エネリーさんは喰牙RIZEシリーズに登場する敵の大ボス的存在である。
 「あたし良ければ全て良し」をモットーとし、常に自己中心的な行動を取る冷酷非道な人物。
 死んでもこの性格は変わらないクズ。

概要

 クエス=アリアス出身の魔道士であり、四聖賢以外は扱うことが禁じられた禁呪に手を出し、それが原因でギルドに追われ逃亡中に異界の歪みを通り別の異界へ移動した。
 この異界で自らの知識欲を深める為に他人を利用していき、不要と感じればすぐに切り捨てる。

喰牙RIZE

 喰牙RIZEでは封魔級のボスとして登場、登場時のボイスは「おバカきら〜い」と言っているが、空耳で「おまたビローン」に聞こえてしまう。
 拡大時のボイスで「エネリーさぁんて呼んでね」と自らエネリーさん呼びを推している。
 ミハネの事を「ミハネくん」と呼んだり、オウゼンの事を「オウゼン様」と呼んでいる。
 不要になったミハネを死んでちょうだいとあっさり切り捨てようとした。

喰牙RIZE2

 喰牙RIZE2では名前は出ているが、本編にはほとんど登場しなかった。
 後に実装された高難度の外伝で登場した。実験的に憤怒の魔人を召喚するが、ミハネに倒されたうえに呪装符として利用される。 

喰牙RIZE3

 喰牙RIZE3では事実上の大ボスとして君臨、自らを精霊化していたことが判明。
 正真正銘不死身であり、最後まで好き放題暴れるも黒猫の人ラディウスたちによって倒され精霊化魔法も解除されたため死亡。
 その後エネリーさんの魂は死界へと送られ、死界で駄々をこねる描写もあった。
 (><)「ヤダヤダー死にたくないー。」

大魔道杯with三大悪女?

 死界送りになったエネリーさん、ティレティ、ネオンちゃんの三悪女?が魔道杯ストーリーに登場。
 死後は魔力が大幅に落ちており酒に溺れて飲んだくれ、召喚はできるが本当の雑魚キャラしか呼び出せず、命令も聞かずにそっぽを向かれる。
 イベント覇級ではエネリーさんがボスとして登場。と言いたいところだがボス戦のセンター(HP350万)はネオンであり、エネリーさん(HP10万)はどう見ても取り巻きであった。ストーリーもネオンちゃんメインだったし仕方ないね。
 光闇吸収を貼るものの、聖女(笑)ティレティがあろうことかリサーブでチェイン+100という敵に塩を送る行為を行ったせいであっさりやられてしまった。「死ーぬーのーやーだー!」

 エネリーさんチームになったときのボイスが「エネリーさんは心を入れ替えました」と言っているが、真っ赤な嘘である。
 ツンツンすると、「ラディウスくんたちの異界にもまた行きたいな。たーっぷりお礼をしてあげないとね。」と言うのがその理由。無論飲んだくれてる現状では返り討ちに合うのは容易に想像できるが…。
 1位ボイスでは褒めてくれたあと、もしあたしが生き返ったら、何でも願いを叶えてあげると約束をしてくる。守りそうな気がしない
 2位ボイスではチームメンバーに頑張らないと化けて出るわよと脅しているが、全く怖くないのはエネリーさんだからか
 3位ボイスではヤケ酒を飲んで泣いている。エネリーさんお酒飲んで寝るから!

 エネリーさんチームは2位→3位→2位→3位と期間中一度も1位を取れなかった。日頃の行いが悪いからね!
 このため、1位ボイスは日付が変わった直後しか聞く機会が無かった。

 自己紹介ボイスによると死界にはエネリーさんよりヤバい人物がうじゃうじゃいる、契約深化ボイスでは昔殺した奴らに追われている、「死喰」は存在そのものが反則であると語っている。

余談

 エネリー役の声優引坂理絵さんは2018年に放送されたTVアニメ「HUGっと!プリキュア」の主役キュアエールとして出ており、一部では「キュアエネリー」と呼ぶとか呼ばないとか。悪堕ち?
 また、喰牙RIZEシリーズ報酬精霊レイルも兼ねている。

 鮮血赤ずきんのメメリーを調べようとグーグルなどでウィズ メメリーと検索するともしかしてウィズ エネリー と出ることがある。いい迷惑である

性能

無悪不造の外法魔 エネリー・ネリー

 火単色 AS回復 SS精霊強化スキルの組み合わせで詰まる処はちくわ代理。
 最終進化の絵は大きく、パイスラで意外とかわいい。が、ストーリー本編と外伝ではクズの極みである。
 限定精霊のちくわに比べると見劣りする部分はあるもののエンハンスの値とクイズに正解し続けさえすれば精霊強化スキルのループが可能と言う点では同じ。インフレが進んだ現在ではあまり使い道はないものの登場当初は配布としては非常に活躍した。
 結晶化するとコストダウン-5になる。

簒奪神姫 ヴァルキューレ=エネリー

 雷/闇属性。AS:連撃、複属性攻撃強化、SS:残滅大魔術(敵に止めを刺せばチェイン付与)
 ゴショガワラに近いが、体力が増えて攻撃力は減少、SSが二段階になっておりSS1は少し弱いと言う相違点がある。
 なおSSでは術士だが、Lだと神族になる。ちょうど誰かさんと真逆。

武血姫霊 ヴァルキューレ=エネリー

 水属性神族。AS:攻撃、SS:全体捕食大魔術
 ついに来た配布版の捕食大魔術。最大効果値は5100だが、必要なチャージも最大で30と少し少なくなっている。初回8T。
 攻撃力はかなり高いが、HPはかなり低く、フル覚醒かつアドヴェリ結晶を使うと残るHPは僅か55。
 潜在、純属性強化でのフォローは怠らないようにしよう。
 九死はないし、今まで散々苦労させられたので生贄にも最適。

 専用イラストの結晶化もあるが効果はまさかのパネブ
 しかも効果値は5と大きいがコスト30と明らかに釣り合うとは思えない…。と思っていた時期が私にもありました。というのもこの後開催された魔道杯オペレーションサンタでは水属性のデッキにカムシーナドロップの雑魚コタコタ(雷)を入れて戦うというのが配布デッキの主流になったのだが、コタコタのパネブ×4が邪魔をしてパネル事故が多発することに。
 しかしエネリー結晶を3か4つもいれれば事故が起こらなくなるという、よくわからない使われ方をした。

落ちぶれ大魔道士 エネリー・ネリー

 水術士 AS:回復・攻撃強化 SS1:AS特殊変化 SS2:精霊強化 EX-AS:ガード・ダメブロ
 ストーリーではどう見ても主役はネオンなのだが、ネオンはデイリー上位で総合はエネリーさんだった。良かったね!
 SS1のAS特殊変化はチェインプラスのみでエクセレントが出なければHP3割減るという、色んな意味で男らしいスキルと言える。
 SS2の精霊強化はリジェネとガードのみでラグール型SS1から攻撃力アップを減らしたものだが、10チェイン消費でリジェネとガードがラグール型SS2と同じ値に強化され、攻撃力倍率500%も追加されるというかなりの強化がされる。
 しかし現在水単色の精霊強化はステUP型のルドヴィカ、ラグール型のウリシラ、クレティア型のヤネット、状態異常無効のアウラとムールス、マドロック型のサフィーナとルヴァルとイツキ、攻撃力アップ特化のナタヤと、かなり激戦区。
 というか10chも使っておきながら効果ターンは4tのみであるという点が少し痛い。
 果たしてこの枠に入って大活躍するかどうか…?
 ちなみにこのSSは10ch消費時40%回復40%軽減になるのかそれとも25%軽減25%回復になるのかどちらかわからないコロプラ語であった。(結局25%回復25%軽減であった。)
 EXASはリーダーに設定すれば常時10%軽減と1500ダメージブロックが貼られる劣化ギャスパー。
 ただしこちらは純属性に対応していてなおかつ条件があってないようなものなので常時16%回復10%軽減1500以下無効のダメブロに純属性なら75%の攻撃アップ、おまけに常時Lなのでブルーロードなども常時発動できやりたい放題レベルで強い。
 実際この次の超魔杖列伝 我だ。魔王エターナル・ロアだ。ではリーダーに添えるだけで完封に近いことができてしまう。
タグ

どなたでも編集できます