デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品ガンダムビルドダイバーズ
形式番号GN-0000DVR/S(OPR-027は空白)
頭頂高18.3m(OPR-027は空白)
本体重量72.4t(OPR-027は空白)
武装ビームライフル、ビームサーベル、バスターソード、ロングライフル
スカイドライユニット(スカイドライユニットの誤表記。OA5弾Mで修正)
スカイブレイサー、スカイレガース
(OPR-027は空白)
専用機パイロットリク
リク&サラ

OA3弾P・OA3-047

証言タイトルダイバーは『スカイ』に
内容「新型ガンプラというよりはダブルオーダイバーエースをベースにしたスーパーカスタムと言ったところか。
リク君はよほどダブルオーダイバーに愛着があるんだろう、彼にとってかけがえのない相棒なんだね。
そういう想いは確実にGBNのプレイに反映される。
いや、隠しステータスとかそういうのじゃなく……
なんだろう、GBNは本当に心が伝わるゲームなんだよ」
インタビュー人物武者姿のダイバー
備考

OA5弾M・OA5-039

証言タイトルGBNを『ビルド』する
内容「ダブルオースカイは、いまのGBNじゃ知らないダイバーなんていないほどの有名なガンプラだよ。
全てのダイバーを助けるために、全てのダイバーを相手にしてバトルするなんて……
普通じゃ考えられないよね。
でも、GBNにはエンディングなんてなくて1人1人のダイバーの力で未来をビルドするゲームだってことを教えてくれた大事な存在さ!」
インタビュー人物鉄華団の制服姿のダイバー
備考???このダブルオースカイで全て(の古い考え)を破壊して、新しい時代(GBN)を始めるッ!」をやってのける事となった。
>全てのダイバーを助けるため
助けられなかった人も居た模様。
ちなみに作品の版権の関係上、証言者及びダイバールックは映像作品にはこの時点では登場不可能。

DW2弾ヴァリアブルP・DW2-043

証言タイトルその『傷』は
内容「ダブルオースカイの胸のクリアパーツをよく見ると、ダブルオーダイバーエースの時に受けた傷をそのまま残してあるんだ
僕達からすれば、ダブルオーダイバーエースとダブルオースカイは別のガンプラだけど……
リク君にとっては全く同じ存在なんだと思うし、その傷も彼にとって忘れてはならないバトルで受けた特別な傷なんだろうね」
インタビュー人物08小隊の制服姿のダイバー
備考ガンダムダブルオーダイバーからヴァリアブル。
使い手からすれば交換前の機体と交換後の機体も同一機と考える者繋がりというチョイスはこの弾のPARAの共通点(間の1機は除く)といえ、粋な計らいと言えそうだ。

DW2弾PARA・DW2-099

証言タイトルその『気持ち』は
内容バトルに勝ったときの嬉しい気持ち、負けたときの悔しい気持ちを感じているのはだけじゃなくて……
一緒に戦ったガンプラもそうなんじゃないかって、
GPDで壊れてしまったダブルオーダイバーエース見た時に気付いたんです。
これからはダブルオースカイと一緒に……
GBNを心から楽しみたいですね!
インタビュー人物リク
備考ガンダムダブルオーダイバーからヴァリアブル。
リクの一人称は「俺」である。

DW5弾M・DW5-035

証言タイトル魂『と』魂
内容「GBNのログで観戦したんだ、ダブルオースカイとGP−羅刹のバトルを。
ここまで色んな名勝負を見てきたけど、あそこまでダイバー同士の魂がまともにぶつかり合ったガンプラバトルはそうそうないよ。
僕も自分達の力をあれだけ引き出し合える良いライバルと出会ってみたいね」
インタビュー人物戦士姿のダイバー
備考サラを捜すリク空気を読まずにまた辻斬りをしてきたオーガとのバトルから。
バトルのログはやはり映像だけでは、中のダイバーの心境までは汲み取れない模様(その最たる物が「完璧なあなた」であろう)。

OPR-027

証言タイトル陸海『空』?
内容「あ、そうだ!
ダブルオーダイバーがGBNにより深く『潜る』ガンプラなら、今度のダブルオースカイはGBNでより高く飛ぶ!ガンプラという意味で名付けたのかな?
ダイバーネームもリク君って、『陸』の意味からきてるんなら……
陸海空で上手くできすぎだよね〜!」
インタビュー人物地球連邦軍服姿のダイバー
備考

編集にはIDが必要です