デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 第08MS小隊
頭頂高18.0m
本体重量52.8t
武装100mmマシンガン、180mmキャノン、ビーム・サーベル、胸部バルカン、ショート・シールド他
専用機パイロットシロー・アマダ
カレン・ジョシュワ
テリー・サンダースJr.
シロー・アマダ&アイナ・サハリン?(NEWSPパック02〜)
本館

Z3弾M・Z3-010

証言タイトル「連邦反攻の『狼煙』」
内容「おいおい、聞いていた話と違うぞ!連邦は既にこれだけのモビルスーツを量産する力を持っていたっていうのかよ!?
サイド7の戦闘記録に映った白いのとはちょいと印象が違うが、あれがガンダムってやつなんだろ……
戦車や航空機は余裕だが、モビルスーツ同士の戦いはこっちも学んでねぇよ」
インタビュー人物ジオン軍のパイロット
備考

Z3弾C・Z3-011

証言タイトル「G(ガンダム)を『名乗る』だけのことは」
内容「正式な量産機と表現するには少々事情が違いましてね。
こいつはRX−78の余剰パーツを使用して作られた、ある意味急造品なんですよ。それだけに生産数が限られ、予備パーツの確保もしづらいモビルスーツなんですが……
さすがにエネルギーゲインは段違いのレベルを持っています」
インタビュー人物連邦軍の整備兵
備考同弾CEz8への連作証言。証言のとおり余剰パーツで作られた本機がいかなる進化を遂げたかについて。

Z4弾C・Z4-011

証言タイトル「『巨大』な兵隊」
内容「この陸戦型ガンダムは、兵士を10倍の大きさにしたというモビルスーツ自体のコンセプトが良くわかる作られ方をしている。
こいつらが小隊を組み、武器を背負いながら歩いて行軍する姿は……ホント昔ながらの兵隊が持っていた泥臭さを感じるよ」
インタビュー人物戦場カメラマン
備考

BG2弾C・BG2-004

証言タイトル「『生き延びる』ための力」
内容「いくらガンダムだからって、調子に乗ったヤツはこの時代で再会することはなかったな。
危なそうな相手には、肌で感じる特別な怖さってのがあって……特に優れた戦士はそれを感じる力に長けていたんだ。
ほら、野生のカンって言うじゃないか?本当に強いヤツほど、慎重になるものさ」
インタビュー人物元06小隊のメカニックマン
備考

BG6弾C・BG6-005

証言タイトル「新品『同然』とは」
内容「いくら兵力に勝っていると将軍が言ったところで、まだまだ連邦のモビルスーツは貴重品だよ。
ぶっ壊れても新品のパーツで修理できるのが当たり前だと思ってるヤツが居るのなら、とんだ甘ちゃんだぜ。
ほら、08小隊のガンダムを見てみろよ……1機だけ、ジムの頭が付いてるだろ?そうせざるを得ないのが、本物の戦争なのさ」
インタビュー人物コジマ大隊の整備兵
備考ゲーム等では新品同然に直せるが、実際は予備パーツが無く現地改修をせざるを得ないのが現状だった。
ちなみにジムの頭が付いた陸戦型ガンダムはカレン機で上記のBG2弾Cに写っている。

鉄血の2弾C・TK2-005(未)

ZPR-016(未)

編集にはIDが必要です