はじまりの塔は2019年秋の感謝祭で発表され、2019年8月30日に実装されたエリア型イベント。
 初心者や復帰勢が対象のイベントであり、運営はこれを最初に攻略することを推奨している。

概要

 1〜10階層まである塔を登りながら黒ウィズの主要なデッキの組み方、重要なスキルについて勉強する事実上のチュートリアルイベント。チュートリアルがまともになされるのはCCさくらコラボ以来。
 運営が用意したデッキでの攻略になるので手持ちに関わらず攻略可能。
 Lv1から始めた新規魔法使いはこのイベントを最後までクリアすることでレベルが100まで上がる、重要な精霊が手に入るなど多くのメリットがある。
 特に純属性デッキと融合デッキはこのイベントを通して簡単に組めるようになる。

良かった点

初心者や復帰勢に優しい

 カムシーナのトライアルクエストに近く、クリアするのは非常に簡単。にも関わらず報酬は非常に豪華である。
 また、ウィズ師匠がデッキの組み方について簡単に教えてくれる。デッキを組む際に主属性を揃えるという初心者は忘れがちな基本から、AS3倍、WASのような応用まで幅広い。師匠自身がメインシナリオでその基本をガン無視したデッキを組んでいるのはツッコんではいけない

既存プレイヤーにもメリットがある

 今まで1枚しか手に入らなかった精霊や、もう二度と手に入らないであろうブルーノの代わりの精霊が手に入るなど、既存プレイヤーの救済措置としても機能している。

悪かった点

経験値0結晶が使えない

 トライアル方式なので経験値0結晶による経験値取得回避ができない。
 とはいっても1階層5000程度×10なので5万ほどの取得だが。
 また、消費魔力(10)に対して得られる経験値(4800-5400程度?)はかなり多いため、レベルアップの後押しとしての利用もありだろう。

賛否両論点

報酬が豪華

 報酬の中には神都ピカレスク 黒猫の魔術師のラスボスに当たるグレン、正月レイド報酬のイヌミコやイノジョ、ラビリンスの超高難度報酬のMARELESSなど入手にそこそこ苦労する精霊、さらに難易度が高いセレモニーカルマンやギンの代役になるエチカ等がいる。
 そのため当時苦労を重ねて入手したプレイヤーからはあの苦労は何だったのかという意見も有った。*1
 地味に今まで1体しか入手できなかった複数起用でも有用な精霊(フィネアなど)の2体目が手に入るのはうれしいところ。

GameWithへの誘導

 このイベントの遊び方を開くとGameWithに誘導するリンクがある。現在大手の黒ウィズ攻略サイトはGameWithくらいしか存在せず、初心者が黒ウィズを攻略するのに有用な情報は確かに手に入る。
 しかし、GameWithはあくまでも公式の攻略サイトではない。また、黒ウィズ運営と攻略サイトが結び付くことで、例えば精霊評価の際にコロプラへの忖度が入るのではないかなどの懸念を抱くプレイヤーもいた。*2

 「はじまりの塔」の記事はかなりしっかりした初心者向けのページとして作られている。
 しかし初心者向けの記事はいくつかあるものの、他のイベントのノーマルなどは「精霊強化すれば問題なく勝てる」のみで終わっているため、初心者向けの攻略として破綻していると同時に他に初心者向けのサイトがないのが現状であると言える。

統一大魔術が抜けている

 属性を統一する例としてAS3倍、ダブルASを紹介しているものの、統一大魔術がすっかり忘れられている。

報酬精霊

 このイベントで初登場となるもののみ記載。3色の色違いがいるが、名称やAS、SS名、ボイスなどは変わらない。
 ちなみに全キャラフルボイスとなっており、バックストーリーは契約深化Lvを上げることにより判明する。
 はじまりの塔クリアミッション報酬で深化の秘石を10個入手可能、契約深化Lv3まではすぐに到達する。

疑似魔道研究者 ラズマ・クルックス

 AS:全体攻撃 SS:純属性大魔術 EXAS:属性特効
 2階層初回クリア報酬で全体純属性大魔術担当。
 効果値は2300/3200と今までの配布であるヴラフォス達のおよそ倍になっているが、LtoLが現状遅れているガチャ産単体純属性とほぼ変わらないのは内緒。

超魔香怪人(アルバイト) タカシ

 AS:回復 SS:精霊強化 EXAS:連続化&ガード
 6階層初回クリア報酬で、雷アニマ型精霊強化担当。
 インベラ結晶はゲームを進めないと手に入らないが、それでも序盤攻略には十分。
 なお、発表時の生放送ではやたらネタにされまくっていた。

Race Queen Mania フォーミュ

 AS:回復 SS:精霊強化 EXAS:連続化&ガード
 3階層初回クリア報酬で、サフィナ型精霊強化担当。タカシの単色版なので以下省略。

餓獣少女 ネーヴェ・ビアンカ

 AS:分散攻撃 SS:融合大魔術 EXAS:属性特効
 5階層初回クリア報酬で、融合大魔術担当。効果値は2800/3500。
 融合系のスキルは手持ちにガチャ産がいても複属性が違えば出番があることもあるので、枠に困ったときには使いやすい。
 ただし配布と異なりASは攻撃スキルなので注意。

一門の名にかけて エミール・ポポポ

 AS:回復 SS:パネル変換 EXAS:チェインプラス
 各階層ドロップ報酬で、パネチェン担当。SS1が単色パネルで、SS2では光属性が付く。あいさつの魔法。とは関係ない。
 パネル爆破などの有効に活用できるスキルを持っていたら使いやすい。
 塔のキャラの中では比較的使いやすいEX-ASを持つ。

錬金咆哮 エチカ・シャウトシャウト

 AS:連撃 SS:ダブルAS付与 EXAS:全体化
 9階層初回クリア報酬で、カルマン、ギン、ロアに近いスキルセットだが、ASが分散攻撃ではなく連撃になっているので使い分けは可能。
 また、継続ターンもカルマンたちが3tなのに対し2tと下方修正されているがそれでも非常に強い。
 カルマンとギンの入手難易度が極めて高いので、かなり豪華な報酬と言える。

淵の魔女 シュティーレ&イングラム

 AS:回復 SS:パネル変換 EXAS:攻撃強化
 10階層初回クリア報酬で、ガムシャ型。
 魔道杯デイリー報酬だったブルーノを持っていないブルーノ難民が既存プレイヤーにも多く存在したため、既存プレイヤーには最も喜ばれた報酬かもしれない。
 既にブルーノを所持していても契約深化の都合上うれしいところ。種族が魔族なのには一部クエストで注意が必要…かもしれない。
 AS封印で置物になる点に注意すれば最高難度のクエストにも連れていけるポテンシャルを持つ。

サンプリングアイドル ワタシロイド

 AS:攻撃強化&ガード SS:回復 EXAS:貫通
 各階層ドロップ報酬で、ロドム型に近い。溜め過ぎたらエサとしてかなり有用なのでみんなに教えてあげよう!
 こちらは回復ではなくガードとなっているので使い分け。
 早い周期で回復SSを使えるので、レイドの蓄積聖部屋で使う可能性もある。

その他

 進化が2段階以上ある精霊は最終進化のみが精霊図鑑に登録される。
 そのため元イベントを未クリアでアンゲラやグレンを入手しても、該当精霊の最終進化ミッションは埋まらない。ただしイベント報酬精霊○体のミッションは達成可能。
  • 純属性強化(フィネア、シーヴル、アンゲラ)
  • 融合強化(ゼルプスト)(複属性に光闇が付いている新バージョン。外見上見分けが付かないため、売却しないよう注意。)
  • AS倍率強化(MARELESS、イヌミコ、イノジョ)
  • 特殊パネル変換(グレン、セリアル、リピュア)
この他にもさらに各種のゼルプストがドロップする場合がある。

 初心者マーク付きのフロアはウィズ師匠によるスキル説明があり、飛ばせない仕様になっている。無視しても問題はない。

関連項目

どなたでも編集できます