エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

ボーフロンの練習帳 (EXERCARO da L.de BEAUFRONT (1924))

学習者に対する助言(Konsili a la Studianti.)


On povas, mem sen pre-studio di la gramatiko, uzar ica Exercaro, nam en l’unesma pagini ni separis l’elementi kompozanta di la vorti.
この初めての本では、単語の合成成分を分けて(記述して)いるので、あらかじめ文法を予習しなくても、この「練習帳」を使うことができます。
Tale, per simpla sercho en la lexiki Ido-nacional, on havos la valoro di la parti formacanta, e fine la significo di la tota vorto.
ですから、イド語-民族語辞典の簡単な検索によって、形成する要素の文法的価値や、そして最終的にはその語句の全体的な意味を知ることができます。
Tamen on agos plu saje, se, ante komencar l’exerci, on aquiros kelka konoco gramatikala aparte pri la finali -o, -a, -e, -i, -as, -is, -os, -us, -ez, -ar, -ir,-or, -ant, -int, -ont, -at, -it, -ot.
しかし、練習帳を始める前に、語尾(-o, -a, -e, -i, -as, -is, -os, -us, -ez, -ar, -ir,-or, -ant, -int, -ont, -at, -it, -ot.)についての文法的な知識を得ていたならば、もっと思慮深く、行動できるでしょう。
Per ta procedo on plufaciligos a su la kompreno e la traduko di l’exerci (A la Franci ed a la Italiani ni tre konsilas komencar per “Ido, Petit Manuel” da L. de Beaufront, e “Manualetto della lingua Ido” da P. Lusana, qui esas kompozita precise por preparar a l’Exercaro).
この過程を経て、練習帳を理解しやすくし、翻訳をしやすくするのです。(フランス人とイタリア人に対しては、ルイ・デ・ボーフロン著「Ido, Petit Manuel」と、P・ルサナ著「Manualetto della lingua Ido」を推薦します。これは練習帳の準備のために書かれたものです。)
Ante omno ni dicos: Evitez la hasto: konsiderez tre atencoze mem la maxim mikra detali. La linguo internaciona devas esar extreme facila, e fakte Ido esas tala; ma ica facileso divenas danjero pro la neatencanti.
まず私たちが言いたいことは「中断は避けなさい」「最も詳細なことでさえも、注意深く考えなさい」ということです。この国際言語は、もっとも簡単であるべきなのです。実際のところ、イド語はそうなのですが、その簡易さは、注意深くない人たちにとっては、危険なものになるのです。
Pro ke li komprenas sen esforco nek peno, li erore imaginas, ke la formi e vorti rivenos en lia kapo kun egala facileso, kande li volos parolar o skribar la Linguo internaciona.
彼らは苦労も努力もしないで理解するので、彼らが国際言語を話したり書いたりしたい時に、同じように簡単に、その形や単語が頭に浮かんでくるだろうと、思い込んでいるのです。
Ma, pro ke li ne sate atencis li montras lore, e sentas ipsa, ke li ne posedas bone la linguo.
しかし、十分に注意していないので、この言語(イド語)がよく分かっていないと、示したり、感じたりするのです。
Ido substitucas expresuri justa e logikala a multa idiotismi e stranjaji di nia lingui, pro ke nur l’expresuri justa e logikala povas esar komprenata da omni.
イド語は、正しく論理的な表現法を、私たちの諸言語の多くの慣用語法と奇妙な言い回しと取り替えます。正しく論理的な表現法は、すべての人たちによって理解されるからです。
Ma, se on ne donos ad oli atenco suficanta, on ne aquiros li, ed on transportos en Ido l’expresuri nelogikala e nekomprenebla di la lingui nacional.
しかし、十分な注意を払わないならば、それらを得られないだろうし、また、民族諸言語の非論理的で理解できない表現法をイド語に移行できないでしょう。
L’experienco konsilas la sequanta procedo:
その経験は、次のような手順をアドバイスしています。
1ª Pronuncar laute (se on povas) la vorti di la texti, tre atencante pozar sur la kunvenanta silabo l’acento tonika, qua esas plu-fort-igo di la voco sur ta silabo.
,修硫酸瓩硫酸爾里茲蟠くする強勢アクセントを、該当音節の上に置くとことに注意を払って、(可能ならば)声を出してテキストの単語を発音すること。
Tale la orelo kustumeskos la soni di la linguo, e la vorti penetros e restos plu facile, plu bone en la memorado.
したがって、耳がその言語の音に慣れ、その単語は記憶に染み込み、残りやすくなるだろう。
2ª Skribar la traduko di l’exerci, quin on facos sen ula omiso.
⇔習帳の翻訳を書きなさい、そうすれば一つも漏らすことなく練習できるだろう。
3ª Atinginte la 12ª exerco (ma ne plu frue), on rikonstruktos kun grand avantajo (per la tradukuri quin on facis en sua linguo nacional) la texto di l’Exercaro.
N習12になったら(それより以前ではなく)、便宜的に「練習帳」のテキストを(自らの母国語の翻訳を用いて)再構成します。
Por ica laboro on sequos tre fidele l’ordino di la numeri ed on ne rikonstruktos, me supozas, la 3ª exerco ante la 1ª o la 2ª.
この作業のためには、番号の順序を忠実に従いますが、再構成はしません。練習1,あるいは練習2の前は練習3と、仮定する。
4ª Samtempe on finos tradukar en la linguo nacional la restanta duimo di l’Exercaro; e kande ta traduko esos finita, on rikonstruktos anke en Ido ica duesma parto.
て瓜に、民族語で「練習帳」の残り半分の半分を終了します。その翻訳が終了したら、その第二部をイド語でも翻訳します。
Komparante ta rikonstrukto kun la texto, on facile povos vidar la kulpi facita ed emendar oli.
その再構成したものとテキストを比較すれば、なされた間違いを見つけることができ、修正できます。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

ボーフロンの練習帳

練習帳

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます