スペシャルスキルの一つ。略して反動蝕ということが多い。
 大まかに説明すると、味方全体が1ターン封印(それに加えてHPが削られることもある)される事と引き換えに、より早く高い倍率のSS攻撃を放つことが出来るというスキルである。

登場時

 初登場は2016年8月31日のクロム・マグナ零のエマ(雷)から。初戦で厄介な敵への対策や初代リフィルの様にスキチャ3T付与の精霊+異常ガードの精霊との組み合わせによるボス戦での連発モードが模索されていた。使いにくさは登場時から指摘されていたものの、一定の評価は受けていた。が、初登場から2か月で後述の事態に陥ることになる。

反動蝕の旧式化(陳腐化)

 黄昏メアレスに登場したミリィのスキルは反動蝕よりも先に登場した反動大魔術であるが、ミリィのLtoLにより反動蝕よりもかなり使い勝手が良くなった。
 反動蝕が味方全員全体を封印状態にするのに対して、ミリィは自分一人が封印状態になるだけである。
 更に反動蝕精霊たちが単体攻撃であるのに対して、ミリィは全体攻撃でありもちろん反射無視の攻撃である。
 他にも反動大魔術は結晶によって更にスキルを強化することが出来るのに対して、反動蝕スキルの精霊たちは結晶による強化が出来ない。とはいえ反動は当時では最強クラスのスキルだったのでS結晶でもわずか100しか上がらない残念な結晶だったが…。
 ミリィのこの仕様から特にティシカ*1は完全に割を食っており、反動蝕スキルの存在意義が一気に低下していくことになる。*2メアレス軍催に伴うLtoLによりゼラードのスキル倍率はアップしており、フィニッシャーとしての役目は変わらない。

 その後は配布のセトやディルクーザ等の配布に反動蝕は搭載され、格の高い配布キャラの調整用スキルに堕した感がある*3
 また2017年初頭、反動魔術持ちの初代ガトリンやイニューがLtoLによりミリィの様に反射無視こそつかなかったものの初回0Tで撃てる様になり、厄介な初戦の難敵の処理*4という役目すら反動蝕は奪われてしまった感がある。
 現在はイベント絶級ボスで配布の反動大魔術が三色揃っており、純属性強化もあり単色デッキで組むとそこそこの威力が出せるため、ますます反動蝕の立場が狭くなりつつあった。

復権

 上記のようにしばらくは反動蝕は冷遇気味であったが、サタ女2にて反動蝕400UPの結晶が実装されテコ入れされた。またクルス(サタ女2ガチャ)やマチュー(配布)、ゾンビエッタ・改(配布)のような優秀な反動蝕精霊も登場し、状態異常無効の精霊強化で封印のデメリットも無くなるので、今後も反動蝕スキルは強化され積極的実用レベルにもなりうると思われる。

さらなる強化

 上記の強化があったとはいえ2018年にはあのぶっ壊れと名高い蓄積シリーズが登場した。
 ゾンビエッタ改のSS2が結晶無しで単体に効果値360×5+味方3t封印というデメリット効果なのに対して単純に回復をしているだけで効果値7000が撃てる蓄積聖を初めとするスキルのはさすがに勝てなかったため、だんだん過去の遺物となっていった…。

 しかし2019年頃のLtoLによりまた状況が変わる。

 全体版は5/21にクィントゥスが、7/3にはタイシがLtoLされたのだが、効果値がSS1ですら1000×5、SS2に至っては1300×5という効果値に魔改造されたからだ*5

 さらにとあるコラボにて上条当麻&アクセラレータにより1戦に1回という縛りも追加されたがSS2で1800×5の効果値を獲得。
 元々手持ちの精霊すべてが行動不能になってしまうためラストくらいしか打つ場面がないスキルが1回限定にされたところで…といったことから実質ノーリスクに近いデメリットと言われている。

 そしてだめ押しとばかりに大進化解放祭のローヴィが封印耐性を獲得。
 これ以後封印耐性はすべての反動蝕持ち精霊が獲得することになる。

 上記の強化の結果徐々に徐々に結果を見せるようになっていった。
 特にからふる!エニグマフラワーズに登場した若菜を3体用意すればノクトニアシークレットが0tで攻略可能ということは多くのプレイヤーを驚かせたといわれている。
 さらにリスタートの登場も反動の封印というデメリット打ち消しになっており追い風となっている。

 すべてが合わさった結果、別にわざわざ接待されているという風に感じるわけでもないのに配布の若菜、イノセント、インゴットソフィですら多くのクエストで適正がありなんかよく見るな…と感じるほど。

 また、余談だが冒頭で反動・蝕の不遇の代名詞として触れたティシカだが、おでかけ大魔道杯頃に行われたリスタート連打の4連続火単色急襲接待時に接待されたわけでもないのにちょうど上手くハマってしまい、2016年に登場して以来初となるレベルで活躍を遂げるに至った。

余談

 2017年ゴールデンウイークイベで入手できたマスク・ザ・ゴールデンは全体3T封印の厄介な反動蝕を持つが、自身は封印無効潜在を持つため艦隊を組むとノーリスクで使えてしまう。
 また2019年8月30日以降の精霊(具体的には大進化解放祭のローヴィ以降)は配布込みで全員封印耐性を持つようになった。
タグ

どなたでも編集できます