我だ。魔杖エターナル・ロアだ。古くから魔杖として恐れられている生きている杖だ。
 古くから生きている故にこのような古風な喋り方をする。
 黒ウィズプレイヤーからは「ロア」「ロアちゃん」などと呼ばれる事が多いようだな。

概要だ。

 我を使う者は絶大な力を得る代償として、我に精神と身体を奪われる。かつては人々に恐怖と絶望を与えたものだ。
 ちなみに乗っ取られるとその対象が人であろうと手形の魔物であろうと顔も体つきもイケメン金髪青年に変わるために元の姿が全く分からなくなる。

 しかしこの小娘、リルムに封印を解かれたものの我の言うことを一向に聞かず(杖が喋るわけがないと無視していたようだ)、それ故に精神を乗っ取る事が叶わなかった。(USGの頃には無視する事はなくなったが)
 我の使い方も「杖は投げつけるもの」とばかりに投げたり、運や分かれ道での行先を決める道具として使われたり、物干しにされたりと散々な目に合ってきた。
 杖は投げつけるものではない!

 UGでエリスとか言う娘の祖父が我を封印しようとして失敗した過去がある事が判明した。少々、物足りなかったがな!
 なお我を封印したのはリルムの父だ。USGのストーリーを見れば分かるが。

 ちなみに我の担当声優は細谷佳正氏だ。しかし、2017年4月24日に喉の治療の為、一時期休業していた。
 ………あれ?そうなると、我が出る機会って、減る事になるのか?
 不幸にもアイドルωキャッツの黒猫代表に小娘とガトリンというナースが選ばれてしまい、我の出番と心労が逆に増えてしまった。
 その後アルティメットハロウィンガールズではいつも通りに戻っている。
 身長(杖長?)は190cmだ。小娘は自分より34cmも長い我をよく遠投できるものだな…

 2019年ゴールデンアワードではあの猫を抑えてイベント精霊部門1位となる事ができた。
 これも我を応援してくれたお前たちのお陰であろう。感謝する。

 ふっ。もはや「かわいいロアちゃん」は、もうおらぬわ。我は魔杖。再び人々に恐怖と絶望を与える時が来た。覚悟するがいい。
 …え?我倒されちゃう?レイドでフルボッコされちゃうの?
 レイドに関しては「超魔杖列伝 我だ。魔王エターナル・ロアだ。」のページを参照。
 予告画像の時点で、我既に涙目。我より怖いよお前らの姿。

性能概要及び履歴だ。

甦りし古の災厄 エターナル・ロア

 火単色 AS:種族特効 SS:大魔術
相互進化版 水単色 AS:チェイン攻撃 SS:犠牲大魔術
 UGでの我の姿だ。火属性で種族は術士。
 物質と術士に特攻なので魔導書のクエストでは有用だろう。というかこれでは基本的に魔導書周回用としか使われないが、とある歌姫の世界やどこぞの犯罪率がヤバい町では大いに暴れさせてもらった。まあインフレが進んだ今では魔導書クエストであっても我を起用する者も減ったようだが…。

 UGでは小娘が我を紛失したおかげでたまたま我を拾った者の精神と身体を乗っ取る事ができた…が、すぐさま引き離されてしまったな。
 この騒動のおかげでUGアリエッタイベントのはずなのにアリエッタが脇役と言われる事があるようだ。
 なおUGでは周回報酬がなかった故に、何周しても我を完成させる事ができなかった者もいたようだ。

 黒ウィズダンジョン3の報酬の進化素材を使うことで、水属性へ相互進化できるようになった。
 水属性の我は反射無視の犠牲魔術(MAXHPの50%消費)が使えるので、不調AS持ちや不調大魔術持ちと相性が良いだろう。
 UGの小娘と同じスキルセットだ。別にだからといって特には無いのだが。

海を楽しむ魔道具 エターナル・ロア

 水 AS:回復 SS:シャッフル・パネル変換
 USGでの我の姿だ。水属性で種族は物質。
 攻撃力は皆無だが5000を超えるHP、たった2TでLモードに入るなど、使い方次第では上級者でも有用だ。経験値兇里箸いΥ少な潜在能力も持っているぞ。
 ASは回復なのでヒーラー不足ならば連れていくがよい。

 覇眼戦線2で入手可能である覇眼結晶とは、我が2ターンでLモードとなれる事から相性が良い。特に煌眼との相性は抜群だ。
 Lモード→煌眼発動→SS2使用→2問正解→Lモード…のようにループを続けて行くと、よほどの事が無い限り戦い続けられるだろう。
 ただし、回復反転には注意するのだ。我、単色精霊だからな。
 しかし我に属性反転という小賢しい技などは効かぬ、単色精霊で良かった。

夏を制した大災厄 エターナル・ロア

 火/水 AS:回復 SS:ステアップ
 USGに合わせた我の人バージョンだ。火/水属性で種族は術士。
 ASは杖の時と同じく回復で攻撃力も皆無だが、SSは非常に有用なスキルであるステータスアップだ。
 だがさすがに配布版であるが故にターン数はガチャ産よりも多いのがネックであろう。
 また覚醒に問題難易度ダウンが入っているのも大きなポイントだ。火属性では我が初めてのようだな。

 人バージョンという事は我が誰かを乗っ取ったというはずなのだが…そのような話は今回なかったはずだ。我は見境なく体を乗っ取るような美学のない杖ではないからな。そもそもそのような事があればエリスのあの匣の餌食になるのは目に見えている。

魔杖ポリスメン エターナル・ロア

 火/闇 AS:回復 SS:継続回復
 UHGで配布された我の人バージョンでなぜポリスメンかは分からない。火/闇属性で種族は術士。
 ASは杖の時と同じく回復で攻撃力も皆無だが、SSはチェンプラ付き継続回復だ。
 複属性に闇が付いて回復反転には強いが属性反転には弱い。
 竹書房?ポリスメンだがそんなものは知らんぞ?

杖アイドル エターナル・ロア

 雷/水 AS:回復・ガード SS:AS倍率強化
 アイドルωキャッツ!!で配布された我の人バージョンで、小娘たちに倣いアイドルになってみた。雷/水属性で種族は術士。
 ASは回復で5chでガードも付属、そしてSSは5ターンのチャージが必要となるがAS倍率強化だ。
 そのためヴィクトリア難民は我を雷/水デッキに入れるとよいだろう。だんちょーと違いトーナメントには使えないがな。
 しかし2019年の正月にはチャージが不要なMARELESSが配布で登場したため我の立場危うい…?(ASが異なるので差別化はできるかもしれんがな)

 なお、我が悪いわけではないが、このイベントで我を入手するためにはかなりの量の周回が必要であったため非常に不評であったようだ。

杖界の1位 エターナル・ロア

 火単色 AS:属性特効 SS:パネル爆破大魔術
 黒ウィズゴールデンアワード2018のイベント精霊部門では嘘猫に敗れたものの、2位となったので黒ウィズダンジョンの交換精霊として登場したぞ。
 火単でなんとパネル爆破大魔術だ。…実は爆破ならもっと適役がいるのだがな。UWGでセカンドファスト型を貰えて爆破し放題になったが。
 威力こそはMARELESSのルシーニアに劣るものの、ASや種族で使い分けはできる…はずだ。
 ルシーニアを手に入れられなかったなら我を遠慮なく使ってくれ。精神を乗っ取る気は無いから安心しろ。…本当に無いぞ!
 しかし、我の魔法よりも威力の高い薬学ってすごいんだな…我もソフィは怒らせないようにするか。

魔杖バーテンダー エターナル・ロア

 火/雷 AS:分散攻撃 SS:ダブルAS付与 EX-AS:複属性攻撃強化
 UWGで配布された我だ。最近の配布にしては珍しく3段階進化になっているぞ。
 火/雷属性のWAS付与で正月ロザリア&ノクスの劣化版となっている。とはいえASが分散になっているのとエンハがない以外はそう使い勝手は変わらないので上のアイドル2の我のようなAS倍率強化の劣化版程使いにくくはないぞ。エンハはFairyChordで手に入る結晶で一応つけられるしな。
 同イベントのガチャの小娘は同じく火/雷のLカウントなので持っていればロスエデ3のリザや喰牙3のジルなどと組ませると良いな。

魔杖にして魔王 エターナル・ロア

 火/闇 AS:全体攻撃 SS:大魔術 EX-AS:貫通
 黒ウィズゴールデンアワード2019のイベント精霊部門で1位になれたので作られたレイド版の我だ。

現在の我。

 小娘リルムが出るイベントでは何かしら我の出番(ロクでもない扱いしかされないが…)があり、その扱いっぷりで黒ウィズプレイヤーを大いに沸かしているようだ。
 …まあ我の扱いはともかく、我のおかげで黒ウィズプレイヤーが楽しんでいるのであればそこまで悪い気はしないか。我もよい大人であるからな。

 以前は小娘と共に死界へ行ったが無事に戻ってこれた。まあ小娘はこのまま死んでくれても良かったのだが。べ、別に小娘のために助けたんじゃないからな。エリスのお仕置きが怖かっただけだ、うん。
 クリスマスストーリーで知っていると思うが、最近は年が近いイーニアとよく話すようになってしまった。長年生きている者同士気が合うという事だろうか。

 アイドルωキャッツでも我の扱いが適当で掃除用具入れに放り込まれたり、傘立てに入れられてしまった。小娘以外にも人の話を聞かない娘たちで我は悩む。
 しかしストーリー中での我の立ち位置は、まともどころかかなり良い立場であったと思うが、これを見ているお前はどう思うだろうか?まあアイドルがほとんどアレだからな。
 今回はデスタイガーを乗っ取ってみるが、例によって小娘にヘンタイと呼ばれファンの振りをしてなんとか乗り切った。
 さすがの我もボブの精神が強靱すぎて我の力が通用しないことが分かった。我、消沈。(実力が衰えた可能性もなきにしもあらず。)
 きゃっつ(仮)デビューライブで我は小娘に投げられ天井に刺さってしまった。リルムちゃーん!

タグ

どなたでも編集できます