曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

須弥檀のこと。仏像を安置し、香華を供える場所のこと。
△い錣罎襪痢崙睚」のこと。出家・在家問わず(本来は在家だけ)に、仏祖や先祖の位牌を祀る壇のこと。各宗派や各地方、或いは各家によって祀り方は相違する。

【内容】

△砲弔い討世、曹洞宗の場合には、中央に一仏両祖(図、または像)をお祀りし、その左右、或いは下の段に先祖の位牌を安置して、常に香華燈燭飲食等を供え、毎朝、教典を読誦するのが良いとされている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます