火単色部屋とは経験値レイド覇級の高速周回部屋の一つである。

歴史

 元々経験値レイドは絶級までしかなかったのだが、2016年3月頃に覇級が実装された。
 それまでの絶級は高速周回のためにはUGレナを最低1体できれば複数体持っていなければならないような感じであったのだが、覇級の実装によりレナが無くとも問題が無くなった。
 しかしここで妙な問題が発生した。所謂最適解PTの消失である。
 結果として3月から10月頃までは絶対的な高速周回PTはなく割となんでもOKな感じとなった。しかし、空戦のドルキマスにてディートリヒが登場したことにより状況が一転する。1年近く前にLtoLしたウラガーン5体(4体)とディートリヒを組み合わせることで覇級が2tで回れるようになったのだ。
 しかし、いくら1年前の精霊といえどたまにしか復刻しないウラガーンさんを艦隊で所持しているとなると割と限られてしまい、それ故にウラガーン部屋に適当な精霊で押しかける嫌がらせやウラガーンを1体しか用意しない行為なども相次いだ。そうした問題はありつつもそこから8ヶ月ほどが経過し、2017年6月にまた状況が変化する。アイドルωキャッツの高難易度で登場したペオルタンωのASがランダム倍率ではあるがアホみたいに強く、全員がペオルタンを5体並べるだけで遅くとも3t、乱数によっては2tで攻略ができるようになったのだ。
 当時は少しは落ち着いたとはいえ、偽ガーン問題や嫌がらせなどもあったため、火闇2tよりも嫌がらせや偽物が少なく、敷居も低い火単色で3tのほうが快適ということで徐々にペオルタンωによる火単色部屋が主流になっていく。さらには半月後の八百万神秘譚4に登場したハヅキのおかげで2tが安定して攻略できるようになると徐々に火闇部屋は衰退し主流は火単色部屋へと移り変わっていった。
 その後は2018年の眠れる遺跡のアウトランダーにてAS3倍が登場すると1t部屋が達成できるようになり高速周回目的では火単色部屋は衰退していった。しかし、元々の流行った理由が「敷居が低いから」が理由であったためいつ頃かは不明だがこれ以降も割と現役で活躍していたという。
 その後はインフレに伴い8月頃にALL変換使用によるガチャ限ましましの1t部屋、2019年に入って印による0t部屋*1、プラーミャのみ火単色の1t部屋といったような変遷を受け地味に復権する。
 しかし、2020年には魔道杯アテナとALL変換による1t部屋へ、8月現在ではユピナと怪物とヘルミーナによる1t部屋が気楽なのもあり数は減っている。とはいえクーシー自体がHP200万しかないから割と何でもいいといえば何でも良いのだが…

推奨火単精霊一覧

ゼラード(メアレス2)
 潜在能力で火単色精霊の攻撃力を1000上げることが可能。全体のHPを消費するが、ノーチェインで500%の倍率を叩き出す。
ペオルタンω
 ペオルタンωの潜在覚醒には火単色攻撃300UP、魔族攻撃300UPがあり、ペオルタンω同士の相性は極めて良く、結晶やマナによって強化すれば攻撃力10000超えの精霊が5体並ぶデッキを作ることが出来る。
 ペオルタンωはギャンブルASで火力は安定しないが、それによって火単2T攻略が失敗することはほとんど無い。仮にあったとしても3Tでクリア出来るので問題無い。
ハヅキ(八百万4)
 SSによって1ターン目からレイドメンバー全員の精霊の攻撃力が2000UPし、ダメージ倍率も100%分強化される。ホストか2Pがハヅキのスキルを使用すれば、詐欺デッキで入り込んでいるユーザーが2人程いても余裕でクリアできるようになる。
 因みに1Pと2Pがハヅキを使うのは極めて有用であるが、それ以外のユーザーがハヅキをデッキに入れるメリットは全く無い。
 よって3P以降のユーザーがハヅキ(+その他不適切な精霊)をリーダーにして入ってくると渋い顔をする者も少なからずいる。
 また、上述のようにゲストが火単に適した精霊であれば火力は十二分にあるのだが、皮肉なことにそれゆえに詐欺が横行してしまっているため失敗することも多く、敢えてハヅキリーダーにしないホストもいる模様。
ヴォラール(エタクロ魔道杯)
 劣化ハヅキ。劣化版と言えど火単2ターンクリアには大いに貢献することが出来、少しくらい寄生プレイヤーがいても大丈夫になる。
リルム(アイドルキャッツ)
 安定してペオルタンの最大倍率より更に50%高い倍率の600%でAS攻撃をすることが出来る。
 潜在覚醒によって火単色精霊の攻撃力を800も底上げすることが出来るのも大きなメリットである。
ピピア(バレンタイン2017)
 リルムよりは火力倍率も攻撃力も低いがペオルタンよりも安定してダメージを与えることが出来る。
 しかしASの発動条件がHP80%以上尚且つ(SS1未使用なら)1問正解でLモードになるので、煌眼結晶を持たせるのが望ましい。
 また潜在覚醒に経験値UP兇あるのでより効率よく経験値を得る事が出来る。
ミィア(サタ女2)
 ASが分散攻撃であるが、レイドは基本的に単体相手なので分散結晶を付けるとノーチェインでかなりの火力をたたき出せる。
 初回1ターンでL化し、その場合は攻撃力が1500アップする。
 ASはデッキの単色精霊の数が多いほど威力が上がる。元の攻撃力も高く火単部屋のテーマともマッチしている。また潜在覚醒に経験値UPもついているので効率よく経験値を稼ぐ事が出来る。
イーニア(アルティメットハロウィンガールズ)
 ミィアと同じASを持っている。ミィアとは初回1TでのL化がない代わりに、アドヴェリ潜在を持つという相違がある。
デッドエンドブリンガー(the GATE)
 属性特効AS持ち。同じく配布のペオルタンと比べて安定して高いダメージを出せるが、艦隊を組む難易度はけた違いに高い。(32×5=160枚集めなければならない)
ファルク(喰牙RIZE3)
 超高火力属性特効AS持ち。
 HP消費が付いている代わりに最初からL化で攻撃力+2000、効果値は850、当然のようにアドヴェリ潜在付きとこのページに記載されているどの精霊よりも初速が出る。
 構築難易度は極めて高いが、ファルクを複数積んだメンバーが集まれば火単部屋でも1Tでクリアできる。
アカリ(ゴールデン2019)、ディギィ(フェアコ2)
 火属性蓄積印。純属性強化、精霊強化などで速攻で蓄積ゲージを貯める事が出来1ターン目でスキルを使って倒すことも出来る。よってやろうと思えば0Tクリアも可能だが、勲章も入手したほうが経験値効率が良いので1問だけ答えてから蓄積印スキルを使ったほうがよい。
エテルネ(プラチナセレクション)、ディギィ(フェアコ3)、ミスティハイド(クロディラ4)etc.
 複色を踏むことで初速を出せる面々。
 パネル変換さえあれば安定的に1ターンクリアできる。特にミスティハイド×5でホストが用意した複色パネルを踏むのが一番ASでダメージを出せるともっぱらの噂。

余談

 限定精霊を全く持っていなくとも、配布精霊のペオルタンω5体を集めればそれで足りるので、火単デッキは火闇2Tデッキよりもデッキ構築労力がはるかに小さい(火闇2T部屋はウラガーンを128枚集める必要がある)。
 また火闇部屋と違いパネル変換は全く必要なくステアップも必ずしもする必要は無いので、火闇部屋より若干お手軽である。(無論事故る可能性は有り得るので万が一に備えてパネチェン持ちを用意するのも良い)
 そのおかげか最近は火闇部屋よりも火単部屋のほうが流行り気味な模様。

 ペオルタンω艦隊の場合、全員が真面目に結晶をつけていれば一切SSを使用せずに高確率で2Tクリアできることもあってか、一部にはSSを使われることを極端に嫌うプレイヤーもいるらしい。

どなたでも編集できます