魔道杯>魔道杯の歴史(2024)

ゆったりくつろぎ温泉大魔道杯

 2023年1月26日(金)16:00〜29日(月)15:59開催。
 冠番組争奪! ビューティー12天女 登竜門にてウッサーナが昨年の天女であるにもかかわらず、ガチャに登場しなかったのでもしかしてと思われたが別にそんなことはなく、1月22日に魔道杯名が「ゆったりくつろぎ温泉大魔道杯」と判明。フィア、アルテミス次∈5徇閏腓3名が写った画像が公開されウッサーナは死んだ。いつものこと*1
 翌日、23日にフィアの画像が公開されたが顔が天上岬の調香師 絆のオリジナルノートのものと同一で(花飾りを取れば100%一致。おそらく使いまわし)物議を醸した。

 翌日24日には、今久留主の画像が公開されたが、今久留主奇譚のほうでかなり驚きをもって迎えられた。
 何を驚いているのか?と思われるが今久留主奇譚はピカレスクの今久留主好介の子孫(グランドフィナーレにて言及あり)であり、登場自体が真夏のグレート・クイズ・ウォーとグランドフィナーレのたぶん2回しか存在しないキャラである。*2そのGQWも7年半前と恐ろしく古い精霊であったため、忘れられてなかったことに驚かれた。
 なお、魔道杯開始に合わせ次イベントの予告画像も公開されたが、その画像がトランプと怪盗の仮面でどう見ても神都ピカレスクの続編の予告であった。そのため今久留主奇譚のこのタイミングでの採用は中の人の今久留主好介役での出演にタイミングを合わせてという意図の可能性がある。
 翌日25日にはアルテミスとストーリー、また精霊が助っ人で登場といういつもの流れを得て翌日26日開催となった。

 事前の12天女イベにて結晶強奪と結晶弾というSSが登場していたため、接待はここらへんかなと思われていたが、実際その通りとなった。
 またボスがアルテミスであることからアポロニオも属性一緒だし接待されるんじゃね?と言っていたらまじでそうなっていた。

 クエストは最近よくある4戦構成。
 1戦目は右がHP50万の鉄壁で子川結晶を使えと言っている。また左が99%以下のSP恐怖なのでSSを使いたいなら結晶を装備しないという工夫が求められる。
 2戦目はAS軽減100%なのでSSで突破してくださいねという感じ。ちなみに中央はHP100万の鉄壁なので子川(ry。
 3戦目は前の戦闘のSS弱化1万を引っ張った状態でHP1000万のAS軽減50%、SS弱化50%の盗むの敵が登場。
 ボス戦ではトリテンで見せかけた結晶強奪からのディスチャージで素でディスチャージ無効所持精霊以外はSS使用を禁じられる。

 結果としてロンロンとアポロニオの2体を持ってればあとはまじでどうにでもなってしまうのに、片方いないだけで結構きつくなり、2人居ない場合は無茶苦茶キツイ魔道杯になってしまった。
 一応、開催から5時間程度したあたりで10t〜9t、よっぽど手持ちが揃ってればロンロン/アポロニオなしでも8tは出ると判明したが、かなり厳しい魔道杯と言える。
 また10tや9tではゴーストが出現するが、そのゴーストの最速タイムは10秒台。
 普通に考えなくても殴り9t〜10tを10秒はほぼ不可能。それが安定するならAS特殊変化は時間停止なしにもっと使われてたよ…。
 アポロンとロンロンがいれば見破りで実質0問しか解かずにクリア可能、片方がいてそこそこ手持ちがあれば6〜7tクリア、一方で未所持者の場合はできても8t、多くは最速クラスのゴーストが登場した瞬間にほぼ1位不可になるというようなかなり歪んだ魔道杯となっている。
 2日目のお昼ごろには残滅を悪用することで9tだが回答は1問でおkというPTも完成し、組めるなら楽にクリアはできるようになった。代替がきかない限定2枚と総合1枚を持っている必要があるが……。

 昨年の7月以降、4魔道杯連続で2体以上の直近精霊が求められる魔道杯となっており、また過去の精霊では一切太刀打ちできず、かなり壊れていると言われたノーガードですら接待がないのでもう使えなくなっているというこの現状を見て、PC版の失敗を繰り返している、サ終させたいのか?といった具合にかなり批判を浴びている。

ストーリー

 フィア、今久留主奇譚、アルテミス爾離ムニバスストーリー。
 これまではオムニバスストーリーでも各話にタイトルが付いていたが、今回は○○編、とキャラ名のみになっている。
 フィアはフェリサの使いで温泉を掘ることになる話、今久留主は蟹食いながら周囲にドン引きされる話、アルテミスはアポロンと温泉に行って尊死する話。
 ちなみにアルテミスのストーリーは音声をミュートにして文字だけ追っていると途中で何が何だか分からなくなると思われるので、音声を聞ける環境で読むことをお勧めする。ミュートでもなんとなく分かる編集者みたいな人は染まってますね。
 アルテミス爾盧5徇閏腓盍薹櫃濃すぎる。ついでにウィズ内でメイン・端役問わず様々な役柄をこなしている村瀬氏にさらに新規の担当が増えた。
 女装奇譚の顔に浮き出ているもの……活字にして大丈夫なのだろうか……フィア編は伏せてたのに……コードがよくわからない……

新要素

  • 結晶強奪は初要素。
    • なお強奪されたときに素で心眼を持っていた場合でも心眼を持ってかれる=パネル正解率が表示されなくなるバグが発生していた。
-

結果

 35%ボーダーは100万2803pt。
 1%ボーダーは316万8981、10%ボーダーは135.6万、20%ボーダーは115.35万、30%ボーダーは105.9万ほどとなった。
 全ボーダー約4万程度の微上となっている。
 ちなみに40%は62.4万。(前回77.742万、前々回49万4114、前々々回60.5万)

ボーダーの推移について

光と闇の大魔道杯

 3月22日(金)〜3月25日(月)開催。
 11周年記念おせにゃんで情報が公開された。
 それによるとにゃんにゃんの日に登場したエナローゼが11周年魔道杯でも登場するということ、エナローゼは35%以内に入れば光と闇属性を切り替えれること、他の報酬はさんぱぎぃとバロンであることなどが明かされた。
 その後3月18日〜20日にかけて(もう見たことある)画像が公開され、3月21日にストーリーが公開され、22日に魔道杯が始まった。

 クエストはクエスト構成自体は最近よくある4戦構成。
 ただし覇級が2つあり、光闇どちらでも挑めるようになっている。その代わり4択以外のクイズ形式のクエストがない。
 また、中級と上級があるが、ポイント詐欺でお馴染みの絶級が今回存在しない。
 光推奨を選んだ場合光パネルといったように、選んだほうのパネルしか出ないためパネルブースト問題は解決している。
 ただし先制特効で光or闇属性以外は出禁を食らっている。

 構成は1戦目以外変更されている。
 闇は2戦目にAS弱化フィールド2000をどう突破するか、3戦目に鉄壁(HP130万、5%の6.5万ダメージで鉄壁解除)をどう突破するかとなっている。ボス戦はバリアウォール1000万でHP300万、1%の3万ダメージでステリセエナローゼがボスとなっている。
 逆に光は2戦目に700万の鉄壁、3戦目に1800万のパニックシャウト(強)270万ダメージで解除、ボス戦は鉄壁1000万のエナローゼがボスとなっている。

 光は鉄壁が多すぎるので周回にはリルムがほぼ必須、加えてユキハナやミメイ、リティカなども欲しくなってくる。つまり11周年以降追加された全部。
 一方闇は8tくらいなら配布でも周回可能、キリヤだけで6tになる程度の難易度なので闇のほうが周回する人は多い。

 一応どちらも最速4tでの周回が可能となっている。
 ただし、光の場合はリティカスリーカードが必須かつ結晶ガチガチでも乱数有り、闇は比較的4Tデッキが組みやすいが、シュリの閻刃抜刀が必須のためSS回数が多く、怒らせた上でキリヤ等のEX-AS反撃で仕留める構想になるので光よりやや時間がかかる。
 まあ4Tでクリアできる時点で早いのは間違いないのだが…
 いずれにせよ周回のしやすさから、ボーダーが跳ね上がる可能性が高いと思われる。

 ちなみに最速ゴーストは珍しく7tといつもの9tから比べるとかなり短くなっている。
 また投票券は覇1周辺り250枚程度?PT効率は40に行かないくらいなので魔道杯より4-1周回のほうがいい。

ストーリー

 さんぱぎぃの作った新作イーノコイルがエナローゼによって勝手に使われたため暴走し、さんぱぎぃは1と11の倍数以外の会話では聖女になる芸人ようになった。
 バロンはうん十年働き詰めだったので11連休を取る話。自分がいなくなることでギルドが回らなくなるから闇と思っているが、ギルドからは過労的な意味で心配されており休暇はむしろ喜ばしいことらしい。オレのバカンス☆とか言ってたバロンはどうした。
 エナローゼは多少捏造を増やしつつ光と闇に分裂した話。
 まあいつもの。今回なんで魔道杯で戦ってるのかは謎。これもいつもの。

 なお、バロンストーリーで10年近くぶりにオロチのことが語られかけたがストップを食らった。
 全国のオロチファン*3は涙した。

新要素

 イベント覇級のクエストに、出題形式の違いや敵属性の違いだけでなく、敵出現パターンや敵行動パターンまでが異なる複数種類のクエストが用意されているのは初*4

結果

 35%ボーダーは108.6万pt。
 1%ボーダーは386万5312、10%ボーダーは156万2355、20%ボーダーは130万2192、30%ボーダーは117万3795ほどとなった。
 全ボーダー約10〜15万程度の微上となっている。
 ちなみに40%は61.2万(前回62.4万、前々回77.742万、前々々回49万4114、前々々々回60.5万)

 

ボーダーの推移について

5月

 5月24日(金)〜5月27日(月)開催予定。既知の通り、ルベリとロザリアが登場予定の毎年恒例のこどもの日大魔道杯。

どなたでも編集できます