エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Nombri. 数詞

113.
— La nombri kardinala esas : zero *1, un, du, tri, quar, kin *2, sis, sep, ok, non, dek; cent; mil; le maxim uzita.
基本数は、「zero」(0)、「un」(1)、「du」(2)、「tri」(3)、「quar」(4)、「kin」(5)、「sis」(6)、「sep」(7)、「ok」(8)、「non」(9)、「dek」(10)、「cent」(100)、「mil」(1000)であり、最も使われている。
Pose : milion; miliard (mil milioni); bilion (1,000,0002); trilion (1,000,0003); quadrilion (1,000,0004 ); quintilion, sextilion, septilion, oktilion, nonilion, decilion (singla de ta nombri egalesante la preiranta multipliko per un milion *3.
その次は、「milion」(百万)、「miliard」(10億)、「bilion」(1,000,0002)、「trilion」(1,000,0003)、「quadrilion」(1,000,0004)、「quintilion「sextilion」「septilion」「oktilion」「nonilion」「decilion」(それぞれは、先行する数は、百万を用いた乗数に相当し、その数に由来している)
Ni devas explikar, pro quo ni adoptis por biliono, triliono, ... la senco Germana prefere kam la senco E. F. I. S. plu internaciona.
我々は、何故に「biliono」「triliono」を採用したのかを説明しなければならない。それは、より国際的な英語、仏語、伊語、西語の意味よりも、むしろドイツ語の意味である。
En E. F. I. S.En D.
Miliono1,00021,000,000
Biliono1,00031,000,0002
Triliono1,00041,000,0003
Quadriliono1,00051,000,0004
e. c.
英語、仏語、伊語、西語ドイツ語
Miliono1,00021,000,000
Biliono1,00031,000,0002
Triliono1,00041,000,0003
Quadriliono1,00051,000,0004
その他
On vidas, ke en l'unesma kolumno existas nula koincido inter la nombro implikita en la nomo (bi, tri, quadri, ...) e la exponento di la potenco (la relato esas :l'exponento = n + 1, n esante la nombro implikita en la nomo);
最初の縦の欄(英仏伊西)では、「bi」「tri」「quadri」などの名称で含蓄された数の中や、累乗の指数には何の符合するものはない。(その関係は、累乗の指数が「n + 1」であり、「n」がその名称を含んである)
dum ke en la duesma (kolumno) ta nombri esas konstante egala.
それに対して、次の縦欄(ドイツ語)では、その数は規則的に等しい。
Esas do plu natural e komoda, konsiderar biliono, triliono, e. c., quale la sucedanta potenci di miliono.
したがって、「biliono」「triliono」などを百万の連続した累乗のようにみなすことが、より自然で便利である。
Plue, on ne bezonas biliono por 1,0003, pro ke on havas ja la vorto plu vulgara miliardo.
さらに、1,0003としての「biliono」は必要ない。なぜなら、通俗的な「miliardo」があるからである。

Fine la Germana metodo furnisas la moyeno expresar plu granda nombri (quo povos esar tre utila en la cienci) :
最後に、ドイツ方式は、もっと大きな数を表現する方法を提供している(これは科学においてとても役立つだろう)。
decilion signifikas 1,000 11 en l'unesma sistemo, ma 1,000 20 en la duesma. (Progreso, I, 710.)
「decilion」は前者の体系では、「1,00011」となるが、後者の体系では「1,00020」となる。(「progreso」誌第1巻710頁)
Omna altra nombri, quin on nomizas kompozita, esas expresata per la moyeno di la simpla nombri, segun la maniero sequanta :
他のすべての数、複合的に名付けられたものは、次のような方法にしたがって、単純な数字の方法を用いて表現される。
1 e Se li konstitucas adiciono, on indikas olu per e : dek-e-un, dek-e-du, dek-e-tri, dek-e-quar, e. c., o dek e un, dek e du, dek e tri, e. c. *4.
_短擦鮃柔するならば、「e」を用いて示す。「dek-e-un」、「dek-e-du」、「dek-e-tri」、「dek-e-quar」などあるいは「dek e un」、「dek e du」、「dek e tri」などなど。
2 e Se li konstitucas multipliko on indikas olu per a ye la fino dil unesma nombro : dua-dek (20); tria-dek (30); quara-dek (40); kina-dek (50), e. c., o duadek, triadek, quaradek, e. c.
|⊂菲,鮃柔するならば、前の数の語尾に「a」を用いて、示す。「dua-dek」(20)、「tria-dek」(30)、「quara-dek (40)」、「kina-dek 」(50)など。あるいは、「duadek」、「triadek」、「quaradek」などなど。|
Duadek-e-ok (28); sepadek-e-du (72); o duadek e ok, sepadek e du; mil e okacent e nonadek e ok (1898) *5.
「Duadek-e-ok」(28)、「sepadek-e-du」(72)、あるいは「duadek e ok」(28)、「sepadek e du」(72)。「 mil e okacent e nonadek e ok」(1898)
Praktike on ne expresas un avan cent, mil, e. c.
実際上に、「cent」「mil」などの前には「un」をつけない。
Remarki : 1 a . Super la mili, on sequos la kustumo enuncar la nombri dil mili, dil milioni, dil bilioni, e. c., kom aparta nombri.
注意:1). 千以上においては、特別な数として、千、百万、兆を説明するための慣習に従う。
Ex. : 345,000 ne enuncesos : triacentamil e quaradeka mil e kina mil, ma : triacent e quaradek e kinamil.
例):「345,000」は、「triacentamil e quaradeka mil e kina mil」とするのではく、「triacent e quaradek e kinamil」とする。
To esas videble simpligo.
これは、一見して簡素化されている。
2 a . Por enuncar granda nombri e diktar li, suficos enuncar la sucedanta cifri, quo esas nur simpligo di la normala enuncado.
注意:2).大きな数を説明したり口述するためには、普通の説明の簡素化だけである、連続数字を公表することで十分であろう。
Vice dicar : triacent e quaradek e kinamil, sisacent e sepadek e non, on dicos : supresante le mil, cent, dek : tri, quar, kin, sis, sep, non.
「triacent e quaradek e kinamil, sisacent e sepadek e non」(345,679)と言う代わりに、「mil」「cent」「dek」を隠して「tri, quar, kin, sis, sep, non」と言う。
Ico esas la maxim klara, simpla e kurta procedo, qua konsistas en diktar la sucedanta cifri vice la nombro (quale se on espelus nomo).
これは最も明確で、単純で、短い手順である。その手順は、この数の代わりに連続数字を口述するために存在している。
On povos ankore enuncar tale la nombri di tri cifri, enuncante nur mil, milion, bilion.
「mil」「milion」「bilion」のみを使って、次のように3つの数字の数を説明することもできよう。
Ex. : tri-quar-kin-mil, sis-sep-non. (So V. Pfaundler, IV, 345.)
例):「tri-quar-kin-mil, sis-sep-non」(345,679)(V・ファウドラー氏、第4巻345頁)
La sama procedo uzesos por enuncar o diktar la decimala nombri, enuncate nur lia sucedanta cifri.
同様の手続きは、連続数字だけを使って、小数を説明、口述するために使われる。
Ol konvenas precipue por la decimala nombri longa o senfina, exemple : = 3,14159... : tri, komo, un, quar, un, kin, non... Kompreneble, on ne omisos enuncar insiste la komo, ed anke la zero.
これは、特に長い小数あるいは無限小数にとって相応しい。例えば「3,14159...」は、「tri, komo, un, quar, un, kin, non...」となる。もちろん、強いてコンマやゼロも落とさない。
3 a . On povos sempre, quale nun, substantivigar la nombro-nomi, tam en pluralo kam en singularo : dekeduo, dekedui; duadeko, duadeki *6.
注意:3).単数形と同じように、複数形においても、数字の名称を名詞化することができる。「dekeduo」(12、単数形)、「dekedui」(12、複数形)、「duadeko」(20、単数形)、「duadeki」(20、複数形)

114.
— Quale on ja vidis en la 3-ma remarko, la nombri darfas esar substantivigata per -o (pluralo -i) : duo; trio; dekeduo; cento; milo.
すでに、注意:3)で見てきたように、数詞を「-o」(複数形は-i)を使って名詞化してもよい。「duo」、「trio」、「dekeduo」、「cento」、「milo」
En ica kazo la unajo kompozanta juntesas a ta substantivo per la prepoziciono de : dekeduo de ovi (ma : dek e du ovi).
この場合は、組み立てる構成単位は前置詞「de」を用いて名詞に繋がれる。「dekeduo de ovi」(卵1ダース)、12個の卵は「dek e du ovi」
Milion, miliard, bilion, e. c., quale la cetera nombri, devas ne sequesar dal prepoziciono de : on dicas milion homi, du milion homi, quale mil homi.
残りの数としての「milion」「milard」「biion」などは、前置詞「de」を用いない。「mil homi」(1000人)のように、「milion homi」(百万人)、「du milion homi」(二百万人)という。

115.
— La nombri kardinala anke povas plear la rolo di adjektivi prenante la dezinenco a : dua kanto, dua promeno (exekutata da du personi); tria atako (facata da tri individui, homa o bestia) *7.
基本の数詞は、形式語尾「a」をとって、形容詞の役割をもつのである。「dua kanto」(二つの歌)、「dua promeno (exekutata da du personi)」(《二人の人によって実行される》二つの散歩)、「tria atako (facata da tri individui, homa o bestia)」《人や動物の3つの個体によって行われる》(三つの攻撃)

116.
— Fine li anke povas produktar nombro-manieral adverbi, prenante la dezinenco e : li promenas due; li promenas ne kune, ma singlu aparte; li atakis ni trie.
最後に、形式語尾「e」をとることによって、数詞的な副詞をも生成できる。「li promenas due; li promenas ne kune, ma singlu aparte; 」」(彼らは二度、散歩する、彼らは一緒に散歩しないが、一人づつ別に散歩するのだから)、「li atakis ni trie」(彼らは我々に三度、攻撃した)
Un genitas la pronomo unu (pl. uni). Ex. : unu postulas ico, altru ito. Li nocis l'uni l'altri.
数詞「un」は代名詞「unu」(複数形「uni」)を生み出す。「unu postulas ico, altru ito」(ひとつはこれで、もうひとつは、あれだ)、「Li nocis l'uni l'altri」(彼らは互いに傷つけ合った)
On darfas dicar : omni du, omni tri, omni quar, e. c.; ma anke : omna du, omna tri, e. c. (quale on dicas omna homi), la pluralo esante ja indikata dal nombri du, tri, e. c.
「omni du」(2つとも)「omni tri」(3つとも)「omni quar」(4つとも)などと言うことができるが、また(「omna homi」《すべての人たち》と言えるように)「omna du」「omna tri」などとも、言うことができる。複数形は、「du」「tri」などの数字によってすでに示されている。

117.
— La nombri ordinala obtenesas soldante al kardinal nombri la sufixo -esm e la dezinenco o, a, e segun ke on bezonas substantivo, adjektivo o adverbo : la unesmo, duesma, triesme.
序数は、基本数詞に接尾辞「-esm」と、必要とされる名詞、形容詞、副詞にしたがって形式語尾「o」「a」「e」をつけることによって、作られる。
Kande la nombro esas kompozita, nur la lasta elemento recevas la sufixo e la dezinenco : duacent e quaradek e triesma = 243 ma *8.
数が組み合わされた時は、最後の要素にだけ、接尾辞と形式語尾をつける。「duacent e quaradek e triesma」=「243 ma」(243番目、第243)
Quantesma relatas la ordino e konseque postulas nombro ordinala, quale l'adjektivo quanta relatas nombro kardinala (o quanto) : quantesma dio di la monato esas? la sepesma, la duadekesma.
「quantesma」とは順序に関係しており、故に、形容詞「quanta」が基本数(あるいは数量)に関係しているように、序数(の答え)を要求している。「quantesma dio di la monato esas? la sepesma, la duadekesma.」(その月の何日ですか? 7日、20日だ。)

118.
— La nombri fracionala obtenesas soldante al kardinal nombri la sufixo -im e la dezinenco o, a, e segun la kazi : la centimo (1/100), la duimo (1/2), la quarima parto; centime, duime, quarime *9.
分数は、基本数に対して接尾辞「-im」と場合により形式語尾「o」「a」「e」をつけることで、得られる。「la centimo」= (1/100)、「la duimo」= (1/2)、「la quarima parto」(四分の一の部分)、「centime」(百分の一で)、「duime」(半分で)、「quarime」(四分の一で)
On uzas de avan la komplemento di fraciono, quale avan la komplemento di integra nombro substantivigita : (la) du triimi de sis esas quar analoge a : dekeduo de ovi.
名詞化された完成数の補語の前で「de」を使うように、分数の補語の前で「de」を使う。「(la) du triimi de sis esas quar」(6の3分の2は4)は、「dekeduo de ovi」(1ダースの卵)に類似している。
Por enuncar fraciono komplikita, on obtenas plu granda klareso uzante la prepoziciono sur inter la du nombri kardinala, qui esas la termini di la fraciono :
複雑な分数を表すために、分数の用語である2つの基本数の間に前置詞「sur」を使うことでとても明確になる。

15/273 = dekekin sur duacent e sepadek e tri o : dekekin sur du, sep, tri *10.
「15/273」は「dekekin sur duacent e sepadek e tri」あるいは「dekekin sur du, sep, tri」となる。
Dek triacentimi tote ne povas konfundesar a : deketri centimi.
「Dek triacentimi」(300分の10)は、「deketri centimi」(100分の13)と混同されることは全く無い。
L'unesma esas 10/300, la duesma 13/100; l'unesma lektesos : dek sur triacent, e la duesma : deketri sur cent.
前者は「10/300」であり、後者は「13/100」である。前者は「dek sur triacent」と読まれ、後者は「deketri sur cent」と読まれる。

119.
— La nombri multiplikera obtenesas per la sufixo opl, a qua on soldas o, a, e segun la kazi :
乗数は接尾辞「opl」を用いて得られる。場合によって「o」「a」「e」をつける。
la duoplo (la nombro multiplikata per du); quaropla (qua esas multiplikata per quar); triople : la nombro 12 esas triople granda kam 4.
「la duoplo」(2で乗法された数)、「quaropla」(4で乗法された〜)、「triople」(3で乗法して)、「la nombro 12 esas triople granda kam 4」(12は4に3で乗じている=12は3かける4だ)

120.
— La nombro dil foyi indikesas per la radiko foy generale sequata dal adverbal dezinenco e : dufoye; o, se konvenas, dal dezinenco a : trifoya voko = voko repetita 3 foyi.
回数は、副詞の形式語尾「e」のついた語根「foy」を用いて示される。「dufoye」(2回)。あるいは形式語尾「a」を割り当てるならば…、「trifoya voko = voko repetita 3 foyi」(三度の叫び=三度繰り返された叫び)
Notez bone, ke la Franca vorto « fois » ne tradukesas per foy ma per opl en la senco multiplikanta : triople quar esas dekedu (3 fois 4 font 12).
注意しなければならないことは、フランス語の「fois」はイド語の「foy」を用いて翻訳されずに、乗ずる意味で「opl」を用いて翻訳されることである。「3 fois 4 font 12」(仏語)=「triople quar esas dekedu」(イド語)(3掛ける4は12)
On darfas anke uzar la prepoziciono per, precipue kande la nombri esas kelke komplikita :
数詞が少し複雑になった時には、前置詞「per」を使っても良い。
okadek e tri per duacent a quaradek e sis = 83 x 246. Plu simpla enunco : ok, tri per du, quar, sis.
「okadek e tri per duacent a quaradek e sis」(83掛ける246 = 83 x 246)。もっと単純な表現は「ok, tri per du, quar, sis」である。

121.
— L'expresuri distributiva obtenesas per la sufixo op, sequata dal dezinenco konvenanta :
配分の表現は、適切な形式語尾を従えて、接尾辞「op」を用いて得られる。
duope = per rangi o serii de du; triope = per rangi o serii de tri, e. c.
「duope」=(2つからの列で、2つ一組で)、「triope」=(3つからの列で、3つ一組でなど)
Unope, un separite, aparte, single. La soldati marchas quarope. — Se li formacos rangi duopa e ne quaropa, lia defilo duros duople plu longe. — Marchez unope.
「Unope」=(一つで、個別に、単独で)、「La soldati marchas quarope」(兵士たちは4列で行進した)、「Se li formacos rangi duopa e ne quaropa, lia defilo duros duople plu longe」(もし四列でなく2列を作るなら、彼らの縦列行進はさらに二倍長く続くだろう)、「Marchez unope」(一人ずつ、行進しろ)
La questional adverbo korespondanta esas quantope : quantope vu vendas la nuci (quantanombre per un foyo?) centope o micentope (dek e kinope).
対応する疑問副詞は「quantope」である。「quantope vu vendas la nuci (quantanombre per un foyo?) centope o micentope (dek e kinope)」(あなたはクルミをどのくらいずつ売っているのか《一度で、どのくらいの数》? 100個ずつ、あるいは50個ずつ、15個ずつ)
On darfas anke dicar : pokope, multope = ye mikra quanti, ye granda quanti *11.
「pokope」(少しずつ)、「multope」(多くの量で)ということもできる。

122.
— Nula prepoziciono e nula sufixo esas necesa en frazi tal quala ici : Por mea infanti me kompris dekedu pomi, ed a singla de li me donis tri pomi.
次のような文章では前置詞も接頭辞は必要でない。「Por mea infanti me kompris dekedu pomi, ed a singla de li me donis tri pomi」(自分の子どもたちのために、私は12個のリンゴを買って、一人ひとりに対して、3個ずつあげた)
— Ta libro havas sisadek pagini; se do me lektos en singla jorno dek e kin pagini, me finos la tota libro in quar jorni. La vorto singla suficas por indikar la distributo.
「Ta libro havas sisadek pagini; se do me lektos en singla jorno dek e kin pagini, me finos la tota libro in quar jorni」(その本には60頁ある。もし一日に15頁読むならば、4日間で全て読み終わる)

123.
— Por l'enunco di la hori, l'Akademio adoptis explicite kloko, kloki.
時刻表現のために、アカデミーは特定的に「kloko」「kloki」を採用した。
Ca du vorti indikas do propre la diala dividuro markizata da la cifri di horlojo.
したがって、この2つの単語は、時計の数字によって特定された毎日の区分を示している。
Ex. : il departis pos du kloki, to esas : pos la dividuro II di la horlojo.
例):「il departis pos du kloki」(彼は2時過ぎに出発した)は、「時計の(数字)「II」の区分の後に」ということである。
Ma horo indikas (exter omna cifroplako, e per su) la duro, l'ensemblo di 60 minuti konstitucanta un horo.
しかし「horo」は、(時計盤全体ではなく、時計盤を用いて)1時間を構成する60分の継続、全体を示している。
Ex. : il departis pos du hori, t. e. pos 120 minuti, pos restir dum 120 minuti.
例):「il departis pos du hori」(彼は2時間後に出発した)、すなわち、「120分後」であり、「120分關、とどまった後に」ということである。
Existas nur un maniero internaciona dicar la horo, to esas enuncar ol quale on skribas lu : esas du kloki; du kloki e quarimo; du kloki e duimo; du kloki e tri quarimi; du kloki dek (minuti); du kloki duadek; du kloki kinadek; du kloki kinadek e non (minuti).
時間を示すための国際的な方法がひとつだけある、それは、記述するように時間を陳述することである。すなわち、「du kloki」(2時である)、「du kloki e quarimo」(2時15分)、「du kloki e duimo」(2時半)、「du kloki e tri quarimi」(2時45分)、「du kloki dek (minuti)」(2時10分)、「du kloki kinadek」(2時50分)、「du kloki kinadek e non (minuti)」(2時59分)
On devas nultempe sustracionar, se on volas esar komprenata certe od evitar konfundi.
もしはっきりと理解させたいと思ったり、混同を避けたいと思うならば、減算する方法をしてはだめである。
Do sempre adjuntez a horo la duimo, quarimi, minuti, e. c. *12.
したがって、時間に対して「duimo」(半時間)、「quarimi」(4分の1時間=15分)、「minuti」(分)などを付け加えなさい。
Por questionar pri la horo, fakte existas en Ido du manieri, quale en la Angla : qua kloko esas e qua tempo esas?
時間について質問するためには、英語と同様に、イド語には2つの方法がある。すなわち「qua kloko esas?」と「qua tempo esas?」である。
Se forsan on agus tro severe interdiktante l'unesma, ne esas dubebla, ke la duesma (qua tempo esas) meritas la prefero, pro ke ol esas plu justa.
前者を禁じるとおそらく厳しいならば、後者「qua tempo esas」の方がより正しいので、それが選択されるのは疑いようがない。
On ya ne questionas nur pri la horo, ma reale anke pri la minuti e mem ulfoye sekundi qui adjuntesas a ta horo, do fakte on questionas pri la tempo, on deziras konocar qua tempo esas *13.
時間についてだけでなく、その時間に付け加える分や、ときおり秒でさえも質問していない。したがって、実際のところ、時間について質問するしており、「qua tempo esas」(いつであるか)を知りたいのである。
Quankam : la duesma, la triesma kloko, e. c., ne esas en su kontrelogika, ni agos plu bone, se ni sempre konservos la nombri kardinala pri la hori.
一方、「la duesma, la triesma kloko」などは論理に反してはいないし、我々が常に時間について基本数詞を維持しようとするならば、より良く行えるだろう。
Tale ya ni evitos mixar le ordinala kun le kardinala, quale en : esas la duesma e dek minuti.
「esas la duesma e dek minuti」(第2番目と10分=2時10分)のように、基本数と序数を混在させることを避けるでしょう。
Do ni dicez sempre kun la nombri kardinala : esas du kloki dek, du kloki e tri quarimi, e. c.; e ni nultempe uzez la formo adverbala kloke, quan l'Akademio explicite repulsis.
したがって、常に基本数でいうべきだ。「esas du kloki dek」(2時10分)、「du kloki e tri quarimi」(2時45分)など。そして、アカデミーが明確に退けている副詞の「kloke」の形を使うべきでない。
En matematiko, on tradukas reguloze la signi +, – , x , ÷ per plus, minus, per e sur; 2 3 = du potenco tria; 3/2 = radiko tria di du *14.
数学においては、「+」(加算)、「–」(減算)、「x」(乗算)、「÷」(除算)を「plus」「minus」「per」「sur」を用いて翻訳する。「2 3」=「du potenco tria」(2の3乗)、「3/2」 = 「radiko tria di du」(2分の3)

124.
— Por l'enunci relatanta la yari, monati, e. c., travivita, on uzas la radiko ev (ar), ev(o).
生きてきた年、月などを陳述するためには、語根「ev」を使う。
Ex. : Quante vu evas? me evas duadek yari, o : me esas duadek-yara;
例):「Quante vu evas?」(あなたは何歳なのか?)、「me evas duadek yari」「me esas duadek-yara」(私は20歳だ)
quante evas l'infanto di vua fratino? ol evas nur kin monati, o : ol esas nur kinmonata;
「quante evas l'infanto di vua fratino?」(あなたの妹の子供は何歳か?)、「ol evas nur kin monati」「ol esas nur kinmonata」(その子は3ヶ月に過ぎない)
ol evabis nur du semani o : ol esis nur dusemana, kande ol mortis;
「ol evabis nur du semana, kande ol mortis」「ol esis nur dusemana, kande ol mortis」(彼が死んで、たった2週間だ)
ta viro semblas grandeva o : tre evoza; yes il esas preske centyara.
「ta viro semblas grandeva; yes il esas preske centyara」「ta viro semblas tre evoza; yes il esas preske centyara」(その男はとても年寄りらしい、だって100歳だから)
Kad vua patrulo esas grandeva? No, il esas mezeva, il atingis nur mezevo *15.
「Kad vua patrulo esas grandeva?」(君のお父さん高齢か?)、「No, il esas mezeva, il atingis nur mezevo」(いいえ、中年だ、中年になったばかりだ)

ベブソンのチャチャ:日本人がイド語を乗っ取った後の世界で....

欧州人は一部のエリートを除いて計算がとても下手です。それは彼等の数詞体系がヘボだからです。例えば、ドイツ語では、38を8と30の様に言います。フランス人は92の事を4x20+12と言います。流石にお隣のベルギーのフランス語では92と言いますが。こんな数の数え方をしていては、計算が上達する訳無いですよね。
日本人はお隣の中国の論理的な数詞体系を借りましたので、大多数の日本人が計算が速く精確です。例外がありまして、印度人の数詞体系はカオス(混沌)なのですが、それでも印度人は計算に強いのは如何してなんでしょうかね?

さて欧州語の影響下にあるイド語は如何なんでしょうか?皆様、既にご存知の様に生活で頻繁に使う小さな数では日本語や中国語同様に非常に論理的です。所が大きな数になると欧州語のマンマ。しかも数詞ではなく名詞を使う様になります。大雑把に掴むしかないからでしょうね。更に、その大数も欧州内で統一されているとは言えないんです。以下の様に.....

欧州多数派方式 / 独逸方式
Miliono 100,0000 (百万) / 100,0000 (百万) 独語では Million
Biliono 10,0000,0000 (10億) 独語では Milliarde / 1,0000,0000,0000 (1兆) 独語では Billion = 1000 Milliarden
Triliono 1,0000,0000,0000 (1兆) / 1,0000,0000,0000,0000 (百京)
::: (独語では Billiarde 1000兆/1000 Billionen があります。):::
Quadriliono 1000,0000,0000,0000 (1千兆、10の15乗) / 想像外 (10 の24乗)
e. c.
そこで、イド語の様に大きな数を名詞にするのではなく、あくまで数詞として以下の様に取り扱ってみます。大きな数詞の名前は北京語から借りました。

[1万]:ten thousand = wa4n -> wan 10の4乗
10万:a hundred thousand -> dekawan
100万:a million -> centawan
1000万:ten million -> milawan
[1億]:a hundred million = yi4 -> yi 10の8乗
10億:a billion -> dekayi
100億:ten billion -> centayi
1000億:a hundred billion -> milayi
[1兆]:a trillion = zha4o -> jao//jaw (こちらの形の方が良いか?) 10の12乗
10兆:ten trillion -> dekajao//dekajaw
100兆:a hundred trillion -> centajao//centajaw
1000兆:quadrillion -> milajao//milajaw
最近はスパコンの世界では京も使われる様になっておりますね。
[1京]: = ten quadrillion -> ji1ng (この中国語発音はイド語にし辛いので日本語で) -> key 10の16乗
でも余り必要ないかも?

4桁ずつ数字を括って行く方が、3桁ずつ数字を括る欧米式よりも実用的なのは、日本人ならば、生活の実感ではないでしょうか?

[追記] 大数を名詞化すると、wan -> wano : yi -> yio : jao -> jaoo ? ウップス! // jaw -> jawo 
jaoo はやっぱり発音し難いですよね? ですから、兆だけは、数詞、名詞兼用として、どちらも jao としては如何でしょうか?兆くらい大きくなると、名詞的な感じもありますしね。(:-P

日本人は、現実的には兆以上の数は余り使う必要がない事を知っておりますが、例えば天文学でもっと大きな数が必要になった時に、京..... 何々と続けて行くのかと言ったら、そんな数詞は覚え切れません。その場合には10の何乗と言うしかありません。
10の4乗 unesmawan 万
10の8乗 duesmawan 億
10の12乗 triesmawan 兆
10の16乗 quaresmawan(tetesmawan) 京
10の20乗 kinesamwan 漢字が難し過ぎて表記不能
10の24乗 sisesmawan 漢字が難し過ぎて表記不能

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます