デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム00
出典作品CB-0000G/C
頭頂高23.3m
本体重量79.1t
武装GNバスターライフル、GNビームサーベル、GNフィンファング、GNシールド(0弾時)
GNバスターライフル、大型GNビームサーベル、大型GNフィンファング、小型GNフィンファング、エグナーウイップ、GNシールド(1弾以降。リボーンズキャノンの武装追加)
解説イノベイターが開発した、過去全てのモビルスーツ技術を集約した高性能機。
疑似ツインドライヴシステムを装備している。
本館

0弾M・00-032

証言タイトル「『妖光』、トランザム」
内容「あのガンダムから発するTRANS−AMの赤い光は、我々が知る輝きではなかった。
全身から鮮血を吹き出しているかのような、もはや何物も塗り替えることのできない…
そう、禍々しい輝きを放ち続けていました」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考同弾Pダブルオーと対になる証言。

0弾R・00-033

証言タイトル-
内容「人類を導くガンダムですって?確かに性能は素晴らしいし、実際に強い。
まぁ、私からすれば裏表のあるモビルスーツという印象がどうしても拭えませんがね」
インタビュー人物連邦軍技術者
備考

0弾C・00-034

証言タイトル-
内容「疑似太陽炉は、もはや本来の太陽炉に遜色ない輝きを得ていた。
つまり、性能的な面で劣っていたわけじゃない。
…そういうことを理由にしない心の強さが、勝負を決したんだろうな」
インタビュー人物元アロウズ士官
備考

1弾R・01-042

証言タイトル-
内容「二面性って意味じゃなくて、本当に2つの顔を持つ機体なんですよ、あのガンダム。
最初は3つになる予定だったとか…それじゃ混乱しちゃいますよね〜」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考本館にも書いたが外伝機体・一人V作戦ことリボーンズガンダム・オリジンについて。
00・AGEあたりの外伝機体の出典は本ゲームだと非常に少なかったが、B弾以降は徐々に数を増やしつつあり、外伝系は基本的にSEC枠として使われることが多い。

3弾CP1・03-075

証言タイトル-
内容「TRANS-AMを発動したあのガンダムは、確かに脅威でした。
けど、自分の力しか信じないはずのリボンズ・アルマークが、まがい物の力を借りて、それをさも自らの力であるように振る舞う……
そこに人類を導けるほどの力があったと思いますか?」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考

3弾CP2・03-076

証言タイトル-
内容「ロック・オンした対象が沈黙するまで、どこまでも追い続ける「GNフィンファング」は、リボーンズガンダムのメインウェポンである。
その執念は武器名の通り、獣のキバのように鋭く……
そしてどこまでも深いのだ」
インタビュー人物民間モビルスーツジャーナリスト
備考

4弾C・04-041

証言タイトル-
内容「リボーンズガンダムの機体には、ソレスタルビーイングの連中が使用していたガンダムの血も等しく流れている。
すべての距離に対応できる最強のモビルスーツ…。
いや、ここは最強の「ガンダム」であると表現させてもらおう」
インタビュー人物イノベイターの一人
備考

Z2弾C・Z2-038

証言タイトル「猫ならぬ『獣』の手を望む」
内容「もしもELSとの戦いにリボーンズガンダムがいてくれたら…
と考えてしまうのは、おかしいことかな?
あのモビルスーツ自体はとても強く、そして魅力的なんだって、もちろん今までは誰にも言えなかったけどね」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考

B1弾C・B1-039

証言タイトル「『1人』だけでは」
内容「リボーンズガンダムは、兵器としては良くできた代物だよ。
あらゆる射程にすべて対応できる装備類、その力を収めるにふさわしい高い基本性能……
ま、できすぎたモビルスーツだったんだ。
あらゆることを全部1人でやっちまおうとしても、どこかにほころびは生まれちまうだろ?」
インタビュー人物元アロウズの士官
備考

B2弾R・B2-038

証言タイトル「なぜなにもびるすーつ第『3』回」
内容「よい子のみんな、今日はトランザムについて勉強しよう!……ゴホン。
機体に蓄積した高濃度圧縮粒子を全面開放し、周りに浮遊するGN粒子が高濃度状態のまま装甲表面で制御され、全体が赤みを帯び……
ん、難しすぎるかな?よーするに、赤くなったら強さが3倍になる、ガンダム好きなら一瞬で納得する感じさ!
また約2ヶ月後に会おう!!」
インタビュー人物モビルスーツはかせ
備考第3回はトランザムについて。赤くて3倍はもはやガンダムにおける一種の伝統である。

B2弾CP・B2-073

証言タイトル「独自の『美学』」
内容「あのガンダムタイプは興味深いモビルスーツだった。
人型である事を逆手に取った設計思想……
必死に戦っていた刹那には悪いが、どうしても相手の技術面に目を奪われてしまうんだ。
ま……ワシ等のダブルオーエクシアよりもカッコよくなかったから(注:彼の個人的意見です)、勝負は目に見えていたろ?」
インタビュー人物イアン・ヴァスティ
備考GNドライヴキャンペーンより。証言者はトレミーのメインメカニックであるおやっさん。見かけで勝負がつくなら刹那は苦労しませんでした。何気にひどい事を言ってるようでもある。

編集にはIDが必要です