概要

敵全体にダメージを与え、その後一定ターン数、ターン終了時に敵全体にダメージを与え続けるスペシャルスキル、もしくは敵スキル
初実装は初代アデレード(2016年2月頃)。彼女が第3回GPで入賞できたのはこのスキルのおかげともいえるほど強いスキルだった。
敵スキルとしての初出は超魔道バーニングタワーの1階。
なお、「殲滅(せんめつ)」と勘違いされることが多いが「残滅(ざんめつ)」が正しい表現である。

味方スキル

上記の通り敵全体にダメージを与え、一定ターン継続するというもの。
実は実装数時間は効果値低い、発動に必要なターン数長い、毒と同じように1戦のみと思われていたためゴミスキルと思われていた。
しかし、蓋を開けてみれば効果値はなぜか特効大魔術と同じように表記+100された数値で発動、発動時にダメージがあり複数戦闘にまたがる、継続ダメージ分は反射無効、他のバフと同じくトドメを刺したターンの継続ターンは減らない、と当時ではかなりの強力スキルであった。
一例 アデレードSS2の場合
効果値300なので400の3ターン継続。(総ダメージ効果値1600)
結晶付きアスモデウスエンハも使用した場合は600となり総ダメージ効果値2400

ここまで強力なスキルであったがすぐに反射無視大魔術というスキル反射無視で1回で結晶とエンハ込み総効果値1000〜1500のふざけたスキルが実装されインフレに飲まれた。
その後、チャージして反射無視で残滅や全体1Tチャージで30ターン継続というやっぱ頭おかしいクラスのスキル、残滅結晶などで復興を果たしつつある。
残滅大魔術持ちの大半が単色精霊なので、単色デッキを組み純属性強化と組み合わせることによりかなりの大ダメージを与えられる。
チェンプラ残滅大魔術
 アウトランダー版アルルで10ターンの間、光属性のダメージを与え、敵を倒すとチェインプラスされる新型の残滅が登場した。
 相変わらずのコロプラ語表示であるが、スキル発動時のダメージ及び残滅ダメージどちらでも敵を倒せばチェンプラされている。
 今までは火/水/雷属性だけであったが、光属性が出たことで闇属性の残滅も登場すると予想され、伍式対抗精霊のゴショガワラに闇属性残滅が実装された。

 このタイプはアルル(アウトランダー)、ルリアゲハ(黄昏メアレス)、ゴショガワラ(交換所入手)、アシュタル&ルミア(覇眼戦線4)がある。
チャージが必要な型
 チャー残を参照。
潜在結晶
 残滅大魔術を強化する潜在結晶もあり、効果値アップ(50/70/100)と継続ターン増加(1/2/3)がある。
 S結晶はどちらも入手方法が限られておりイベントをやりこんでいないと入手出来なかったが、結晶進化実装後はある程度簡単に手に入るようになった。

敵スキル

超魔道バーニングタワー実装時から敵も使用するようになる。
味方と同じように最初の攻撃とターン終了時の攻撃とを食らい、最初の攻撃のみスキルカウンターが可能。
当初はなぜかスキルカウンターが2回分発動するという不具合があったが修正された。
状態異常ではないため無効化は効かず解除もできない。
一定ターンが経過すれば切れ、残りターン数は左下のフィールド欄から味方の残滅大魔術と共に確認できる
フィールドにかかる効果なのでバトルをまたいでもダメージが続くのは注意したい。現在は敵のボスを撃破すればクリア判定が適用されるため残滅の継続で死ぬことはなかったが昔は残滅→クリア判定だったため稀にノーデスが達成できなかったり…。
主な対策が継続回復かガードしかない。ターン終わりの判定は継続回復が先にされ、その後残滅のダメージを受けるため非常に効果的。
ちなみにダメージブロックが通用する。

なお、このスキルのダメージは乱数が存在しないという特徴がある。
例えば効果値1000といえば必ず1000ダメージであり、1050や926ダメージになるといった乱数が発生しない。
そのためにしっかりとした戦略を練れば突破できるという非常に考えられたスキルである。
ただし、同じ固定ダメージの毒とは違い属性相性、属性弱体化、各種軽減効果による増減は行われる*1

ちなみにガード系の効果は効くものの、種族ガードは最初の1発しか効かないバグ?仕様があるので注意したい(例えばガムシャ戦でメカガトリンmk2結晶をつけても残滅の初撃は種族ガードが適用されるが残滅のターン終了ダメージは種族ガードは適用されなくなる。おそらく最初の攻撃は敵本体の種族を参照できるが、ターン終了時のダメージは戦闘をまたいでも継続するので種族まで参照できなかったとおもわれるが公式声明がないためコロプラ語)

どなたでも編集できます