エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

(訳者注:第11課〜第20課では英語とイドの文法の比較がなされているので、例文の英語をイタリック体にして残し、学習者 が比較できるようにした。)

第11課


所有格
1) 英語の所有格は倒置され、前置詞 di を用いて繋げられる。
The father's dog (=the dog of the father) La hundo di la patrulo 父親の犬
The mothers' meeting (=the meeting of the mothers) La asemblo di la patrini その母親たちのその会合
A mothers' meeting (=a meeting of mothers) Asemblo di patrini 母親たちの会合
A beggar's revenge (=the revenge of a beggar) Venjo di mendikisto 乞食の復讐
2) 前置詞 to「〜へ」や at「〜で」が使われる場合、所有格は前置詞 che で繋げられる。
'''She lives at her uncle's (house).' El lojas che sua onklulo.'' 彼女は叔父のところに住んでいる。
'''He went to his tailor's (shop).' Il iris che sua talioro.'' 彼は自身の仕立て屋へ行った。
3) 所有格はかつて、全ての名詞と共に使われていた。現在でも例えば '''an hour's walk' という表 現にそれを見出すことができるが、これは真の所有の意味を持たず、故に前置詞 de'' が使わ れる。
Un horo de marcho または marcho de (若しくは dumun horo.
4) 所有格が使われている表現のなかには、より簡単な表現に言い換えることができるものも ある。
ye brakio-disto 腕を伸ばした距離に pro kompato 後生だから har-dikeso 毛ほどの隙 la ca-diala novaji 今日のニュース por la formo 形式上
(5) その他の所有を表す方法として形容詞的名詞がある。
fer-voyala vagono 鉄道客車、しかし vagono di fervoyo とした方がよい。 la parkala pordego 公園の門、しかし pordego di la parko とした方がよい。
所有の THAT 文の終わりに所有格が来る場合、代名詞 that を用いねばならないことがしばしばある。
He said his writing was better than his brother’s (=than that of his brother),
Il dicis ke lua skribajo esas plu bona, kam ta di lua fratulo. 彼は彼の文章は弟のものよりもいいと 言った。
'''She liked her sister's best (=that of her sister), '''
El maxim prizis ta di sua fiatino. 彼女は妹のものが一番気に入っている。
'''It is as good as my grandfather's (=as that of my grandfather), '''
Ol esas tam bona, kam ta di mea avulo. それは私の祖父のものと同じくらい良い。
'''It is the old man's (=that of the old man), '''
Ol esos ta di la oldulo. それはその老人のものだ。
または、
Ol apartenas a la oldulo.

部分冠詞
不定形容詞の someanyaan が来るべき位置で量を表す単語と共に使われている場合、 これらは訳されない。
The children have some bread,
La infanti havas pano. その子供たちはパンを(幾らか)持っている。
Did he get any money?
Kad il recevis pekunio? 彼は金を得たか?
He wrote without any ink.
Il skribis sen inko. 彼はインクなしで書いた。
このような場合では Did he get money?などのように someany といった語は容易に省略でき る。someany といった語が省略できない場合、それらは形容詞か代名詞であり以下のように訳される。
Kad il recevis kelka o ne, me ne savas. 彼が幾らか受け取ったのか否か、私は知らない。
疑似複数
以下の語の類似点に注意すること。
bellows: suflilo ふいご
contents: kontenajo 内容
breeches: pantalono 乗馬用ズボン
dregs: lizo クズ
scissors: cizo ハサミ
alms: almono または almoni 貧者への施し 物
tongs: tenalio 〜ばさみ、やっとこ
means: moyeno または moyeni 財産
billiards: biliardo ビリヤード
news: novajo または novaji ニュース
英語の量を表す名詞の幾つかは数字がそれに先行した場合でも単数形のままであるが、それら は勿論イドでは複数形になるべきである。
They had three brace of partridges and six dozen oysters,
Li havis tri pari [de] perdriki e sis dekedui [de] ostri. 彼らはヨーロッパヤマウズラを3つがい、 牡蠣を6ダース持っていた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます