※スマホ版では白文字(#ffffff)をドラッグできず見えないことがあるため、白文字は使用せず括るか、灰色の(#f3f3fe)あたりをお使い下さい。
※段落の頭に全角空白を、スペースや英数字は半角を使用して下さい。(周知のため1週間程度この文言は残しておいて下さい。)

 黒ウィズ サマーチャレンジは2022年6月30日(木)〜7月29日(金)開催のイベント。
 黒ウィズチャレンジ系のイベントである。
開催前
 6月27日に次が水着イベということが明かされたので、チャレンジ系が来るということはほぼ確定していた。
 また、同日ガチヨ氏がおせにゃんを収録したことをTwitter上で言っていたので、おせにゃんがあることも確定していた。
 その後28日にサマコレのPVが公開され、29日におせにゃん、30日に公開となった。
開催後

イベント内容

  • 本編(2022年6月30日(木)16:00〜7月28日(木)15:59)

新要素

夏パネル

 夏のイベント/グルメ/レジャーに関わる問題が出題されるパネルが登場。
 イベントパネルなのでオートでは選択されない。
 AS倍率1.2倍と回復25%の効果が付いている。

良かった点

特別戦

 今回は特別戦該当クエストを攻略すると特別戦が解放される。
 今回の場合6層/8層/12層をクリアすると特別戦が解放となる。
 今までは一番最後のクエストをクリアすると特別戦が解放となったのでデッキの組み換えなどが多少楽となる。

ミッション

 今回もミッションが夏パネルを解くだけとなっている。

悪かった点

9層以降の難易度

 難易度が高いというより遅延行動とでもいうべき回復や耐性、属性吸収0%という行動が全体的に多め。
 それならまだ良いのだが、特別戦3ではネーレイスループを模範解答としているというため基本的に火力が足りずにクリアできないということが多々…。

コイン稼ぎがしにくい

 ミッションで10万+10万+20万+20万+20万+30万で110万貰えるがミッションでは200万を稼げとのお達しがある。
 また、報酬は4万×8+結晶17万×4+漫画チケット3万×10+小説チケット3万×10+クリスタル20万+35万+45万+マナ3000×30×11の359万コイン。マナ、小説抜きならば200万コインで終わる。

 しかし、周回が楽な特別戦2(オートで15ターンほど)で入手可能なコインはわずか4万コイン。
 今回は1.5倍期間が無いのでミッション込みでもコンプには40周以上かかる。
 特別戦2以降の9層以降の難易度が高いのも相まってコイン稼ぎが非常にしにくくなっている。
 一番効率がいいのは1層や2層あたりの低層を5ターンほどで回り続けることだろうか…。

 ちなみにどこにも記載が無いが、7月15日に投票券が変わった際に投票券が追加されている。

夏パネル

 確定ではなくランダムでしかも火力が1.2倍になってしまう。
 1.2倍のせいで火力過剰で…となったり、回復効果で回復反転のせいで死ぬ等戦術の邪魔になる(回復反転があるのは光推奨の12層だけではあるのだが)。
 例えば2問確定で夏パネル、以降3問解くごとに1問追加的な感じのシュガバン風の……これ前も言った気がするな?

賛否両論点

夏パネルが難しい

 簡単なものだと夏は英語で程度のレベルなのだが、難しいものだとズッキーニがカボチャの仲間だとか、シュラフは寝袋のことだとか、ビーチバレーはアメリカ発祥のスポーツというレベルのことを知っていないと解けない問題が出てくる。
 すべて80%というもうクイズ難易度まともに精査する気ないな?というのはクイズゲーとしてどうなのか…。今更?ごもっともです。

その他

石の数

 PVで1つ、おせにゃん1個、クエスト15個、君の本4個、交換報酬が1+3+5の9個で合計29個。
 サマコレ2022のストーリーも含めれば+12個で41個、ログボで10日間で10個で合計51個ではあるのだが…ログインボーナスを合わせなきゃ通常イベント分の配布もできない状況って正直考えておかしいと思わないのかと思わなくもない。

ガチャ

 単色推しは終わったのかとばかりに、複色3体に限界突破1体。
 比較的汎用性は高めなので接待後即死するというキャラは少ないハズ。
 ちなみにヴェレフキナを筆頭にストーリーは全体的に重い話が多い。恐らく裏テーマは「死」だと思われる。

夏の憩い ラシュリィ・ミスク

 水/光 AS:攻撃強化・ガード SS:特定AS強化/反転解除大魔術 EX-AS:融合特殊変化
 八百夜町ミスティハイドの色違い。
 サマコレのミィアウリシラ、アウトランダー2エリアナと組めばEXAS発動時に合計4500のステータスアップも可能。

本当の笑顔は友達に ネーレイス

 水/光 AS:回復・複属性攻撃強化 SS:反転解除特殊効果 EX-AS:連続化・パネルリザーブ
 最大で7tのスキチャをしつつ反転を解除できる。
 自分の反転を解除し、反転しなおすことで反転の最大値である2.5倍を目指しやすいが、このキャラ自体は攻撃スキルを持っていないのが気になる。
 本イベントの後半ステージでは、ネーレイスを2体採用したネーレイスループが活用されている。こちらは次回イベントまでは助っ人を活用すれば自前1枚でも可能。
 魔道杯で接待キャラに選ばれた場合、そこまで反転を強要されるクエストがくるかが怖いところ。
 なお実際選ばれたがそうするとSSを10数回使う必要があり、本当は接待じゃなかったのではないかと言われたり…。
 
 ストーリーは今回では唯一ポップな内容だった。
 しかし、途中で海にクリュメノスことハデス(冥府の神でエウブレナのパパ)が遊びに来るシーンがあるため、やはり死の象徴としての海という側面からは逃れられない。
 ちなみに普段は進化前がネーレイス名義で進化後がポセイドン兇世、今回は逆になっている。種族も神族ではなく術士。
 呂律と引き換えに神器を覚醒させていたことが発覚した。
 サマコレで登場したおかげで次のイベントでもストーリーにボイスがあった。

黄昏の浜 ルリアゲハ

 雷 AS:連撃・回復 SS:限界突破 EX-AS:純属性特殊変化
 回復版限界突破。イツキ/ヴィッキーの雷版。
 ハヅキ型がLtoL果たしたことでステアップがいない問題はかなり改善された。 
 そろそろコロプラが純属性接待やめそうなのが一番怖いところ。

水底への誘惑 ヴェレフキナ・アマン

 火/闇 AS:全体攻撃・属性特効(連撃) SS:複属性封印強化/膨張大魔術 EX-AS:貫通
 火/光ではなく火/闇になった複属性封印強化。
 火闇なので魔ミクとの相性は良い。ただしそれ以外に使い勝手のいい精霊がいた記憶がないが…。
 例によって9覚醒必須。

報酬精霊

 今回は進化1体と新規2体。
 なぜ新規が2体に増えたかは謎。
 ゼラコピのみミッション報酬で他は交換所で交換する。

神界の征服王 イアデル・セラフィム

 水/光 AS:種族特効 SS:大魔術 EX-AS:貫通・チェインプラス
 EXASの1tでL化して効果値650の全体化にチェインプラス2は配布にしてはまあまあの性能。
 SSはチェイン消費が重い。

憩う姉妹 ティリルカ&リニーダ

 火/光 AS:回復 SS:弱体化大魔術 EX-AS:連続化・チェインプラス
 配布版レリッシュ。ASが回復なのが偉い。
 EXASはもう少し何とかならなかったのか…。

憩う父娘 ゼラード&コピシュ

 水 AS:属性特効 SS:限界突破 EX-AS:連続化・パネルリザーブ
 1月程度で揃った配布版限界突破。
 レッジ/シャロームはほぼ必須。

報酬結晶

 今回はなぜか5つ。
 潮騒のカクテルのみミッション報酬で他は交換所各17万コインで交換。

異能の超結晶<コストダウン>

 デッキコスト-30

 使う?
 ちなみに現状コストダウン結晶は効果値が高い順にギアス(-40)、これ、コストダウンS(-20)、ファイアーワークス(-15)、異界の歩き方、フモーフチョコ(-10)がある。
 コストを極端に減らしたいなら有効ではあるがそんなクエストが出るかが謎。

力の特大結晶<攻撃力>

 攻撃力を500アップする

 攻撃500アップは美味しいが、1000結晶が2つ、HP2000下げて攻撃1000上げる結晶が2つ、HP1500下げて攻撃750上げる結晶が1つあるのでわざわざ起用するかは謎。
 HPをどうしても下げたくないときは重宝するか。

力の特大結晶<HP>

 HPを500アップする

 こちらはHPの500アップ。コストがかかるが300区結晶の上位互換。
 攻撃を下げたくないがHPが欲しい場面は頻発するのでこちらはかなり便利。

割られたスイカ

 水属性の味方全体のHPを200アップ、複属性が光属性ならさらに200アップ

 やっぱ<神獣の宝>【青龍】は設定ミスだったろ…と思わなくもない結晶。
 光HP400アップは普通に有用。

潮騒のカクテル

 純属性<雷>の味方全体の攻撃力を400アップ

LtoL

 クロマグ3の精霊がLtoL予定。
 7月4日月曜にLtoLを果たした。開催日の1日でなかったのは大進化解放祭が開催中だったため。
 全体的に微妙と言わざる得ない性能。当たり枠はリンカかヴォルフか。
 変な進化をしたのはシャーリーでパネル属性数が少ないほどメリットを得られるASやEXASを貰った。
 また、ニコラは例によって実装時の問題の影響で当時全体遅延を選択していた人限定で全体遅延版もいる(現在入手は不可)。

どなたでも編集できます