PiG Corp.が提供するスマホゲームLastOrigin(ラストオリジン)日本版の攻略Wikiです。

基本情報

所属
オービタルウォッチャー
No103ランクA
ランクアップなし
名前CM67 スティンガー
タイプ機動型役割攻撃機
身長1.3m体重0.201t
製造国🇺🇸 アメリカ
BATTLE
STYLE
Destroyer
WEAPONSting
攻撃力A+速度A+
攻撃頻度CサポートD
持久力C防御力E
装備スロット
Lv20Lv40Lv60Lv80
回路回路OS補助装備
入手方法
ロボット製造(03:05:00)
・メインクエストドロップ *1
・イベントドロップ 妖精の村のアリア
イラストMechaShogun?CV下屋則子?

ロボット設計素材

資源素材施設研究
部品 250
電力 650
量産型パーツ 180
ブースターパーツ 30
武装パーツ 35
[2] 強化ロボットフレーム [4] ブースターシステム [5] エネルギー凝縮器

ステータス

ステータス

リンク

出撃コスト

専用装備


スキル

タイプスキル名詳細形式射程AP範囲
アクティブ1ナパームバーナー▪ 範囲内の敵に攻撃力127~226%の火属性ダメージ
 ▪ 後方の敵(橙色マス)はダメージ-50%
▪ 3ターンの間、対象に点火(40~310の火炎持続ダメージ)を付与
対象
指定
26
2破砕突撃▪ 対象の敵1体に攻撃力240~433.5%のダメージ、防御貫通30~66%
▪ 対象が標的または移動不可状態の場合、与ダメージ+25~36.25%
対象
指定
39
パッシブ1予熱開始▪ 攻撃時、2ターンの間、自身の攻撃力+15~21.75%、回避率+30~75%、行動力+5~7.25%
(数値の表現はレベル1~レベル10)

性能

スティンガーの長所

  • 高防御の敵に強い
アクティブ1は炎属性攻撃、アクティブ2は高倍率の防御貫通攻撃とどちらも高防御の敵に対して決定力を持ちやすい。
スケロプをはじめとして守りをガチガチに固めてくる敵はたびたび現れるが、そんな時こそスティンガーの出番だ。
  • シンプルで扱いやすい自己バフパッシブ
自身の攻撃力・回避力・行動力にバフをかけるパッシブスキルを持ち、倍率もそこそこ優秀。発動条件も攻撃時に無条件と緩く、安定してフルスペックを発揮しやすい。
  • 手軽に用意できる火属性アタッカー
実はアクティブ1が純粋な火属性攻撃の戦闘員は割と貴重であり、攻撃機となるとさらに選択肢は狭まる。
そんな中アタッカーとしては十分な性能を持ち、かつロボットであるため入手・コアリンクも容易なスティンガーはかなり貴重な存在。
同じく入手性の高いポルティーヤが基礎スペックの面で色々と足りていないこともあり、簡単に用意できる火属性アタッカーとして多くのプレイヤーに重宝されている。
しかも不思議と火属性攻撃持ちはクセの強い機体が多いので、戦力が揃ってきても意外にポジションを追われにくい。
射程や行動力を考慮して配置する事で先手を取って前列〜中列の敵に炎上効果を付与する事ができるので、ケミカルチックType-Xのような火属性に弱い敵に対して有効打になる。
    • アクティブ2の体当たりは射程が1長く威力が高い上に優秀な防御貫通性能を持つため、こちらも硬い敵に対して有効打となる。
      装備によって防御貫通性能を100%以上まで持っていくことも可能だがAP消費がとても高いのが難点。
  • 意外に高い回避能力
機動型らしく回避率は素で25%とそこそこ高く、そこにパッシブ1で最大75%のバフがかかり、専用装備を持てばさらに最大105%上昇する。
総合すると(お互い同じだけ回避に振っている前提なら)回避盾の代表格であるブラックハウンドと同等以上の回避力を実現することもできる。
実際のところ反撃能力を持たず反撃OSも持てない攻撃機なので回避だけ高くてもそんなに旨みはないのだが、
場面によっては調整次第で保護のできない編成に添えたりすることもできるので、あながち完全に無意味とも言いがたい。
特にType-X対策に起用する場合、スティンガー自身の攻撃力はそこまで必要とされないので、回避に振ってリンティなどの反撃持ちと組ませることで安定して省資源周回ができるようになる場合も。

スティンガーの短所

  • 当たると脆い
機動型あるあるだが耐久面はペラペラ。ロボットだからか他の機動型攻撃機よりかは防御力があるがそれでも打たれ強いとは言えない。
回避バフもあるとはいえ基本的には保護機に守ってもらうのが無難。
  • AP消費が重い
機動型あるあるその2。行動力が高いので初手は速いが長期戦になるとどうしても手数が足りなくなる。
パッシブを切らさないためにもできることなら給油が欲しい。
  • 射程が短い
機動型あるあるその3。特にアクティブ1は射程2であり、範囲攻撃なので最前列に立っていれば一応最後列に届かなくはないもののダメージは減衰してしまう。
そのあたりの融通の効かなさをどうするかも運用の上でのポイント。

総評

  • 破壊、突破任務可能です
と出会い頭に言ってくる通り高防御の敵を突破するのが得意な火属性アタッカー。
ランクは低めながらオンリーワン性も高く使いではあり、時には高難易度帯でも活躍を期待できる。どうしても太刀打ちできない硬い敵がいるなら、彼女に頼ってみてもいいだろう。
  • AGSにしては珍しく通常ステージ(3-2B)で拾う事ができるので研究が済んでいなくても集める事が可能。
    もっとも、製造で要求されるパーツが入手しやすい物ばかりので量産はさほど難しくはない。
  • ロボットなので栄養を消費しない低燃費ぶりが重宝する場面も多い。特徴的な性能を上手く活用してみよう。

育成

特殊な状況を除けば回避を考慮するべき場はあまりないので、基本的には攻撃機のテンプレ通りに命中を調整した上で攻撃とクリティカルに振ってやれば問題ない。

小ネタ

  • PECS所属の宇宙開発用AGS。基地の防衛を目的として小惑星等の破砕機能を備えている。
    • 基本的に人と接する機会のない地球外で運用されている機体だからか言動は他のAGSに輪をかけて機械的。「破壊」「突破」以外の言葉はほぼ発しないと言ってもいい。
    • 宇宙だけでなく大気圏での運用も可能との事。
  • 敵対AGSとして量産型機極地戦仕様のカスタムタイプがたびたび登場する。
    鉄虫に寄生されてしまったものも少なくないようで、ワスプスケロプチラーなどの素体となっている。
    上記の通り本来宇宙開発用の機体なのだが、そこそこ地球上でも活用されていたのかもしれない。

イラスト

基本

変更点

このページへのコメント

火属性アタッカーが欲しいけど用意が大変なのはちょっと…っていう面倒が嫌いな人におすすめできる。

むしろ完成した火属性パーティにも充分選択肢に入るレベルで使いやすい。

0
Posted by 名無し(ID:1j3spGjUPg) 2021年10月10日(日) 10:39:36 返信

炙りバーナーが高防御力のスカラベ等にとても強いが
防御貫通を持った2アビが中々いい威力を出すので、ぜひ育ててみて欲しい
特にリンクボーナスの固有枠がクリ率アップのため、ボーナスで10%+フルボーナスで20%を取れば合計30%を得ることが可能(消費も電力>部品なので研究の電力消費にも是非)
この30%というボーナス値が非常に強く、適当に能力を振りチップをつければ100%を超えることも可能
欠点は行動力は高けれど、AP消費が少しかかる部分か。些細といえばそうかもしれないが
専用装備は好みで。回避アップはオマケだが回避ダウンは光る部分があるかもしれない
周回向けステージの副産物で手に入る可能性もあるので分解向けかもしれないが

1
Posted by 名無し(ID:xGU8vovilA) 2020年07月22日(水) 03:39:11 返信

お手軽火属性アタッカー。
ロボなので製造できるなら簡単にフルリンク可能なので、配布されたシラユリより扱いやすい。

3
Posted by 名無し(ID:nQFsr5m4KQ) 2020年07月17日(金) 10:56:02 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニュー


イベント情報

開催中のイベント
至高の晩餐(復刻)
期間:10月13日~10月27日
永遠の戦場
期間:10月13日~10月27日


装備/アイテム

任務

ショップ

どなたでも編集できます