エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

POKEMON GO IGAS USANI LERNAR METRALA SISTEMO DI UNAJI:

「ポケモンGO」で米国人が単位のメートル法を学ぶ

Nur tri landi dil mondo uzas la Angla Sistemo di unaji (milio, yardo, inch, grado Farenheit), esante Usa un de oli, e to provokas multa problemi nam to ne esas tre regulara sistemo, vice la metrala sistemo o plu bone nomata INTERNACIONA SISTEMO, ube omna unaji uzas bazo 10, (milimetro, centimetro, metro, kilometro, edc.), advere tre facila lernar.
世界の三カ国だけが単位の英国式(マイル、ヤード、インチ、華氏温度)をつかっているが、そのうちの一国が米国で、これは多くの問題を刺激している、なぜならこれは規則的な体系といったものではないからだが、メートル法やもっと良い国際的な体系の代わりに使われている。(メートル法や国際基準は)すべての単位が10を基本にしている(ミリメートル、センチメートル、メートル、キロメートルなど)、確かに学びやすいものだ。
Nu, la Usani, un del precipua uzanti dil nova ludo por portebla telefonili, Pokemon Go, (me supozas ke omni ja savas ke esas Pokemon), mustas konvertar unaji del Internaciona sistemo aden la Angla Sistemo (olquan nek la Britaniani ipsa uzas) por kalkular la disti ube la fiktiva monstri esas e povar kaptar oli.
さて、この米国人たち、スマートフォンのための新しいゲーム(ポケモンGO《皆さんがポケモンのことを知っていると仮定してお話ししているのだが》)の主なゲーマー国のひとつであるが、彼らは国際体系の単位から英国式へと単位を変換しなけばならない。(これを使っているのは英国人自身ではない)、架空のモンスターがどこにいるのか、どこでそれらを捕まえることができるのか、その距離を計算するためにだ。
Dum yardeki ciencisti ed injeniori klamas ke la Usani devus chanjar al internaciona sistemo same kam la cetera mondo, e to esabas anke kapodoloro por la jenio-studenti di ta lando.
数十年間、科学者たちとエンジニアたちが、米国人は他の国と同じ国際的単位に変えるべきだと叫んできており、これは、その国の若い学生たちの悩みの種であった。
Mem Usa perdis ulafoye spacala sondilo en la Marsana atmosfero pro ke la aparato uzis internaciona sistemo ma la kontroleri uzis Angla sistemo.
米国でさえも、装置が国際基準なのに操作する人間たちが英国式を使っていたために、宇宙探査ロケットを何度か、喪失してしまったことがある。
Ironioze, un telefonilo-ludo povus chanjar ica situeso. Ni savos lo balde.
皮肉なことに、ひとつのスマートフォンゲームがこの状況を変えるかもしれないのだ。直に分かるだろう。

フェースブック・公開グループ「Ido」に投稿されたJose Cossioの記事より(2016年7月23日)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます