FF11 プライベートサーバー Nocturnal Souls の日本語Wikiです。

GearSwap解説


はじめに
GearSwapはプレイヤーの行動に応じて装備を自動変更するアドオンです。
WS装備でWSを撃ち、アビ装備でアビを使用し、魔法詠唱時はファストキャスト装備で詠唱を開始し魔攻装備で魔法を着弾させ、行動後は被ダメージカット等の待機・オートアタック装備への着替えを自動で行うようになります。
個別の着替えマクロ・装備セットが全て不要になるため、魔法毎にファストキャストの調整やマクロの記述行などを一切気にする必要がなくなります。
Noctではオグメによる強化幅が大きいため、着替えを最適化出来るとより楽しめるようになるのは間違いありません。

例:エレ魔法マクロがどうなるか


他にもストンスキンや空蝉の詠唱時にすでにあるものを解除する(張替えの失敗がなくなる)ようになったりもします。
このページでは何か便利らしいとは聞いて調べてみたけど自分には理解できないことだけは理解しました!というよん?な猫モンクでも問題なく着替えを設定出来るようになるのを目指します。

もくじ

導入前に必要なもの

  • テキストエディタの準備
luaファイル自体はメモ帳でも編集可能ですが、弄り倒すことになるため、メモ帳では早々に限界が訪れます。
Notepad++かサクラエディタ辺りをインストールするのを推奨します。以下の解説ではどちらかを導入した前提で解説します。

Notepad++ > https://notepad-plus-plus.org/ 
サクラエディタ > https://sakura-editor.github.io/
  • 記憶の削除
このページを見る前に自分で調べて少しだけ知識がある人は、その記憶を削除して0からスタートした方が結果として早い可能性があります。
この解説ではサンプルを利用することでよくわからないけどちゃんと着替えているからヨシ!という状態までの到達を目指します。
指定されたサンプル以外のものを使用したり、動作するものを自力で作成するのをサポートするものではありません。

GearSwap本体とサンプルの導入

WindowerのaddonのリストからGearSwapを有効にします。

サンプルをダウンロードします。
Gearswap20231223更新
ダウンロードしたサンプルファイルを解凍し、ファイルをWindower\Addons\GearSwapに上書きします。

サンプル解凍


Windower\Addons\GearSwapに上書き


以上で導入は完了しました。以降はゲーム内とluaファイルの編集を行き来することになります。

編集ファイル及び動作の確認

いざ装備ファイルを編集と行きたいところですが、この時点では
  • 装備の変更が一体どのように動作するのかわからない。
  • どのファイルをどう編集するべきなのかわからない。
  • 何がわからないのかすらもわからない。
となっていると予想出来ます。誰でも始めはそうです、一つずつ順番に対処していきましょう。

どのファイルを編集するのか

\Windower\addons\GearSwap\data\commonのフォルダ内にあるジョブ名_gear.luaが編集するファイルです。
ここにある20のジョブ名_gear.lua以外に触れることはありません。

動作確認

本格的に装備の編集をする前に実際に動作するかどうか確認してみましょう。

まずはゲーム内で準備を行います。
1.赤魔道士にジョブチェンジする。
2./lockstyle offでロックスタイルを解除する
3.頭装備のサークレット、ブロンズキャップ、レザーバンダナを用意する。

次にluaファイルの編集をします。
4.\Windower\addons\GearSwap\data\commonのフォルダ内にあるRDM_gear.luaを開き、以下の通りに編集する。
13行目 sets.precast.FC = {} → sets.precast.FC = {head="サークレット",}
49行目 sets.midcast.Cure = {} → sets.midcast.Cure = {head="ブロンズキャップ",}
67行目 head="", → head="レザーバンダナ",

再びゲームに戻ります。
5.ラインエディター(チャットウィンドウ)に//gs reloadと入力する。

記述に間違いがなければこのように表示が出ます。
Errorが出た場合は記述を間違えてる可能性が高いです。再度13行目、49行目、67行目を確認し直してください。
6.ラインエディター(チャットウィンドウ)に//gs showswapsと入力する。
7.ケアルを詠唱する。
8.キャラクターが点滅し、ログに
と出力されれば動作確認は完了です。
  • この項目の用語解説
ジョブ名_gear.lua装備ファイルはここに格納されています。このファイル以外を編集することはありません。
sets.precast.FC = {}ファストキャスト装備を入力する部分です。後ほど解説します。
sets.midcast.Cure = {}ケアル着弾装備を入力する部分です。後ほど解説します。
//gs reloadGSをリロードするコマンドです。編集したジョブ名_gear.luaをゲームに反映させます。
//gs showswaps装備の変更をログに出力するコマンドです。入力する度にオン・オフが切り替わります。

手持ちの装備を記入し反映させてみる

動作が確認出来たので、さっそく手持ちの装備を反映させてみましょう。
ここではシーフのTHF_gear.luaを例に進めていきます。

まずはゲーム内で準備を行います。一番最初はファストキャスト装備を設定してみます。
1.シーフにジョブチェンジする。
2.魔法詠唱開始時に着替えたい装備を実際に装備する。
3.ラインエディター(チャットウィンドウ)に//gs exportと入力する。

次にluaファイルの編集をします。
4.\Windower\addons\GearSwap\data\commonのフォルダ内にあるTHF_gear.luaを開く。
5.\Windower\addons\GearSwap\data\exportのフォルダ内にあるキャラ名-日付.luaを開き、2行目から5行目までをコピーする。


6.THF_gear.luaの41行目、sets.precast.FC = {}の、{}内にコピーした文を貼り付け、保存する。


再びゲームに戻り、実際に着替えるか確認してみます。
7.ラインエディター(チャットウィンドウ)に//gs reloadと入力する。
8.ラインエディター(チャットウィンドウ)に//gs showswapsと入力する。
9.一旦装備をすべて外し、魔法を唱えて記述した通りに着替えを行うかどうか確認する。

ログが出力されなかった場合は、再度//gs showswapsをしてみてください。入力する度にオン・オフが切り替わります。
問題なく装備を変更できましたか?エラーが出た場合はどのファイルの何行目がエラーなのか詳細が出ているはずです。以下を再度確認してください。
  • コピペミス。特に{または}を消してしまって囲っていない状態になっていたり、逆に2重につけてしまっている場合が多いです。
  • 全角スペースを入力していないか。全角スペースが入力されている場合エラーが出ます。
ここまでが一連の流れになります。着替えて、//gs exportで書き出して、ジョブ名_luaに入力後、//gs reloadで反映させ、確認です。
ファストキャスト装備と同様に以下の装備を設定してみましょう。まだ良い装備がない場合でもとりあえず手持ちの装備を設定して試してみてください。
エラーが出ても対処できるように慣れないうちは少しずつ確実に入力することを推奨します。
用意する装備記述する箇所見る行アドバイス
抜刀する前の普段の装備sets.idle = {}70行目以降リジェネ・リフレシュ・移動速度アップ等の装備を設定してみましょう。
オートアタック中の装備sets.engaged = {}93行目以降ストアTP・トリプルアタック・被ダメージカット等の装備を設定してみましょう。
基本のWS装備sets.precast.WS = {}44行目以降トリプルアタックやステータス上昇装備を設定してみましょう。
設定できたら//gs showswapsで出力するようにして、!craftのダミーや外の敵相手に設定した通りに着替えをするかどうか確認してください。
記述通りに着替えていたら完了です。THF_gear.luaの中身は以下のようなこんな感じになっているはずです。

サンプル:THF_gear.lua

次の項目ではシーフでは設定しなかった魔攻装備や他の記述も合わせて見てみます。

どんな装備設定が可能なのか

項目記述解説
アビリティ強化用装備sets.precast.JA['アビリティ名'] = {}precastは動作実行直後に作用するものです。
アビリティとWSは即時発動するのでここに分類されます。
魔法のファストキャスト装備sets.precast.FC = {}
基本のWS装備sets.precast.WS = {}
魔法の着弾用装備sets.midcast['精霊魔法'] = {}
sets.midcast['強化魔法'] = {}
sets.midcast['回復魔法'] = {}
midcastはprecastの後に作用するものです。
魔法の詠唱中及び着弾はここに分類されます。
抜刀する前の普段の装備sets.idle = {}何かしらかの行動後、最後に行き着く部分です。
抜刀時はengagedに、納刀時はidleとなります。
オートアタック中の装備sets.engaged = {}
ヒーリング用装備sets.resting = {}ヒーリングはここに分類されます。
Noctでは使う機会はあまりないかもしれません。
アビリティ強化用装備2sets.buff['アビリティ名']アビリティを実行後に特定の行動を起こすまで装備しておきたいものがここに分類されます。
例:不意打ちはアビリティ実行後攻撃するまで、マナウォールは効果時間中装備を固定する等

表にない記述についてはここまで読んでいればなんとなく理解できるのではないでしょうか。
sets.precast.BloodPactWardは履行の短縮装備…?、sets.midcast.Stoneskin = {}はストンスキン詠唱中・着弾装備かな?で正解です。
どのジョブでも記述する箇所、方法は一緒です。例えばTHF_gear.luaの中にはsets.midcast['回復魔法']の項目はありませんが、追加することで着替えを設定することが出来ます。
sets.buff['アビリティ名']に関してはジョブ・アビリティ毎に個別に設定してあります。そのため追加するのはひと手間必要になります。
基本の解説は以上です。ここまでで全ジョブの着替えを設定することが出来るようになりました。装備を集め、オグメを更新し、自分だけの装備セットを設定していきましょう。



間違いなく出る質問集

なんとなく着替えは設定出来るようになったけど…というタイミングで間違いなく出る質問ともう少しインチキできんのかという疑問について先回りして答えていこうと思います。

GearSwapのコマンド

一覧
主に使用するのはこの辺です。
//gs export現在の装備を出力します。
//gs reloadGSをリロードするコマンドです。編集したジョブ名_gear.luaをゲームに反映させます。
//gs showswaps装備の変更をログに出力するコマンドです。入力する度にオン・オフが切り替わります。
//gs debugmode自分で何かを追加した際に本当に動いているのか確認出来ます。
//gs equip 装備セット//gs equip sets.precast.WSのように使用して着替えられます。人に装備を見せる際に使用します。
//gs equip naked脱ぎます。

他所で見たサンプルとずいぶん違いませんか?aftercast…?とかジョブ毎の動作は設定しなくてもいいんですか?

このサンプルはMote-libsというライブラリを日本語化したものです。aftercastや各種魔法・ジョブ毎の動作の装備セットは既に定義されているので設定する必要はありません。
Noct用に少しだけ手を加えましたが、元のサンプルがそれなりに古いため稼働しないアビリティなど抜けはあるかもしれません。それでもわかりさすさは正義です。
何がわからないのかすらわからなくて諦めるよりは、よくわからないけど動いてるからヨシ!でひとまず十分ではないでしょうか。プログラミング言語を学びたいのではなくFF11で遊びたいわけですし。

3キャラ同じ装備集めなきゃ駄目ですか?別々な装備を設定したいんですけど

\GearSwap\data\Commonの中にある20のジョブ名_gear.luaファイルは「全てのキャラで共通の」装備となっています。
別々の装備を設定したい場合は、以下の手順を踏む必要があります。
1.\addons\GearSwap\data\にキャラ名のフォルダを作成する。
2.\Commonの中にある20のジョブ名_luaファイルの中から、変えたいジョブのものだけキャラ名のフォルダにコピーして編集する。
読み込みの優先度はキャラ名フォルダ>Commonフォルダとなっているので、キャラ名フォルダのジョブ名_gear.luaの装備が反映されるようになります。

もっと細かく装備を指定できませんか?精霊なんかはともかく青魔法は物理系・魔法系・回復・補助で別々の設定にしたいんですけど

\GearSwap\libsの中にあるMote-Mappings.luaを開いてみましょう。128行目のspell_mapsという部分で魔法の分類を行っております。
例えばケアルはcure、ポイゾナはStatusRemovalとなっていて、これがそのままmidcastに使用できます。sets.midcast.Cure = {}はケアル1〜VIまでの装備となるわけです。
青魔法はBluePhysical、BlueMagical、BlueHealing、BlueBuffの4種類に分類されています。後ほど具体的に解説が出ます。

分類はわかりました。それでももっと細かく設定したいんですが

sets.midcast['魔法名']といったように個別で指定することも出来ます。
sets.precast.WS['イオリアンエッジ']のようにWSも個別に指定出来ます。

理解不能な記述がいくつかあるのですが

上の質問を踏まえてもわからなさそうなものを解説します。
    sets.TreasureHunter = {
        --main="サンダン",
        --sub="盗賊のナイフ",
        head="ヴォルトキャップ",
        body="ヴォルトジュポン",
        hands="PDアムレット+3",
        legs="ヴォルトホーズ",
        feet="SKプーレーヌ+1",
        waist="チャークベルト",
    }
シーフはオートアタック時にまずこの装備に着替えます。Idle>TreasureHunter>engagedという流れでトレハン装備で一発殴ってトレハンを乗せることが出来ます。
 --をつけることでコメント扱いにすることが出来ます。Notepad++だと色が変わるのでよりわかりやすいです。この場合、サンダンと盗賊のナイフには着替えを行いません。
当然ですが持っていない装備も着替えを行いません。
    sets.precast.WS['イオリアンエッジ'] = set_combine(sets.precast.WS,{})
イオリアンエッジ専用の装備です。基本はsets.precast.WSと同じ装備をし、指定した箇所のみを変更する記述です。具体例を見てみましょう。
    sets.precast.WS = {
        ammo="",
        head="",
        body="",
        hands="",
        legs="",
        feet="",
        neck="フォシャゴルゲット",
        waist="フォシャベルト",
        left_ear="",
        right_ear="",
        left_ring="月光の指輪",
        right_ring="イラブラットリング",
        back="",
    }
    sets.precast.WS['イオリアンエッジ'] = set_combine(sets.precast.WS,{
        left_ring="女王の指輪+1",
        right_ring="女王の指輪+1",
    })
全てのWS時にフォシャゴルゲット、フォシャベルト、月光の指輪、イラブラットリングに着替えます。
イオリアンエッジの場合はフォシャゴルゲット、フォシャベルト、女王の指輪+1、女王の指輪+1に着替えます。
    sets.precast.BloodPactWard = {}
    sets.precast.BloodPactRage = sets.precast.BloodPactWard
BloodPactRageに指定されてるもののprecastはBloodPactWardと同じ装備とする。
つまり契約の履行:幻術と契約の履行:験術の短縮装備は同じものを装備するということです。
    sets.defense.PDT = {}
    sets.defense.MDT = {}
    sets.Kiting = {}
Mote-libsではいくつかモードを切り替えて戦うことが出来ます。この場合はそれぞれ物理カットモード、魔法カットモード、移動速度アップ維持モードに切り替えられるわけです。
それ以外にも戦闘時のモードの切り替えなんかもあったりはするのですが全てオフにしてます。


上手く行かない場合の対処法

まずは//gs reloadを実行してください。
その後に下のようなGearswap: Loaded your <ジョブ名>.lua file!と表示されるかどうか確認してください。

エラーが表示されている場合はサンプルの導入に失敗しています。GearSwap本体とサンプルを再ダウンロードしてやり直してみてください

//gs exportが動作しません、または装備が英語名で出力されます

サンプルの導入に失敗しているためGSそのものが動作しておりません。GearSwap本体とサンプルを再ダウンロードしてやり直してみてください。

着替えてくれません.┘蕁璽瓮奪察璽犬出ている場合

ジョブ名_gear.luaを編集し、//gs reload後にエラーが表示された場合は記述ミスの可能性が非常に高いです。
エラーメッセージにどの行がエラーになっているか表示されているはずですので確認してください。
モニターのサイズや画面設定によってはエラーメッセージが見切れている可能性があります。
どの行が間違っていているのかわからなくて対処不可能な場合は、サンプルを再ダウンロードしてやり直したほうが結果として早く解決するかもしれません。

装備を編集していないのに、特定の行動をするたびにエラーメッセージが出る場合はサンプル側のミスの可能性が高いです。報告してもらえれば確認して修正します。

着替えてくれません▲┘蕁璽瓮奪察璽犬出ていない場合

まずは編集しているジョブ名_gear.luaファイルを上書き保存してください。
 //gs reload後にGearswap: Loaded your <ジョブ名>.lua file!の表示は出るものの、自分が設定した装備の通りに着替えない場合は以下のような記述になっていないか確認してください。
失敗例 ЭА拘岼磴辰討訃豺
    head={ name="ヴォルドベレー", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},

    hand={ name="ヴォルトグローブ", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},

    right_ear={ name="女王の指輪+1", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
※System: 1 ID: 131 Val: 7は魔攻・魔命+8のオグメです。

exportからのコピペではなく手入力をするとこういったミスがよく発生します。ミスの内容は上から順番に
ミスの内容
ヴォルドベレーヴォルトベレー装備名
handhands部位名
right_earright_ring装備箇所
となります。慣れないうちは必ず//gs exportから装備をコピペするようにしてください。
失敗例◆У述の追加を試みた場合
    sets.precast.BloodPactRage = sets.precast.BloodPactWard
    sets.precast.BloodPactWard = {ammo="サンカスサシェ+1",}

    sets.precast.WS['イオリアンエッジ'] = set_combine(sets.precast.WS,{})
    sets.precast.WS = {neck="フォシャゴルゲット", waist="フォシャベルト",}
上から順に読み込まれるので、指定したいset_combine等が記述より下にある場合は着替えを行いません。
正しくは
    sets.precast.BloodPactWard = {ammo="サンカスサシェ+1",}
    sets.precast.BloodPactRage = sets.precast.BloodPactWard

    sets.precast.WS = {neck="フォシャゴルゲット", waist="フォシャベルト",}
    sets.precast.WS['イオリアンエッジ'] = set_combine(sets.precast.WS,{})
となります。
失敗例:魔法毎に装備を設定しようとした場合。
    sets.midcast['回復魔法'] = {left_ring="レベッチェリング",}
    sets.midcast.Cure = {}
['回復魔法']といった魔法分類よりもSpellmapのCureの方が優先されます。そのためCureが着替えを指定していないのでケアルは着替えを行いません。
Cureに分類されていない回復魔法の場合は問題なく着替えます。

着替えてくれません耳、指で同じアイテムを使いたい場合

装備したいアイテムを別々のワードローブに入れて、以下のような記述にするのが確実です。
left_ring={ name="女王の指輪+1", augments={略}, bag="Wardrobe 2"}, --ワードローブ2の女王の指輪+1を装備する
right_ring={ name="女王の指輪+1", augments={略}, bag="Wardrobe 3"}, --ワードローブ3の女王の指輪+1を装備する

着替えてくれませんぞご獣の一部の履行で着替えてくれない場合

Noctでは一部の履行に独自のIDが振られており、それらの履行を実行しようとしているということをGearSwapが認識できず、着替えが行われません。*1
強引な手段となりますが、Windowerのリソースファイルの一つ monster_abilities.lua に以下の定義情報を追加することで、GearSwapが履行を認識できるようになり着替えが行われるようになります。
    [1343] = {id=1343,en="Heavenward Howl",ja="ヘヴンズハウル"},
    [1344] = {id=1344,en="Soothing Ruby",ja="ルビーの安らぎ"},
    [1345] = {id=1345,en="Pacifying Ruby",ja="ルビーの贖罪"},
    [1346] = {id=1346,en="Regal Gash",ja="リーガルガッシュ"},
    [1399] = {id=1399,en="Reraise II",ja="リレイズII"},
    [1400] = {id=1400,en="Diamond Storm",ja="ダイヤモンドストーム"},
    [1402] = {id=1402,en="Crystal Blessing",ja="クリスタルブレシング"},
    [1739] = {id=1739,en="Inferno Howl",ja="灼熱の咆哮"},
    [1740] = {id=1740,en="Conflag Strike",ja="コンフラグストライク"},
    [1750] = {id=1750,en="Fleet Wind",ja="真空の具足"},
    [1751] = {id=1751,en="Hastega II",ja="ヘイスガII"},
    [1763] = {id=1763,en="Earthen Armor",ja="大地の鎧"},
    [1764] = {id=1764,en="Crag Throw",ja="クラッグスロー"},
    [1776] = {id=1776,en="Shock Squall",ja="スタンガ"},
    [1777] = {id=1777,en="Volt Strike",ja="ボルトストライク"},
    [1901] = {id=1901,en="Tidal Roar",ja="タイダルロア"},
    [1902] = {id=1902,en="Soothing Current",ja="スージングカレント"},
    [2595] = {id=2595,en="Pavor Nocturnus",ja="パボルノクターナス"},
    [2596] = {id=2596,en="Blindside",ja="ブラインドサイド"},
    [3508] = {id=3508,en="Roundhouse",ja="ラウンドハウス"},
    [3509] = {id=3509,en="Katabatic Blades",ja="疾風の刃"},
    [3510] = {id=3510,en="Chinook",ja="シヌーク"},
    [3573] = {id=3573,en="Wind's Blessing",ja="風の守り"},
    [3574] = {id=3574,en="Welt",ja="ウェルト"},
上記をコピーして、Windower4フォルダ内の res/monster_abilities.lua のファイル上部の以下の箇所(「return {」の直後)にペーストして保存します。
-- Automatically generated file: Monster Abilities

return {
    -- ** ここに貼り付け **
    [257] = {id=257,en="Foot Kick",ja="フットキック"},
    [258] = {id=258,en="Dust Cloud",ja="土煙"},
...(以下略)...
書き換えた結果の monster_abilities.lua は以下のようになります。(ID順に並んでいる必要はありません。)
-- Automatically generated file: Monster Abilities

return {
    [1343] = {id=1343,en="Heavenward Howl",ja="ヘヴンズハウル"},
    [1344] = {id=1344,en="Soothing Ruby",ja="ルビーの安らぎ"},
...(中略)...
    [3574] = {id=3574,en="Welt",ja="ウェルト"},
    [257] = {id=257,en="Foot Kick",ja="フットキック"},
    [258] = {id=258,en="Dust Cloud",ja="土煙"},
...(以下略)...
書き換えたあとはGearSwapをリロードしてください。(gs reloadではなくlua r gearswapでアドオン自体をリロード)
なお、Windower4がアップデートされるたびに monster_abilities.lua は追記前の標準の状態に戻ってしまうため、この方法で対処する場合はアップデートのたびに上記の追記作業が必要になります。


応用編:記述を追加してより快適な動作へ

青魔法の着替えを追加したいです

    sets.midcast['青魔法'] = {
        left_ear={ name="王将の耳飾り", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
        right_ear={ name="ソシアリアスピアス", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
        left_ring={ name="女王の指輪+1", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
        right_ring={ name="女王の指輪+1", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
    }
※System: 1 ID: 131 Val: 7は魔攻・魔命+8のオグメです。

この記述で青魔法を唱えた際に着替えは完了します。
ただしこの場合はシンカードリル(物理系)、サイレントストーム(魔法系)、マジックフルーツ(回復系)、金剛身(補助系)を区別することが出来ず全て同じ装備に着替えてしまいます。
そこで以下のように記述を追加します。
    --物理系青魔法
    sets.midcast.BluePhysical = {
        head="ヴォルトキャップ",
        body="ヴォルトジュポン",
        hands="ヴォルトブレーサー",
        legs="ヴォルトホーズ",
        feet="ヴォルトブーツ",
        waist="チャークベルト",
    }

    --魔法系青魔法
    sets.midcast.BlueMagical =	{
        left_ear={ name="王将の耳飾り", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
        right_ear={ name="ソシアリアスピアス", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
        left_ring={ name="女王の指輪+1", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
        right_ring={ name="女王の指輪+1", augments={'System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7','System: 1 ID: 131 Val: 7',}},
    }

    --回復系青魔法
    sets.midcast.BlueHealing = {
        right_ring={ name="レベッチェリング", augments={'"Cure" potency +3%','"Cure" potency +3%','"Cure" potency +3%','"Cure" potency +3%',}},
    }

    --補助系青魔法
    sets.midcast.BlueBuff ={
        right_ring={ name="スティキニリング+1", augments={'Blue Magic skill +4','Blue Magic skill +4','Blue Magic skill +4','Blue Magic skill +4',}},	
    }
シンカードリルはトレハン装備に、サイレントストームは魔攻装備に、マジックフルーツはケアル強化装備に、金剛身はスキル特化装備に着替えることが出来ました。
どの魔法が何に分類されているかはMote-Mappings.luaを確認してください。

オートアタック中の装備セットを攻撃重視と守備重視で2種類用意したいです

.献腑嵬_gear.luaに以下のように記述を追加して装備を設定します。
 --普段のオートアタック中の装備セット(攻撃重視)
    sets.engaged = {
        head="ヴォルトティアラ",
        body="ヴォルトハーネス",
        hands="ヴォルトミトン",
        legs="ヴォルトタイツ",
        feet="ヴォルトスパッツ",
        left_ring="王将の指輪",
    }

 --切り替えたいオートアタック中の装備セット(守備重視)
    sets.engaged.Acc = {
        head="ヴォルトサラド",
        body="ヴォルトオーベール",
        hands="ヴォルトムフル",
        legs="ヴォルトブレエット",
        feet="ヴォルトソルレ",
        left_ring="守りの指輪",
    }	
sets.engaged.Accは必ずsets.engagedの後に記述してください。

//gs c cycle offensemode(マクロにする場合は/console gs c cycle offensemode)と入力します。

8什澆offensemodeがログに出力されます。
これでオートアタック中の装備セットの切り替えが完了となります。
 //gs c set offensemode Acc や //gs c set offensemode Normal のように直接切り替える事もできます。

アイテム使用時の装備を設定したいです

 --装備を設定する必要はありませんが記述してください。
    sets.precast.Item = {}

 --聖水使用時の装備セット
    sets.precast.Item['聖水'] = {
        left_ring="ブレンモドリング",
        right_ring="ブレンモドリング",
    }

 --つるはし使用時の装備セット。草刈鎌・まさかり使用時も同じ装備セットに着替えを行います。
    sets.precast.Item['つるはし'] = {
        body="フィールドチュニカ",
        hands="フィールドグローブ",
        legs="フィールドホーズ",
        feet="フィールドブーツ",
        neck="フィールドトルク",
    }
    sets.precast.Item['草刈鎌'] =sets.precast.Item['つるはし']
    sets.precast.Item['まさかり'] =sets.precast.Item['つるはし']
sets.precast.Item = {}に装備を指定する必要はありませんが、必ず記述してください。
アイテム欄からの使用では着替えを行いません。チャット欄かマクロからアイテムを使用してください。

もっと細かく装備を設定したいという人はジョブ名.lua、Mote-Globals.lua、Mote-Include.luaの中を見てみるとなんとなくわかるかもしれません。
Moteについて解説したブログもありますので、更に理解を深めたい人は探してみてください。

このページへのコメント

ストライではミッドキャストの装備変更が上手くいくのですがストライ2ではミッドキャストが動きません

0
Posted by 赤間 2024年04月05日(金) 17:34:02 返信

大変参考になります。ありがとうございます。
さて、二箇所ほど質問です。
ソーティ中の通常装備のナイト胴をエンピからアダマンアーマーに変更したい場合、エリアで変更するようにすればいいかな?と思いました。

また学者の強化魔法において令狸無しテルキネ、令狸中にアバテル手にて強化したい場合の記述をご教授願えませんでしょうか。

0
Posted by かっつ 2024年02月14日(水) 17:39:59 返信

PLDのセットですが
ファランクスを詠唱するとプレキャストが一瞬で
流れてしまいすぐにミッドキャストに移行してしまいます、プレキャストが詠唱中断装備込みなので詠唱を中断されてしまうのですがドコが間違っているのでしょうか?よろしくお願いします。

1
Posted by 名無し(ID:VDvyyrZsuA) 2024年02月01日(木) 19:56:59 返信数(1) 返信

魔法使用時のGearSwapの基本的な動作は、 魔法使用操作 → precast → 詠唱開始 → midcast → 詠唱中 → 詠唱完了 → aftercast で、
"すぐにミッドキャストに移行"するのは通常の動作です。"詠唱完了直前に着替える"というのはGearSwapではできません。
midcastのセットにも詠唱中断防止装備を入れるのがよいかと思われます。

2
Posted by 名無し(ID:2zXXnfQZhg) 2024年02月02日(金) 08:21:01

青で質問です。
サンプルから、sets.midcast.BlueMagicalから装備を定義して、テネブラルクラッシュを打つときは、(妖蟲の髪飾り+1)を装備するように、
sets.midcast.BlueMagical['テネブラルクラッシュ'] = set_combine(sets.midcast.BlueMagical, {head="妖蟲の髪飾り+1",})
と、記述したのですが、エラーは出ないものの、showswapsでみると反映されていません。正しい記述があればご教授ください

0
Posted by 名無し(ID:RAgz+JAPlw) 2023年11月16日(木) 13:23:01 返信数(3) 返信

分類はわかりました。それでももっと細かく設定したいんですが
の項目を再度確認してください。

0
Posted by 名無し(ID:Jli91JD2ZQ) 2023年11月16日(木) 15:52:31

分類はわかりました。それでももっと細かく設定したいんですが
の項目を再度確認してください。

0
Posted by 名無し(ID:Jli91JD2ZQ) 2023年11月16日(木) 15:55:23

sets.midcast['テネブラルクラッシュ'] = set_combine(sets.precast.WS, {head="妖蟲の髪飾り+1",})

こうですね。

0
Posted by 名無し(ID:lFW0qpGA3Q) 2023年12月13日(水) 18:10:50

初めましてGearSwap解説大変参考になりありがとうございます。

下記のご質問なのですが
忍者で空蝉の術:壱を使うとエラーログ?で
【invalid number of method arguments expected 1 got2】と表示されるのですが、対処方は御座いますでしょうか
一応初期状態にしても同じログが流れてしまいます。

0
Posted by ナナコ 2023年11月09日(木) 20:44:21 返信数(2) 返信

空蝉の術:壱を詠唱した際に分身が残っていれば自動で解除する処理が悪さをしていたようです。
現在は分身が3以下の状態で空蝉の術:壱の詠唱が完了すると分身3に上書きされるようなのでこの処理そのものを削除しました。
サンプルを更新してください。

0
Posted by 名無し(ID:Jli91JD2ZQ) 2023年11月10日(金) 02:16:47

早速のご対応頂き誠にありがとうございます。
大変助かりました
自分で直せるように頑張りたいです^^

0
Posted by ナナコ 2023年11月10日(金) 13:54:18

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!