神都(シエンタウン)ピカレスクとは黒猫のウィズのイベントシリーズの1つである。
 初開催は2018年9月13日〜10月10日にプラチナセレクションとして「機械と少女供廚汎瓜に開催された「神都ピカレスク」。
 当ページでは精霊の性能についてではなく、どういったイベントなのかや世界観について説明していく。

特徴

 ピカレスクの名にふさわしく*1、悪党や悪者…というか怪盗と都市伝説をテーマにしたストーリーが展開されていく。
 ただし、悪が蔓延るのを良しとする作風ではなく悪をもって悪を制すという勧善懲悪?というか和製ピカレスクな面もテーマにある。

 基本的に作中に出てくるものにはほとんど元ネタがありそれを上手い感じにリスペクトしつつ作られている。
 ちなみに開催時の年代は1QZ8年である。これは1928年を表しているとかなんとか…。そのため科学技術なども一部を除き基本は1900年代のものが使われている。

イベント

神都ピカレスク

 2018年9月13日〜10月10日開催。
 プラチナセレクションで「機械と少女供廚牢袷瓦縫好函璽蝓爾里澆任△辰燭こちらは次のイベント「黒ウィズラビリンス」のために探索クエスト付きで解放された。
 初開催時の探索クエストは可も無く不可も無くという印象で、ストーリー自体は長いが面白いといった評価だったのだが、その後に解放された黒ウィズラビリンスの出来の酷さのせいで…となってしまった。
 2018年の一番聞きたくない台詞がケネスの「ココカラデラレルゾー」などと言われるほどである。

神都ピカレスク 黒猫の魔術師

 2019年8月15日(木)〜9月12日(木)10月9日(水)開催。
 神都ピカレスク 黒猫の魔術師参照のこと。
 基本的に前回の問題であったラビリンス部分が消えたため高評価を貰っている。
 GAにケネスが当選したことに伴い1月ほど期間が延びた。

神都ピカレスク 銀幕の裏切者

 2021年4月15日(木)〜5月13日(木)開催。
 神都ピカレスク 銀幕の裏切者参照のこと。
 前回開催から1年半程度空けての開催となっている。
 一応間にGA2019(ケネス)、サマコレ2020(ヴィッキー)、クリスマス2020(ケネス)、など何もなかったわけではないのだが…。

怪盗アヤツグ僵尸捕物帳

 2021年10月15日(金)〜11月12日(金)開催。
 怪盗アヤツグ僵尸捕物帳参照のこと。
 番外編。
 同年9月より黒ウィズが新体制に入ったことで、ピカレスクが完結せず、別の異界キャラによってクリアされてしまうのではないかということが不安視されたためか、公式声明で
※今回はとあるイベントと神都ピカレスクがクロスオーバーするスピンオフイベントとなります。ピカレスク本編の続編については別途企画中です。
 と宣言された。

神都ピカレスク 桃花絢爛

 2022年6月17日(金)〜7月15日(金)開催。
 神都ピカレスク 桃花絢爛参照のこと。
 本編。
 どこにも書かれていないのだが、GW2022リーリャ編の続きストーリーであり、君の本でもリーリャ編をすべて読んでいないとクリアが4/4にならない。

主要登場人物

ケネス・ハウアー

 表の顔は「カイエ・デ・ドロゥボー」社の新聞記者。
 使用している武器は改造した拳銃の「ハウアー1QZ8」
 出自は不明で西洋人らしいが幼い頃に「幇」に買われ最近ギャスパーに買われた。
 昔から偽名を名乗っており現在のケネスも偽名である。
 モデルはファントマ?

ギャスパー・アルニック

 ポワカール家の御曹司?。
 ポワカール家は世界を駆け巡りお宝を盗む盗賊一族。
 彼は幼い頃にどこからか誘拐されて育てられた。
 家訓は「美学のない盗みを許すな」とのことだが家庭の都合で暗い部屋に友人と2人きりで過ごし最後は殺し合ったという壮絶な過去を持つ。美学とは…
 その後遺症で自分の顔に対してゲシュタルト崩壊をおこしている。
 モデルはアルセーヌ・ルパン?

ヴィッキー・ワン(桃花<タオファン>)

 表の顔は華様影業公司(かようえいぎょうこうし)の専属女優。ただし吸血鬼映画しか受けないらしいが…。
 クンフーの達人。父親が武道館?を経営していたがE王朝敗戦に伴い潰れている。
 落ちぶれていく祖国を憂いてか祖国の秘宝を盗んでいる。
 モデルは不明。ブルース・リーの父親の李海泉あたりか?

今久留主好介

 帝政T国にて数々の複雑怪奇な事件を解決した素人探偵。だが変態である
 職業は旅行記などを新聞に連載するライター。
 非常に賢いが、性的に興奮すると知能指数がさらに数倍に跳ね上がるという特技?をもっている。
 外務局に兄が居るが上記の特性を利用した暗号を使う当たり兄も変態であると推測できる。
 モデルは横溝正史の作った探偵「金田一耕助」。帽子以外は金田一耕助スタイルである。
 ストーリーをみるかぎりBLもいけるようだ。

リーリャ・ヤロスキ

 L皇国の王女だったが革命に伴い逃げてきた。
 初登場時は体も弱く典型的な深窓の令嬢であったが、ある事件に巻き込まれたことがきっかけで生き方と服装が大きく変わることに。
 モデルはおそらくロシア大公女アナスタシア・ニコラエヴナ。

根津ちゆう

 帝政T国の泥棒一家の出身で出稼ぎ兼修行のため神都へやってきた泥棒少女。
 相棒にリアル鼠の甚八がいる。
 ご先祖には高名な大義賊もいたが近年では一家揃ってこそ泥に落ちぶれてしまったらしい。
 関西弁でしゃべるお調子者の性格で、ギャスパーにべた惚れしている(損得勘定もあるようだが)。
 モデルは鼠小僧次郎吉?
 苗字つながりで真田十勇士の1人の根津甚八要素もありそうである。

地名

 基本的に地名は神都のみでそれ以外の国はA国、B国といった名称で書かれているが適当というわけではなく一応すべて元ネタはある。

神都(シエンタウン)

 元ネタとなった都市は租界時の上海。ただしアベニューD(マンハッタンにある大通り)があったりするなどいろいろ混在しているが…。

帝政T国

 モデルは日本。
 帝政TOKYO国?か

E王朝

 モデルは中国(清朝)。
 Emperor王朝とかか?

A連合

 モデルはイギリス。神都はA連合を中心とした分割自治がなされている。
 英国からのえーこく、A国とかだろうか?
 ちなみにイギリスの正式名称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」なので連合はさほどおかしくはない。

U連邦

 モデルがどこかは現状不明。神都を分割自治している国の1つという状況証拠からおそらくアメリカ?
 連邦というとソ連(通称USSR)も思い浮かぶが、かの国は確か上海租界に噛んでいなかったような気がする。
 アメリカの場合は「United States of America」のU?
 GA2019ストーリーではポーカー賭博によって得た金でまた戦争を起こそうとしていた。

共和F国

 モデルはフランス。アベニューDは神都の共和F国行政区にある。
 「神都ピカレスク」でケネスたちは煙館に落ちたが、これはおそらくアヘン窟のことで上海租界時にはイギリス租界ではアヘンは認められなかったがフランス租界では認められていたという史実に基づいている。

D王国

 モデルはドイツ。

L皇国

 モデルはロシア。

K国

どなたでも編集できます