ステブとは味方のサポートスキルのステータスアップとブーストを同時に持つ精霊のスキルセットのことを表す「ステータスアップブースト」の略称である。
 初出は空戦のドルキマスのディートリヒ。
 このスキルが出た当初はアタッカー精霊でも攻撃力4000-6000程度であった…つまり0tで1.3倍から1.5倍の攻撃力上昇が見込めるやべーやつだった。インフレが進んだ2019年1月現在では単色ヒビキを悪用すれば20000越えの攻撃も達成できるが普通は高くても1万程度であるため実質アドヴェリタス結晶程度の攻撃増大が見込める。(まあ現在となっては純属性強化などでも良いのだが)

全体ステブ(ガチャ)

 SS1が味方全体のHPを下げて攻撃力アップのステータスアップ、SS2がブーストのスペシャルスキルの組み合わせを指す。
 主な使い道としては魔道杯やレイドの短期決戦用である。  ガチャ産はSS1でHP2000ダウンし攻撃力2000アップ。初回0Tで使用可能、二回目以降は1Tで使用可能だが、HPダウンは下限1のため間違って何度も掛けてはいけない(ヌケニンテネブル戦法を除く)。
 SS2は4ターンの間、味方のMAX HPを毎ターン10%消費し、味方の攻撃力をアップ(150%)。さらに極稀にクリティカル。
ASは三キャラ共通のチェイン攻撃(4チェインでダメージアップ、8チェインで更にダメージアップ)

 2018/8/22のLtoLで2リフィルのSS1が攻撃力上限3000、SS2発動が1T減少、ASが0chで効果値100された。
 同/10/4に2ヴェレフキナも同様のLtoLをしたので、ディートリヒも次のLtoLで同様の進化だと思われるが、何故かドル2はコードギアスコラボの際もLtoLせず大進化祭りの投票対象となったため、ディートリヒ所持者からすると死活問題に立たされているのが現状となっている。
注意点
 火デッキに元帥、水デッキにアマン、雷デッキにリフィルをピン刺しする場合はパネブが悪さしてパネル事故が起きる可能性もあるのでトーナメントでの運用には注意が必要である。

全体ステブ(配布)

 パルフェはSS1でHP1000ダウンし攻撃力が1000アップする。SS2は4ターンの間、味方のMAXHPを20%消費し、味方の攻撃力をアップ(150%)。さらに極稀にクリティカルと消費HPが増えている。

単体ステブ(ガチャ)

 2016新人王ガチャで新たに登場したステブの単体バージョン
 SS1が自分のHPを下げて攻撃力アップのステータスアップ、SS2が自分自身のHPを消費するブーストのスペシャルスキルを指す。
  • 火闇:新人王アシュタル
  • 水火:覇眼戦線3リヴェータ&ルドヴィカ
  • 雷光:2017GWヴィクトリア
  • 水雷:プルミエ(2600万DL記念)
  • 水:イドラ(3400万DL記念)

 SS1でHP2000ダウンし攻撃力6000アップ。初回0Tで使用可能、二回目以降は1Tで使用可能だが、HPダウンは下限1のため間違って何度も掛けてはいけない。
 SS2は5ターンの間、自分自身のMAX HPを毎ターン15%消費し、攻撃力をアップ(600%)。さらに極稀にクリティカル。
 プルミエ、イドラ以外のASは味方全体のMAX HPを10%消費し、敵単体へのダメージアップであるが、LモードでもHP消費するので要注意である。
 覇眼3リヴェルドはLモード時さらに2チェイン消費し、敵単体へのダメージアップとAS2が大幅に強化されている。
 初手は誰よりも速く

 DL記念精霊のLtoLで魔改造されたイドラが単体ステブの新たな所持キャラとなった。
 ASはHP消費無しの3chで火属性特効となっているのが既存3種との大きな違い。

 2018年9月5日のLtoLにより、新人王アシュタルの上限値は9000まで拡大された。自己ステアップ?刹那で忘れちゃった。
 他の複色2名も以降のLtoLで上限9000になると思われる。

単体ステブ(配布)

  • 火雷:マラカ(喰牙RIZE大魔道杯デイリー上位報酬
  • 水光:ミュウ(エタクロ魔道杯デイリー上位報酬)
  • 火:カサルリオ(Birth Of New Order2)
  • 雷:キナリ(Duel Rush)

 マラカとミュウはSS1でHP2000ダウンし攻撃力が4000アップする。SS2は4ターンの間、自分のMAXHPを20%消費し、自分の攻撃力をアップ(600%)。さらに極稀にクリティカルと消費HPが増えている。
 カサルリオ、キナリはSS1でHP2000ダウン攻撃力6000アップ。SS2は4Tの間自分のMAXHP20%消費して攻撃力アップ(500)稀にクリティカル。
タグ

どなたでも編集できます