デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダムUC
形式番号RX-0[N]
頭頂高19.7m
本体重量27.3t
武装ビーム・マグナム、リボルビング・ランチャー、ビーム・サーベル、アームド・アーマーDE、他
専用機パイロットリディ・マーセナス
リディ・マーセナス(連邦バージョン)
リディ・マーセナス&オードリー・バーン
本館

Z4弾P・Z4-031

証言タイトル「いやな『予感』は……」
内容「地上じゃバンシィっていう黒いユニコーンガンダムが出てきたんだって?
バナージ白い奴よりも完成度が高くなっているって聞いたが……
まさか、あいつを追っかけて宇宙(こっち)に来たりとかはないだろうな?
ガンダムは味方だから頼りになるんだ、あれが敵になるかと思えば……
はは、考えすぎか」
インタビュー人物ネェル・アーガマの乗組員
備考考えすぎではありませんでした。実際追いかけてきて交戦することに・・・。

Z4弾C・Z4-032

証言タイトル「主武装(ビーム・マグナム)は『完成』する」
内容「地上運用時での装備から、搭乗者の変更、宇宙戦闘を考慮した装備が新たに与えられています。
ええ、新たなアームド・アーマーを用意したんですよ。
それらの派手な外観に隠れがちですが、このリボルビング・ランチャーもかなりの性能です。
ビーム・マグナムの弱点を克服するといえば、伝わりやすいかと」
インタビュー人物アナハイム・エレクトロニクス社の技術スタッフ
備考リボルビング・ランチャーについて。
1発の威力は非常に強力だが5発しか撃てず、すぐに弾切れを起こすマグナムの欠点である継戦能力の低さを補うために用意された。

Z4弾CP・Z4-073

証言タイトル「機付長は人すら『見える』」
内容「地球の仕様からかなり変わっていたが……
スラスターを踏み込む感覚が、どうもオレがよく知るパイロットに似ていてな。
あの坊ちゃんにかつての仲間を撃つことなどできるはずはないんだ……
仮にあいつだとしても、きっと無理をしている。
リディ少尉は優しい奴なんだよ」
インタビュー人物ジョナ・ギブニー
備考機動戦士ガンダムUCキャンペーンより。
ネェル・アーガマ機付長のギブニーから、なお原作小説ではリディ搭乗バンシィを見ることなく全裸さんに撃ち殺されている。

B1弾M・B1-024

証言タイトル「背中の『ブラックボックス』」
内容「背中に新しく付けられたアームド・アーマーXCですか?
上から指示された整備マニュアル通りにメンテナンスしているだけで、整備している自分にもよくわからんのですよ
こいつがNT−Dとやらを発動すると真価を発揮するらしいのですが……
はは、今でも十分にスゴイってのに」
インタビュー人物シャトル発射場にいた整備兵
備考アームド・アーマーXCについて。
詳細は鉄6弾MノルンDで明かされる。

B6弾C・B6-016

証言タイトル「親和性の『真意』」
内容「搭乗者と機体の親和性を高める効果?
……はっはっは、いや、失礼。
それは上手い言いようだと思ってね。
もともと強化人間が乗ることを前提としていたRX-0だが、肝心の強化人間を揃えられずに、やむなく普通のパイロットを使わねばならなくなった場合……
その保険として、アームド・アーマーXCを用意していたのさ」
インタビュー人物UC計画の関係者
備考初回の変身はまだ覚醒前なのでこのデバイスを活用していたが、最終的にはパイロットがニュータイプに覚醒し、使う必要がなくなった

鉄華繚乱5弾C・TKR5-005

証言タイトルそれが『プランB』?
内容「バンシィ・ノルンは1から改造された訳じゃ無く、アームド・アーマーって専用の増加ユニットを装着した仕様の名前なんだってね?」
アーロンさんからその話を聞いたタクヤがえらく興奮してたが、つまりバナージユニコーンもノルンになれるってことか」
「ま、タクヤの奴はそのアームド・アーマーを全部付けたがってるみたいだけど」
インタビュー人物ネェル・アーガマの整備兵たち
備考アームドアーマーとANAコーンの関連性について。
ちなみにノルン仕様のユニコーンはガンダムブレイカー2以降なら普通にアセンブルすることが出来る。

VS1弾C・VS1-030

証言タイトル『完成』されたRX-0
内容ユニコーンガンダム2号機、通称『バンシィ』の総合性能向上仕様だ。
主武装ビーム・マグナムの銃身下部に装着されたリボルビング・ランチャー、シールドへの機能拡張をもたらすアームド・アーマーDE、背面には搭乗者と機体の親和性をさらに高める効果を与えるアームド・アーマーXCを装備している。
RX-0は本仕様をもって"完成"したと断言できるだろう」
インタビュー人物ビスト財団の関係者
備考機体概要の解説。

DW2弾ヴァリアブルC・DW2-008

証言タイトルRX-0の『本質』
内容「……なんですって?デストロイモードこそRX-0の本質が込められている?
全ニュータイプの殲滅?……ははは、とても悪い噂だ。
結局の所、モビルスーツを動かすのは人の意思ですよ。
RX-0がその本質をどう現すのかは……
それを操るパイロットに全てかかっている。」
インタビュー人物UC計画の関係者
備考バンシィ・ノルン(デストロイモード)へヴァリアブル。

EB2弾ヴァリアブルC・EB2-012

証言タイトル間近で『感じた』故に
内容リディ少尉もまさか、自分を仕留めようとしたモビルスーツに乗り換えることになるとは夢にも思っていなかっただろうな」
「デルタプラスからバンシィへの乗り換えのことか?
あいつはユニコーンが秘めていた恐ろしさを目(ま)の当たりにして、あえてその力を欲(ほっ)したのかもわからんぞ?」
インタビュー人物ロンド・ベル隊の隊員たち
備考デルタプラスからヴァリアブル。

ZPR-018

証言タイトル「主役は『最後』に登場する」
内容白い1号機?あんな不良品なぞどうでもいい。
このバンシィ・ノルンこそ『完成したユニコーンガンダム』なのだ。
機体の問題点は、新たな専用装備により、全て解決し……
ふふ、これでようやく『UC計画』を完成させるための舞台が整ったといえる」
インタビュー人物アナハイム・エレクトロニクス社の幹部
備考あくまで「機体自体」が完成したものであって、肝心の「強化人間のパイロット」がいない。
一応それを補うためにアームドアーマーXCを急ごしらえした経緯がある。

ZPR-025

証言タイトル「宇宙(そら)と地球(ほし)と『旅人(グフ)』と」
内容「んー……そういや確か、シャトルの発射場近くを通りかかった。
1機の黒いモビルスーツを打ち上げるのに、えらく物々しい雰囲気が流れていたんだが、もしかするとそいつのことかもしれない。
そんなことよりこっちが聞きたいんだが……
トリントンはこの方角で……
え、やっぱちがう!?」
インタビュー人物グフ重装型に乗ったパイロット
備考「episode6 宇宙と地球と」イベント上映1週目(3/2〜3/8)限定劇場配布カード。
タイトルは「そらとほしとグフと」と読む。
迷子のグフ重装型伝説はまだまだ続く。

ZPR-026

証言タイトル「封印された『武器装甲(アームド・アーマー)』?」
内容「増加サイコフレーム兵装のアームド・アーマーは、VNもBSも展開機構が組み込まれていたが……
バンシィ・ノルンが新たに装備しているアームド・アーマーにも同様の機構が存在すると見ていいだろう。
DEはもちろん、背中のXCがどのような変化を見せるのか……
今から楽しみだ」
インタビュー人物民間のジャーナリスト
備考ガンプラHGUC「バンシィ・ノルン(ユニコーンモード)」初回特典カード。

編集にはIDが必要です