日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

禅宗寺院に於ける七堂伽藍の一つ。本来は、東序の僧のトイレを東司・東浄と称し、西序の僧のトイレを西司・西浄と称したが、後に名称が東司に統一された。他にも、圊や廁とも表記する。

【内容】

日本曹洞宗では、東司は僧堂浴室とともに三黙道場の一つとなっている。そこで、東司での作法については、道元禅師の『正法眼蔵』「洗浄」巻が、現在までも大きな影響を与えている。なお、【定義】では禅宗寺院のトイレに様々な呼称があることを指摘したが、すでに道元禅師は「東司」で統一していることが確認できる。
寺舎に居してよりこのかたは、その屋(=トイレの施設)を起立せり、これを東司と称す。 「洗浄」巻、傍線管理人

また、道元禅師はこのトイレの作法こそが仏々祖々が伝えてきた威儀であり、作法に従ってトイレを行うことも、重要な修行であるとしている。
しかあればすなはち、仏道場に廁屋あり。仏廁屋裏の威儀は洗浄なり、祖祖相伝しきたれり。仏儀のなほのこれる、慕古の慶快なり、あひがたきにあへるなり。 「洗浄」巻

そして、東司はまさにインド以来の様式によって建立されるべきであるとして、以下のような提言をしている。
摩訶僧祗律第三十四に云く「廁屋は東に在き、北に在くことを得ざれ、応に南に在いて、西に在くべし。小行も亦た是の如し」と。この方宜によるべし。これ西天竺国の諸精舎の図なり、如来現在の建立なり。しるべし、一仏の仏儀のみにあらず、七仏の道場なり、精舎なり、諸仏道場なり、精舎なり。はじめたるにあらず、諸仏の威儀なり。これらをあきらめざらんよりさきは、寺院を草創し、仏法を修行せん、あやまりはおほく、仏威儀そなはらず、仏菩提いまだ現前せざらん。もし道場を建立し、寺院を草創せんには、仏祖正伝の法儀によるべし。 「洗浄」巻

やや漢文の読み方で見解が分かれるところではある。要するに、東と北に置いてはならないのか、それとも道元禅師が読んだように、北だけが置けないのかという問題である。ただ「東司」と称することからも、北だけが置けないという見解であろう。

また「東司の威儀が具わらなければ、仏の悟りも現前しない」という見解はトイレの作法を確立するのに並々ならない想いがあることを理解すべきである。そして、当時の永平寺ではこの様式にしたがって構築されたものと拝察される。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます