俺より賢いやつに会いに行く

※スマホ版では白文字(#ffffff)をドラッグできず見えないことがあるため、白文字は使用せず括るか、灰色の(#f3f3fe)あたりをお使い下さい。
※段落の頭に全角空白を、スペースや英数字は半角を使用して下さい。(周知のため1週間程度この文言は残しておいて下さい。)

 STREET QUIZRUSHはコロプラが開発した新作ゲーム2024年4月30日(火)〜5月31日(金)開催のイベント。
 カプコンの有名な格ゲーであるストリートファイターとのコラボである。
 また、スピリットファイターの続編?イベントである。
 キャッチコピー?は『俺より賢いやつに会いに行く』
 公式サイトはこちら
開催前
 4月1日にあったスピリットファイターが半ばガチで2日には4月下旬にイベントが開催されることが明かされた。
 その後4月22日(月)に続報として、30日開催であることと、黒ウィズからはラディウス、アレスちゃんが、スト6からはジュリ、ルーク、リュウ、春麗が来ることが公式から告知された。
 なお、この頃になってコラボ先のスト6の絵柄を認識する人が増えた。
 黒ウィズプレイヤーは老人スト2〜スト5世代が多くスト6は絵柄的に合わないという声も多数…。そもそも家庭用ゲーム*1とスマホゲームでは全く合わない気もするが…。
 翌日にはルークの画像が明かされたのだが、まさかの元帥コスであり3イベ連続元帥に元帥推しプレイヤーたちは成仏した。
 その後、アレイシアや春麗、ラディウスやジュリ、リュウのコスプレが明かされ、最終的に29日(月・祝日)にPVおせにゃんが公開され開催となった。

 おせにゃんでは、ストリートファイター6のコラボでありながら、イベント自体はスト2であるというのは大いに驚かれた。
 といっても、黒ウィズの年代層的にはスト6よりスト2や3なので、そこら辺とコラボしたいといったが今売り出し中の6とのコラボとかまあそんな大人の事情なのだろう。察してあげよう。
開催後
 開催された翌日から、SFCスト2を模したキャラ紹介が1日ずつ行われた。それは開催日より前にやるべきでは…?
 アレイシアルーク春麗ラディウスジュリリュウ
 とりあえず、ウィズ側の誕生日などが決まっていなさ過ぎることに突っ込まれている。

 また、ほとんどの人が終わったであろう5月13日に、思い出したように𝕏で壁紙プレゼントのクイズが開催された。
 まあ翌日にURLが公開されるようなので、先行して欲しい人向け…。

 全体的にコラボの試み自体はかなり面白いものがあったが、それ以上にツメが甘く、またこの月の魔道杯がジュリ&ルーク必須で阿鼻叫喚だったりとコラボをうまくいかせていないといった感じであった。
 果ては、キャラプレ課金すらも、今回の魔道杯のように新精霊しか接待されず、無視されるのでは?という恐怖から悪感情を抱かれるという自体にまで陥ってしまっている。
 ここらへんを考えると(コラボ内容はともかくとして)コロプラの戦略としては大失敗であったと言えるだろう。

イベント内容

  • 本編(2024年4月30日(火)16:00〜5月31日(金)15:59)

新要素

コマンドクイズ

 相手の体力が残り少なくなると、コマンドを入力するコマンドクイズが発生する。
 the GATEの記憶クイズのように入力する。
 コマンド自体はスト2とほぼ同じだが、溜めについては同じ方向を2回入力、ボタン同時押しはボタン連打、1回転*2に関しては右上から上を通って1回転とアレンジされている。
 また、方向ボタンはタップだけでなく擦っても認識される。つまり実際にコマンドを入力するような感じで入力すれば大丈夫。

良かった点

クイズラッシュが遊びやすくなった

 下記の機能が追加された
  • プッシュ通知機能追加
    • 8時間放置するとお知らせが届く。たまにバグで届かないのは御愛嬌。
  • ボーナスステージ
    • ステージ8などの目玉報酬があるステージはボスが存在せず、スト2にもあった車を破壊するステージとなっている。単純に経験値が美味しくまた1ステージスキップできるので放置経験値的にも美味しい。
  • レアエネミー
    • 10問程度正解すると登場する敵である。色によって経験値は違うが、金に至っては通常のクイズ60問分もの経験値が得られる。
      まあ1レベルアップにレアエネミー4体分とかいるのでそこまで楽になったわけではないのだが…。

 また機能ではないが、下記の要素も遊びやすくなった一因と考えられる。
  • 体力制
    • 敵、味方にHPが用意された。これによって過去のクイズラッシュにあったような30問解いて問題をループさせてゴリ押しという戦法が使えなくなった。
      • レベル差が圧倒的だとゴリ押しができなくなった分悪く感じるが、ゲンブのようなループさせまくってもキツい相手がいないので素直にレベリング…となれる。
    • 一方で、問題を解く速度が早ければ相手が怯んでいる隙にこっちが技を連発できるのでザンギエフなんかはカモれる。ダルシムあたりは技発生が異様に早くて無理。
    • 細かいことなのだが、タイマーカウントはちゃんと機能しており、技発生の遅い敵だとボス戦開始後放置していてもタイマーが0になって以降もこちらがKOされるまで殴られるなんてことはなくタイムアップ負けとなる。さらにリュウと相手とのHPを調整すればタイムアップ勝ちを狙うこともできる。
    • 無傷で勝つとちゃんと「PERFECT」と表示される。
  • EXステージ
    • 24ステージ終わらせて放置経験値が最大になってもまだ8ステージある。そのため経験値目的でのボス挑みはそこまで多くなくて良い。

悪かった点

6種ガチャ

 配布石が多いわけでもなく6種ガチャである。
 いやまあ、今回はコラボだからまあ仕方ないかもしれない。
 しかし、阿修羅(5種)や虚空ノ禁書(6種)のようにここ最近精霊数が多いにも拘わらず石配布数はプレミアムデイリーの分(112個、11周年クリスタルなどはASURAのページで記載したが2月が少なかった分の埋め合わせになっている)程度しか増加がなかった点に関してはちょっと…という声がある。

新スキルラッシュ

 6種ガチャの精霊のうちルークと春麗、ジュリのスキルは新スキルとなっている。
 春麗はまだわかりやすい逆襲ダメージ強化というスキルだが、ルークは敵全体に時限設置だとか敵の状態異常を解除などなんかよくわかんないことになっており、ジュリに至っては敵に回復反転を付与するという前代未聞のなにかである。
 他のガチャとかに分散できなかったのだろうか…。

クイズラッシュの対戦相手に四天王が登場しない

 ストリートファイター2ではバイソン、バルログ、サガット、ベガの四天王が存在するが、何故か未登場である。

 特にベガに関しては、ストリートファイターを理解するうえで重要すぎるキャラなので何故出さないのか疑問が浮かぶ。

実質的にストーリーがない

 イベントストーリーのみで保っているとまで言われる黒ウィズなのにその良質であるはずのストーリーがほぼ無く、ストリートファイターで遊ぶというだけ。
 一応過去にはストーリー皆無の進撃の巨人コラボとか青の三国志コラボとかあったが、当時はガチの黒ウィズ黎明期だったので比較してはいけない。

不具合か仕様か怪しいものがいくらかある

  • クイズ強制変更が機能していない。
  • 入力する技と実際に画面上で出されている技が違うものが多い。*3
  • コマンドクイズはコマンドが表示される前から押せるが、表示されないと押した事にならない。
  • ステージクリアした時のBGMが鳴らない事がある。

その他

 クイズラッシュは3回目だが、システムがシステムだけに改善されない点も多い。
  • クリアに時間が掛かる。
    • 特に今回は全ステージラウンド2まである。最初の方はラウンド1だけでいいじゃん…。
    • 必殺技もテンポを悪くする一因。相手がHP削れたら必ず発動する&2回以上入力が必須って…。
  • イベントミッションにボーナスボックスやエキストラステージがあるため、クリアしただけでは石の回収が終わらない。
  • EXステージのボーナスステージの経験値が少ない
    • 40秒で16問(1問2.5秒)とかなりのハイペースでの解答が必須なのに経験値効率で言えばレアエネミーの出現する通常のクイズのほうが経験値が良い。

賛否両論点

細かい点

  • STREET FIGHTER 6 コラボガチャなのに、イベント内容がストリートファイター2である
    • しかも(推測の域は出ないが)恐らく無印の初代スト2である。何が問題かというと、コラボ衣装の元ネタの1人であるキャミィはまだそのころ影も形もなかった…
    • こちらは恐らく上記の大人の事情なのだろう…。
  • イベントパネルが存在しない
  • コラボイベントだが、ストリートファイター側ではXで告知などが全くなかった
  • 結晶のチョイスが割と謎。消火器もドラム缶も原作ゲームでは別に重要アイテムではなく単なるステージ背景のオブジェクトである。光要素も闇要素も特にない
  • 約半分の対戦相手でのコマンドクイズ成功時の演出は「相手の必殺技をリュウがガード→リュウがカウンターの必殺技を決めて大ダメージ」というものなのだが、このときリュウに削りダメージ*4がない。格ゲーを知っているとややモヤる。
    • あったらあったで、前述のPERFECT演出は特定キャラからは絶対に狙えないということになってしまうが

元帥が短期間で3回登場している

 元帥自体はかなり不遇であった。
 Glorious CrossOver Everlasting Linksで説明したように、GA2022で1位取ったというにも関わらず、2023年は実質的に全イベントに登場しなかったといえば*5どれだけ不遇かは説明する必要は無いだろう。
 元帥がわずか1ヶ月半の間に3回登場していること自体は埋め合わせとしてまあしょうがない感はある。
 しかし、どんな人気キャラであってもイベント頻度が高いとヘイトを買うというのは2016年頃のアリエッタやリルムが証明している。

 つまりまあ、頻度考えろよ…と。

その他

石の数

 PVで1つ、おせにゃんで1つ。
 事前キャンペーン報酬で3つ。
 本編で19個、リュウのレベルミッションで1+1+1+1+1+5(10個)、レアエネミーミッションで1+1、ボーナスボックスミッションで1+5の小計37個。
 エクストラステージで8個。

 全部合計で50石となっている。

Twitter𝕏キャンペーン

 

勇猛邁進ッ180連無料ガチャ

 4月30日〜5月20日までの期間中1日10連、最大18回引ける無料ガチャが登場。
 対象精霊はストリートファイターにちなんで戦士のみ(A枠も)となっている。
 範囲は喰牙1〜vt2023まで。

ファイトアップガチャ

 いつものステップアップガチャ。
 ステップアップガチャなのかL排出率が通常のガチャの8%ではなく10%となっている。
 前半(4月30日〜5月17日)と後半(5月17日〜5月31日まで)に分かれており前半は攻撃系スキルを持った精霊が、後半はサポート系スキルを持った精霊が排出される。
 ミッションをこなし、特定のPTまで稼ぐと10連ガチャが最大4回引ける。2回開催なので最大8回。
 いつも通り20連目は1体、30連目は2体、40連目は3体Lが確定しているので最小でも6体は引ける。2回開催なので12体。

 ガチャ対象はやはり喰牙〜Vt2023まで?(ただしVt2023には攻撃精霊がいないためラウンド1(攻撃系限定)はラディウスが最新となっている)

キャラプレゼントPREMIUM

 クリスタルを購入(33クリスタル1600円、59クリスタル2800円、85クリスタル3800円)でキャラプレゼントが引ける。購入期間はコラボガチャが終了する31日、抽選は6月10日まで。
 10枠のうち最大3体までなので引ける確率は低め。

 但し引ける範囲はアルタリア2までとなっておりGAだから、10thだから対象外といったようなことはされていないのは良い点。これ2年前のキャラプレまではこれが普通だったんだぜ…。
 こちらはキャラプレなのに課金しないと1体ももらえない=プレゼントではなくキャラ購入では?と多少批判されている。

 なお、これに対応するためにアップデートしたため、11周年記念のキャラプレで選べる範囲にこのキャラプレの追加分まで表示されるようになってしまった。
 精霊を選べないので選んでも無意味ではあるが、キャラプレで選べないガチャイベントが表示されてはキャラプレを選ぶのが非常に面倒くさくなってしまう。
 なお、今回クリスタルを購入しないにしろ次回のキャラプレのために枠を埋めておくと、次回キャラプレの際に困る事が減るかもしれない。

ガチャ

 6種ガチャだが火2種、光2種、闇2種と偏っており、中央が水か雷だとハズレ確定。
 新スキル、新スキルセット持ちが多く、コラボということもあり復刻はあまり期待できない。手持ちや予算と相談しつつ取り逃しには注意しよう。
 ストリート「ファイター」なだけあってか種族は全員戦士。普段神族になっていることが多いアレイシアも、英雄庁のヒーロー・アレス零(アレスちゃん)としてではなくプライベートで来ているためか戦士である。幻闘戦の種族縛りにかかわるので覚えておこう。

あの背中に追いつくために ルーク

 闇 AS:連撃・快調攻撃 SS:時限大魔術/災裂大魔術 EX-AS:全体化・チェインプラス
 新スキルの災裂大魔術持ち。相手にかかっている状態異常のアイコンが多いほど効果値が上がる追い打ちのスキル。
 ただし、時限と遅延以外は解除されてしまうので注意。例えば、毒で鉄壁を倒しつつ取り巻きをルークで一掃というのは同じターンには難しい。

 衣装はテオドリクモチーフ。これで元帥系キャラ3連投。

 スト5の最後に登場してスト6では主人公を勤める男。
 幼い頃に自分をかばって死んだ父親の背中を追い求め軍に入隊するも、自分がいるべき場所は軍ではないということで軍を飛び出し民間警備会社に勤めるようになるとかまあそんな感じ。

孤高の求道者 リュウ

 火 AS:連撃・快調攻撃 SS:ノーガード EX-AS:貫通・ステータスアップ
 クイズラッシュ主人公。クイズラッシュと顔違くね?というツッコミは野暮。
 スキルは禁書テオドリクの刻印無し版。テオドリクは刻印でノーガードと言いつつ金剛で全攻撃をシャットアウトできたが、今回は何もないので普通に使おう。

 モチーフはアヤツグ。どう見てもアヤツグ要素がガガガ。

 言わずとしれたストリートファイターの主人公。なお、現在は主人公交代している。
 厳密にはスト3シリーズでも交代していた。3の新主人公のアレックスが主人公(笑)とか言われていたのは内緒だ スト4シリーズでも新キャラのアベルが主人公に近い扱いを受けていた。
 主人公であったので非常に高い人気を誇る。どのくらい人気かというと…スト6ではそこまで強くないのに使い手がめっぽう多いとかなんとか。どこぞの吸血鬼ハンターはリュウの格好をパクッ…オマージュしているためか構図含めて似ている姿が多い。
 ストリートファイター(初代)では隆という漢字で書かれていたが現在はリュウとなっている。*6
 自らの強さと戦いを求める求道者で2のEDで「さあ 表彰式だ。 なにいっ、リュウがいない! 一体 どこへ…?」は現在でも語られるほど。
 見た目などから勘違いされがちだが、別に金は持っている。大会のファイトマネーなどは使わずに全部貯金といったような極端な生活を送っているだけで…。金があるのに何故か飛行機代を稼ぐためバイトしていたりもするけど…。
 なんならガイル(米軍大佐)より金があるとかなんとか。
 6では新しい衣装が公開されたがハチマキではなくタオルを結んでいたためラーメン屋の店主呼ばわりされたりもしていた*7

神脚美技 春麗

 光 AS:全体攻撃 SS:逆襲ダメージ強化/逆襲大魔術 EX-AS:連続化・貫通
 新スキルの逆襲ダメージ強化持ち。内容は逆襲版のダメージ強化・連。
 光は自傷持ちが多いので逆襲は溜まりやすい。いやそれ八つ当たりでは… 

 衣装はラシュリィモチーフ。ただ元々が青い服なのでわからん気が…。

 読み方はチュンリー。
 一時期はストリートファイター…というか格ゲー界の人気を1人で保ってきたといっても過言ではないお方である。どのくらい人気かというと、人気すぎて格ゲー人気投票(女性部門)で出禁殿堂入りを食らったほど。
 今回のイラストもかなり脚が強調されているが、これはスト2時点からそうで、タイツのテカリに命をかけていた(意訳)レベルの発言をするほどには公式も押している。1ライザ〜1.5ライザ
 なお、格闘家なので脚だけでなく腕も太いイラストもある。個人的にはそっちのが好き。
 生年月日は1968年3月1日だが…。年齢の話はするな。
 香港出身の女性格闘家で、ICPOの麻薬捜査官。
 捜査のため、また、犯罪組織(シャドルー、総帥はベガ(未登場))を捜査中に行方不明になった父を探すため戦いに〜とかそんな感じ。
 最終的にベガを倒しシャドルーは壊滅、父の墓標で普通の女の子に戻ることを誓う…とかそんな感じ。
 まあ別にいつものカプコンなのでシャドルーはまた生えてくるし、ベガも普通に復活する。スト5まででシャドルーは3回くらい復活してる気がする。ガイルの友人のナッシュがサイボーグ化して復活したし父も普通に生きててもおかしくはない。ちなみにカプコンが父親の設定を決めるのがかなり遅れたせいで親父の名前が5つくらいあるわ、媒体によって見た目が全く違うわといろいろ酷いことになってるのは内緒だぞ!

抑えられない破壊の快感 ジュリ

 闇 AS:状態特効 SS:ヒールノイズ EX-AS:逆襲攻撃
 新スキルヒールノイズ持ち。SS1は単純な回復無効化だが、SS2なら0.1倍だが回復反転が付く。
 ただし、回復を封じられる代わりに相手の攻撃力もSS1で1.2倍、SS2でも1.1倍になってしまうので、相手が回復しないならただ強化するだけになってしまう。接待が来るって事でしょうね。

 衣装はエニィモチーフ。言われなきゃ分からんし言われても分からんよ…。性格は180度違う。

 スト4以降から参戦。出身地は韓国。
 韓国系のファンから韓国出身のキャラを作れとせっつかれたので、あてつけのように無茶苦茶な性格なキャラが作られました。ただしこれまでいなかったキャラなのでウケは良い。
 一説にはあんまりの性格にあれは韓国人らしくないというご意見に対し、「インド人は手が伸びますか」といったような解答がされたとかなんとか…。いや流石に嘘だろうけど…。
 ストーリー的にはテコンドーの天才少女で検事の父といった恵まれた家庭だったが、シャドルーのベガに父親を殺され、自身も左目をくり抜かれるなどの拷問を受け性格が歪んだとかそんな感じ。

 なお中の人はルシエラと同じでこの時「初の悪役キャラ」を演じたそうだが、あまりにもハマりすぎていて本当に初なのかと思われたそうである。ルシエラが黒い理由。
 この中の人ネタのために𝕏(旧Twitter)でのコラボ衣装予想企画ではルシエラ衣装で登場するのでは?と(半分ネタで)予想する声もあった。

帰ってきた好敵手 ラディウス

 火 AS:連撃・回復 SS:逆境強化/蓄積解放強化・聖 EX-AS:獅子奮迅・純属性特殊変化
 禁書レグル、エタクロ献▲螢垢凌О磴ぁ
 逆境強化はどんなクエストでも普通に強く、ラディウス界隈屈指の大当たり。

 衣装はケンモチーフ。道着が似合う。 

 元ネタのケンは元々スト1のリュウの2pカラー。スト1時の表記は拳。
 その後ケンと差別化を図っていき、現在では攻めのリュウ、守りのケンといった感じになっている。
 大企業の御曹司でリュウと同門。
 結婚し、リュウと違い格闘技から足を洗おうとしていたところリュウにお誘いを受け戦いに〜とかが2のストーリー。
 6では、幸せな生活を送っていたが、テロリスト容疑者と陰謀をかけられたため逃亡生活を送っている。

バレットスパイク アレイシア

 光 AS:連撃・回復 SS:チェインガード/撃滅連弾 EX-AS:反撃・起死回生
 光属性初のチェインガード及び撃滅連弾持ち。
 光属性でチェインを稼ぐ手段は今のところユキハナのパネリザくらいしかないので今後に期待。
 ASは不調時強化があるが、リティカでカバーを張っていると中々不調条件を満たせない。
 元帥とアレスちゃんは魔道杯や幻闘戦でよく接待を受けているが、早速幻闘戦で接待を受けた。

 衣装はキャミィモチーフ。
 エロすぎと言われているが、アレイシアの衣装自体割とエロいのでどっこいどっこい…。
 なんなら総露出量なら下がってる。

 元ネタのキャミィは元々洗脳されたベガ親衛隊(ベガのスペアボディでクローン。ベガと同じDNAを持つ。え、これがあれと同じDNA…?)の1人でだったがイギリスの特殊部隊にスパイとして送り込まれた際に記憶を失う。
 なんやかんやあってイギリスの特殊部隊デルタレッドで楽しく生活を送り、シャドルー壊滅の際にお前はスパイだったのだ!と教えられ苦悩するも、仲間の声もあり〜とかそんな感じ。すげえ主人公っぽいっすね
 

報酬精霊

 ステージクリアで2体。

新たな時代へ ウィズ

 火/光 AS:攻撃強化・連撃 SS:急襲大魔術 EX-AS:逆襲攻撃
 配布ながら新型の急襲でそこまで火力が落ちないのがウリ。
 割と強い性能となっている。

 スト6のパッケージのルークが元ネタ。

俺より強い奴に会いに来た リュウ

 雷 AS:回復・ガード SS:無属性変化/ステータスアップ EX-AS:ダメージブロック
 キワム&ヤチヨ系列の配布版。
 ただしSS2はステアップ。

 元ネタはまあいつもの。

報酬結晶

 いつも通り…?3つ。
 実質2つ?でも一応使えない結晶というわけじゃないんだよな…。

異能の特大結晶<コストダウン>

 いつもの。

 コストダウンは幻闘戦で使うので使えないわけではない結晶。
 問題はこの結晶持ってる人はもう10個くらい持ってるのが…。
 とはいえ、復刻不可のコラボで超有用結晶を渡されるよりはマシか。

ザンギエフステージの消火器

 光属性パネルが出やすくなる(効果値:10)

 光パネルが出やすくなる。
 ザンギって光…?禿げてるから…?
 結晶名を付けるのががすげえ迷ったみたいなことをおせにゃんで言ってた。

ケンステージのドラム缶

 闇属性パネルが出やすくなる(効果値:10)

 こちらは闇。
 光/闇のパネルブースト結晶は現状存在せず、また光闇はガチャ精霊が多い=パネルブーストが多いとはいえそれでもパネルブースト効果値が(実質的に)下がった現状ではかなり必須級の結晶。
 なぜこういう有能な結晶を復刻不可のコラボで配布するのだろうか…
 多分ボーナスステージのドラム缶でも可。なんならストリートファイター'89ファイナルファイトのドラム缶でも。

LtoL

 なし。
 なんかもう…なんかもう…。えっと一応6月ごろには大進化開放祭りがあるので期待しないで期待しよう…。

余談

 書く場所がなかったのでその他コラボキャラに関してでも。暇なとき書く。書くの忘れてたら消す。
 長いので、興味ある方は開けて下さい

俺は興味があるから開けるぞ!

どなたでも編集できます