主に2016年2月に実装されたバレンタイン限定ガチャの事をいう。

実装前
 事前にツイッターにてキャラ画像がリークされていたが、今まであまり目立たなかった精霊ばかりというラインナップだったのであまり期待はされていなかった。
実装後
 蓋を開けてみると驚くほど有能な精霊ばかりでいい意味で期待を裏切られてユーザー達は歓喜した。

限定精霊

恋を運ばない大賢者 ノイン

 ASが1と2で変化するタイプ。1が遅延で2が5チェイン消費型の連撃である。短い周期で打てる遅延は多くのクエストで重宝し高難度クエストでもしばしばお呼びがかかる。
ASはHP50%以上ならダメージアップという快調型であり比較的条件は満たしやすく使いやすい。SS2は当時の環境では破格の性能であった。倍率640%に加え複属性なので非常に大きな戦力となった。
しかしその後徐々にインフレが進むと、チェイン消費無しかつ反射無視をしさらにチェイン数を追加をする同威力の斬撃スキルが登場し、そこから型落ち感が目立つようになり不遇な目に遭っていた。
そんな中2017年の同じ時期にLtoLを果たし、虚弱な覚醒やSSが再調整され順当に使いやすくなった。
なおこのノインはストーリーで子供故に身勝手な言動を繰り返しユーザーから若干のヘイトを買ったが、口癖である「にへにへ」は強烈なインパクトを与えガトリンに続き信者を生むに至った。

星降る夜の希望 ヒカリ・スフィア

ASはパネルの数だけダメージアップ、SSは水光のパネル変換及び見破り。数少ない水光のパネル変換スキルを持つ精霊で水光デッキでは必須と言ってもいいような精霊。
ASとSSも非常によくかみ合っており強力である。複属性が光なので回復反転にも強いのが強みである。
元々寿命が長いスキル構成で現在でも問題なく使えているためLtoLは覚醒の微調整程度に終わった。

全力成就ANGEL マーガレット・リル

言わずと知れた伍式の最優秀キーカード。1ターン目からいきなり6連撃できSSは敵単体のHPを最大30%減らせた。トーナメント伍式ではもっぱらSS1の運用であるが、このスキルは非常に有用であり、当時の伍式ではマーガレットがあるかないかで絶対的な壁が存在しているほどだった。現在ではギブンやアルガムナドなどの初速連撃精霊が配布されているが、それでもなお単体で見ればマーガレットの優位性は崩れていない。
LtoLではAS効果値が50上がりSSにスキル反射無視が付いたものの、代わりに削り量が5%ほど低下させられこの点はかなり不評だった。
案の定その少し後に属性こそ違うもののあの産廃扱いされた覇クアが魔改造によりマーガレットの上位互換のSS、さらに長期戦でも十分通用するHPを手に入れたため折角のLtoLの権利を使うタイミングを間違えてしまったと言える。

常夜のこいびと エリアナ

ASチェイン特攻、SSチェインプラスのスキル構成。ASとSSがかみ合っており非常に強い。チェインプラススキルを1ターン目から使用できることからトーナメントや即効性が求められるクエストでは非常に重宝していた。
LtoLで若干時代遅れ感のあったASに闇特効も付きSS2の発動ターンも早まり順当に強化されたが、現在のトナメ環境はノーチェインアタッカーが主流で、その影響で既にチェンプラ精霊自体に居場所がなくなってしまっている。

愛の林檎パイ イヴ・フォルクロール

AS回復、SSステアップのスキル構成。HP・攻撃力の両方をステータスアップできるのが非常に強力。インフレの進んだ現在においてもかなり有用な精霊であると言える。ステミクの相互互換と言ったところだろうか。雷属性におけるステアップスキルは配布精霊も含めて飽和状態だったからステミク登場時ほどの衝撃は無かったが、それでもかなり強いと言わざるを得ない。
LtoLではSSに25%の回復効果が付いたが、ヒカリ同様長持ちする性能で今でも使えるので強化点はその程度に留まった。

総評

 稀に見る当たりガチャである。ハズレ精霊が1体たりともおらずどれが当たっても喜んでいい。イヴが先述の通り雷ステアップが飽和気味で若干ハズレ扱いされていたが、このイヴがハズレ扱いされるという事でバレンタインガチャがどれだけ優れたガチャであるか分かるだろう。これほどの限定当たりガチャは他には、ミクガチャやGWガチャくらいしかないかもしれない。
 また今までは限定化と言えばディートリヒやアリエッタなど毎度毎度登場する精霊ばかりだったが、本限定ガチャでは普段あまり注目されない精霊たちに焦点が当たり新鮮で良かったと評価する声も多い。
 エリアナ以外は聖なる夜のエステレラで再集結することとなった。

LtoLでは元々有能な精霊が多かったため強化幅が少なかったのと、当時がチェイン環境であったため現在のノーチェイン環境にそもそもマッチしていない部分があり地味なものに終わった。

他の年のバレンタインガチャ

2014年

 バレンタインガチャとしてミミ&ララ、ユニコ、サーヤ、フィリー、アイ(金)、フェルチ、エトワールの限定バージョンが登場。
 また、バレンタインにちなんでイベント「ショコラフォレスト」が開催され、イベガチャ精霊としてルカとパニーラが登場した。

2015年

 バレンタインガチャとしてレナ、ソラナ、ツバキ、パニーラの限定バージョンが登場。パニーラは2年連続である。
 また、バレンタインにちなんでイベント「クロムマグナ」が開催され、イベガチャ精霊としてリンカ、アーシア、ニコラ、シャーリー、ヴォルフ、エミリアのバレンタインバージョンが登場した。

2017年

 ユッカクレティア、エリス、ピピア、フレイ、アムベル&エマの限定バージョンが登場。
 中でもユッカクレティアは壊れとして名高く、他の精霊もおおむね優秀であり2016年に負けず劣らず当たりガチャである。復刻や英雄凱旋祭の対象とならないことが惜しまれる。

2018年

 バレンタインガチャと銘打ったガチャはないが、バレンタインにちなんでイベント「眠れる遺跡のアウトランダー」がイベガチャを伴い開催された。
 登場精霊はヴィクトリア、アルル、エリアナ(2年ぶり2回目)、シトラ、メーベル、ルフ&ラト。
 初のAS倍率強化を持つヴィクトリアが登場し昨年に続き雷/水デッキが大きく強化された。

2019年

 昨年同様バレンタインガチャと銘打ったガチャはないが、バレンタインにちなんでイベント「天上岬 ふもとのカフェへようこそ」がイベガチャを伴い開催された。
 登場精霊はファム、フェルチ(5年ぶり2度目)、エテルネ、フモーフ&ヤネット、メーベル(2年連続2度目)&リグス、リィル。
 初のAS3倍色の蓄積破を持つファムが登場し(以下略)。
タグ

どなたでも編集できます