で敵に大ダメージを与えることができる。
 ただ99%なのでやはり無限に耐えられるわけではなく、連撃などを喰らい続けるといつかは落ちるので注意すること。
 具体的には攻撃を70回喰らうとすると、その中で落ちる確率は50%程度までになってしまう。
 また、のろいもステータスダウンが解除されるためにMAX HPが戻ってしまうためにこの戦法が通じなくなる。

 完全にネタ戦法ではあるが、どうしても攻略できないクエストが今後あった場合一考の価値はあるかもしれない。
 実際ロマンを求めるユーザーがこれを使って様々な高難度クエストを攻略して楽しんでいるのを見かける。余力があり暇な人がやるイメージがあるからか「テネブる」とか言われたりもする。

 ちなみにダメージ効率が最も良いのは理論上テネブル3体の時である。3体もいればテネブルが残り1体になった時にSS2で蘇生させてやれば安心。3体落ちるという確率は天文学的な数字になってるしね。

 ゴジラレイドの報酬である「完全生物 第4形態覚醒」も九死一生Ξを持っている事が判明。お前神族じゃなかったのか。ヌケニンゴジラ(?)の活躍が期待されるが…?


 近年クルイサの実装で驚天動地の結晶が実装された。その効果はhpステアップ効果の呪いによる無効化の無効化…
これによって呪いでも死ななくなったテネブルはクルイサシクレに挑むのであった(ちなみに驚天動地結晶はクルイサシクレの報酬

近年(2019年)の活躍

 そんなネタなのかマジなのかよくわからなかったテネブルであったが2019年になってめざましい?活躍を遂げている。
黒ウィズラビリンス3では新ミルドレッドとラビリンス結晶を悪用することで高難易度10層をすべて同時に一発攻略するという唯一無二クラスの活躍?を遂げた。
 6月の魔道杯の必殺杯では先制HP-2万の呪いと道中で2万×4のダメージを貰う場面を耐えきりボス戦で味方を復活させるという活躍を遂げている。時代が追いついた!
タグ

どなたでも編集できます