エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

NARACO PRI KATAKLISMO 大災害についてのお話


Ye la sundio 26ma di decembro 1999 matine, ye 8 kloki 15 cirkume, me probis funcionigar la televizionilo di mea matro (me sejornis che elu en sud-Francia dum la yarfino-festi), nam me intencis kaptar la duesma televizional kanalo Franca por spektar l’emiso : « Voix Bouddhistes » (Voci Buddhista) eventonta ye 8 kl. 30.
1999年12月26日日曜日の朝8時ころ、私は母のテレビのチャンネル合わせをしていましたー実は、年末祝日期間、南フランスにある母さんの家に滞在していたのですー。8時30分からの番組「仏教徒の声」を見るために、フランス・テレビ第2チャンネルを設定しようとしていたのですが。
Esis neposibla kaptar la duesma kanalo, nek la unesma, nek la triesma. Me kredis ke subite la televizionilo di mea matro funcionas male, ma me sucesis kaptar la kinesma e la sisesma kanali.
2チャンネルも、1チャンネルも、3チャンネルもダメでした。母さんのテレビが突然の故障かと思いきや、5チャンネル、6チャンネルは大丈夫でした。
Regretinde oli esis tote ne-interesiva. Lore mea matro dicis : - « Forsan esis tempesto en Paris, icanokte esis kelketa vento hike. »
残念なことに、そいつらは全く面白くありません。母さんが言うには、「たぶん、パリで嵐があったのよ。昨夜はここでも少し、風があったわ」


Ye non kloki, ni askoltis che la radiofono la singlahora informi. Mea matro esis justa, ma eventis ne nur tempesto en nord-Francia ma tempestego e mem ciklono qua domajis multa domi ed imobli ed abatis multega arbori, ed ico esis granda katastrofo por la foresti.
9時に、ラジオで定時のニュースを聞きました。母さんは正しかったけれど、北フランスでは、嵐だけでなく、大嵐や多くの家屋や土木施設に被害をもたらし樹木をなぎ倒すサイクロンさえも発生したのです。
Lore mea matro expresis su ke me esas fortunoza trovesar en sud-Francia e tale evitir travivar tala kataklismo.
私が幸いにして南フランスに滞在していて、このように災害を避けて生き延びたと、この時、母さんはホッとしていました。
Me quik telefonis a konocati e vicini en mea hemurbo ed omni esis tre chagrenita pro la tre mala nokto quan li travivabis. Omnube esis domi kun domajita tekti e bela faligita arbori.
すぐに私は居住地の知人や隣人たちに電話をしたところ、やり過ごしたひどい夜のせいで、みんなとても苛立っていました。
Aflikto, tristeso e trauro ye kelka dii ante la ceremonio dil iro en la yaro 2000.
2000年の門出の数日前は、苦悩と悲しみと悲嘆でした。


Dum la sequanta dio, t.e. ye la 27ma di decembro, le « mass-media » informis ni, ke lor la venonta nokto sud-Francia suafoye esos frapita dal ciklono.
次の日、つまり12月27日には、今度は南フランスでも夜、サイクロンに叩かれるだろうと、マスコミは報道していました。
Komence me kredis ke esas mala joko di la nord-Franca meteorologiisti qui esas jaluza pro ke ni esis indulgata da la katastrofo.
私たちが大災害から逃れたので嫉妬している北フランスの気象学者たちの悪いジョークかと、私は最初、思っていました。
Ma la informili insistis ed asertis ke quik kande suflos la vento, ni ne plus darfos ekirar sub irga pretexto.
しかし、風が吹いたらすぐにどんな理由にせよ外出するなと、報道は力説、主張していたのでした。
Vespere, ye cirkum 20 kloki, la vento komencis suflar e nia katino Pimpinela divenis angoroza, me quietigis el, ma me timeskis pri Maiza la katino di mea onklino, nam dum voyajo di elua mastrino a sua seniora filiino, la kompatinda bestio duris esar sola, nutrata da vicini, da mea matro e da me.
夜20時ごろ、風が吹き始めて、我らのメス猫・ピンピネラが騒ぎ出したので、私は落ち着かせましたが、叔母の(ペットの)メス猫・マイザのことが心配になりました。だって、叔母とその娘は旅行中なので、可哀想なマイザは、隣人たちや私や母さんから餌をもらっていたものの、ずっと一人(一匹)のままだったからです。
Certe, el havis gardeno e varma hemo en elua dispono, ma me timis ke forsan elu fugabis pro pavoro e povis ocidesar da falanta arboro. Ye la morga matino, la elektro funcionis bone e ni povis askoltar la trista informi pri simila katastrofo ad olta di nord-Francia.
確かに、マイザには自由気ままに過ごせる庭や温かい家がありましたが、不安のあまり逃げだしたり、倒れた樹木で死んでしまうこともあるのではないかと心配になりました。翌日の朝、電気が通じたので、北フランスと同じような大災害についての悲しいニュースを聞くことが出来ました。
Tamen, en la gardeno di mea onklino, opoze a nia domo, trovesis grand abieto qua pluduris stacar, perdinte nur kelka branchi.
しかし、私たちの家の向かい側にあった叔母の庭には、何本かの枝はなくなったものの、あの立派で、これまでもずっと立ち続けていた樅の木が残っていました。
Employati dil urbodomo ja venis a nia quartero por deprenar falinta branchi e rezidui.
町役場の職員たちが、落下した枝や瓦礫を片付けるために、私たちの地区にもやって来ました。
Pos la dejuneto, me eniris la gardeno di mea onklino ed apertis la pordo dil gareyo kelkete tremante e yen quala joyo!
朝食の後で、私は叔母の庭に入って、少し震えながらガレージのドアを開けると、なんと、嬉しいことに!
Maiza adkuris me gaye, me karezis ed igis manjar el dum ke el grondetis plezure.
マイザが喜んで私に駆け寄ってきました。マイザが喜んで喉をゴロゴロ鳴らす間、私は愛撫して、食べさせてやりました。


En nia mikra angulo, omno esis en ordino : gardeno indulgata, katini sana, elektro, kalorizo e televizionilo funcionanta bone, ma ne esis sama altraloke.
私たちの小さな家では、すべてのもの、被害を受けた庭、健康なメス猫、電気、万全な暖房とテレビがきちんと戻ったけれど、他の場所では、そうではありせんでした。
Esis domi qui perdis multa teguli, e nefora vicini qui ploris pri lia extirpata ed abatita arbori. En nia lando esis cirkume cent mortinta personi.
屋根のなくなった家屋や、根こそぎなくなった樹木について涙する弱々しい隣人たちがいました。私たちの国では、約100名がなくなりました。
Onu darfas dicar ke esis quaze « Blitzkrieg »-milito qua frapabus Francia e trauro-atmosfero extensesis a la tota lando dum plura semani.
まるでフランスを攻撃した『電撃戦』のようだったし、悲惨な雰囲気は数週間の間、フランス全土に拡大していったと、言われています。
Onu obliviis lo, nur dum kelka hori lor la ceremonii dil iro en la yaro 2000.
2000年の門出の時、数時間だけは、そのことは忘れられていました。
Til ye la 15ma di januaro cirkume, esis homi qui indijis elektro e kalorizo e koaktesis vivar quale dum la yaro 1900 vice la yaro 2000.
1月15日ころまで、電気や暖房のない人たちもいましたし、2000年ではなく1900年に生活するように強いられた人たちもいたのです。
Segun historiala memoro, tala katastrofo nulatempe eventabis en Francia antee, e nun onu audacas parolar serioze pri la devastanta rezultaji dil teplico-efiko.
歴史的な記憶によってもフランスではそれ以前に、そのような大災害が発生したことはありませんでしたし、現在は温室効果の荒廃結果について真剣に語る人もいます。
Tamen, stranje, la unesma ciklono havis loko preske exakte en la zono dil totala sun-eklipso di la pasinta yaro.
しかし、奇妙なことに、サイクロン1号は昨年の皆既日食の地域に、ほとんど正確に当てはまっていました。
Ka la anciena astrologiisti esis tante fola?
昔の占星術師たちは、そんなに気が狂っていたのだろうか?

{註} fola には勿論、狂っているとゆう意味がありますが、愚かであるとゆう意味もあります。
昔の占星術師たちは、現代人が思っている程(tante)、そんなに愚かだったのだろうか?
いや、意外に自然界の諸現象を正確に言い当てていたのではないだろうか?どうでしょう?
{ベブソンの独り言}
カノ、アドルフ・ヒットラーも作戦計画の多くをお抱えの占星術師に頼っていたとも言われております。
どんなに強そうに見えている人間も、深い所では、その心は弱いモノです。これを克服しようと頑張った
のが日本武士道です。そしてかなりの部分に於いて成功しております。日本人って凄いんです。
ベブソンは日本思想が人々の幸せの為にイド語を通して世界に広まるのを願っております。
(Artiklo da J. Martignon publikigita en Letro Internaciona n° 1/2000)
(「国際通信」2000年1月号に公開されたJ・マルティニョンによる記事)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ボーフロンの練習帳

練習帳

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます