ホーリードラゴンは、火属性の通常ガチャ精霊。種族は龍族。
 進化に応じてホーリードラゴン、セイクリッドブレス、イノセントセイクリッド、イノセントセイクリッドと3回も名前が変わる。

キャラ概要

 サービス開始初期は火属性のAS回復もち精霊がそれほど実装されておらず、水・雷に比べると明らかに慢性的なヒーラー不足に悩まされており、このホーリードラゴンも貴重な火のヒーラーとして歓迎される地位にあった。しかし、徐々に火属性にもヒーラーが増えてくると、「AS回復+SS全体攻撃」という一昔前の構成は使いにくさが目立つようになり、次第にベンチを温めるようになる。
 進化によって名前がコロコロ変わるのも特徴。でも結局のところユーザーからは「パイドラ」の呼ばれ方に落ち着いている。
 ちなみに非常にメスっぽいのだが黒ウィズゴールデンアワード2017では男性部門(オス扱い)で出場している。

ジルヴァ家との関係

 2013年頃はガチャ関連のキャンペーンとして「最終進化段階で登場!」というものが、各キャラ持ち回りでよく行われていた。(当時の育成・進化にかかる労力およびハードルは現在と比べ物にならないほど大きく、これはこれで一つのアピールではあった。)その中の1回で「ジルヴァ家の絆」という煽り文句とともに登場した回の宣伝画面には、クィントゥス・レノックスとともに、何故かホーリードラゴンの姿が描かれており、多くのユーザーが首を傾げながら「ジルヴァ家の守護神か?」「母親か?」など様々な憶測を交わしたが、結局のところ何一つ明らかになることはなかった。
 2016年の正月ガチャでは、限定カード「クィントゥス&レノックス」の背後にホーリードラゴンの姿があり、絆が今も健在であることをアピール。古くからのユーザーを喜ばせたが、ジルヴァ家との関係は依然として謎のままである。

性能概要

 最終進化はL。
 最低限のヒーラー能力は備えているが、限定カード群にとって代わるものではなく、龍族専用の感は否めない。
 最終進化でSSに回復がつくものの、敵のスキル反射時には使いにくいので、あくまで全体攻撃用としてとらえておくべき。
タグ

どなたでも編集できます