タグ検索で魔道杯45件見つかりました。

 1  2  3  次の20件

総合報酬

 総合報酬とは、[[魔道杯]]において累計ポイント数のランキング上位のみが得られる精霊である。  なお、魔道杯当初は総合報酬はなかったので、実質一番良い報酬であるデイリー上位を総合報酬として取り扱う。総合報酬が登場したのは夏彩の魔道杯から。  2016年3月の3周年記念で最終進化がSS以下止まりだったものが全てLまで進化するようになった。  クイズ解答数777億回突破記念として2013〜2016年の総合報酬LtoLが発表され、2013年と2014年分は進化開放された。  その後2018年3月8日に201…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%c1%ed%b9%e7... - 2021年03月29日更新

魔道杯の歴史(2021)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2021) | *2021年 #contents(1) *大冒険魔道杯 in へっぽこアウトランダー  2021年1月22日(金)〜25日(月)開催。  今回は叡智の証で交換できる6〜8由来の精霊が報酬&ストーリーとなる魔道杯だった。  叡智の証で交換できる彼女らはボイスが一切なかったためストーリーが不明だったが、今回初めてアウトランダーの世界の住人であった事が判明した。  また、今回のおかげでコッコノーツ以外の叡智の証で交換できる精霊にボイスが実装された事になる。…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2021年03月29日更新

魔道杯

 魔道杯とは、黒ウィズのイベントの一つ。いわゆるトーナメント方式のイベントではないが、略してトナメとも呼ばれる。 *概要  基本的に毎月下旬の金曜16時から月曜16時まで開催。まれに開催されない月もある。  トーナメントのクラス及び順位によってポイントが加算され、そのポイントで順位を競う。  なお、魔"導"杯ではないので注意。この用語集の随所で魔"導"杯と書かれているのを目にするが、全て誤変換である。((他のイベントでも魔導ではなく魔道で統一されている。))  ついに''&size(16){公式も間違え…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2021年02月20日更新

眠れる遺跡のアウトランダー

ルの出来事である。  おせニャんで2月の魔道杯報酬が公開されたが、アウトランダーは全く関係ない英雄凱旋であった。  %%しかし超高難度報酬はまだ公開されていないのでこちらに期待しよう?%%  いつもの[[2Pカラー]]しか来ませんでした。えぇー・・・  2018GWガチャでようやく新規絵で単独の限定化されるも、[[コストカット]]の影響なのかストーリーが省かれてしまった。%%その影響で闇堕ち?%%  本イベントから3年近く経って、2021年正月ガチャでの限定化の影響か、Aスタートのエーファにもアウトラ…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cc%b2%a4%ec... - 2021年01月23日更新

叡智の証

叡智の証は、2018年6月の大魔道杯 in エニグマフラワーズ[[魔道杯]]にて実装された魔道杯の新ポイント。 *概要  魔道杯のミッションにて入手でき、トーナメント専用の交換所で5式以上で有用な精霊や結晶などと交換できる。魔道杯期間でなくても交換可能。  ただし叡智の証は1回の魔道杯で最大30しか入手できず、最終進化させるためには同一精霊が3体必要である。つまり最終進化を考えると1回の魔道杯で1体しか入手できない。  普通のクエストでも利用できるがHPが飛び抜けて低い点には要注意。逆に言えば生贄には使…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%b1%c3%c3%d2... - 2021年01月23日更新

魔道杯の歴史(2020)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2020) | *2020年 #contents(1) //スマホで折りたためるように各魔道杯の見出しを*1つにしました。 *2020年のイベ覇の構成の特徴  以前は所謂持ち物検査による参加権利の有無が分かれているようなものであり、''「5Tや4TSSを組めるか」''という点が一つの大きな勝負であった。  そのため、有志による配布メインのデッキが開発されれば無微民でも課金者と同じように周回が可能であり、課金者からすれば「優位性」という点においてあまり面白くはない状…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2020年12月28日更新

バイキルト魔道杯

 2014年2月開催の「夢幻の[[魔道杯]]」のこと。  初日、終了直前の順位と翌日発表の確定順位に大きな隔たりが発生した事件に由来する。 中には順位がほぼ2倍まで後退した者もおり((一説にはほぼすべてのユーザーがなぜかバイキルトにあったという説もある。それが本当なら魔道杯のシステム上集計の問題ではなく水増しの疑いが確定的になる。))、ドラクエにおける攻撃力が倍になる呪文「バイキルト」になぞらえてこう呼ばれるようになった。  よりにもよってこの魔道杯のみデイリー報酬精霊の最終進化に同一カードが必要な仕様で…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%a5%d0%a5%a4... - 2020年12月14日更新

カタバ

前も登場しなかった。  その後の八百万Z魔道杯のプレストーリーでダルヴァが名前を出しているがそれだけである。  [[八百万Z]]によるシリーズそのものの凋落により、カタバは陽の目を見る事はないと思われたが、2017年6月の八百万神秘譚4で評価を大きく変えることになる。  ちなみに余談だがカタバさんがKTBと呼ばれるようになったのは八百万2にて復刻開催したときにL化がなかったという時期(2015年11月)から本格的に使われるようになった。  それまではKTBと呼ぶ人は居てもそこまで多くはなかったという…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%a5%ab%a5%bf... - 2020年01月24日更新

魔道杯の歴史(2019)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2019) | *2019年 #contents(1) *大魔道杯 with ビューティー12天女  2019年1月25日(金)〜28日(月)開催。  干支を元にした12天女をテーマにした魔道杯。  報酬は干支レイドでストーリーのみの出演だった%%三バカ天女%%[[トリテン]]、ビシュラ、マワシの3人。 //三馬鹿トリオは三バカ天女と原文通りに修正  覇級の4戦目とボス戦で全属性吸収をする敵がおり、これをどうするかがポイント。大体は毒か無属性大魔術を使う事になる。 …

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2020年02月21日更新

つんつん

 魔道杯のチームリーダーのキャラの反応を楽しむ為にそのキャラをつんつん突くこと。%%おでんとは一切関係ありません%%  過去の魔道杯成績を見る機能のアップデートで正式名称は''タップボイス''と判明した。  また2016年12月〜2017年1月開催の協力バトルイベント「[[申ものは追わず。酉あえずお餅でもどうぞ。]]」でもアネモネの代わりに表示されたマワシとトリテンをつつくことができ、専用のボイスも用意されていた。 *解説  魔道杯では2015年6月以降、騎士団杯、[[バーニング杯>大魔道杯 爆(…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%a4%c4%a4%f3... - 2020年09月27日更新

魔道杯の歴史(2014)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2014) | *2014年 #contents(1) *旋律の魔道杯  1月17日から1月20日開催。  デイリー下位報酬は回復変換スキルのコトリであり歴代でも屈指で優良な報酬と言われた。  ガチャ産のカスミより優秀で、リースの下位互換といった認識であった。8段が解放されたが、しばらくの間はミネバゲーで盛大に叩かれた。 **総合優勝 しみず(@_@) *夢幻の魔道杯  2月14日から2月17日開催。  別名”[[バイキルト魔道杯]]”。また”水増し魔道杯”とも言…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2019年12月30日更新

魔道杯の歴史(2013)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2013) | *2013年 #contents(1) *黄金の魔道杯〜薫風の魔道杯  初回は2013年5月3日〜6日(Android)、2013年5月10日〜13日(iOS)。((AndroidとiOSではリリース日が異なっていたため、それぞれ別の日程で行われた。))この頃は開催時間も0:00〜23:59であった。  当時の最高段位は初段。  この時はデイリー上位50位までがあの精霊[[フラクタル]]を入手できた。他にはクリスタルが得られた程度で累計報酬などは存在…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2019年12月30日更新

接待

別なステージを用意するという手間からか、魔道杯における接待が多いが、レイドで接待してみたり、イベントクエストの最後の方で接待してみたり、超高難易度なんかも接待クエスト化することもある。  また、アビスコードは対抗精霊ということでわざわざ売り出しにかかっているため、基本接待クエストが多い。  ただし、運営も予想していなかった使い方で接待以外の精霊が最速になってしまうことも珍しくない。  また、一見接待に見えるようなものでも全く接待ではなかったということがままある。  対義語?としては対策という言葉があげ…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%c0%dc%c2%d4... - 2020年05月19日更新

魔道杯の歴史(2015)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2015) | *2015年 #contents(1) *燃えよ魔道杯  悪名高いジジイ([[オジル]])が総合報酬として登場した魔道杯。  割とどうしようもない性能なのにも関わらず、30万と当時にしてはかなり高い[[ボーダー]]であった。 **総合優勝 初雪 *美味フェス魔道杯  通称[[メシウマ魔道杯]]。  前回の魔道杯で燃え尽きた者が多かったのかボーダーは5万ほど下がった。  上位報酬のガルタスがASとSSのスキルが噛み合っており強かった。  1年以上前に…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2019年12月30日更新

魔道杯の歴史(2016)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2016) | *2016年 #contents(1) *大魔道杯 in 天上岬  2016年1月22日〜25日開催。ボーダーは60万前後。  正月ガチャ排出率2倍のお陰でキーカードである正月ディートリヒの所有者が非常に多く、イベント絶級の周回が容易、さらに2日目くらいからは[[よてぃ]]氏による限定なし見破り2回6t(6tはこのときのゴーストと同じであった)が完成してしまう。かつ総合のロサ&ロレシャが新スキルの[[ムニキス]]搭載による期待値の上昇、デイリー上位の…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2019年12月30日更新

魔道杯の歴史(2017)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2017) | *2017年 #contents(1) *大魔道杯 with 魔轟三鉄傑  [[魔轟三鉄傑 対 地獄三十六歌仙]]を参照。報酬精霊の覚醒を含めた全ての性能が事前公開されるようになった。 **総合優勝 リティカちゃんがすき *大魔道杯 in ショコラフォレスト  [[ショコラフォレスト]]を参照。 **総合優勝 リティカちゃんがすき *4周年魔道杯 with 英雄凱旋  日替わりのポイントボーナス及びイベント覇級3色制により、総合が107万という…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2019年12月30日更新

魔道杯の歴史(2018)

|[[魔道杯]]>魔道杯の歴史(2018) | *2018年 #contents(1) *1月(開催なし)  早々に次回魔道杯は2月下旬開催予定と発表された。  新エリアの[[クルイサ]]実装を控えていたためと推測されているが、後の[[カムシーナ]]実装時には普通に開催されたため基準はよく分からない。 *英雄凱旋大魔道杯  二ヶ月ぶりの魔道杯は2018年2月23〜26日開催。  今回は描き下ろしのちびキャラが報酬となるが、報酬は個人累計下位・上位、デイリー下位・上位、総合報酬、デイリートロフィー、…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%cb%e2%c6%bb... - 2019年12月30日更新

ボーダー

 ボーダーとは魔道杯における、デイリー上位報酬および総合報酬が入手できる最低ラインのこと。  ボーダーの数値は、参加者数、報酬の配布人数((最近は総合報酬が25000位まで、デイリー上位報酬が各日各チームごとに7000位まで(合計で84000枚が配られる計算)となっている))、イベントトーナメントの難易度及び獲得ポイント数によって毎回異なり((2016年は60万pt前後、2017年〜2018年頃は70−80万程度が、2019年頃は80〜90万程度がだいたいのボーダーであるが、何らかの理由で突き抜けたり落ち…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%a5%dc%a1%bc... - 2020年04月11日更新

ハムスター

ムらざるを得ない事が多い。  また、[[魔道杯]]はその仕様上必然的にハムることを強制される。  例) 錦ハムスター *2:プチニーミの事。  しょこたんコラボのボスの自称魔王。外見がハムスターである事から。種族は妖精。通称は上と同じくハム。公と書く人も。  ランクSSまでしか上がらないものの、ASの妖精の数だけダメージUP、潜在の種族ステータスUP、SSが見破りであるため、艦隊を組んで脳死プレイが可能。  特にステータスに関しては当時HPと攻撃が妖精で組めば5000を超えるという異常な数値となってい…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%a5%cf%a5%e0... - 2019年07月02日更新

弐式ハムスター

 二式ハムスターとは二式を走り魔道杯を駆け抜けるユーザーのことである。もしくは[[8888884444]]氏のかつての異名。  [[錦]]勢とも呼ばれる。単に[[ハムスター]]と書くと別の意味もあるため注意が必要(5式6式覇級ハムスター、ハムスター艦隊など)  たまに蔑称ととるプレイヤーもいるが比較的年齢層が高くいわゆる大人なウィズプレイヤー的には、むしろそんなとこで総合とれるなんてという敬称てきな意味のほうがよく使われる。%%もしくは自虐%%  二式は登場時難易度がおかしくバレレナ艦隊を作る人まで現れ…

https://seesaawiki.jp/kurowiz-yougo/d/%c6%f5%bc%b0... - 2020年04月07日更新

 1  2  3  次の20件

どなたでも編集できます