あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

作者:真珠狩りの男
前作:クシャトリラの捕虜、キトカロス


しばらくすると情動の波が去り、キトカロスは理性を取り戻す。
そんな彼女の胸に去来するのは激しい自己嫌悪の念と後悔であった。

キトカロス:「私……なんてことを」

壁に手を付き項垂れるキトカロス。
快楽の衝動は去ったが、身体の奥底には自分でもどうにもできない疼きが今もなお燻っていた。

キトカロス:(私はもう元の私には戻れない……だったらいっそここで命を絶ってしまえば……)

キトカロスは入室時にこっそりとベッドの下に短剣を忍ばせていた。それを手に取り鞘から引き抜くと、刃を胸元に当てた。

キトカロス:「ごめんなさい、ペルレイノの民達、そしてティアラメンツの皆……」

胸の中に去来するのはペルレイノでの輝かしい日々。泣き虫のメイルゥ、物静かなハゥフニス、しっかり者のシェイレーン。皆大事な友達であり家族。そして一人と一匹の……
一滴の涙が零れ落ち、真珠に変じてコトンと音を立てる。

キトカロス:(ああ……なんであの人のことを思い出すのかしら……)

思い返せば覚悟が鈍る。そうなってしまう前に……
一思いに胸を貫こうとしたその時だった。

ユニコーン:「勝手に何をしている」

ユニコーンの剣閃が短剣を吹き飛ばす。

キトカロス:「っ!?」

キトカロスは咄嗟に自分の前を手で覆った。

キトカロス:「な、何の用ですか?もしかしてまた私を辱しめるつもりじゃ……」

ユニコーン:「私は非処女に興味はないと言っただろう」

ユニコーンはキトカロスの腕を掴み、強引に立ち上がらせる。
そしてこう伝えた。

ユニコーン:「仲間のいる所へ連れていってやる。あのシェイレーンとかいう小娘のな」

キトカロス:「シェイレーンは無事なんですか!?」

ユニコーン:「それは会ってからの楽しみだ」

−−−

キトカロス:「シェイレーン!」

部屋に入るなり、キトカロスは横たわったシェイレーンの元へ駆け寄る。

キトカロス:「シェイレーン!シェイレーン!返事をしてください!」

シェイレーン:「うぅ……キトカロス様……」

キトカロスの呼び掛けにシェイレーンはうっすらと目を開けた。

キトカロス:「よかった……生きてたんですね!」

シェイレーン:「キトカロス様も……ご無事で……」

キトカロス:「怪我は!?怪我は大丈夫ですか!?」

キトカロスはシェイレーンの身体を確認する。
傷口は治療され、うっすらと跡を残すのみ。だが身体のあちこちに痣が浮かんでおり、口元や陰部には白濁液がこびりついている。それは彼女が激しい陵虐を受けたことを物語っていた。

キトカロス:「酷い……約束と違うじゃないですか!」

キトカロスは怒りの声をあげる。その瞳には涙が溜まっていた。

キトカロス:「シェイレーンを助けてくれると言ったから私は……私は!」

ユニコーン:「何を勘違いしている?私が約束したのは怪我の治療だけであってその後の事は知らんぞ。それにお前達だって楽しんだだろう?」

キトカロス:「そ、そんなことは……」

その時だった。
二人がいる部屋のドアが開き、クシャトリラの兵士達がぞろぞろと入室してきたのだ。

キトカロス:「誰です!?貴方達は!」

シェイレーン:「あ……ああ……!」

兵士A:「お?今度は二人でヤッてくれるのか?嬉しいねぇ〜」

兵士B:「新しいのはいい乳してんじゃねぇか。さっきの娘も悪くはねえがやっぱり乳のデカい女が一番だぜ」

兵士C:「じゃあ俺はそっちの娘をもらうぜ!まだまだヤり足りねえし教え足りねえからな」

シェイレーン:「い、嫌……いたいのは……いたいのはやめて!」

シェイレーンはブルブルと震える。足元に視線を移せば恐怖で失禁しているのが見てとれた。

キトカロス:「シェイレーンに触らないで下さい!」

キトカロスはシェイレーンを守ろうと前に出る。

兵士A:「お?じゃあご希望通りお前から可愛がってやるよ」

クシャトリラの兵士はキトカロスの腕を掴むと無理矢理ベッドに押し倒した。

キトカロス:「きゃあっ!」

キトカロスは仰向けに寝転がされた状態で拘束されてしまう。
そして兵士達がキトカロスを取り囲む。

兵士D:「まずはその生意気な口を塞いでやろう」

キトカロス:「んむっ!?」

一人の兵士がキトカロスの口にペニスを突っ込む。
そのまま激しくピストン運動を始めた。

キトカロス:「ふぐぅっ!?ンブッ!ぶぼぉっ!!」

キトカロスの口からくぐもった声が漏れ出る。

兵士B:「俺らの相手もしてくれや」

別の兵士がキトカロスの胸を鷲掴みにし、そのまま乱暴に揉みしだいた。

キトカロス:「ひゃうんっ!?あうぅ……痛いっ……!」

クシャトリラの兵士達は代わる代わるキトカロスに群がり、欲望をぶつけていく。

キトカロス:(うぅ……なんて酷い仕打ち……でもシェイレーンが無事なら私は何をされても……)

キトカロスは犯されながらもシェイレーンの方へ視線を向ける。だがそこには絶望の光景が待っていた。

シェイレーン:「あ゛…お゛……いだぃ……もう許じでぇ……」

兵士C:「おいおい、まだ始まったばかりだろ?こんなんで根を上げてちゃこの先やっていけねえぞ?」

シェイレーン:「ぎぐぅ……う゛ぁ……がはぁ……」

シェイレーンは兵士の一人によって首締めセッ●スを教え込まれていた。

シェイレーン:「おげぇ……く゛る ゛し゛い゛……い、いきが……あがががががが……」

シェイレーンは首を絞められながら必死に呼吸しようと喘いでいる。

キトカロス:「シェイレーン!くっ!このぉ!……今助けますからね!」

キトカロスは兵士の一人を蹴り飛ばして何とか脱出しようとする。
しかしキトカロスはすぐに他の兵士に取り押さえられ制裁の腹パンが炸裂した。

キトカロス:「うぐッ!」

兵士A:「雌奴隷の分際で抵抗してんじゃねえよ!」

キトカロス:「あうぅ……!」

兵士B:「さっきまでの威勢はどうしたんだ?ええ?ほら、もっと楽しませてみな」

キトカロス:「いや……やめて下さい……」

キトカロス:「ああぁっ!」

キトカロスは兵士達に身体中を舐め回されていた。

キトカロス:「汚らしい舌で私の肌に触れないで下さ……ひゃんっ!?」

兵士A:「乳首ビンビンにして何言ってんだよ。本当は気持ちいいんだろ?」

キトカロス:「そ、そんなことありません!貴方達なんかに好きにされて感じるわけが……」

キトカロスは否定するが言葉とは裏腹に乳首は完全に勃起していた。

兵士B:「だったらこの尖った乳首を好きにさせてもらうぜ?」

兵士Bはそう言うとキトカロスの乳首を口に含んで吸い上げた。

キトカロス:「ひうぅっ!?や、やめてくだ……あんっ!」

キトカロスは乳首を吸われる快感に身を震わせる。
兵士達はキトカロスの乳房を揉みしだき乳首を指先で弄ぶ。

兵士C:「おい、俺にも触らせてくれよ。こっちの乳もなかなか良い感じじゃねぇか。こりゃたまらんな」

兵士D:「それなら俺はこっちの乳を貰おうかなっと」

兵士E:「なら俺はこいつ(シェイレーン)だ。ちっぱいなのも良いな」

兵士達はキトカロスの乳輪の周りの柔らかな部分を円を描くようになぞっていく。

キトカロス:「くふぅんっ!あっ……あぁ……や、やめて……」

キトカロスは身を捩って逃れようとするが兵士達に拘束されているので無駄な抵抗であった。
兵士の一人がキトカロスの脚を掴んで大きく広げた状態で固定する。
そしてその脚の付け根にある秘裂に顔を埋めてクリトリスを強く吸い上げる。

キトカロス:「あぁっ!そこはダメです!はうっ!だ、だめぇ……だめぇ!」

キトカロスは敏感に反応を示してしまう。

兵士A:「へへ、やっぱりここが一番効くみたいだな。たっぷり可愛がってやるよ」

キトカロス:「嫌!嫌あああ!」


フェンリル:「騒がしいと思って来てみれば……そういうことか」

オーガ:「グハハハッ!雑兵共は引っ込んでろ!ここから先は俺が楽しませてもらうぜ!」

兵士:「フェンリル様!オーガ様まで!」

フェンリル:「貴様らはそこで見ているが良い」

フェンリルはクシャトリラの兵士を払いのけて前に出る。

フェンリル:「キトカロス、ペルレイノの人魚姫か。中々いいのを持っているな」

フェンリルはキトカロスの乳房を掴む。

キトカロス:「うぐっ!さ、触らないでください!」

キトカロスはフェンリルの手を振り払おうとするがびくともしない。

フェンリル:「ふん、口ではそう言っていても体は正直じゃないか。こんなに硬くしておいてよく言うぜ」

フェンリルはキトカロスの両胸の先端を同時に摘まむ。

キトカロス:「あうっ!?そ、そんなこと……ありません……」

フェンリル:「強情を張るなよ?本当は気持ち良いんだろう?」

フェンリルは指先で乳首を転がすようにして弄ぶ。

キトカロス:「き、気持ち良くなんか無いです……。離してください!」

キトカロスはフェンリルの手をどけようと試みるがやはり無駄だった。

フェンリル:「ほう、まだそういう態度を取るのか。ならばこちらも相応の手段を取らせてもらおう」

フェンリルはキトカロスの乳首に軽く噛み付く。

キトカロス:「ひゃうっ!」

フェンリル:「どうした?痛かったか?」

フェンリルは今度は舌で乳頭を舐め回す。

キトカロス:「んっ……くぅ……!」

フェンリル:「ククッ。声を抑える必要はないぞ。好きなだけ鳴いて構わないからな」

フェンリルは執拗にキトカロスの胸を攻め続ける。

キトカロス:「やめてくださぃ……お願いします……」

フェンリル:「ククク。なんだその目は?まだ反抗的な目つきをしているようだな。これは仕置が必要だな」

フェンリルはキトカロスを床に組み伏せ、関節を極める。股を大開きにしたしたとても恥ずかしい体勢。濡れそぼった秘所がよく見える格好だ。

キトカロス:「あぅ……この姿勢は……嫌ぁ……!」

フェンリル:「ククク。お前達ティアラメンツはこの体位が一番好きだろう?ほら。こうしてやるだけで……」

フェンリルはキトカロスの割れ目に指を挿入する。キトカロスの中はもう洪水状態になっていた。

キトカロス:「ふあああっ!だめぇぇ♡」

フェンリル:「どうした?随分感じているみたいだが?」

キトカロス:「ち、違いますぅ!こんなことで私は屈したりは……♡」

キトカロスは必死に否定するが身体の反応までは誤魔化せない。キトカロスの膣内からは愛液が止め処なく溢れてくる。

キトカロス:「はうっ♡は、早く抜いてください!……っ♡」

フェンリル:「ふん。まあいい。望み通り解放してやろう」

フェンリルはようやくキトカロスを解放する。
その横ではシェイレーンが悲鳴を上げていた。

シェイレーン:「ひぎぃいいいっ!!らめぇ!そんなに太いの挿入らないからぁ!!!」

オーガ:「ガハハ!心配するな。ちゃんと慣らせば入るようになるさ!」

シェイレーン:「むりぃ……入らないよぉ……。裂けちゃうぅ!」

シェイレーンの懇願を無視し、強引に肉棒をねじ込まんとするオーガ。

シェイレーン:「ああーーー!!!お腹壊れりゅううぅ!!!!」

シェイレーンは涙を流しながら絶叫する。
それを見かねたフェンリルがオーガの静止に入った。

フェンリル:「貴様の巨根ではこの娘は壊れてしまう。そうなってはもう使えないだろう」

オーガ:「あ゛あッ!?テメェ誰に指図して……」

フェンリル:「お前がヤるならあっち(キトカロス)だ」

フェンリルはキトカロスを指し示す。

フェンリル:「あの娘ならお前の巨根にも耐えられるかもしれないぞ?」

オーガ:「そうかァ?じゃあそいつでヤるか!」

シェイレーン:「そ、それはっ!」

キトカロスが自分の身代わりになることを拒もうとするシェイレーン。
だがキトカロスはシェイレーンを守るために自らオーガの前に進み出た。

シェイレーン:「だ、駄目です!キトカロス様!私の身代わりなんて……」

フェンリル:「誰が身代わりだと言った?お前の相手は俺だ」

シェイレーン:「きゃあっ!」

フェンリルはシェイレーンを床に組み伏せる。

フェンリル:「壊さない程度に可愛がってやろう。お前はまだまだ使い道が残ってるからな」


一方、キトカロスはオーガの巨根を前に息を飲んでいた。

キトカロス:(な、なんて大きいの……私の腕くらいあるわ……こんなので貫かれたら私……)

オーガ:「おい。どうしたんだァ?怖気づいたのか?」

キトカロス:「い、いいえ、貴方の相手は私ですから……」

キトカロスは覚悟を決め、オーガの剛直に舌を這わせようとする。挿入前に果てさせて少しでも負担を和らげる……あわよくば挿入自体をさせないためである。だが……

オーガ:「ええい!まどろっこしい!フェラなんぞ要らん!早くその穴を貸せ!」

キトカロス:「ひっ!」

乱暴に押し倒され、両足を大きく広げられる。
秘所が丸見えになった状態で固定されてしまった。

オーガ:「挿れるぜぇ!」

キトカロス:「待って!まだ心の準備がっ……ひぎいぃいいっ!!」

キトカロスの制止も聞かず、一気に奥まで突き入れられる。
あまりの質量と激痛に意識を失いかけるが、オーガが腰を動かし始めたため強制的に覚醒させられる。

キトカロス:「あぐぁ……やめ……やめてくださ……お゛ぉおっ!」

オーガの巨根はキトカロスの腕ほどもある。そんなものが出し入れされてはひとたまりもない。

キトカロス:「んぐぅうううううううっっっっ!!!」

ユニコーンやフェンリルのと比較してオーガの責めは拙く雑だ。だがそれを補って余りある程に圧倒的な質量とパワーがキトカロスを苦しめる。

キトカロス:「うぐぅううっ!!苦し……裂けちゃうっ!」

オーガ:「へっへっへ。良い締め付けじゃねぇか」

オーガは抽送を続けながらキトカロスの乳房を揉む。整った形が痛々しい程に歪み、キトカロスは痛みに耐えきれず泣き叫んでしまう。

キトカロス:「うぐぅううっ!許して!お願いだからもうやめて!」

オーガ:「うるせェ!黙って犯られろ!」

オーガはさらに激しくピストンする。

シェイレーン:「や、やめてあげてください!キトカロス様が壊れてしまいます!」

オーガ:「はッ。知ったことかよ!」

オーガのピストンに合わせてキトカロスの腹部がボコォっと膨らむ。内臓を突き上げられる苦痛で口から胃液を吐き出してしまう。

キトカロス:「うぷっ……ごぽっ!?」

シェイレーン:「キトカロス様……」

絶望するシェイレーンを安心させようと、キトカロスは微笑もうとする。

キトカロス:「だいじょうぶ……ですから」

オーガ:「そうかよ。ならもっと激しくしても大丈夫ってことだな!」

オーガは強引に巨根を根本まで捩じ込まんばかりに強く押し込む。

キトカロス:「え?あっ……だめ!これ以上は無理で……ひぎゃああぁああぁああっ!!!」

今までの比ではない圧迫感。呼吸が止まるほどの衝撃。キトカロスは白目を剥いて絶叫した。さらにそれだけでは終わらない。

オーガ:「出すぜ」

キトカロス:「あ゛……あ゛あ゛ッ!?」

キトカロス:(オーガのおちんぽがお腹の中でさらに大きくなってりゅ……こ、こんなの……むりぃ……♡)

ドクンドクンと脈打つ肉棒が子宮口を押し広げる感覚。

そして次の瞬間には大量の精液をぶちまけられる。

オーガ:「ぐぅううううう!」

キトカロス:「ひぐううううううぅううううううううっ!!!」

キトカロスの腹部が五つ子を孕んだかのよう膨れあがる。

オーガ:「フー。出した出した」

オーガが巨根を引き抜くとキトカロスの秘裂が堰を切ったかのように白濁した汁が吐き出す。オーガが戯れに腹を踏みつけるとその勢いは増す。

キトカロス:「あ゛……あ゛…あ…………あ……あへぇ……♡」

キトカロスは壊れたような笑みを浮かべてビクビク痙攣するのみ。


シェイレーン:「キ、キトカロス様!」

フェンリル:「余所見をしてる場合か?」

フェンリルの剛直がシェイレーンの膣内に突き入れられる。

シェイレーン:「んぅううっ!」

フェンリル:「どうだ。気持ちいいか」

フェンリルは腰を振りながら問う。

シェイレーン:「くっ、この程度……!」

シェイレーンは必死に耐えるが、その表情は明らかに快楽に蕩けていた。

フェンリル:「ふん。強情な奴め」

フェンリルはニヤリと笑う。

フェンリル:「ならばこれならどうか」

フェンリルは亀頭を子宮口に押し付けたままグリグリ回す。

シェイレーン:「ひぎぃいいっ!」

シェイレーンは背筋を仰け反らせて悶絶する。

フェンリル:「ふはははははははは!無様な姿だ!」

フェンリルはさらに深く押し込んでいく。

シェイレーン:「いやぁああぁあっ!!それ以上入らないで……〜っ!」

フェンリル:「ほら、全部入ったぞ」

シェイレーンは口をパクパクさせて苦しんでいる。

フェンリル:「これでは人魚じゃなく金魚だな」

フェンリルは嘲笑う。


オーガ:「オラ!第2ラウンドだ!」

オーガの巨根がキトカロスに再びねじ込まれる。

キトカロス:「あひぃ♡また入ってきたぁ♡」

キトカロスは嬉しそうに喘ぐ。

オーガ:「さっきよりも締まりがイイッ!」

オーガは興奮気味に叫ぶ。

キトカロス:「おちんぽぉ♡もっとちょうだい♡おくをグリグリしてぇえっ♡」

オーガ:「望み通りくれてやるぜッ!」

オーガはピストン運動を速める。

キトカロス:「あはっ♡あはははははははははははっ!!♡♡♡♡♡」

キトカロスは狂ったように笑い続ける。もはや理性は完全崩壊していた。

フェンリル:「ふん、もう完全に堕ちたか。よく見ておけ」

シェイレーン:「嫌だ……キトカロス様ぁ……」

フェンリルはシェイレーンにキトカロスの醜態を凝視するよう強制する。

オーガ:「そろそろイクか!?」

オーガがラストスパートをかける。

キトカロス:「うん♡出して♡いっぱい中に出してくださいっ♡孕ませてぇえっ♡」

フェンリル:「俺達もイクぞ」

シェイレーン:「あっ……ああっ!」

オーガ:「グオォオオオッ!!」

ドピュルルルーーー!!!ビュルッ、ビュッ、ビューッ、ブシャーッ、ドクッドクッドクッ……ゴポッ……。

オーガとフェンリルの精液が勢い良く放たれた。

シェイレーン:「いやぁあああっ!」

キトカロス:「きゃうぅうっ♡」

二人は同時に絶頂を迎えた。大量の白濁した液体が結合部から溢れ出る。

フェンリル:「これで貴様らは我々のものだ」

オーガ:「これからたっぷり可愛がってやるからな!」

キトカロスとシェイレーンはもう逃げられない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます