デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。


機体解説

出典作品機動戦士ガンダム
形式番号MSM-07S
頭頂高18.4m
本体重量65.1t
武装アイアン・ネイル、240mmロケット・ランチャー、メガ粒子砲
専用機パイロットシャア・アズナブル
キャスバル・レム・ダイクン(5弾先行〜)
シャア・アズナブル(CCAバージョン)(6弾〜)
シャア・アズナブル(ORIGIN)(BG3弾〜)
シャア・アズナブル(ORIGIN・開戦前)?(鉄華繚乱3弾〜)
キャスバル・レム・ダイクン(ギレンの野望)?(VS1弾〜)
解説シャアのパーソナルカラーに塗り替えられた、水陸両用機ズゴックのハイスペックバージョン。
本館

5弾P・05-014

証言タイトル「金属の塊を貫く『技』」
内容「いくら鋭利な爪だとしても、チタニウム合金で覆われた装甲、しかも機体ごと貫通させるなんて芸当は普通は不可能だ。
だが、赤い彗星はあっけなくやって見せた。
攻撃のスピード、タイミング、ポイントの全てを完璧に計算し……
やられた仲間には申し訳ないが、記録映像を見たときは称賛に近い感情を抱いてしまったよ」
インタビュー人物連邦軍パイロット
備考裏面の本編画像より、ジムを一撃で撃破しシャアの復活を告げるシーンから。

5弾R・05-015

証言タイトル-
内容「大佐のズゴックは、S型と呼ばれる指揮官仕様機なんです。
機動性能の強化などをはじめとした総合的な性能向上が図られていますが、なによりも連邦を恐れさせる要素は、この赤いボディカラーでしょうな!」
インタビュー人物ジオン軍技術者
備考シャア機を含めたズゴックのS型の一般機との相違点は爪が4本あるところ(3本で処理されているところも多いが)。
流石の水泳部に角を付けるのは無理があるだろうか。

5弾C・05-016

証言タイトル-
内容「連邦の本拠地ジャブローを勝手知ったる我が庭のように駆け、近づく敵機を撫でるように撃破していく。
赤いズゴックの活躍は、地球に籠もった連邦軍上層部の将たちに、宇宙の噂でしかなかった『赤い彗星』の現実をまざまざと見せつけたのである」
インタビュー人物民間ジャーナリスト
備考

6弾R・06-027

証言タイトル-
内容「水陸両用という特性ゆえに仕方ないのかもしれませんが、大佐向けにカスタマイズされた赤い専用機の中でも、ズゴックの出撃回数ははるかに少なかったんです。
ですが、機体の知名度はきわめて高い。それだけインパクトがあったということでしょう」
インタビュー人物ジオン軍兵士
備考

6弾C・06-028

証言タイトル-
内容「わたくしカニにたいそう目がありませんで……
ジオンのジャブロー攻撃のおりには、あの赤いモビルスーツの腕ばかりに目が行っていました。
不謹慎を承知で申し上げれば……
その……すごく身が詰まっていておいしそうだな、と」
インタビュー人物連邦軍士官
備考ネタ証言。
その後ズゴックとうふは実際に発売されたが同機の胴体部分であった。

Z1弾R・Z1-026

証言タイトル水を「得た」ズゴック
内容「当時の「赤い彗星」は水中戦の経験があったわけじゃないんだろう?
海を赤く染める……
ってのは言い過ぎかもしれんが、それほどまでに縦横無尽な機動をしていたんだ、あの赤いズゴックはね」
インタビュー人物元連邦海軍の兵士
備考赤い彗星セレクションより

B4弾R・B4-004

証言タイトル「赤が成立する『場所』」
内容「シャア専用モビルスーツでよく言われる、戦場に全身真っ赤のモビルスーツは目立ちすぎて……という意見。
ええ、確かにそうでしょう、そこはわたくしも異論ございません。
ですがこのズゴックに関してだけは、理にかなっているんですよ。
なぜならホラ、海中にはカニとかエビとか、赤い生き物が普通にいるじゃないですか?」
インタビュー人物ジオン公国軍の兵士
備考後のアプサラスII(B)である。
一方ガンダムさんではアカハナに「馬鹿じゃねーの」とコケにされていた。

BG2弾M・BG2-002(未)

鉄血の6弾C・TK6-002

証言タイトル「技が成した『術』」
内容「確かにアイアン・ネイルは合金製だが、相手だって合金製の装甲だ。
攻撃のスピード、タイミング、狙いどころの全てがうまく噛み合わないと、大佐がやってのけたような芸当はとても無理だろう。
連邦の連中も驚いたんじゃないか?
あれはモビルスーツの性能だけじゃない、パイロットの技量があってこそだ」
インタビュー人物ジオン公国軍のパイロット
備考

VS1弾C・VS1-003(未)

OA6弾R・OA6-001

証言タイトル「『持てず』とも」
内容「武器を持つことのできない腕・・・・そこまで割り切った設計にしてあるのは、そうできるだけの勝算があるということだ。ジオンの水陸両用機の新型には、赤い色のものも確認されたと聞くが・・・・それが赤い彗星の機体だとしたら、かなり厄介な奴が地球に降りてきちまったもんだな?」
インタビュー人物地球連邦軍の兵士
備考

PR-106

証言タイトル
内容「宇宙でいい腕をしているからって、地球で通用するかといえばそうじゃない。
ここじゃ重力ってやつが下から足を引っぱるし、水中なんてのは水圧が上から重くのしかかってくるのさ。
それぞれの場所に合った戦い方があるんだよ、わかったかい?」
インタビュー人物
備考

編集にはIDが必要です