VRChatでのケモノコミュニティ KemonoClub のWikiです。VRChatでケモノになるためのHowTo、ケモノアバターの紹介。イベントやコミュニティの情報を紹介しております。

VRChatが重いと感じたら

VRChatは個々人が作成したコンテンツを使用しているため最適化が行われておらず、また開発段階のサービスなので、一般的なゲームに比べて非常に重く感じる場合があります。その場合以下の設定を行うことでVRChatの負荷をある程度軽減することができます。

VRChatの起動設定を変更する

VRChatをShiftキーを押しながら起動すると、起動オプションが表示されます。Graphics qualityをデスクトップモードなら「DesktopLow」、VRモードなら「VRLow」を選択することによって負荷を軽減することができます。またScreen resolutionを小さい画面解像度に設定するのもかなりの負荷軽減を期待できます。ただし極端に小さな画面解像度(320x200や640x400など)に設定するとデスクトップモードではボタンなどの文字が潰れてプレイに支障が出る可能性があるので注意しましょう。設定は一度行えば次回以降はその設定で起動するようになります。

フレンド以外のユーザーをブロックアバター表示にする

人数が多いPublicインスタンスなど、自分のフレンドは少ないが、人数が多く描画負荷が大きい場合に有効な対策です。欠点としてフレンド以外のユーザーを外見で判断することができなくなってしまいます。メニューの「SYSTEM」から「Comfort and Safety」の項目にある「BLOCK AVATARS BY DEFAULT」にチェックを入れると、フレンドでないユーザーが半透明の白いマネキン風モデルに変更されます。フレンドのアバターは変更されないので、フレンドしかいないワールドでは効果はありません。

ネームプレートを非表示にする

他プレイヤーのアバターの上に表示されるネームプレートは人数が多くなってくると大きな描画負荷となります。キーボードショートカット「Ctrl+N」やメニューから「Toggle Nameplates」で非表示と表示を切り替えることができます。

人の少ないインスタンスに行くか、Friend+で人数を制限したインスタンスを建てる

どうしても参加者が多いとローディング地獄になってしまうので人数上限が少ないワールドやフレンドのみ入れるインスタンスを立てて対応しましょう。

【VR限定】スーパーサンプリング(内部解像度)の値を小さくする

シフト押しながらSteamVRを起動すると設定画面が出てくるので、アプリケーションタブの"Select a SteamVR Application for Per-Apprication Setting"の下のプルダウンからVRChatを選択し、100%のツマミを下げれば画質が荒くなりますが、描写による遅延が起きにくくなります。

【VR限定】VRメニューを表示させる

VRメニューが表示されている間は動けませんが、メニューの背景として周囲の風景が低解像度で表示されるため、動作が軽くなることがあります。

関連する内容の外部リンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メンバーのみ編集できます