デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カード枚数が多いため簡易目次を設置しました。
無印弾 Z弾 B弾 BG弾 鉄血弾 鉄華繚乱弾 VS弾 DW弾

機体解説

出典作品機動戦士ガンダム00
出典作品CB-0000G/C
頭頂高23.3m
本体重量79.1t
武装GNバスターライフル、GNビームサーベル、GNフィンファング、GNシールド(0弾時)
GNバスターライフル、大型GNビームサーベル、大型GNフィンファング、小型GNフィンファング、エグナーウイップ、GNシールド(1弾以降。リボーンズキャノンの武装追加)
解説イノベイターが開発した、過去全てのモビルスーツ技術を集約した高性能機。
疑似ツインドライヴシステムを装備している。(無印弾)
ヴェーダの中に蓄積されたモビルスーツの技術を使って造られた機体。
当初はガンダムモードを主力機に、キャノンモードは支援機用の別機体として設計されていたが、仲間をあてにしなかったリボンズが1人で戦うために両者の機能を一機に集約し、現在の形になった。(DW5弾)
専用機パイロットリボンズ・アルマーク
本館

0弾M・00-032

証言タイトル「『妖光』、トランザム」
内容「あのガンダムから発するTRANS−AM(トランザム)の赤い光は、我々が知る輝きではなかった。
全身から鮮血を吹き出しているかのような、もはや何物も塗り替えることのできない……
そう、禍々しい輝きを放ち続けていました」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考同弾Pダブルオーと対になる証言。

0弾R・00-033

証言タイトル-
内容「人類を導くガンダムですって?確かに性能は素晴らしいし、実際に強い。
まぁ、私からすれば裏表のあるモビルスーツという印象がどうしても拭えませんがね」
インタビュー人物連邦軍技術者
備考

0弾C・00-034

証言タイトル-
内容「疑似太陽炉は、もはや本来の太陽炉に遜色ない輝きを得ていた。
つまり、性能的な面で劣っていたわけじゃない。
……そういうことを理由にしない心の強さが、勝負を決したんだろうな」
インタビュー人物元アロウズ士官
備考

1弾R・01-042

証言タイトル-
内容「二面性って意味じゃなくて、本当に2つの顔を持つ機体なんですよ、あのガンダム。
最初は3つになる予定だったとか……
それじゃ混乱しちゃいますよね〜」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考本館にも書いたが外伝機体・一人V作戦ことリボーンズガンダム・オリジンについて。
00・AGEあたりの外伝機体の出典は本ゲームだと非常に少なかったが、B弾以降は徐々に数を増やしつつあり、外伝系は基本的にSEC枠として使われることが多い。

3弾CP1・03-075

証言タイトル-
内容「TRANS-AMを発動したあのガンダムは、確かに脅威でした。
けど、自分の力しか信じないはずのリボンズ・アルマークが、まがい物の力を借りて、それをさも自らの力であるように振る舞う……
そこに人類を導けるほどの力があったと思いますか?」
インタビュー人物ソレスタルビーイング構成員
備考

3弾CP2・03-076

証言タイトル-
内容「ロック・オンした対象が沈黙するまで、どこまでも追い続ける『GNフィンファング』は、リボーンズガンダムのメインウェポンである。
その執念は武器名の通り、獣のキバのように鋭く……
そしてどこまでも深いのだ」
インタビュー人物民間モビルスーツジャーナリスト
備考

4弾C・04-041

証言タイトル-
内容「リボーンズガンダムの機体には、ソレスタルビーイングの連中が使用していたガンダムの血も等しく流れている。
すべての距離に対応できる最強のモビルスーツ……。
いや、ここは最強の『ガンダム』であると表現させてもらおう」
インタビュー人物イノベイターの一人
備考源流は同じでこの機体に溯るが、系統は全く別なので言うなれば従兄弟同士の戦いと形容出来るだろうか。

Z2弾C・Z2-038

証言タイトル「猫ならぬ『獣』の手を望む」
内容「もしもELSとの戦いにリボーンズガンダムがいてくれたら……
と考えてしまうのは、おかしいことかな?
あのモビルスーツ自体はとても強く、そして魅力的なんだって、もちろん今までは誰にも言えなかったけどね」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考イオリアの悲願である「異種との対話」をリボンズが果たす場合は彼がELSとの出会いになるのだが、果たして。

B1弾C・B1-039

証言タイトル「『1人』だけでは」
内容「リボーンズガンダムは、兵器としては良くできた代物だよ。
あらゆる射程にすべて対応できる装備類、その力を収めるにふさわしい高い基本性能……
ま、できすぎたモビルスーツだったんだ。
あらゆることを全部1人でやっちまおうとしても、どこかにほころびは生まれちまうだろ?」
インタビュー人物元アロウズの士官
備考高次元で高く纏まっている機体ではあるが、強いて言えば高速で移動できる可変機能がないことが欠点か。

B2弾R・B2-038

証言タイトル「なぜなにもびるすーつ第『3』回」
内容「よい子のみんな、今日はトランザムについて勉強しよう!……ゴホン。
機体に蓄積した高濃度圧縮粒子を全面開放し、周りに浮遊するGN粒子が高濃度状態のまま装甲表面で制御され、全体が赤みを帯び……
ん、難しすぎるかな?
よーするに、赤くなったら強さが3倍になる、ガンダム好きなら一瞬で納得する感じさ!
また約2ヶ月後に会おう!!」
インタビュー人物モビルスーツはかせ
備考第3回はトランザムについて。赤くて3倍はもはやガンダムにおける一種の伝統である。

B2弾CP・B2-073

証言タイトル「独自の『美学』」
内容あのガンダムタイプは興味深いモビルスーツだった。
人型である事を逆手に取った設計思想……
必死に戦っていた
刹那には悪いが、どうしても相手の技術面に目を奪われてしまうんだ。
ま……ワシ等の
ダブルオーエクシアよりもカッコよくなかったから(注:彼の個人的意見です)、勝負は目に見えていたろ?
インタビュー人物イアン・ヴァスティ
備考開放!GNドライヴキャンペーンより。
証言者はトレミーのメインメカニックであるおやっさん。
カッコよくないメカは勝てないというポリシーを掲げているが、見かけで勝負がつくなら刹那は苦労しませんでした。何気にひどい事を言ってるようでもある。
ちなみにデザイナーは同じ人が担当しているので掌の上の戦いと言っても問題ないかも。

BG1弾M・BG1-032

証言タイトル「ある日曜日・第『1』週」
内容メイジンが使っていたガンダムエクシアダークマターって、ようするにエクシアがグレちゃった姿なんでしょ?」
「うーん、当たっているというかなんというか」
「だったら逆におりこうさんな正義のリボーンズガンダムがいてもイイってことだよね」
「!?なるほど!父さん一気に創作意欲がわいてきた!母さん!ニッパーをくれっ!!」
インタビュー人物ガンプラ好きの親子
備考ある日曜日より。
スダ・ドアカでは黄金神の宿敵である覇界神バロックガンの中枢・バロックコアのモチーフなど敵ボスとしての出番が目立つが、BFバトローグではこの証言が公式化したようなリバーシブルガンダム(乗り手がAIとはいえ、元祖主人公が操り、機体の顔のデザインまでいつの間にか変わっている)が登場した。

BG6弾M・BG6-030

証言タイトル「裏を『表』にする」
内容「相手の背後を取れば大抵は有利になるもんだが、あの機体にはそれが通じない。
裏を表にするってのは、なかなかに興味深いギミックだったよ。
しかしリボーンズガンダム、リボーンズキャノンとは、これまたストレートなネーミングだよな。
エクシアダブルオー刹那ガンダムって名付けるようなもんだろ……
いや、あいつは普通に受け入れそうだ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考新必殺技で変形する形態・リボーンズキャノン、そしてネーミングについて。
後に前弾に登場した彼女は自分の愛機に自分の名を冠させている(しかもクアンタがベース)。

鉄血の4弾C・TK4-030

証言タイトル性能を『超えて』こそ
内容「ユニークな変形機構、そのギミックを効果的に際だたせる武装……
確かにリボンズ・アルマークが持ち出してきたガンダムは強かった。
でも、絶対に負けない確信があったの。
はじめから組み込まれた性能がどんなに高い相手でも、それを超える予想外のことをやってくれるんだから、プトレマイオスのガンダムたちはね!」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの女性構成員
備考

鉄血の5弾C・TK5-030

証言タイトル『再生』のガンダム
内容「リボンズガンダム?
違う違う、リボンズ・アルマークが乗っているからって、もしかしたらそういう意味があるかも知れないけど、それだけじゃないのさ。
正しくはリボーンズ、『再生』って意味なんだよ。
そう考えると深いネーミングだろ、ここも試験に出ますよ〜って……
あはは、しつこい?」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの構成員
備考同弾Cダブルオーライザーの続き。

鉄華繚乱4弾CP・TKR4-087

証言タイトル衝撃の黒歴史に映る、『リボーンズ』
内容剣術を扱うホワイトドールと相対するあれには……既視感がある。
そうだ、
宇宙世紀の映像に映っていた屈強な赤いキャノンタイプに似ているが……
むっ!裏返って姿を変えた!?
なんと独創的で効率的に仕込んでくれる……
優れた食材は捨てる部分が一切ないというが、まさにあのモビルスーツも全てが美味な拵えだな
インタビュー人物ハリー・オード
備考宿命の好敵手キャンペーンより。

鉄華繚乱5弾R・TKR5-022

証言タイトル『認めない』男
内容「まさか、セラヴィーの他にも背中で語っちゃうガンダムがいたとはねぇ」
「……」
「あれ、どしたの?」
「……認めんぞ、リボンズ・アルマークの機体は背中をひっくり返しているだけだ。
つまりアレはどっちも正面なんだよ、正面」
「……ど、どうでもよくない?」
「よくない」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバーたち
備考同弾Pセラヴィーの続きに当たる証言。
それにしてもこの証言者、とても「面倒臭い」性格である。

VS3弾M・VS3-016

証言タイトル裏表、『さらに』
内容リボンズ・アルマークのガンダムは背中にもう一つの姿を潜ませた機体だったろ?
せっかくなら、長射程を高精度狙撃できるモードをもう一つ入れ込んでも良かったかもな。
元々そのつもりだったのかもしれないけど、全ての戦闘距離を単機で補う最強のリバーシブルガンダムとか……
ま、全てが無事に終わったからこそ、こんな話もできるんだけどさ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングのメンバー
備考もともとリボーンズガンダム オリジンはタンクモードと3形態あったのだが、ツインドライヴシステムをぶっ込んだ本機に改装するにあたってタンクモードを廃止した経緯がある。
>リバーシブルガンダム
ビルドファイターズバトローグに登場する機体について示唆した証言となっている。

DW3弾ヴァリアブルM・DW3-028

証言タイトルガンダムから『ガンダム』へ
内容「決戦の最中、互いがガンダムからガンダムに乗り換えるような展開なんて誰も想像つかないよな?
リボンズのガンダムは確かに強敵だった……
あのタイミングで0ガンダムを引き当てた運命も彼自身の強さによるものだろう。
しかし、刹那はリボンズのように1人だけで戦ってはいなかったのさ」
インタビュー人物ソレスタルビーイングの構成員
備考0ガンダムへヴァリアブル。

DW5弾ANNIV.・DW5-086

証言タイトル『裏表』のある
内容「リボーンズガンダム……
あれが人類を導く機体ですって?
確かに性能は素晴らしいですし、実際に強い
でしょう。
ですが、人類を導くための力とはそういったものとは別次元の話だ。
私からすれば、いろいろな意味で裏表のあるモビルスーツという印象がどうしても拭えませんがね
インタビュー人物連邦軍の技術者
備考0弾Rのアップデート版。
緑字の部分は流用。

編集にはIDが必要です