あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

【閲覧注意】エリアルちゃんをダイスでエッチな酷い目に遭わせたいスレ より



「主殿、これで良いだろうか」

 おっかなビックリで少年の身体に手を這わすのは、最近彼が堕としたというフルルドリスだ。
 たまたま行き着いた世界で出会った彼女は少年の好みドンピシャだったのもあり、かなりの無茶をして性的に堕とされてしまっていた。

「こういったものには疎いので……んっ……」

 少年がこれまで性奴隷として堕としてきた女では珍しく、その腹筋はしなやかに割れていた。
 二の腕も彼女が騎士として戦ってきたためか、筋肉質なところはある。
 だがそれ以上にも彼女は美しく、女性的なプロポーションは完成されていた。その乳房も今までの中では格段に大きいだろう。

「これを、挟めばいいと……」

 精神力と意志が非常に強い彼女を堕とすのは当然のことながら並大抵の難易度ではなかった。
 ゆえに交換条件として悪事を成そうとしているある男を催眠で強制的に大人しくさせることで信頼を得たのだ。
 そこからは少年の手腕によって、今ではこうして自ら甘やかしてくるほどに堕とすことに成功した。

「そして唾液を垂らす……」

 少年の言った通りにこなしていくフルルドリス。
 筋肉とは違って乳房は非常に柔らかく、それに包まれただけでも肉棒は張り裂けそうなほど硬くなっている。
 唾液で濡らされたことで滑りが良くなり、彼女の乳房から伝わる感触がより鮮明なものとなる。

「んっ……激しく、か……んんっ」

 淡々とした態度だが騎士として生きてきた彼女にとって、こういうことは本当に慣れていないのだろう。
 そんな彼女をこれからさらに染めていくのだと興奮しながら少年は肉棒に血流が集まるのを感じる。

「主殿、痛くはないか?ふっ……んっ……」

 フルルドリスの乳房にすっかり埋もれた肉棒が、激しいパイズリに晒されていく。
 技術としてはまだまだだが、仕込めばさらに上手くなっていくだろう。
 そう考えるだけでさらに肉棒は硬くなり、射精欲が高まってくる。

「んぅっ……胸の谷間で、出ている……」

 搾り取られるように乳房に包まれて果てていく肉棒。
 ヌルヌルとした精液に、フルルドリスは多少は眉を動かすが不快感はないようだった。
 ぬるりと谷間から抜けた肉棒はまだ硬さを維持している。

「すっかりベトベトに……匂いが染み付きそうだな……」

 軽く布で拭いつつ少年の精液を指先で弄ぶフルルドリス。
 それにまた興奮した松年は、フルルドリスに抱き付いていく。
 乳首にしゃぶりつけば、淡々としていたフルルドリスも甘い声を上げた。

「くっ……んんっ、主殿……そこは……♡」

 感度の高いそこを攻められてしまえば、快楽に弱い彼女に抗う術はない。
 さんざんしゃぶりつかれたソコは、すでにフルルドリスにとって弱点と化していた。
 さらに空いた方の乳房を片手で揉みしだけば、フルルドリスも瞳を情欲に染めていた。
 手に収まるはずのない爆乳の柔らかさを、淫らに揉みしだいて堪能していく。

「あっ、あぁっ……♡」

 ビクビクと震えている彼女の反応を楽しむように、少年はさらに攻めを強めていった。
 乳首を甘噛みされれば、それだけでイってしまいそうになるほどの快感にフルルドリスは襲われてしまう。

「ふぅ、ふぅっ……♡」

 立っていられるわけもなく、ベッドに倒れ込むフルルドリス。
 それに追随するように、少年は添い寝しながら抱き付いた。
 母乳が滲む乳房から口を離さず、そのままフルルドリスの下半身をまさぐっていく。
 筋肉量のわりに柔らかい尻を撫でつつ、割れ目に手を沿わせればフルルドリスは震え上がった。

「ソコ、はっ……んんぅっ♡」

 フルルドリスは尻が弱かった。正確には不浄の穴が。本人すら知らなかっただろうその弱点を、少年は前に調教した際に見つけてしまったのだ。
 少年自身はあまりそちらでの行為は好まないし、これまでの性奴隷でそちらがイケるのはエリアルか幽鬼うさぎくらい。
 それもエリアルは卑猥な罠による後遺症、幽鬼うさぎは焦らす過程で弄んだことによる影響だったので、ここまで弱いのはフルルドリスだけだ。

「んっ……くぅっ♡だめ、だ……ほじらないで、くれ……」

 軽く入り口を撫で付ければフルルドリスは嫌がった。調教の際にひたすらほじくり回したのがよほど効いたのだろう。
 少年はじゃあちゃんとよしよしして甘やかしてね?と提案していく。

「う、うむ……主殿、よしよし……」

 胸で感じさせられつつも、フルルドリスは少年の頭を抱いて撫でていく。
 こうして甘やかされていると、まるで本当に親子のような気分にさせられる。
 しかしそれが余計に興奮させていき、肉棒を硬くさせるのだ。

「んっ……さっきより大きくなったな……」

 胸に埋もれながらもさらに膨張する肉棒。それを愛おしげに見つめるフルルドリスは最初に出会った時の最強の聖女騎士としての雰囲気は失せていた。
 今ではこうして甘やかしてくれる聖母のように優しく、そして美しい。
 そんな彼女が堕ちた姿を見るのがたまらなく楽しく、少年はついついやり過ぎてしまうこともある。

「本当に、赤ん坊のようだ……か、可愛いぞ、主殿」

 誰かに可愛いと言うのはまだ慣れていないようだが、頭を撫でるのは上手かった。
 きっと彼女の妹分であるエクレシアの頭もよく撫でていたのだろう。
 少年はママと彼女に言いながら、より調子にのって甘えていく。

「んっ……まったく、仕方のない子だ……こんなに硬くさせて……」

 そんな少年に呆れつつ、それでも慈愛のこもった笑みを浮かべるフルルドリス。
 それまで太ももに擦り付けられていた少年の肉棒が、ゆっくりと膣の中に入り込んできてもそれは変わらない。
 むしろ嬉しそうに受け入れ、ぎゅっと抱きしめてくる。

「んっ、んあっ……♡」

 柔らかい胸に埋もれ、母乳を啜りながら少年は気紛れに腰を振っていく。
 吸いたい時に母乳を啜り、雄の本能に傾けば腰を振る。
 完全にやりたい放題だった。

「主殿が……赤子のように……んっ♡」

 それなのにフルルドリスは一切拒まず、むしろ積極的に快楽を受け入れている。
 むしろ受け入れるどころか自分から動いて快楽を求めている。
 聖女であり高潔な騎士であった女が快楽にふけり、母性を擽られ少年を甘やかすサマはどうしようもなく淫らだ。

「ふぅっ……いいぞ、もっと激しくしても……♡」

 少年も遠慮を捨てて強く乳首を吸い立てながら腰を激しく打ち付けていく。
 乱れるフルルドリスの膣はうねりをあげて少年の肉棒を締め上げた。
 引き締まった身体は体内においても鍛えられているのだろう。常人なら引き千切られるのでは?と疑うほどに強烈だ。
 やがて少年は抗えず、フルルドリスのナカに精液を注ぎ込むが、それで終わることはなかった。

「まだ、足りないだろう?主殿……♡」

 繋がったまま身を起こしたフルルドリスは、そのまま騎乗位で腰を揺らし始めた。
 彼女の爆乳が上下に揺れ、その度に乳首から滲んだ母乳が飛び散っていく。
 あまりに淫らな光景に、少年も疲労を感じさせずに腰を突き上げた。

「ふぅっ♡んっ♡主殿のが、深く入ってくるっ………♡」

 下から突き上げられて悶えるフルルドリスだが、その動きは決して止まることはない。
 高潔な彼女がここまで淫らに変貌を遂げたことに、少年は煽るようにエクレシアには絶対見せられないね?と囁いた。

「そう、だなっ♡こんなふしだらな、姉は見せられないっ……♡んっ♡」

 少年の言葉にゾクッと背筋を震わせ、子宮を疼かせるフルルドリス。どうやら想像してしまったようだ。

「んっ……くっ♡見る、なっ……エクレシアぁっ♡」

 妄想を打ち払うように頭を振る彼女は少年の頭に手を沿えて支えると、その揺れる乳房を口元に差し出していく。
 躊躇うこともなく少年は乳首にむしゃぶりつけば、フルルドリスの腰はさらに激しく揺れ始めた。

「さっきより、深くてっ……んんぅぅぅっっっ♡」

 ビクビクと震え、絶頂するフルルドリス。しかしそれでも腰の動きは止まらず、むしろさらに激しいものへと変わっていく。

「はぁっ……はぁっ♡何度イっても、止められないっ……あっ♡」

 快楽で脳まで蕩けたのか、普段の彼女からは考えられないようなことを口にしている。
 自身で鍛え上げてきたその身体を淫らなことに使っている事実に、フルルドリス本人が酔っているようだった。

「くっ、んっ……また、出てるぞっ……主殿っ……♡」

 前置きなしに膣内に射精すれば、フルルドリスはその身を甘く震わせた。
 だが互いに出してもまだ止まれない。
 フルルドリスの鍛え上げられた身体は無尽蔵なスタミナも有している。

「はぁ、はぁ……♡まだまだ、イケるな……主殿?」

 硬さを失わない愚息に少年は笑みをうかべる。
 まだまだ終わる気は彼もなかった。
 汗ばんだまま淫らに微笑むフルルドリスはその後も少年と快楽を貪り合っていく。



○○○



「脚本通りはつまらねぇって言ったが、なんか違うくね?」

 とある場所で赤髪の男は呆れたようにそう呟いていたという。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます