Studio Valkyrieが提供するスマホゲームLastOrigin(ラストオリジン)日本版の攻略Wikiです。

基本情報

所属
コンパニオンシリーズ
No016ランクSS
ランクアップなし
名前ブラックリリス
タイプ軽装型役割保護機
身長160cm体重47kg
身体年齢20歳製造国🇰🇷 大韓民国
BATTLE
STYLE
Gurdian
WEAPONAP2090 Manba Pistol 2EA
攻撃力A速度B
攻撃頻度B+サポートC+
持久力B+防御力B
装備スロット
Lv20Lv40Lv60Lv80
回路回路OS補助装備
製造
一般、特殊製造(05:55:00)*1
イラストKakiman?CV阿澄佳奈?

入手方法


ステータス

ステータス

親密度

リンク

出撃コスト

外伝ストーリー:親密度80以上で解放(報酬:ミニブラックリリス
外伝ストーリー(ご主人様過剰摂取):好感度100以上で解放(報酬:なし)

スキル

タイプスキル名詳細形式射程AP範囲
アクティブ1デュアルバースト▪ 対象の敵1体に攻撃力128.5~250%のダメージ
▪ 2ターンの間、対象の攻撃力・クリ率-10~14.5%、挑発を付与
▪ 対象が挑発状態の時、与ダメージ+30~48%
▪ サディズムによる防御貫通アップ状態の時、攻撃対象数が少ないほど与ダメージ+25~47.5%
対象
指定
35
2要人警護▪ 3ターンの間、対象の味方1体に指定保護を付与(解除不可)
▪ 自分と対象の攻撃力+10~23.5%、命中率+20~47%、被害無効化(1回)を付与(解除・重複不可)
対象
指定
67
パッシブ1マゾヒズム▪ 戦闘開始時、自身の防御力が攻撃力の25%以上の時、戦闘続行(HP10~46%で復活)を付与
▪ ラウンド開始時、自身の被ダメージ-20~38%、効果抵抗+40~58%
 ▪ 編成内に自身を除く味方がいる場合、さらに被ダメージ-10~19%
▪ 被弾時、自身の行動力+5~9.5%(3回まで重複)
2サディズム▪ ラウンド開始時、自身の防御貫通+20~56%
▪ 自身の攻撃力が防御力の4倍以上の時、反撃(攻撃された時発動、ダメージ倍率80~125%)
▪ 敵または味方が死亡時、その戦闘の間、自身の攻撃力+10~14.5%、クリ率+5~7.25%
3ストーキング▪ ラウンド開始時、範囲内の味方の攻撃力+10~19%、行動力+5~9.5%、指定保護を付与
 ▪ 対象の攻撃力または行動力が自身より低い場合、さらに攻撃力+5~9.5%、行動力+2.5~4.75%、代償に命中率-10~19%(重複可)
(数値の表現はレベル1~レベル10)

編隊ボーナス


性能

ブラックリリスの長所

  • 強烈な反撃型タンク
他のコンパニオンシリーズの姉妹達同様、前のめりな攻撃性能を持つ反撃保護機。
パッシブ1の効果で攻撃を受ければ受けるほど行動力バフがスタックし、パッシブ2の効果で敵を倒せば倒すほど火力が上昇していく。
姉妹の中でもフェンリルに並ぶ攻撃性能を誇り、回避力にものを言わせるペロとはまた違った受けて耐え、やられる前にやるタイプの反撃盾として活躍できる。
防御面も必要十分で、被ダメ減少は最大-38%、味方がいればさらに-19%と高倍率。ステータスを耐久面に振らなくてもかなりの頑強さを発揮する。
ヤンデレ恐るべし。
  • 保護機としての性能も優秀
度重なる上方修正でパッシブの保護範囲が上下1マス前方3マスと大幅に強化されて使いやすくなっている。保護の条件などもないので相手が誰であれしっかり守り抜くことができる。
また、パッシブで前方を守れる保護機は結構貴重。ソワコンカーンなど前列に攻撃要員をぎっちり並べる編成でもしっかり全員を守ることができる。
ver2.0からアクティブ2も大幅に強化されており、自分とスキル対象にダメージ無効化1回を付与という優秀な性能になっている。
これを利用して強烈な攻撃をいなしてやり過ごす事ができるので、一部の高難易度ステージの攻略で重宝することも。
同時に3ターンの間、攻撃力と命中のバフがかかるのも便利。
他にも条件付きだが復活HPの高い戦闘続行も持っており見た目以上のしぶとさがある。
  • 無限成長する火力
パッシブ2の「死亡時バフ」は敵のみならず味方の死亡時にも発生する。
ゴルタリオンドローンなど回数制限なく戦闘続行するキャラとの組み合わせで、青天井で攻撃力が伸びていく。
一部の高難度クエストはこのギミックを用いて楽々抜けることができる。

ブラックリリスの短所

  • 保護される側の悪影響
パッシブ3により、行動力か攻撃力がリリス未満の味方へは追加バフが適用されるが、同時に命中を最大-19%×2とかなり下げてしまう。
戦闘開始時は問題なくともリリスは敵を倒すごとにどんどん行動力と攻撃力が上がっていくため、意図せず味方を圏内に収めてしまいやすい。
命中をぎりぎり足りるように振っている場合は計算が狂うこともあるのでステ振りに注意が必要。
なお、この命中率ダウンはデバフではなくバフ扱いであるため、効果抵抗やデバフ解除も無効。超精密照準器などを装備していても解除できない。
  • 戦闘続行や反撃はステータス調整が必要
戦闘続行は攻撃≦防御×4、反撃は攻撃>防御×4*2である必要がある。
仕様を把握しておかないと、何故かどちらも有効化されないといった事態に陥りかねない。
この二つは一見すると両立できないが、戦闘続行は「戦闘開始時に各種バフを含まずに判定」、反撃は「バフ込みで状況問わず常時判定、条件を満たすと即時有効化」というスキルのため
編成ステータス画面は攻撃≦防御×4にしておき、戦闘中に何らかのバフを受けて攻撃>防御×4となるようにステータスと装備とバフ調整すると両立が可能。
詳しくは後述。

総評

  • 素晴らしいワンマンメイド
攻守ともに優秀なコンパニオンシリーズ長姉。
癖は強めだが保護機としての性能も悪くなく、特殊ギミックへの対応力も備え、周回での出番が減った現在もその価値はまったく色あせていない。
また外伝ストーリーで手に入るミニブラックリリスは、ブラックリリス自身を含め、攻撃的な保護機で頻繁に使用される強力装備。しっかり好感度を上げておきたい。

育成

ステータスによってスキルが有効化されるかどうかが決まる特殊なキャラなので、運用法をしっかり把握しておきたい。
反撃の有効化されていないリリスはちょっと火力のあるだけの一般保護機に成り下がりかねないので、最低でも反撃は有効化するようにステ振りをしたいところ。

反撃及び戦闘続行の攻撃・防御×4の仕様について

なお、攻撃≦防御×4で得られるのはwave毎に1回の戦闘続行のみ。
加えてリリスは元々被ダメージ軽減に頼るタイプの保護機であるため、防御力を上げてもあまり耐久性には影響せず、無駄になりやすい。
高難易度ステージでは被ダメージ軽減無視・解除待ちのエネミーがかなり頻繁に出てくるため、戦闘続行はそれらに対する保険として重要ではあるが、アクティブ2の被害無効化のみでそれらを十分捌ける場合は一般的なアタッカー振り(確定命中・クリティカル100%、残り全て攻撃)にしてしまっても構わない。

小ネタ

  • バトルメイドプロジェクトにおいて個人の身辺警護に特化した性能を持たされた「コンパニオンシリーズ」の長女。
    詳細は不明だが何かしらの理由で全機廃棄処分の憂き目にあいかけた、という曰く付きの機体。
    主人に対しかなり強い執着と独占欲を向けがちなヤンデレ気質の持ち主である。
    • サディストかつマゾヒストというかなり極端な性癖を抱えており、被弾時にはちょっと嬉しそうにする。各種スキンでは緊縛プレイを連想させるようなファッションに身を包んでいることが多い。
    • コンパニオンシリーズでは例外的に特にモデルとする動物がない。これは「不完全な実験体」というイメージでデザインされたためらしい。
    • 首に付けているのは行動制御と通信装置を兼ねている装置。
    • 使用している武器名はマンバ、花のような青い盾(バリア発生装置)はロサ・アスールという名前がつけられている。
      • 「マンバ」はコブラ科のヘビの属名に由来する。毒の強さと凶暴性から「世界一危険な毒蛇」とも呼ばれるブラックマンバが有名。
        「ロサ・アスール(Rosa azul)」はスペイン語で青い薔薇を意味する。
      • ブラックマンバは専用の特殊弾を使用しており、同口径の拳銃よりは強力だが物理的な破壊力は重火器よりは弱い。
      • ロサ・アスールのバリアは直撃でなければ戦術核兵器にも耐えられる。
        腰にある尖った物はロサ・アスールの収納及びコントロール、エネルギー貯蔵を行う装置。
      • 後先考えず全力でバリア能力を駆使すると瞬間的ではあるがアルバトロスタイラントを凌ぐ耐久力が出せる。
  • 名前の元ネタはおそらく同名の日本のアダルトゲームブランド。対魔◯を作っているところと言えばわかりやすいか。
  • 性格上同じくヤンデレなシザーズリーゼソワンとは因縁の多い間柄。
    直情径行で過激なリーゼとは「害虫」「ストーカー」と罵り合う不倶戴天の恋敵、権謀術数に長けたソワンとは必要に応じて結託しつつも互いに腹を探り合うような関係。
    • リーゼとはバレンタインに色々あった結果微妙に意気投合したらしく、憎まれ口を叩きながらもお互い認め合うライバルのような仲になっている。
    • ちなみに滅亡前はソワン、アレクサンドラと並んで三安製の高級機の代名詞のように扱われていたが、性格上相性が悪すぎるため同じ主人のもとに三機揃うと血を見るような事態に発展することも珍しくなかったらしい。
      特にソワンとは犬猿の仲で、ラビアタが復元させようとした際にはかなり強硬に反対していたとのこと。それを思えば現在のオルカではかなりうまく付き合えていると言えるかもしれない。
    • 暴走しだすと会話すら通じなくなるリーゼや基本的に主人以外は駒か邪魔者としか思っていないソワンに比べると割と他人のことは尊重できるタイプで、色恋沙汰が絡まなければ案外常識人。
      特にペロハチコなど姉妹機達とは仲がよく、癖の強い妹達を見守るよきお姉さんとしての一面も持つ。
      同時に姉妹機達の上司でもある(元々コンパニオンシリーズは身辺警護を主目的として開発されたもの)。
  • 警備隊長ということもあって艦内でもかなり上位の権限を持つ模様。
    初期に開発されたバイオロイドでありながら戦闘能力が非常に高く、近接戦闘ならラビアタに引けを取らないほど強いらしい。
    • 要人警護だけでなく暗殺の任務を与えられることも多かったらしく、第二次連合戦争では不屈のマリーをはじめとするブラックリバーの指揮官級バイオロイド達を相手に多くの戦果を挙げている。
    • 看護帽ベースのキャップをつけているだけあって医学解剖学にも精通しているようで医療行為も一通りは行える。
      腰の鞄には応急処置セットが入っている。初期デザインでは鞄に赤十字マークがあったが大人の事情でなかった事になった。
  • 攻撃モーションは所謂ガン=カタ
    • 勝利時に見せる銃の後部を合わせるようなモーションも「リベリオン」劇中で主人公プレストンが見せた決めポーズが元ネタ。
  • 非常に嗅覚が鋭いという設定がある。あの女の臭いが…ッ!
  • ブラリリの価格は1000億ウォン(約100億円)
  • イベント高難易度ステージや外部通信要請のクリア報酬で取得出来るオルカ記念勲章にリリスのヘアピンが使用されている。
  • 楽園への招待状では意外に司令官絡みではなく姉妹と仲良くピクニックに行きたいという夢に囚われている。その最中彼女を叩き起しに来たシザーズリーゼによって目覚め、不思議な国のチョコ女王以来のヤンデレタッグを組んで大暴れをしていた。
    • 騒動後は司令官をクリスマスパーティーに連れ出そうとしたが、シザーズリーゼが司令官を抱き抱えて飛んで行ったので走って追いかける羽目になっている。

セリフ集

基本

  • 誓約ボイス ※未実装

真夏のリリス

ミスオルカ:ご主人様過剰摂取


イラスト

基本

危険な家族:誘惑のメイド (家庭用メイド服)

真夏のリリス (目的の外れた水着)

ミスオルカ:ご主人様過剰摂取 (イラスト:pinkmill?(ミュージカル用の女帝様の衣装)

変更点

このページへのコメント

先日追加されたボーカル曲はちゃんと中の人が歌ってるとのこと

>ブラックリリス役として歌を歌わせていただきました✨
>なんとセクシーお姉さんのラップです!
>正直過去1くらい難しかったので、レコーディング直前まで「歌えませんって申告すべきだったんじゃないか…🤢」と悶々としてました。笑
>でもリリスのおかげで楽しく歌えましたよー💕ぜひ!

8
Posted by 名無し(ID:GeWWqQ/mKA) 2023年12月26日(火) 11:45:21 返信

戦闘の速度を3倍にしてデュアルバーストを打つとマリオのBGMにしか聞こえなくなった

0
Posted by 名無し(ID:Q0eQtUOP6Q) 2023年12月06日(水) 23:39:16 返信

黒リリさん?最近、薔花とかいうストーカーが新たに増えたらしいですが感想とかありますか?

7
Posted by 名無し(ID:gJwxKXkY8g) 2023年07月05日(水) 18:03:06 返信

ゴルタリオンと組ませて火力無限にあげるの楽しすぎる

0
Posted by 名無し(ID:GmyqFznayg) 2023年05月28日(日) 17:01:48 返信

本国実装のあの衣装待ち遠しいなあ

3
Posted by 名無し(ID:mmigOGVupQ) 2023年05月22日(月) 21:37:02 返信

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニュー


イベント情報

開催中のイベント

怒りの狼牙(復刻)
期間:03月13日~04月10日
終了イベント
総力戦/シーズン5
期間:02月28日~03月13日


装備/アイテム

任務

ショップ

どなたでも編集できます