2014年8月に開催された進撃の巨人とのコラボイベント。auスマートパスとのコラボでもある。
 なお同じ年の12月12日に突如として復刻した。
 2018年3月の復刻についてはまとめて後述する。
開催前
 当時は世間では進撃の巨人ブームと言ってもいい状況だったので喜ぶユーザーが多数いた。
 レイドで巨人を討伐することを期待する者もいた。*1

良かった点

周回の必要性が低い

 ボスはいずれも進化段階は無くS状態で入手できる。配布のエレンを最終進化させるためのアイテムを手に入れるためにはクエストを順番にクリアしていかなければいけないが、1度クリアすればいいだけで周回する必要はほぼない。
 ちなみに周回をすることによってエレンを覚醒させる専用エーテルを入手できるというメリットはある。

背景が綺麗

 背景は進撃の巨人の世界観をうまく表現できていた。
 道中の映像も躍動感がありさも立体起動装置で目まぐるしく動いているかのような演出であり、それに関しては評判が良かった。

トーナメントに有用

 一見大したことに無いように見える精霊であるがトーナメントで重用するユーザーが結構いた。
 4段では中級報酬の10メートル級巨人、6段ではエレンが使われた。特に4段においては複数の10メートル級巨人を運用して入賞を繰り返すという戦法が出来上がり非常に話題となった。

悪かった点

敵が絶望的に気持ち悪い

 歴代のコラボの中でも絵柄のミスマッチ度、気持ち悪さはダントツでNO.1と言える。特に中級報酬の10メートル級巨人と雑魚の巨人は気持ち悪い。
 戦闘でも全裸の変態のオッサンと戦っているようにしか見えず生理的に受け付けないユーザーも少なからずいた。
 デッキやボックスに存在していても明らかに異質なデザインであり不自然さを醸し出していた。
 ただし当時は進撃の巨人とコラボしたというゲームはみなキャラを美麗に描き(シリアスさがなく、媚びている感じ)巨人も出さなかったりしたが、ウィズは原作をそのまま持ってきていると話題であった。
 ちなみに限定配布*2のサシャのAS,SS名がネタに走っているのも微妙に評価されたりされなかったり…。

イベントパネル

 コラボイベント全般に言えることだが、コラボ先の事物に興味が無い又は知識が無いと厳しい。進撃の巨人コラボは知らない人は全く知らないので単色問題でも苦戦を強いられていたようである。
 ちなみに出題の範囲はアニメで放送されたところまでのようであり、「超大型巨人の正体は?」「リヴァイの苗字は?」のような問題は出なかった。
 なお、「主人公の名前は?」という「何の主人公なのか分からないだろ!」と言いたくなるようなクソ問も健在である。

ガチャに魅力が無い

 リヴァイ、エレン、ミカサ以外はハズレ。
 それらの精霊もすぐにインフレに飲まれて使われなくなり、L化などの救済も今日まで無いままである。言うまでも無く絵柄も絶望的に黒ウィズに合っていない。
 2回目の復刻で全員L化されある程度強くなったものの、ここ数ヶ月に登場したキャラと比べたら弱い。

ストーリーがない

 コラボであるにもかかわらず紙芝居が全くなく、ただプレイヤーが巨人を倒すだけのイベントとなっている。
 道中でウィズがエレンの名前を呼んでいることから、黒猫の魔法使いが巨人の世界に移動したことが想像できる程度で実に味気ない。
 黒ウィズは進撃の巨人の世界観とは全く合わないため、むしろストーリーがなくて良かったと言えなくもない。

 なお当時はイベントクエストでも汎用BGMが使われていたため、BGMについては特にありません。

復刻開催

 黒ウィズ5周年記念5大コラボ企画の第一弾として2018年3月5日16時よりイベントとガチャが復刻した。
 10連ガチャ1回のみ無料で引けるので、無料分だけ引いて撤退した人も多いと思われる。

イベント

 ハードモードが追加され、初級報酬エレンのL化が開放された。
 最終進化にはハード絶級初回報酬のエレンSSが必要な同一カード進化となる。
 難易度自体はサブクエの戦士縛りを除けば普通である。
 ストーリーが一切無いのは以前と同じ。

ガチャ

 サシャとジャン以外すべてL化が開放され、現状に見合ったステータスやスキルセットとなった。ただしイラストは最終進化前と同じ。
 三年以上前のコラボの復刻とL化されただけでも良いとしましょう。
 B精霊の排出停止に伴い、Bスタート精霊はS排出となってビンゴ大会は不可能となった。
 最終SS精霊はSSまたはLで排出される。 
 エヴァ2コラボと同様、A精霊は常駐精霊のみで全部外れ扱い。

 今回も騎士団ブロックが健在であり、10連の途中で進撃コラボキャラが出ても確定枠に騎士団が出る可能性もある。

どなたでも編集できます