あにまん掲示板の各種スレッドに掲載されているR-18小説を保管するためのwikiです。

「おいコラマスター、だから無駄にライフ削ろうとすんじゃねえっつってんだろ舐めてんのか」

「そのせいで今日だってあとちょっとってなところで負けただろうが。たく」

「……いや別に負けたことが腹立つんじゃねえんだよ」

「ただお前はもっとヤれんのにアタシなんかのために色々無茶すんのがイヤだっつうかよ。アタシが傷つくのはいいけどお前がボロボロになってくのはイヤだっつうか……だーっ! もう言わせんなバカ野郎」

「は? 癒してほしい? 膝枕? バッカじゃねえの!? ……バッカじゃねえの!?」

「……これでいいかよ? こら、もぞもぞ動くな! へそなんて舐めて何が楽しいんだ、ひゃ!?」

「うるせぇ! かわいい声とか言ってんじゃねえよ」

「たく、何が癒してほしいだ。こっから見てもチ○ポおっ立ってんの分かんだぞ」

「パイズリ? いや、だってアレは……は? 出来るわ! 精子枯れるまで出させてやるってんだよ見とけ」

「くっ、相変わらず、固くて、熱いな……素肌だと余計に、クソ。それに、変なにおいさせやがって……」

「ひんやりして気持ちいいとか、たく、人の気も知らねえで」

「ハァ……ハァ……ん、我慢汁溢れてきやがったな、たく……ん、ちゅ……じゅるる、ずちゅ、くちゅ、じゅずるるるる!」

「ん! んんんんん!! コラ、出すなら出すっていえよ! はぁ? 言ったけど夢中だったって? そいつは悪うございました」

「けどお前も悪いんだからな。いつもこうなるってわかってやってんだろたく。こっちが必死になってんのがそんなに楽しいか?」

「こら、キスとかしてくんのやめろ、ん、ちゅ、ちゅぷ、くちゅ……ぇろ……ん……」

「はぁ……ハァ……結局押し倒してきやがって。何が癒しだ。はぁ? 抵抗しないのかって? バーカ……言わせんなよ」

「いやだから言わせんなって……だー! お前のチ○ポが早く欲しいってんだよ! ほら、ここ、早く挿入れろって……んぁあああああああああ!!!」

「ち、くしょー……いきなり挿入れやがって、おかげで、イっちまったじゃねえ……ひゃう、ん、ぁあああ、こら、うごかしゃないで……」

「だかりゃ、かわいいとか、いうんじゃにぇーって……わきとか、らめぇ……!」

「へへ、そういう気なら、もうにがしゃねえからなぁ!」

「ひゃぁ! しきゅうごりごりらめえ! ナカでビクンビクンして、イくのか? アタシもイくから、うん、いっしょに……イく、イグゥウウウウううう!!!!」

「……はぁ……はぁ……たく、気は済んだかよ。はい。何か言うことはあるか? たく……ばーか」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます