エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

KOMTINO DE SEGUR (セギュール伯爵夫人)


En Francia, komtino de Ségur (pronuncez : Segyur) (1799-1874) esas ankore konocata, nam elu esas famozino dil Franca literaturo.
フランス文学の有名人であるが故に、セギュール伯爵夫人(1799-1874)は、フランスでは未だに良く知られています。
Tamen, elu ne naskis kom Francino, ma kom Rusino di granda familio aristokratal, nome le Rostopshin.
しかし、彼女はフランス人としてではなく、ロストプチンという高位の貴族のロシア人として生まれたのです。
En 1811, elua patro, lore generalo defensero di Moskva kontre la invadanta trupi Franca, incendiigis ica urbo. Por protektar ol.
1811年、彼女の父は、当時、侵略するフランス軍に対抗して防備将軍であったのですが、都市に火を放ちました。都市を守るために。
Tamen, e fortunoze, malgre la lora eventi, odio ne naskis inter amba populi.
しかし幸いにも、その当時の出来事にもかかわらず、両方の人々の間には、憎悪は生まれませんでした。
Kelka yari pose, akompanata da sua patro e sua fratino, Sofia Rostopshin vizitis Francia ed esis bone aceptata omnube en la altaranga societo royalista, olqua esis tre gratitudoza ad elua patro kombatir sucesoze l’enemiko komuna, t.e. l’uzurpanto Napoléon Bonaparte.
数年後に、父親と姉妹に伴われて、ソフィア・ロストプチンはフランスを訪れ、王党派の上流社会のあらゆるところで受け入れられました。王党派は、共通の敵であった強奪者、ナポレオン・ボナパルトと首尾よく戦った彼女の父親に対してとても感謝していました。
El esis tante bone aceptata ke el amoreskis kun komto de Ségur e mariajesis kun ilu.
彼女はとても良く受け入れたれていたので、セギュール伯爵と愛し合って、彼と結婚をしました。
Samatempe el amoreskis pri Francia, e preske nekredeblajo!
同時に彼女はフランスを愛し始めたのですが、それはほとんどありえないことでした。
Elu, qua esis la filiino dil famoza patrioto defensera di Moskva kontre la Franca trupi, divenis fervoroza Franca patriotino e tre pia Romana katolikino.
フランス軍に抵抗し、モスクワ防衛の有名な愛国者の娘である彼女は、熱烈なフランス愛国者となり、経験なローマ・カトリックの信者となりました。
Kande elu divenis avino, el redakteskis puerala romani por sua genepoti.
彼女がお婆さんになった時、孫達のために複数の物語を書き始めました。
Pro ke el remarkis, ke oli tre plezis a la pueri, elu editigis oli, e, rapide, havis granda suceso en la literaturo por-puera.
その物語が子どもたちをとても喜ばせることに気づいたので、彼女はそれを出版しました。すると子どものための文学で、すぐに大きな成功をおさめたのです。
Hodie, elua verki esas parto de la Franca literaturo generala, ed ankore prizata da omni ; precipue da historiisti, nam elua libri esas nekareebla e neremplasebla atesti pri la vivomaniero di elua tempo, t.e. la Duesma Imperio en Francia.
今日、彼女の作品は普通のフランス文学の一部となっており、皆に、特に歴史家たちに喜ばれているのです。なぜなら、彼女の本は、彼女の時代いわゆるフランスの第二帝国の生き方についての本質的で置き換えることのできない証言であるからです。
El redaktis rakonti pri feini (Nouveaux contes de fées), ma ne nur, el redaktis anke inter altri : « Les petites filles modèles » (La modelatra puerini) dedikita ad elua nepotini e qua idealigas eli ; « Les malheurs de Sophie » (La desfelicaji di Sofia).
彼女は妖精(Nouveaux contes de fées=新しいおとぎ話)について書きましたが、それだけでなく、とりわけ、自分の孫達に捧げ、理想化した「小さな子供(=Les petites filles modèles)」、「ソフィアの不運(=Les malheurs de Sophie)」も書きました。
En ica libro, komtino de Ségur naracas grandaparte pri sua propra tre severa edukado di yuna aristokratino Rusa.
この本の中で、セギュール伯爵夫人は、若いロシア貴族であった自分自身の厳しい躾についての大部分を物語っているのです。
En « La fortune de Gaspard » (La fortuno di Gaspard), el redaktas pri la vivo di yuna tre inteligenta e laborera rurano di Normandia (regiono ube elu lojis), qua danke lua inteligenteso, laboremeso e sagaceso divenas richa industriisto.
「ガスパールの運命(=La fortune de Gaspard)」の中で、(彼女が住んでいた地域)ノルマンディーのとても知的で人の良い農民の生涯について書いています。知性、勤勉さ、聡明さのおかげで彼は金持ちの起業家になります。
La pikturo quan elu facas pri la Franca socio di la lora epoko, per ita libro, esas aparte justa e remarkinda.
彼女が、この本を用いて当時のフランス社会について描いた絵は、とりわけ正しいものであり、注目すべきなものです。
Forsan elua maxim famoza libri esas : « L’auberge de l’ange gardien » (La albergo dil protektanta anjelo) e « Le général Dourakine » (Generalo Durakin).
おそらく、彼女の最も有名な本は、「守護天使の宿(=L’auberge de l’ange gardien)」と「ドゥラキン将軍(=Le général Dourakine)」です。
Ica amba libri darfas konsideresar kom nur un libro, nam la duesma esas la durigo dil unesma.
この二冊は、一冊と考えても良いのですが、なぜなら、後者は前者の続きだからです。
En « La albergo dil protektanta anjelo », la autorino rakontas pri du tre yuna pueruli abandonata sur choseo e qui trovesas da profesionala militisto.
「守護天使の宿」の中で、作者は公道に捨てられた二人の幼い子どもたちについて語っています。
Ica yuna homulo kompatas ili, kunprenas li ed iras kun li a la albergo dil protektanta anjelo.
若い男が、彼らを哀れみ、彼らを拾い上げ、一緒に守護天使の宿に行くのです。
La du simpatiinda fratini qui jeras la albergo aceptas adoptar en lia hemo la pueruli.
その宿屋を経営していた思いやりのある二人の姉妹は、この子どもたちを養子として家庭に迎え入れました。
Pose, la militisto salvas Rusa generalo nomata Durakin, qua esis kaptita da deshonesta e kriminanta hotelisti.
その後、軍人が、デュラキンというロシアの将軍を助けました。その将軍は不正直で犯罪者であったホテル経営者によって捕らえられていたのでした。
La generalo, cetere, venabis por rajuntar sua Franca amiko, nia protagonisto la militisto, nam ica kaptis ilu dum la Krimea-milito (1854-1856), olqua eventis inter Rusia unlatere e la federiti Anglia e Francia altralatere ; e la generalo esis traktata tre humane dal Franco.
その将軍はフランスの友人、我らの主人公の軍人に加勢するためにやって来ました。なぜなら、その人はロシアと、英仏同盟との間に勃発したクリミア戦争(1854-1856)の間、彼を捕らえていたのでしたが、その将軍はそのフランス人によって大切に扱われていたからです。
Parenteze, me atencigas ke la 19ma yarcento esis multe plu civilizita kam la 20ma, nam, quankam en la rakonto, la Krimeamilito ne finabis, la kaptita generalo Rusa esis tote libera trairar Francia quale ilu deziris kun granda parto de sua richa havajo, ed, ultre to, esis nula reciproka odio, malgre la milito!
ところで、私は、20世紀よりも19世紀のほうが、より文明化されていたことに注目しています。なぜなら、物語ではクリミア戦争が終わっていなかったにもかかわらず、囚われていたロシアの将軍は、財産をもって思うがままにフランスに自由に行けました。さらに、戦争であったにも関わらず、お互いに何の憎悪もありません。
Generalo Durakin voyajis en Francia kom richa stranjero, nulo pluse.
デュラキン将軍は、フランスを旅行しましたが、決して金持ちのよそ者としてはなかったのです。
Me ne volas tro precizigar la rakonto, ma en la duesma libro « Generalo Durakin », la patro di la du pueruli ritrovas sua filii e su mariajas kun un de la albergistini dil protektanta anjelo.
私はその物語をはっきり特定したいとは思いませんが、後者の本「ドゥラキン将軍」の中では、この二人の子どもたちの父が自分の子供を見つけて、守護天使の宿屋の姉妹の一人と結婚しました。
Pos la milito, la paro e la pueri invitesas dal generalo por venar kun il a Rusia en la vasta posedajo di generalo Durakin.
その戦争の後に、その夫婦と子どもたちは、将軍の広い邸宅のあるロシアに来るように将軍によって招待された。
Ito esas bona okaziono por deskriptar la vivomaniero dil Rusi itatempe e la Rusa mori dum la 19ma yarcento.
これは、19世紀当時のロシア人の生き方とロシアの風習を記述するための良き事例でした。
Diveninte Francino e mem tre fervoroza patriotino Franca, tamen komtino de Ségur nulatempe obliviis sua naskolando.
フランス女性しかも熱心なフランスの愛国者となっても、セギュール伯爵夫人は自らの母国を決して忘れていなかったのです。
Elua libri redaktesis en modelatra klasika linguo Franca, ma forsan ito ne esas tre astoniva, nam la bone edukita Rusi dil alta sociala klasi ita-epoke savis la Franca kom altra linguo matral, e mem kelkafoye plu bone kam la nacionala Rusa idiomo.
彼女の本は、見本となるような古典フランス語で書かれていましたが、おそらくこれはとても驚くべきことなのです。なぜなら、上流社会の教育あるロシア人はこの時代、民族的なロシアの言語よりも何倍も、別の母国語としてフランス語を知っていたからです。
Me tre regretas ke nia mikra Idistaro ne posibligas lo, ma tradukuro di « La albergo dil protektanta anjelo » e di « Generalo Durakin » esus extreme interesiva por lektar ; e sub simpla e preske amuziva formo ol esas, por tale dicar, granda literaturo historial.
私がとても残念に思っていることは、私達の小さなイド語グループがそのことを可能にしていないことです。「守護天使の宿」や「ドゥラキン将軍」の翻訳は非常に面白い読み物かもしれません。素朴で娯楽的な形式での偉大な歴史文学と言うことができます。
Per ica kurtega diserturo, me pensas precize pri mea Rusa lekteri, qui, probable, ne savas ulo pri la existo di komtino de Ségur (naskinta Rostopshin) e pri la ligilo qua elu esas inter nia amba landi.
この短い論文で、私はロシアの読者達について詳細に取り上げます。セギュール伯爵夫人と、彼女が我々の二つの国の間にある絆であることについて、おそらく彼らは何も知らないでしょう。
En Francia la verki di komtino de Ségur esas ankore nun prizata e lektata ed esas nenegebla parto del Franca heredajo literatural.
フランスでは、セギュール伯爵夫人の作品は、今なお、読まれ、高く評価されており、そして、否定することができないフランスの文学遺産の一部なのです。
(Artiko da J. Martigon en L.I. (marto-aprilo 1999)
「Letro Internaciona(国際郵便)」誌にて掲載されたジャン・マルティニョンによる記事(1999年3月・4月)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます