エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Posedal adjektivi e pronomi. 所有形容詞と代名詞

31.
— La posedal adjektivi esas :
所有形容詞は、次の通り
所有形容詞その意味
meaqua apartenas a me(私の、私に属する〜)
tuaqua apartenas a tu(キミの、キミに属する〜)
vuaqua apartenas a vu(あなたの、あなたに属する〜)
luaqua apartenas a lu(彼(女)の、彼(女)に属する〜)
niaqua apartenas a ni(我々の、我々に属する〜)
viaqua apartenas a vi(あなた達の、あなた達に属する〜)
liaqua apartenas a li(彼らの、彼らに属する〜)
iluaqua apartenas ad ilu(彼の、彼に属する〜)
eluaqua apartenas ad elu(彼女の、彼女に属する〜)
oluaqua apartenas ad olu(それの、それに属する〜)
iliaqua apartenas ad ili(彼らの、彼らに属する〜)
eliaqua apartenas ad eli(彼女らの、彼女らに属する〜)
oliaqua apartenas ad oli(それらの、それらに属する〜)
suaqua apartenas a su(自らの、自らに属する〜)
Quale on vidas, ta vorti esas nulo altra kam la pronomi personala, a qui on adjuntas la dezinenco a dil adjektivi*1.
見てきたように、これらの語句は人称代名詞と別のものではなく、形容詞の形式語尾を付けたものである。
32.
— Sua, quale la personal pronomo su, sempre referas la subjekto di la propoziciono en qua ol trovesas, kande ta subjekto reprezentas la triesma persono.
「sua」は、人称代名詞の「su」のように、主語が三人称である時は、それが含まれている命題の主語と同じものをつねに言及している。
Ex.
例として、
例文訳など
Il promenas kun sua amiko
(la amiko di il, subjekto);
彼は自分の友達と一緒に散歩する。
彼(主語)の友達
il promenas kun sua amiko e sua filii
(la amiko e la filii di il, subjekto);
彼は自分と友人と自分の子どもたちと一緒に散歩する。
主語の「彼」の友だとと自分の子どもたち
il promenas kun sua amiko e lua filii
(la amiko di il, subjekto; ma la filii dil amiko, ne subjekto);
彼は自分の友人と、その友人の子どもたちと一緒に散歩する。
主語「彼」の友達、主語ではない友人の子どもたち
amar sua filii esas naturala (sua propra filii, ne la filii di altra).自分の子供らを愛することは当然だ。
自分の子どもたちであって、他の人の子どもではない
On darfas uzar sua nur kande ol referas la subjekto di la propoziciono, en qua ol trovesas.
「sua」がある文の中で、その主語を指す時だけ、「sua」を使ってもよい。
On devas uzar lua o lia en la cetera kazi.
その他の場合では、「lua」や「lia」が使われる。
Ed on darfas uzar li mem kande li referas la subjekto di la propoziciono, se nur to genitas nula dusenceso.
さらに、それが曖昧な意味を生じさせないならば、それが、文の主語を指す時に、「lua」や「lia」を使用しても良い。
Konseque, on esas obligata uzar sua nur en kazo di posibla dusenceso e pro evitar olu.*2.
従って、曖昧になりうる場合、それを避けるために、「sua」を使わなければならない。
33.
— La posedal pronomi esas identa al adjektivi : mea, tua, vua, e. c.
「mea」「tua」「vua」などの所有形容詞は、形容詞と全く同一である。
; ma li recevas la pluralo per la chanjo del dezinenco -a al dezinenco -i, signo generala dil pluralo : mei, tui, vui, lui, sui, ilui, elui, e. c.
しかし、形式語尾「-a」を「-i」に変更することで、その所有形容詞は複数形になる。形式語尾「-i」は複数形の記号:「mei」「tui」「vui」「lui」「sui」「ilui」「elui」など。
De ta regulo konsequas ke :
その規則に従って、次のようになる。
Li darfas esar preirata dal artiklo, se l'objekto esas determinita : me havas mea chapelo, prenez (la) vua; me ne havas kavalo; prestez ad me un de la vui.
もし(言及される)対象が確定されているならば、形式語尾「-i」の前に、冠詞をおいてもよい。
me havas mea chapelo, prenez (la) vua;
「私には自分の帽子を持っているが、あなたのを見せて下さい」
me ne havas kavalo; prestez ad me un de la vui.
「私は馬を飼っていないので、あなたの飼っている馬の中の一匹を見せて下さい」
Vice la mei, la vui, la lui, la lii, la nii, e. c., on darfas anke uzar : le mea, le vua, le lua, le lia, le nia, e. c.
「la mei」「la vui」「la lui」「la lii」「la nii」などの代わりに、「le mea」「le vua」「le lua」「le lia」「le nia」などを使ってもよい。
Ex.: me perdis mea gepatri, ka vu havas ankore la vui o le vua?*3
例文:「私には両親はいません。あなたには、まだ両親はいますか?」
Esas bone remarkenda, ke la posedal adjektivi implikas l'ideo di determineso :
所有形容詞には確定性の概念が含蓄されているということを。よく留意すべきである。
mea amiko = ta quan me amas aparte, ta quan on konocas kom mea amiko partikulara, intima.
「mea amiko」=私が特に愛していた友達、親密で特別な私の友人として知っている人。
Se existus nedetermineso, on dicus : amiko di me, to esas : un (irga) de mea amiki.
もし、不確定性があるならば、「amiko di me」と言ってもいいかもしれない。これは、私の友達の中の(誰でもよい)ひとり。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます