英語の運用能力を高めるための学習事典です。

「be動詞の代わりに使ってもいい動詞」とは、言い換えれば「SVCの文型をとる動詞」ということです。つまりはbe動詞の仲間ということですから、わからなくなったら、be動詞に置き換えてみればいい。そして、S=Cが成り立つかどうかを検討してみましょう。

This plan sounds good.
He remains silent.

,任蓮◆This plan(この計画)=good(良い)」という関係が成り立ちそうです。soundの意味としては「〜のように聞こえる」「〜であるように響く」ということです。

△任癲◆He(彼)=silent(静か)」という関係が成り立ちそうです。訳す場合は、ここにremainの意味を加えて「静かなまま」「黙ったまま」とすればいいでしょう。

これらは、be動詞ではありませんが、働きとしてはbe動詞に似ていて、それにニュアンスを付加していると考えればよいのです。

seem(〜に見える) look(〜に見える) appear(〜に見える) sound(〜に聞こえる) feel(〜の感じがする) taste(〜の味がする) smell(〜のにおいがする) prove(〜とわかる) turn out(〜とわかる) become(〜になる) get(〜になる) grow(〜になる) turn/come(〜になる)
  • He has turned Chiristian.?
go(〜になる)
run(〜になる)
fall(〜になる)
remain(〜のまま) keep(〜のまま) stay(〜のままでいる) lie(〜の状態のままである)
  • Your father lies ill in bed?

これらの動詞・be動詞をフィーリング形容詞(感情をあらわす形容詞)と結びつけることによって、豊かなフィーリング表現をあらわすことができます。

このページへのコメント

>be動詞に置き換えてみればいい。そして、S=Cが成り立つかどうかを検討してみましょう。‥せっかくの記事が「S=C」という表現で分からなくなってしまう。主語Sと補語Cがイコール(同じ)ってどういうこと?となってしまう。「S=C」というのは、「S is C」または、「SはCである」という意味でしょうか?「=」の意味をハッキリさせないとスッキリと理解できません。

3
Posted by Shunji 2019年02月22日(金) 10:39:51 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です