あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

ティルル「……………………はぁ。」

ティルルは疲れていた。

ティルル(最近ずっとこんな感じ…………。)

ティルル(でもご主人様を心配させるわけにもいかないし頑張らなきゃ……。)

ご主人様「ティルル?」

ティルル「ひゃっ!?ご、ご主人様!?」

ティルル「な、なにか御用でしょうか?」

ご主人様「なんだか疲れているように見えるけど大丈夫かい?」

ティルル「えっと……その……」

ティルル「実は最近ちょっと寝疲れがたまっていまして……。」

ご主人様「そうか……。」

ご主人様「それなら私がマッサージでもしようか?」

ティルル「へ?ま、まっさーじですか?」

ご主人様「ああ。」

ティルル「で、ですがその……おご主人様の手を煩わせるわけには……。」

ご主人様「これくらいは大したことじゃないよ。」

ご主人様「それに……君には元気でいてほしいからね。」

ティルル「わ、分かりました……。」

ティルル「お願いします……。」

ご主人様「分かった。じゃあうつ伏せになってくれるかな?」

ティルル「はい……。」

ティルルはベッドの上にうつ伏せになった。

ご主人様「まずは肩からだね。」

ご主人様はティルルの肩に手を置いた。

ティルル「んっ!」

ティルルはピクッと体を震わせた。

ご主人様「痛かったかい?」

ティルル「いえ……少しくすぐったくて。」

ご主人様「そうか。続けるよ。」

ご主人様の手つきはとても優しく丁寧だった。

ティルル「あぅ……。」

ティルル(うそぉ……。ご主人様に触られているだけなのに気持ちいい……。)

ティルル(体がどんどんほぐれていく……。)

ティルル「あっ!そこはダメですぅ!」

ご主人様「ここかい?」

ティルル「あんっ!そこもだめぇ〜。」

ご主人様「ふむ……。だいぶ凝っているようだね。もう少し強く揉んでみよう。」

ティルル「はいぃ……。」

ご主人様の力加減は絶妙で、とても気持ちよかった。

ティルル「ふぁ〜……。」

ご主人様「後は……リンパマッサージをするくらいかな。」

ティルル「リ、リンパマッサージ……?」

ご主人様「心配する事はないよ。」

ご主人様「私に体を委ねていればすぐに終わるさ。」

ティルル「わ……分かりました。」

ティルル「お願いします。」

ご主人様「じゃあ始めるよ。」

そういうとご主人様はティルルの胸を揉み始めた。

ティルル「ひゃうんっ!?」

ティルル「ちょ、ちょっと待ってください!」

ご主人様「どうしたんだい?」

ティルル「こ、これは本当にマッサージなんですか……?」

ご主人様「嫌ならもうやめるけど……。」

ティルル「いえ……大丈夫です。」

ティルル「続けてください。」

ご主人様「分かった。」

ティルル「んっ……あぁ……。」

ティルルの口から甘い声が漏れる。

ご主人様「大丈夫かい?」

ティルル「だ、大丈夫れす……。」

ティルル「きもち……よくて……力がはいらないだけですから……。」

ご主人様「それは良かった。」

ティルル「あ、あの……」

ティルル「もっとしてほしいです……。」

ご主人様「もちろんだよ。」

ご主人様はさらに激しくティルルの胸を攻め立てる。

ティルル「ああ……そんなにされたら……わたしおかしくなっちゃいます……。」

ご主人様「構わないよ。全部吐き出してしまいなさい。」

ティルル「はい……。」

ティルル「イクゥウウッ!!」

ティルル「はぁ……はぁ……。」

ご主人様「だいぶ体がほぐれてきたみたいだね。」

ご主人様「最後に下の方も……。」

ご主人様「…………マッサージの一環としてね。」

ティルル「はい……お願いします……♡」ご主人様「では失礼するよ。」

ご主人様はティルルの股間に触れた。

ティルル「あんっ……そこぉ……」

ティルルの秘所はすでに濡れていた。

ご主人様はそれを指ですくいとると、そのまま膣内へと挿入していく。

ティルル「ああ……ご主人様のゆびぃ……気持ちいいですぅ……。」

ご主人様「まだまだこれからさ。」

ご主人様はティルルのGスポットを刺激する。

ティルル「ひゃう!?そ、そこぉ……らめぇええええええ!!!」

ティルル「イッちゃいましゅ……またイキましゅうううううう!!イグゥウウウウ!!!」

ビクンッ!とティルルの体が跳ねた。

ティルル「はぁ……はぁ……。」

ご主人様「これで終わりじゃないよ。」

そういうとご主人様はティルルの膣内に挿入した。

ティルル「は、はい……。まだ……マッサージは終わってませんよね……。」

ティルル「最後まで……お願いします……。」

ご主人様「分かった。」

ご主人様はピストン運動を開始した。

ティルル「はぁ……はぁ……すごいぃ……。」

ティルル「こんなに気持ちいいなんて……知らなかったですぅ……。」

ティルル「あっ!ダメッ!そこは弱いんです!」

ご主人様「ここかい?」

ティルル「あぅ!そこですぅ!そこぉおお!」

ティルル「気持ち良すぎて……死んじゃいますうう!!」

ご主人様「大丈夫。安心して身を任せていればいいよ。」

ティルル「はいぃ……。」

ティルル「あっ!イクっ!またイキますぅ!」

ティルル「ダメぇ!もう限界なんですぅ〜!」

ご主人様「遠慮しなくて良いんだよ。好きなだけ達すると良い。」

ティルル「はいっ!はいぃぃぃいいい!!!」

そしてティルルは絶頂した。

ティルル「ああ……凄すぎます……。」

ティルル(これ……癖になっちゃうかも……。)

ティルル「はぁ……はぁ……はぁ……。」

ご主人様「やり過ぎたかな……。」

ティルル「いえ……とても気持ちよかったです……♡」

ご主人様「そうか……それならよかった。」

ご主人様「………………。」

ティルル「ご主人様……?」

ご主人様「ティルル……本当にすまない。」

ご主人様「マッサージの事なんだが……。」

ティルル「リンパマッサージなんてものはないんですよね?」

ご主人様「……気づいていたのかい?」

ご主人様「ならどうして……?」

ティルル「ご主人様と……そういう事がしたいなと思っていましたから……。」

ご主人様「まあ、その……なんだ……。」

ご主人様「ティルルが喜んでくれたなら何よりだよ。」

ティルル「………………。」

ティルル「あの……ご主人様……。」

ティルル「もし嘘をついた事を申し訳思うのでしたら……。」

ティルル「さっきの『マッサージ』をもっとしてください……♡」

ご主人様「ふふふ……ティルルは欲しがりだね……。」

ご主人様「もちろんOKだ。」

ご主人様「君が満足するまで付き合うよ。」

ティルル「ありがとうございます、ご主人様♡」

その後ティルルはご主人様に夜が明けるまで『マッサージ』をしてもらった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます