西ヨーロッパの小さな国、ルクセンブルク在住の日本人による生活情報まとめです。暮らし・旅行・観光に役立つあれこれ、載せていきます。

2015.06.11より開始

ルクセンブルクに暮らす日本人のために
生活する上で便利な情報などを
まとめておこうと立ち上げたサイトです。

記事内容についてのご指摘ご意見ほか
ルクセンブルクの暮らしについてのご質問や、
在住の皆さまおススメのお店・観光・イベントなど・・・
ルクセンブルク暮らしをより楽しく、便利にする情報があれば
ぜひ掲示板、または記事下部のコメント欄へ、お気軽にお寄せください。

本wikiを管理してくださる方も常時募集中です。
それでは、ご一緒にルクセンブルクを楽しみましょう!

管理人yamaori

このページへのコメント

夫のルクセンブルクに赴任に伴い半年後に帯同することになりました。
自身は退職して帯同するので、何か趣味を…と思い、電子ピアノを日本で購入し持っていけたらと検討中です。
ただ、ルクセンブルクは騒音に厳しいカルチャー(アパートでの夜中のシャワー禁止?)との噂を聞きましたので、そもそも私生活、趣味でのピアノ練習は許容されるものなのか、気になっています。最悪ヘッドホンでサイレントもいいという方法もありますが、小さい子供もいるので音を出して一緒に楽しめたらと思っています。

この点で、なにかご存じなコトがあれば、お話し伺えたら幸いです。よろしくお願いします。

0
Posted by しゅんママ 2018年07月28日(土) 17:22:09 返信数(3) 返信

電化製品についてですが、残念ながら私は日本から持ってこずこちらで購入しています。

こちらに海外赴任している友人たちからうかがった話では、今のところ没収された話はうかがったことはありませんが、変圧器が必要となるものも多いため、やはりあまり電化製品を持ってきていないような雰囲気です。
日本からの引っ越し荷物で聞いたことのあるものでは、ハンディ掃除機、たこ焼き器等の小型家電、あとめずらしいところでは精米機でしょうか。

炊飯器に限定しますと、こちらで購入されているか、日本でCEマークのある炊飯器をお持ちになった方が多いような気がします。ちなみに、私は毎回圧力鍋で炊いております。

しゅんママ様の海外赴任先には前任者がいらっしゃいますでしょうか?もしいらっしゃるようでしたら、炊飯器等の小型家電を前任者から譲っていただくことも一つかと思います。また、引っ越し業者がすでに決まっているようでしたら、事前に問い合わせすることをお勧めいたします。

取り急ぎ、現状でわかる範囲内にはなりますが、また何か情報がありましたら記載するようにしますね。

0
Posted by  msd msd 2018年07月29日(日) 20:48:45

さっそくのご返信ありがとざいます。なかなか情報が見つからず、お話伺えて安心しました!!


ちなみに、渡欧時に持っていきたい電化製品には、CEマークがないと税関等で没収になるリスクがあるとの説明を引っ越しマニュアルで見ましたが、
管理人様が渡欧された当時は何か没収されたものはありましたか??
電子ピアノもそうですが、炊飯器やその他の持っていけたら便利だなと思っているもののほとんどにCEマークが無さそうなので、この点も不安です(^^;

0
Posted by しゅんママ 2018年07月29日(日) 13:43:34

しゅんママ様

はじめまして。

部屋の防音ですね。私も最初そのような噂を聞いて不安でした…。
個人の経験の範囲にはなりますが、特にそのような心配は今の所ありません。現在までに2軒の物件に住んでおり、主人の帰りが遅い時期は22時以降のシャワー使用、また子供が1歳前後だった頃は夜泣きが頻繁にありましたが、特にトラブルになったことはありません。(話は逸れますが、特に子供関連は生活音も含め、日本と比較するとかなり寛容です。)

全体的に防音がしっかりしているので、隣人の生活音が聞こえることはさほどありません。もちろん物件によるかとは思いますが…。ただ、築数十年経っている物件(ヨーロッパでは一般的)では上下階の物音が聞こえるという話を耳にしたことがありますので、もし気になるようでしたら築数年程度のマンションをお勧めします。

とはいうものの、物件探しの際にリロケーション会社等、楽器OKかどうか?を問い合わせしたほうが無難かと思います。
今後引っ越しを検討しているため最近不動産サイトをよく覗くのですが、電子ピアノをおいている物件もチラホラあるため、楽器OK物件もある程度あるようです。

以上、お役に経てば幸いです。

p.s. こちらは、老若男女楽器を弾く方が多くいらっしゃり、幼児からオーケストラを始め音楽に触れる機会が多くありとても身近なもののため、親子共々音楽を楽しめる環境かと思いますので、どうぞ楽しみに渡欧ください!

1
Posted by  msd msd 2018年07月29日(日) 04:48:07

中西様


はじめまして。
ルクセンブルクに大変興味があるとのこと、こちらに住むものとして嬉しく思います。

まず、去年でしょうか、どなたからか同様のご質問があったと思いますが、今もその時と認識は変わらず、純粋な日本人が現地で採用されることはかなり厳しいです。
というのも、昨今、EU圏内の雇用を積極的に優遇する傾向にあります。また、語学が堪能(トリリンガルが普通)なヨーロッパの方と同じ人材市場にいると、専門分野や実績で飛び抜けた方でないと日本人の雇用魅力はそこまでないようです。

私が把握する限り、こちらで働いている日本人の方は
・日本企業の海外駐在派遣の方
・EU圏内の配偶者がいらっしゃる方(就労ビザがすでにある)
のみです。上記以外の条件の就業している日本人の方も稀にいますが、5年以上など長期居住されている方です。

以上のため、こちらでの就活活動はとても大変かと思います。


こちらでの生活はどのくらいをお考えでしょうか?
可能性が高い手段としては、やはり日本企業の海外派遣でくることかと思います。企業によりますが、皆さま2〜5年滞在されております。その期間中にこちらの生活が気に入った方は、そこから現地採用の就職活動をして成功されている方もいらっしゃいます。

最初から現地採用をお考えのようでしたら、語学は公用語のフランス語・英語は必須、それに加え何かしらの専門的なスキルと経験が必要になる、また業界は金融が多いため金融業界ですと雇用の間口が広がるかと思います。


こちらからは余談ですが。
私は日本で10年弱働いておりましたが、こちらで働く方々の話を聞くとこちらで働きたいと常々考えています。残業や休暇に対する考え方は日本とは全く異なり、ライフワークバランスがとてもよく取れると思うからです。(ライフのほうがかなり重きが置かれているかと思いますが・・汗)ランチは子供がいらっしゃる方は家でとることがあったり、平日からお酒を飲む方も多くいます。笑


以上、個人の見解にはなりますが、参考いただけますと幸いです

0
Posted by  msd msd 2018年07月04日(水) 02:20:42 返信

Tom様
はじめまして。
諸事情により長期間一時帰国をしていたため、こちらのコメントに気づくのが遅くなり申し訳ありません。

もうこちらにお越しでしょうか?
わたしもその年代の子供がいるのですが、ルクセンブルクですと3歳以下のお子様のアクティビティが限られております。また児童館等がないため、中々同世代のお子様と触れ合う機会が限られているのが現状です。
フランス語、ドイツ語、ルクセンブルク語が話せますと活動の幅は広がるようですが、残念ながら私自身が英語しか話せないため英語限定にはなりますが、私が参加したり、友人たちに教えてもらった範囲で記載いたします。


以下、リンク先頭にhを追加ください。

まずは、
ttps://whatsonforkids.lu/
のページが子供向けのアクティビティがたくさん記載されてますので、こちらが参考になるかと思います。


★定期開催(当日自由参加)
主に学校やNPO団体が開催している定期的な乳幼児向けアクティビティです。時間は1時間〜1時間半の時間、内容は歌を歌ったり絵本を読んだり自由に遊ぶ等です。当日自由参加のドロップインスタイルですので、気軽に参加できます。
ただ、夏休みの期間は学校と連動して休みになることが多いです。

・St. George(ブリティッシュ系インターナショナルスクール)開催の月金曜 午前中開催のもの
ttps://whatsonforkids.lu/weekly-fridays-st-georges-school-playgroup/
・シュタイナー学校開催の金曜 午前中開催のもの
ttp://www.waldorf.lu/index.php/en/
・Il était une foisという団体開催のもの、言語によって曜日等が異なる
ttps://www.iletaitunefois.lu/
・各コミューン開催のアクティビティ
Cessangeというコミューンで週1で乳幼児向けに屋内ジムナスティックを開催しているようです。


★不定期開催
・ルクセンブルクフィルハーモニー開催 音楽アクティビティ
ttps://www.philharmonie.lu/en/education/familien/konzerte-erleben##
日程が限られ、かつとても人気のためすぐに完売してしまいますが、生演奏が聞けたり、楽器にふれることができるアクティビティです。

・rotondes開催 音楽、演劇アクティビティ
ttp://rotondes.lu/agenda/#filter=.cat-12
こちらも限定開催のもので英語のアクティビティが少ないのですが、音楽、現代ダンスや演劇のワークショップが不定期で開催されます。楽器に触れることができたり、演劇で使われた小道具で遊ぶことができたりするので、普段できない体験ができます。


★その他
・公園
いたるところに公園があるのですが、夏は遊具から水が出るものがあり、楽しんでいただけると思います。特に、ルクセンブルク市センターの「船の公園」、ベルトランジュの中心地の公園が個人的におすすめです。

・センター等で開催される音楽フェスティバル
夏の期間は毎日のように、街中のどこかで生演奏を聞くことができます。特に中心部のアルム広場は開催頻度が高いです。

・動物園やミニトレインなど
特に9月まで各園や屋外施設が充実しております。お子様の興味によっていろいろ楽しめるものがあるかとおもいます。



最後になりますが、私をはじめ、日本人の駐在派遣、またルクセンブルクやヨーロッパの方とご結婚された同世代のお子さんを持つご家族がいらっしゃいますので、こちらに滞在中にお会いできればいろいろお話できるかと思いますので、よろしければご連絡いただければと思います。


拙い情報にはなりますが、お役に立てば幸いです。
また、Tom様のご滞在が夏の素敵な思い出になりますよう願っております。

0
Posted by msd 2018年07月02日(月) 23:43:08 返信

こんにちは。都内の大学に通っている学生です。ルクセンブルクにとても興味があって、いつもこのサイトを読ませていただいています。将来はルクセンブルクで働くのが夢なのですが、どんな能力があれば働けるのか、暗中模索の状態です。突然で大変失礼なのは承知ですが、よろしければ、何でもいいので教えていただけますでしょうか。

0
Posted by 中西 浩輔 2018年06月30日(土) 12:44:56 返信

こんにちは。
ルクセンブルク人の主人と2歳、8ヶ月の女の子と日本に住んでいる者です。今夏、子供を連れて数カ月ほど主人の実家に滞在しようと思っています。その間だけ子供達が参加できるスクールやアクティビティ等があれば知りたいなと思いコメントさせて頂きました。
現地での子育て事情なども合わせて知れたら嬉しいです!

0
Posted by Tom 2018年04月30日(月) 14:49:19 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます