デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士クロスボーン・ガンダム
形式番号XM-X3
頭頂高15.9m
本体重量9.5t
武装頭部バルカン砲、ガトリング砲、ビーム・サーベル
ヒート・ダガー、シザー・アンカー、Iフィールド発生機
ムラマサ・ブラスター、ザンバスター
専用機パイロットトビア・アロナクス
トビア・アロナクス(鋼鉄の7人バージョン)
本館

OA1弾P・OA1-018

証言タイトル怒れる『X3』
内容「海賊軍の新型は……まるででたらめな戦い方だった。
直撃するはずのビームを手の平で曲げたかと思えば、大きな剣を振り回して我々の高性能機を野蛮に叩き落としていく。
海賊らしいと言えばそうなるのだろうが……
戦術セオリーを無視した兵士らしからぬ荒削りな気迫は、確かに脅威だったさ」
インタビュー人物木星帝国NT部隊の一員
備考証言タイトルは原作漫画5巻の最初のエピソードタイトルからの引用。
証言内容もその話とリンクしたものとなっており、テテニス・ドゥガチの親衛隊に殴り込みをかける形となっているが、証言者が木星帝国(以下JEと表記)NT部隊とされているが、これは宣伝用の虚飾で、実際にはX3に慄くばかりで何もできなかった。
さらに言えば「我々の高性能機」は真っ赤な嘘。彼らの乗る搭乗機・ディオナ最下級の量産機をベースに機動性を引き上げられた式典用の機体だが基本的にはちょっと強い量産機程度の性能しかない。
では、本物の「我々の高性能機」と本物のNT部隊はというと・・・最終巻の6巻の最終決戦でトビアの恩師であるカラス先生(大佐)が率いる部隊の取り巻きがそれで、死の戦風隊(デス・ゲイルズ)の「攻撃」を担当するクァバーゼの量産型がこれに当たる。
それにしてもこの証言者、生き残ったということは人命をMSの部品以下程度の価値しか認識せず粗末にすることに定評のあるJEだと、要人の身を守れなかった(詳しく書くと今作のヒロインであるベルナデット=テテニスはJE総統の娘で今回は海賊に浚われてしまった形になる)廉で処刑されることは確定的に明らかであろう。
そのため、本証言は証言者のになる可能性も。

編集にはIDが必要です