蓄積大魔術は味方スキルの一つ。初出はBirth Of New Orderのリュオンとイスカ。

概要

 蓄積解放大魔術は現在聖、邪、破、印の4種類がある。1クエスト中での総ダメージ量や累計回復量などに応じてダメージアップする大魔術スキルである。
 ガチャ産はすべて初回発動0t、以降10t(破は5t)発動となっている。
  • 発動すると累積値がリセットされ、スキルコピーやダブルスキルで発動した2回目ではほとんどダメージが出ない仕様となっている。
  • 同じスキルを持つ精霊を2枚以上(助っ人含む)入れた場合、こちらは個別に累積するため連発可能となる。
  • 純属性大魔術や炸裂大魔術と比べて、スキルエフェクトは早い部類で魔道杯向け。
  • 精霊が倒れ蘇生したとしても蓄積分はリセットされない。

 簡単にいうとチート。わかりやすく言うとぶっ壊れスキル。
 配布版はそこまでではないが複数並べ始めたガチャ産は調整ミスってるだろという感じとなっている。
 魔道杯では2018年春以降接待を受ける事が多く、実際2019年からの魔道杯は全て蓄積解放大魔術が接待を受けている。(蓄積と言っても4種類あるので一纏めにして語るのも変な話ではあるのだが。)

蓄積解放大魔術・聖(複属性)

 初登場は全体版がリュオン(BONO1)、単体版はエニグマチェリー*1
 クエスト中の累計回復量に応じてダメージアップ、上限値はガチャ産が最大25万回復で効果値7000。単体は14000。なお所持精霊は全員複属性が光である。
  • HP満タンでも回復はされ、蓄積ゲージも貯まる。
  • 黒ウィズラビリンスのHP回復魔方陣でも貯まる。もちろんHP満タンでも貯まる。
  • さらに幻魔特区スザク2の道中のクイズに正解すると微回復する本でも雀の涙だが貯まる。
 蓄積聖を所持するガチャ産の精霊は初手L(つまりミク結晶を使えば擬似的にではあるが戦後回復1追加)、さらに戦後回復2を所持している。
 この戦後回復2は蓄積が出るまで1800万DLルチル、クリスマスアンジェリカ、ハナスのみのスキルでそれだけで強かった。

 ASについては、全体版はダメージアップと回復の両方併せ持つためか、威力は低めで連撃もないため鉄壁や多段バリアにも弱い。
 単体版はエンハ+ヒーラーになっており、さすがに全体版よりは抑えられている…はず。あと4リフィル使いまくれば6式0tでいけるとかなんとか…。
 配布版は全体版は初回5t、効果値3000でガチャ産の半分以下、戦後回復も1とかなりの劣化。
 しかし単体は初回1、効果値11000とガチャには劣るが普通に壊れ。
 ただしASは回復のみで回復量もガチャ産より多いため、純粋にSSで攻撃できるヒーラーとしての起用を考えるのもありか。

蓄積解放大魔術・聖(単色)

 1年程で単体・全体の蓄積・聖が出そろった。
 そして単色精霊にも蓄積・聖が登場し、2019GWリアラ&クレティアが持つ。
 効果値は複属性版と同じであるが単色精霊の方がステータスが高く、ダメージも必然的に高くなる。

蓄積解放大魔術・邪

 初登場は全体版はイスカ(BONO1)、単体版はハクア(覇眼4)。基本全員複属性が闇。
 クエスト中の被ダメージ量に応じてダメージアップ、上限値は最大18万被ダメージで効果値7000。単体は14000。
  • 即死ダメージを受けた場合に九死に一生が発動すると、最大HP -1までしか蓄積ゲージが貯まらない仕様になっている。

 こちらはダメージを受けなければならないため使いづらい…とか思っていた時期が私にもありました
 とかなんとかいってたらレイド終焉さんなどを0TSSでボコしている姿が確認されている。
 クエストにもよるが敵のスキル反射ダメージを引っ掛けてマックス近くまで貯めたり、そもそも自傷が痛すぎるためあまりやりたくはないが、5体並べればわずか3Tで50%たまったり、不調大魔術のHP調整にぴったりだったりしている。
 単体版は分散ASではあるが1t目から700%(虚ろの夜明けを使えばさらに+100)を撃てるためこちらは自重してない模様。

 配布は全体版は初回5t、効果値3000でガチャ産の半分以下とやはりというべきかかなりの弱体化。しかし魔道杯での活躍も確認されている。
 単体は初回1t、効果値11000となかなかの壊れ。こちらもレイド終焉さんを0TSSでボコしている姿が確認されている。(ただしホストのスキチャが必須)

 なお終焉さんは蓄積邪でボコられすぎたせいなのか進化で初の単色で蓄積邪(全体)持ちへと魔改造。
 初回こそ2tだが効果値はガチャ産と同じ7000。しかしASに自傷がないので魔道杯よりかはクエスト向きか。

蓄積解放大魔術・破

 Birth Of New Order2でイスカが新たな蓄積解放大魔術・破を引っさげて登場。
 双翼のロストエデン2のオーバーダメージシステムをスキル化したようなもので、ASダメージのオーバーした分に応じて効果値が蓄積される(上限60万オーバーダメージ、効果値最大7000)

 現時点では単色3体、複属性(AS3倍属性)3体が登場しており、配布は存在しない。蓄積・聖(邪)と違い、キャラと同じ属性のダメージを与える。
 全員SPスキル封印無効とスキルディスチャージ無効を持つが、AS封印無効を持たないためAS封印されると一気に戦力が落ちる。
 各種クエストを蹂躙した聖や邪と異なり、スキル反射無視を持たないという欠点がある。
 また、オーバーダメージで計算するため、連戦でない限り全く役に立たない。

 最初は上記の理由に加え、上限ダメージが高すぎるといった理由から弱い…というか産廃スキルなのでは?と思われていた。
 が、検証や遊びでの使用で盛りまくったイスカが1億を超えるダメージをリュオンに出してみたり(反動で弱体化3倍になるとはいえhp800万。オーバーキルもいいところである)、アヤツグが捌式を3tssで攻略し(僅か3tでも上限までしっかり溜まっている)、ボス戦では特に何の強化もなしに200万ダメージ(全体)を叩き出しているなどの点から実は、これもやべーやつなのだということが認識された。

 さらに天上岬3で3倍属性で蓄積破をもつファムが登場。
 複色のためSSの攻撃力は落ちるが、AS倍率強化との組み合わせにより一瞬でオーバーダメージがMAXまで溜まり、やべースキルに拍車をかけている。
 単色・複色ともに初速の優れたASを持つ事に加え、イベトナメではスキル反射を誘発させることが有効となる事も多いため、総じて魔道杯向けのスキルである。

 一方でスキルの性質上、協力バトルや一部クエストでは蓄積が無効(そもそもボスしかいないので、お供がいない限りオーバーダメージ自体無意味)となり、反射無視できない効果値100の大魔術となる。100って。

蓄積解放大魔術・印

 2019年3月29日開催のUWGにてアリエッタが新たなる蓄積解放大魔術・印を引き下げ登場。またお前か。
 クエスト中に味方全体に付与された状態アイコンの数に応じてダメージアップ、上限値は最大45回で効果値7000。
 
  • 1回エンハ付き純属性強化を使っただけでHP↑、攻撃↑、ダメ強化の3つのアイコンが付与。それが5体で15アイコンとなるため、上限の1/3溜まる。結果、0Tで効果値2333の反射無視全体攻撃を放つことが出来てしまう。
  • 重ね掛けもカウントされる。上記のエンハ付き純属性強化をもう一度使用すれば30つまり上限の2/3溜まる。
  • 1度で全体に複数のアイコンを付与できるスキルとの相性が抜群。(精霊強化・純属性強化、無属性変化など)他にはチェイン犠牲強化と相性が良い。1ターン継続で毎ターンかかるため、毎ターンゲージが5溜まる
  • 凜眼、煌凜眼なんかでも溜まるのでL化が早い精霊と一緒にどうぞ。
  • 大結晶でいえばクレティアやマケーシュラなんかでも溜まる。
  • のろいや属性反転など敵からのスキルでもゲージはたまる。これは接待確実
  • 無効化した場合溜まらない。例えば毒無効潜在持ちが毒を喰らったり、EXAS発動中のキャラがバフを喰らってもその分はカウントされない

 最初の情報公開時こそ弱いだろうと一瞬予想されたが、あのアリエッタが弱いスキルを持つはずがなく、すぐに精霊強化などと併せればやばいのでは…ということが理解された。
 純属性強化を3回かけるだけで効果値が最大になる。またこれは協力プレーで他の人が掛けたスキルでも効果値が上がるため、あっさりと効果値が最大になる。

 実装された結果、能動的にケージを溜めることができその上でのゲージのため易さ、破と異なりスキル反射無視、聖邪と異なり精霊の主属性ダメージで弱点を突きやすい、聖邪と異なり対策が取りにくい…など明らかにぶっ壊れ。
 ただし蓄積印単体ではアイコンを付与できないため、他の蓄積大魔術と異なり艦隊には不向き(それでも2,3体は十分運用可能だが…)

 あまり関係ないが、このスキルのせいでAS特殊変化は味方に状態を付与しているという設定なのが判明した。
 今までAS特殊変化はASに効果が付与されるからのろいによる解除がされないというのが定説であったが、それが覆された。
 結果、なぜのろいでAS特殊変化は解除されないのかはコロプラのみぞ知る

相性のよいスキル

 これ単体での性能が異常数値を示しているため組み合わせる必要すらないレベルという意味でほぼ存在しない。
 一応聖なら全体回復スキルや戦後回復、煌眼のための短時間スキルが相性が良く、邪は受けたダメージを回復するため回復、ダメージを受けるための犠牲大魔術、大ダメージを受けて最大火力を出すための起死回生、反射によって大ダメージを受けるための反射される攻撃などが相性が良いと言える。がこんなの必要ないほど同一精霊を並べたほうが強い。

戦後回復結晶

 潜在結晶には特定条件で戦後回復10%のものがあり、Lモードで発動するミクコラボの結晶や黄昏メアレス精霊限定のディオ・ニトル結晶がある。
 ガチャ産蓄積・聖で特にメアレス献螢侫ルは両方の恩恵を受けられ、ゲージが溜まりやすい。

蓄積解放対策

 2018年9月の大魔道杯 in 月夜の思い出イベ覇級ではあまりにも露骨な蓄積解放対策がされた。
 ボス戦先制行動で左がのろいですべて解除、真ん中が光闇属性のみHP99%以下でSP封印恐怖、右が割合削り99&と極悪コンボを決めてきた。
 これによりボス戦を蓄積解放でワンパンを封じたつもりであったが、アデメモなどの蘇生で無理やり使う抜け道も編み出された。
 その他に道中の敵がSPスキル封印やスキルディスチャージなども使ってきている。

余談

 2018年8月17日までエンハンス効果が乗らなかった不具合があった。と言っても効果値3000の配布ならいざ知らず効果値7000(14000)のガチャ産には微々たる変化しかなさそうではあるが。
タグ

どなたでも編集できます