エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

L'acentizo en Ido. (Apendico 1-ma.) イド語のアクセント法(補遺1)

Quale dicesas tre juste en Progreso, I, 383, « La questiono di l'acento esas un ek le maxim desfacila, quan on devas solvar en L. I. artificala, se on volas konciliar maxim bone posible la regulozeso e la naturaleso. Unlatere, on devas havar regulo generala e simpla pri acentizo, e ne, quale en omna lingui, fidar a l'uzado kom sola regulo o guidilo. Altralatere, on devas respektar maxim ofte posible la « natural » acentizo di la vivanta lingui, por ne ofensar la fonetikal kustumi di lia adepti, ed igar la L. I. leda e desaminda ad li. »
「Progreso」誌・第1巻383頁では、『アクセントの問題は、もし、その規則性と自然性との折り合いをできる限りつけようとすれば、人工国際語の中で解決しなければならない最も難しい問題の一つである。一方、アクセントについては一般的で単純な規則を持つべきなのだが、そうでなければ、全ての諸言語のように、単独の規則あるいは指針として使用法に信頼を寄せなければならない。他方、その仲間の音声的な慣習を害さずに、国際語を見苦しくさせないためにも、生きた言語の“自然な”アクセントを最大限、尊重すべきである。』と、述べていることは正しい。
En I, 479, on remarkigis, ke « l'ortografio di l'internaciona vorti restas generale la sama en plura lingui, dum ke l'acentizo multafoye varias : Hungara : ôrtografia.
第1巻479頁で注意を促している。『国際的な語彙の正書法は、そのアクセントが多くの場合、変化しているのも関わらず、複数の諸言語では通常、同じままである。
ex. I. ortografîa, R. orthogrâphiya, E. orthôgraphy;
例)「ortografîa」(伊語)、「orthogrâphiya」(露語)、「orthôgraphy」(英語)
D. Agonîe; I. agonîa; R. agôniya; E. âgony.
「Agonîe」(独語)、「agonîa」(伊語)、「agôniya」(露語)、「âgony」(英語);
D. Geologîe; I. geologîa; R. geolôgiya; E. geôlogy; Hungara : gêologia.
「Geologîe」(独語)、「geologîa」(伊語)、「geolôgiya」(露語)、「geôlogy」(英語)、「gêologia」(ハンガリー語)
Pos altra exempli, on propozis fixigar, ke : l'acento ne povos falar sur la i, mem ne en la vorti : agonio, alegorio, amfibio, e. c. Ed on adjuntis : « Por enduktar to, on devus establisar aparta regulo, nome, ke on ne povas acentizar la i en la songrupi io, ia (anke ie). »
他の例をあげた後で、『アクセントは、単語の上でなく、「i」の上に置くことは出来ない。たとえば、「agonio」「alegorio」「amfibio」などだ』と、決めることを提案した。そして、次のように,付け加えている。『それを導入するために、別の規則を確立しなければならないだろう。つまり、音の集合「io」「ia」(また「ie」も)の中では「i」にアクセントを置くことは出来ない』とも、述べている。
En II, 8, pri la regulo dil acentizo en ‘neutral‘ (acento sur la vokalo avan la lasta konsonanto) on igis atencar, ke ta regulo, se ni adoptus lu, devus aplikesar anke ad altra finali kam ia, io, nome ad omna radiki qui finas per vokalo : aleo, ideo, lineo, tineo, manuo, sexuo, rituo, precipue; ed ol transportus, en omna vorti, l'acento sur la prelasta silabo di la radiko.
同誌第2巻8頁では、’中立’のアクセント規則(最後の子音の前の母音上にアクセント)について、もしそれを採用したならば、その規則は「ia」「io」よりも別の語尾にも応用しなければならない。いわゆる、「aleo」「ideo」「lineo」「tineo」「manuo」「sexuo」「rituo」「precipue」のような、母音で終わる全ての語根に対しても適用しなければならない。
Pluse la regulo esas kelke ambigua : « la lasta konsonanto » ... kad di la radiko, o di la vorto? Se : « di la vorto », to chanjus la loko di l'acento en l'akuzativo (homôn vice hômo) e precipue en la verbal formi : amâs, amîs, amôs...
付け加えると、この規則はいくらか曖昧である。『最後の子音』とは、語根の最後の子音なのか、単語の子音なのか? もし、『単語』の子音であれば、対格の中でアクセントの位置が変わることもある(「hOmo」の代わりに「homOn」)。また、動詞的の形態は重要だ。「amAs」「amIs」「amOs」などなど。
Nur l'infinitivi esus lore konforma a la general regulo.
この時、不定詞だけは一般規則に合致しているだろう。
Se : « di la radiko », on devas definar la radiko, plu juste la radikalo di singla vorto : ex. en amanta, amesos, am esus la radiko, e amant, ames, la radikalo; en lumizo, lumiziva, lumiziveso, lum esus la radiko, e lumiz, lumiziv, lumizives la radikali.
もし、『語根』の子音であれば、語根を(より正確にいえば、単数形の単語の語幹)を明確にしなければならない。(例えば、「amanta」「amesos」の中では「am」が語根であり、「amant」「ames」が語幹となる。「lumizo」「lumiziva」「lumiziveso」でいえば、「lum」が語根であり、「lumiz」「lumiziv」「lumizives」が語幹である。
Ka to ne esus komplikajo e desfacilajo por la lernanti?
これは、学習者にとってややこしくて、困難な問題なのだろうか?
En II, 583, Sro OTTO JESPERSEN, per fundamental e detaloza artiklo klarigis admirinde la questiono.
同誌第2巻538頁で、オットー・ジェファーソン氏は、基礎的かつ詳細な記事で、この疑問を見事に説明している。
Il dicis : « La exempli alegata da Sro DE JANKO tre bone demonstras, ke esus komplete neposibla trovar acentizo naturala por omna populi, pro ke omna imaginebla sistemi esas reprezentata en nia lingui, ed ultree, omna speci de nesistemo o de to quo aparas adminime tala, exemple l'Angla.
同氏は次のように言っている。『ド・ジャンコ氏が挙げた例は、あらゆる民族にとって中立的なアクセントを見つけることは完全に不可能であることを上手く証明している。なぜなら、全ての想像できるシステムは、その上に、あらゆる体系化されていない種類、少なくとも、例えば、英語のような種類は、我々の諸言語で説明されているからである。
Mem la maxim internaciona vorti ofte prizentas variiva acento, quale E. châracter, D. Charâkter, F. caractêre; isl., hung., e finl. fîlosofi(a), E. philôsophy, R. filosôfiya, F. D. philosophie; e mem en geografial nomi ni trovas simila diferi, ex. : isl., hung. e finl. Âmerika, D. E. Amêrika, F. Amérique...
最も国際的な語彙でさえもしばしば、変わりやすいアクセントを見せている。 「châracter」(英語)、「Charâkter」(独語)、「caractêre」(仏語)。「fîlosofi(a)」(アイスランド語、ハンガリー語、フィンランド語)、「philôsophy」(英語)、「filosôfiya」(露語)、「philosophîe」(独語)(仏語)。地理的名称でさえも、同じような違いがある。例);Âmerika(アイスランド語、ハンガリー語、フィンランド語)、「Amêrika」(独語、英語)、「Amérique」(仏語)。
En linguo havanta strukturo simila a nia, on ne povas strikte e sole aplikar la unesala principo, acentizante sempre la lasta silabo, pro ke ol esas, en preske omna vorti, senvalora finalo (vokalo di nura gramatika valoro), e tamaniere on ruptus komplete la valorprincipo.
私たちの言語に似ている構造を持つ言語では、常に最後の音節にアクセントを置いており、単一の原則を厳格に単独で適用することは出来ない。なぜなら、ほとんど全ての単語で、非母音の語尾(文法的な意味での母音)であるからであり、その方法では母音原則を完全に中断できないからだ。
Pezigante la prelasta silabo, on kontentigas grandaparte la unesma tendenco, ed en granda nombro de vorti anke la valorprincipo, pro ke nul esas la maxim grava parto di nule; tale anke kâra, vôrto, mûlti, sêmblas, atrâkto, e. c.
最後から二番目の音節を重くすることで、大きな部分では最初の傾向を満足させ、大抵の単語の中でも、価値原則をも満足させる。なぜなら、「kâra」「vôrto」「mûlti」「sêmblas」「atrâkto」などのように、何の悪いこともないからである。
En altra vorti, quankam la prelasta ne povas dicesar la maxim valoranta od importanta por la signifiko, la sama acentizo esas tote ne evitebla pro la karaktero esence romanika quan la linguo posedas; nulu propozus altra pronunco kam acênto, detrimênto, exêmplo, hiacînto, exâkta, krokodîlo, pelikâno e sennombra altri.
他の単語でも、最後から二番目の音節は、意味として、価値があり重要だとは言えないし、同じアクセントはその言語が持っている本質的にロマンス語的な特徴のせいで、全く避けることは出来ないのである。誰も、「acênto」「detrimênto」「exêmplo」「hiacînto」「exâkta」「krokodîlo」「pelikâno」など無数の単語の他に、別の発音を提案なぞしないであろう。
Esas do naturala, ke la maxim multi favoras acento sur la prelasta; la questiono esas nur, kad on devas establisar ecepti. »
故に、大抵の人たちは最後の二番目の音節のアクセントを好んでいることは当然であり、疑問があるとすれば、例外を確立しなければならないのか、ということだけである。
Citinte 34 vorti per ica regulo acento « sur silabo qua aparas nenaturala a multa homi », Sro JESPERSEN questionas :« Kad on devus modifikar la regulo ed acentizar la triesma de la fino? Me respondas : no. Unesme pro ke to komplikus la linguo. Duesme, pro ke omni ti qui savas la Franca konocas ja acentizi quale consûl, gondôle, publîc, Amerîque, lyrîque, splendîde; e. c., sen esar shokata per oli.
このアクセントの規則を用いた34の単語を挙げた後、ジェファーソン氏は疑問を呈している。『多くの人たちに属している不自然な音節の上に(すなわち)、規則を修正して、語尾から三番目にアクセントを付けるべきなのだろうか? 私は「否」と答える。まず第一に、それは言語を複雑にするからである。第二に、フランス語を心得ている全ての人たちが、「consûl」「gondôle」「publîc」「Amerîque」「lyrîque」「splendîde」などのような単語のアクセントを、衝撃を受けることなく、すでに知っているからである。
Triesme, pro ke en multa kazi vorti derivata de ca vorti aquiras naturale duesmagrada acento sur la silabo « qua devas portar l'acento » : pôpulôza, sîmulânta, sîmilêso, pûblikîgo, Amêrikâno, spîritîsmo; e. c. »
第三に、多くの場合、この単語から派生された語は、アクセント付けるべき音節に、自然に第二アクセントを付けるようになっているからである。「pôpulôza」「sîmulânta」「sîmilêso」「pûblikîgo」「Amêrikâno」「spîritîsmo」など。
Pri la acento il indikas plura reguli inter qui on povus selektar. Ma il judikas la sequanta kom la maxim bona : La prelasta vokalo, ecepte ke en plursilaba radiki, i e u nemediate avan altra vokalo ne povas portar acento...
そのアクセントについては、選択できる複数の規則を示している。しかし、それらは最もよいものとして、次のように結論を下す。複数音節の語根において他の母音の直前の「i」と「u」にはアクセントを置かないことを例外として、後ろから二番目の母音にアクセントを置く。
La vorto « plursilaba » esas necesa, pro ke sen ol on havus nula regulo pri pîa, nîa, e.c...
「複数音節」という語は必要だ。なぜなら、それ以外に「pîa」「nîa」についての規則はないからだ。
Ta regulo « konkordas en maxim multa kazi kun la valorprincipo.
この規則は、母音原則として多くの場合に一致している。
Ol evitas acento sur patrôn, niân, amâs.
これは、「 patrôn」「niân」「amâs」の上のアクセントを避けている。
Ol esas facile memorenda e aplikenda sen presupozar ula ciencala konoci pri « mivokali » o pri latina od altra acentoreguli.
「半母音」やラテン語や他の古典的な規則についての学問的な知識を前提としなくとも、この規則は、記憶され、適用されるべきである。
Esas vera ke en klaso 3 (irônio,akadêmio, simfônio, filozôfio, melôdio, teôrio, e. c.) ni havas acento qua semblas nenaturala, ma on devas memorar, ke on havas kelka nenaturalaji, irge qua regulo adoptesas, ed anke, ke per ca regulo la ritmo konservas acento (miforta) sur la sama silabo kande on adjuntas finalo :
第3クラス(「irônio」「akadêmio」「simfônio」「filozôfio」「melôdio」「teôrio」など)の中で、不自然にみえるアクセントがあることは本当だが、不自然なものはいくらかはあることや、採用された規則がいかなるものでも、語尾を付ける時は同じ音節上に、この規則を用いて韻律が(第二)アクセントを維持することを覚えておくべきである。
melôdiomelôdiôza
sôciosôciâla, sôciêto
irônioirôniâla
gêniogêniâla
sêxuosêxuâla
Multa ek ta derivaji konkordas kun la acentizo en naturala lingui, kp. E. melôdious, D. melôdish; E. sôcial, D. sôcial; E. irônic, D. irônish;E. ceremônious, sêxual, mânual, e. c.
この派生語の多くは、自然言語でのアクセントと一致している。例): 「melôdious」(英語)、「melôdish」(独語);「sôcial」(英語)、「sôcia」(独語);「irônic」(英語)、「irônish」(独語)
Notez anke ke filozôfo, filolôgo e filolôgio ligesas per acento, e ke philosôphia, ceremônia, litûrgia, e. c. estas la latina acentizo, quan la Franci e segun lia exemplo anke kelka altra nacioni chanjis...
「filozôfo」「filolôgo」「filolôgio」はアクセントでつながりがあり、「philosôphia」「ceremônia」「litûrgia」などは、フランス人や彼らの例に従った他の民族が変えたラテン語のアクセントである。
Pos tante bona demonstro l'Akademio povis nur aceptar la regulo quan Sro JESPERSEN indikis klare kom preferinda.
そのような優れた論証の後に、アカデミーはジェファーソン氏が明らかに望ましいと示していた規則だけを採用することが出来た。
Ol agis lo unanime minus un voco per la decido 57 : L'acento esas sur la lasta silabo di l'infinitivi e sur la prelasta silabo di la cetera vorti. Ma en plursilaba radiki, i e u nemediate avan vokalo ne povas recevar l'acento. Konseque omna radiki finanta nun per y pos konsonanto chanjos ol ad i.(Progreso, III, 322.)
それは賛成多数(反対は1票)で決定57とされた。『アクセントは不定詞の最後の音節の上に置き、その他の語(品詞)は最後から二番目に置く。しかし、複数音節の語根では、母音の直前にある「i」と「u」にはアクセントをおかない。したがって、子音の後の「y」で終わっている全ての語根は、「y」を「i」に変える。』(「Progreso」誌・第3巻322頁)
Pose aparis en III, 392, la sequanta konsideri : « Unu de nia amiki astonesis pri la nuva (nova) regulo di acentizo, qua semblas ad il komplikita; il preferus regulo tote uniforma, exemple : l'acento sempre sur la prelasta silabo, ed il qualifikas ecepti omna deviaco de ta simplega regulo. Altru remarkas nur, ke la nova regulo donas a kelka vorti acentizo ne « naturala ».
その後、同誌第3巻392頁では次のように考察している。『同志の一人は、アクセントの新しい規則について、驚いた。彼はアクセント規則は完全のように思っていたし、全く一律の規則を好んでいたのだろう。他の同志は、新しい規則は幾つかの単語に、不「自然」さを与えるとだけ、注意を促している。
A to ni respondos : 1e ke la regulo di acentizo esis longe diskutata hike, ante la decido di l'Akademio, qua rezultis de ta diskuto ipsa; 2e ke nula regulo di acentizo povas sequar la naturala acentizo, pro ke ca acentizo esas senregula (t. e. senuniforma regulo); 3e ke nula regulo di acentizo povas kontentigar omna populi, pro ke l'acento varias, por la sama vorti segun la lingui.
これに対して、私達は(次のように)答えよう。.▲セント規則は、アカデミーの決定の前、ここで長い間、議論されていたし、それはその議論自体からもたらされたものだ。▲▲セント規則は決して自然なアクセントに従うものではない。なぜなら、そのアクセントは不規則なものであるからだ(いわゆる「一律でない規則」)。アクセント規則は決して全ての人々(民族)を満足させることは出来ない。なぜなら、アクセントは諸言語にしたがって、同じ単語でも変化するからだ。
On devas agnoskar, ke la nova regulo konstitucas granda simpligo en l'ortografio, per ke ol unigas la finali -io, -yo, inter qui on ofte hezitis e dubis, sugun l'atesto di multi. Ol esas do reala simpligo ed uniformigo.
(次のことを)承認しなければならない。新しい規則は正書法の大きな簡素化を構成するものである。多くの人たちが証明していることだが、しばしばためらい、危ぶまれていた語尾「-io」と「-yo」を統一することである。ゆえに、これは現実の簡素化であり、統合化なのである。
Ti qui dezirus simpligar ed uniformigar « komplete » la regulo di acentizo esas Franci, e quale Franci nule komprenas l'importo di l'acento por la cetera populi.
アクセント規則を‘完全に’簡素化、統合化を願っていたのはフランス人である。フランス人は、その他の諸民族諸国民にとってのアクセントの重要性を理解していない。
Semblas a li indiferenta acentizar ca o ta silabo, pro ke li reale acentizas nula, o (nekoncie) acentizas sempre la lasta. Ico esas grava kulpo e danjeroza eroro.
おそらくフランス人にとって、どの音節にアクセントを付けるのかということはどうでもいいことなのだろう。なぜなら、彼らにはアクセントはないからだ。(無意識に、常に最後の音節にアクセントはあるものの…)。これは大きな罪であり、危険な間違いである。
L'acentizo maxime importas, ne nur a la beleso e harmonio di nia linguo, ma a lua komprenebleso por omna (o maxim multa) populi. Or de l'internaciona vidpunto, esas nule indiferenta, ke la finali -ar, -ir, -or dil infinitivo esez acentizata o senacenta.
我々の言語(イド語)の美しさと調和性にとってだけでなく、全ての(あるいは多くの)民族国民のための理解しやすさにとって、最も重要なのである。この時、国際的な観点から見れば、不定詞の語尾「-ar」「-ir」「-or」にアクセントを置くのか、置かないのかということは、決して、どうでもいいようなことではないのである。
Simile, esas tote neposibla, fonetike, acentizar aqûo e lingûo, fîlîo o familîo, sekretarîo e notarîo (quankam Esperanto facas la lasta kulpo) ankore (mem) min qûa, qûo.
同じように、(エスペラントが最後の罪を犯しているが) 「aqûo」「lingûo」や、「fîlîo」「familîo」や、「sekretarîo」「notarîo」とアクセントをつけることは、音声学的に全く、不可能なのだ。まだ「min qûa」「min qûo」さえも同じ。
Ne esas arbitriala regulo, ma fonetikal fakto universala, ke la vokali i e u avan altra vokali divenas generale mi-konsonanti,ne nur en la finali, ma interne di la vorti (ex. : koliaro, buliono, liuto) *1.
他の母音の前の「i」と「u」という母音は一般的に、語尾だけでなく、語の中にあっても、半子音になることは、普遍的な音声学的な事実であって、気まぐれな規則ではない。(例:「koliaro」「buliono」「liuto」)
La nova regulo simple konstatas ica fakto, nur kelke generaligate ol, pro ke omna regulo devas esar generala.
新しい規則は、すべての規則は一般的であるので、若干、一般化されて、この事実を単純に実証している。
On ne devas parolar pri « ecepti », pro ke ni adoptas regulo diversa por speci de vorti o de vokali, qui esas reale diferanta.
‘例外‘について語るべきではない。なぜなら、実際に異なっている単語の種類、あるいは母音の種類のために、様々な規則を採用したからである。
Existas nula neceseso, mem nula motivo, por ke l'acentizo esez « simpla ed uniforma ». t. e. falez sempre sur la sama silabo en omna vorti; tala acentizo meritus prefere la nomo di « arbitriala regulo ».
何の必要せも存在せず、いかなる理由もない。なぜなら、アクセントは“単純で一律”であるべきだからである。つまり、常に同じ単語の同じ音節の上にアクセントを置くべきだ。そのようなアクセントは、むしろ“任意的な規則”の名称を冠せられよう。
Se Zamenhof adoptis tala regulo por Esperanto, to ne venas de irga profunda intenco o misterioza sajeso; il simple imitis l'acentizo di sua linguo, la Polona.
ザメンホフがエスペラントのためにそのような規則を採用したとするならば、それはいかなる深遠な意図からも、神秘的な智慧からも、来たものではない。彼は単純に自分の言語、ポーランド語のアクセントを模倣したのである。
Se ulu havas la yuro reprochar, ke nia regulo ne esas « simpla », to certe ne esas l'Esperantisti, qui, fanfaronante pri la simpleso di lia gramatiko en « 16 reguli », kontas kom un sola regulo... la tota konjugado! »
もし、誰かに、我々の規則は“単純”ではないと、非難する権利があるとしたら、それは決して、エスペランティストたちではない。彼らは“16の規則”の中に文法の単純性について自慢をしながら、全ての動詞変化を、一つの規則として数えているのだから!

ベブソンのチャチャ:

欧米人にとっては、普段聞き慣れている単語が別のアクセントで発音されると違和感があるのですが、日本人には何の問題もありません。
ただ、母音の中で iと u だけが、時に子音化して y と w に変化するので、その時に、アクセントの位置が元の単語の位置からずれるのが、要注意なだけですね。マア全て慣れの問題なので、イド語の発音に慣れきってしまえば、欧米人でも文句を言う人は少なくなって来ると思います。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます