デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


パイロット解説

出典作品機動戦士ガンダムF91
年齢17歳
所属クロスボーン・バンガード
別バージョンパイロットセシリー・フェアチャイルド(ベラ・ロナバージョン)
専用機ビギナ・ギナ
本館

B8弾M・B8-052

証言タイトル「新時代の『象徴』」
内容「どこでそんな情報をつかんだのかは知らぬが、あのお方はセシリー・フェアチャイルドなどという民間人ではない。
クロスボーン・バンガードの軍事指導者であらせられるカロッゾ・ロナ様の愛娘、ベラ・ロナ様である。
いずれ新国家の女王になられるお方だ、くだらぬ詮索は……
その御身を愛でたいのであれば、よした方が賢明だぞ」
インタビュー人物クロスボーン・バンガードの将校
備考やはり母ナディアに家を連れ出されたことはクロスボーン・バンガード(母体のブッホ・コンツェルン含む)という組織の中ではタブー視されているようだ。
どういうことかといえば、ロナ家に婿入りしたカロッゾ(旧姓ビゲンゾン)がクロスボーン・バンガードの理念である貴族主義に傾倒していく様を見て幻滅したナディアはベラを連れてロナ家を出奔、シオ・フェアチャイルドという小説家志望の男と再婚した。
そしてベラはセシリー・フェアチャイルドと名を変えることとなった。
以上が彼女の名が変わった経緯である。この出来事の結果、カロッゾは自身の情けなさ(妻を寝取られたこと)から鉄仮面を被り、強化人間(戦う王将)となったことでその精神を大きく歪めてしまう。

鉄血の2弾R・TK2-053

証言タイトル本物の『証』
内容ザビーネ隊長が以前お話になっていた。
ニュータイプとは、あるがままを見ただけでその本質を洞察できる人間だそうだ。
貴様がセシリーと呼ぶ、ベラ・ロナ様のモビルスーツに対する感じ取り方は、まさしくニュータイプのそれだよ。
教えられるまでもなく、なぜか『できてしまう』なんて……
自分の口からは一生吐けそうにないセリフだ」
インタビュー人物黒の戦隊(ブラック・バンガード)の隊員
備考彼女は正真正銘、ニュータイプである。
それに倣って本ゲームも覚醒持ちで参戦している。

鉄華繚乱2弾R・TKR2-048

証言タイトル操縦『よりも』
内容「モビルスーツの操縦こそ非凡なセンスをお持ちですが、ベラ様は、タイトなコックピットシートより、広々としたキャプテンシートに座って頂いて、後方から我々を指揮して頂く方がお似合いかと。
コスモ・バビロニアの象徴たるべきあのお方の存在を背中に意識しつつ戦うことは、やはり我々の機分の乗りが変わるというものです」
インタビュー人物黒の戦隊(ブラック・バンガード)のパイロット
備考???「10年後、そこにはマザー・バンガードで指揮を執るベラの姿が!」
というものであろうか。
また、長期航海になるとストレス発散も兼ねて自らがパンを焼いてクルーに振る舞ってくれることもある。

DW6弾C・DW6-056

証言タイトル『クイーン』はまさに
内容「知らないはずがないさ、ハイスクールの中でもかなりの美人だよ。
今年のミス・カントリーサイド・コンテストにもノミネートされてるけど、間違いなくクイーンの座をゲットするだろうね。
セシリーはただ美人なだけじゃなくて……
本当に女王のようなカリスマ性も感じるんだよな」
インタビュー人物ハイスクールの生徒
備考証言の時系列はF91の本編が始まる前と思われる。

編集にはIDが必要です