デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
形式番号RX-93-ν2
頭頂高20.0m
本体重量27.9t(記載なし)
武装フィン・ファンネル、ニュー・ハイパーバズーカ、ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー、60mmバルカン砲、右腕部マシンガン、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールド
解説ロンド・ベル隊所属のNT専用MS。
サイコ・ドーガのサイコフレームを組み込むことで、機体の追従性を向上させている。
専用機パイロットアムロ・レイ(ベルトーチカ・チルドレン)
アムロ・レイ(CCAバージョン)
アムロ・レイ&チェーン・アギ?
アムロ・レイ
アムロ・レイ&バナージ・リンクス?
本館

B5弾P・B5-027

証言タイトル「ニューはより『高み』へ」
内容「ん?
そのガンプラに目を付けるとは、ガンプラビルダーとしてなかなかスジがいい証拠だな。
こいつはニューガンダムのさらに上をいくニューガンダム……
だからハイ・ニューなのさ。
背中のバックパックが大幅に更新されていて、各種武装も改善が図られている。
ま、設定的なことよりも、見た目からして強そうでカッコイイだろ?」
インタビュー人物とある模型店の主人
備考記念すべき最初の証言は・・・現実(メタ)に即した証言となっている。

B6弾M・B6-014

証言タイトル「乗り手の『進化』が」
内容νガンダムが更なる進化を遂げていたら、どうなっていたんだろう。
え、あれ自体が完成された機体だって?
……自分もそう思ってますけど、肝心のパイロットが進化の止まらない人だったでしょ?
どこに行っちゃたんでしょうね、あんな大仕事して……
格好良すぎなんですよ、あの人」
インタビュー人物ラー・カイラムの乗組員
備考

BG5弾C・BG5-013

証言タイトル「紅と呼ばれた『由縁』?」
内容ユウキ・タツヤはザクアメイジング以前に、Hi−νガンダムベースのガンプラを製作していたそうだ。
そのバトル中に起こった出来事がきっかけで、彼は『紅の彗星』と呼ばれるようになったらしい……
けど、白と青の機体なのに『紅』って、なんでだろうね?」
インタビュー人物ガンプラバトルのファン
備考詳しくはビルドファイターズA3巻参照

鉄血の1弾P・TK1-016

証言タイトルたとえ『優れて』いても
内容νガンダムの発展系?
気が早いね、あんたも。
そういうものがあったとして、それがいくら優秀な兵器だろうが……
相手も同じように優秀な機体を用意しているもんさ。
いつも堂々巡りなの、結局は乗る人間の力が重要ってね。
さ、これからアムロ大尉がやってくるんさ、このνガンダムを見に……
ああ、ちょっとあんた。
新品のこいつを目の前にして言うのもなんだが、いつかいつかこいつを超えるものを作れたらいいなって、勿論そう思ってはいるよ」
インタビュー人物フォン・ブラウン工場の担当者
備考証言タイトルは同弾のSECのライバル機と一緒。
しかも同じシチュエーションとなっている。

鉄華繚乱2弾ANNIV.・TKR2-087

証言タイトル『強力』なνガンダムなら
内容アムロがこれを使っていれば、アクシズが落ちることはなかった……
そんな"もしも"の話を私から聞きたかったのかもしれないが、起きてしまった事実を全て受け止めて、人は前を向いて歩いていくしかないんだ。
でないとあいつに……笑われてしまうのさ
インタビュー人物ブライト・ノア
備考アニバーサリーレア初の証言者が実名表記となっているカード。
従来なら「ロンド・ベルの司令官」と表記される所であろうか。

OA2弾P・OA2-012

証言タイトル彼女は『勉強中』
内容ねぇねぇ、にゅーガンダムがあるのは覚えたんだけど、ハイ!にゅーガンダムってガンプラもあるの?
ちょっと、それνガンダムだし、それにHi−νガンダムだよっ!
ハッキリ言って私、横文字は苦手なんだよね〜
……でもさでもさ、ハイ!が付いたところで、どういう違いがあるわけ?

あのね……ま、いいや。
性能的にパワーアップしてるんだよ、すごいガンダムなんだ

ふ〜ん……なんだか元気のありそうな名前だもんね、ハイ!って
インタビュー人物冒険者姿のダイバー?と、ネコ耳姿の女性ダイバー?
備考察しがつくと思うが、証言者はビルドダイバーズの御二人さん。
チームメイトCPに出演。

BPR-095

証言タイトル「ガンダムという『土台』が」
内容「ネオ・ジオンのお陰で完成した?
そういう見方をする人間もいるだろうが、向こうから渡ってきたサイコ・フレームを受け入れる機体……
この新しいガンダムはこちら側の技術蓄積があってのものだ。
ネオ・ジオンだけで作ったモビルスーツよりもはるかに上を行くに決まっている」
インタビュー人物連邦軍の士官
備考

DPR-028(未)

編集にはIDが必要です