黄昏メアレス 黄昏marelessは黄昏メアレスシリーズの完結編イベント。
 テーマは「決戦」。

開催前
 5周年ニコ生で黄昏メアレス犬汎段魅廛蹈献Дトの制作が発表され、詳細は4月に公開とされた。
 4月9日16時のアプリ内お知らせ更新で特別プロジェクトのティザーサイトが公開された。
 さらに9日は昼、10日は夕方、11日は黄昏時とお知らせ画像の時間が変化している。
 4月11日にはYouTubeで『黄昏メアレス&MARELESS夢現の蝶』PV及び声優による〜メアレス特別プロジェクト〜黄昏メアレス特別座談会!! も公開された。
 主要メンバーは靴ら特に変わらない事が明らかになっている。
開催後
 鬼周回のイベントの後なのにまた周回をこなしてポイントを稼ぐ必要がある点を除けば、従来のメアレス通りである。
 シリアスが基本であるもののお笑い要素もあり、アーマードメアとファミリアメアを除けば過去のロストメアも全員登場と完結イベントを飾るのに相応しい豪華な出来となっている。
 またMARELESS夢現の蝶に繋がるためなのか、エンディング部分で次に続くかのような展開もある。

イベント内容

  • 本編 (2018年4月13日16:00〜5月31日15:59)
    • エクストラモード (本編ノーマル6-4クリア後開放、初期実装)
  • 黄昏メアレスIVリリース記念ログインボーナス (4月13日16:00〜5月31日15:59)
    • ログイン10日でL1枚確定10連ガチャ ※黄昏メアレスI・II・IIIの復刻闇鍋ガチャが対象
  • 超高難度クエスト (2018年4月19日16:00追加)

新要素

進行阻止クエスト(仮)

※ちゃんとした名前がないので仮の名前としてあります
 6-1で行われるクエスト。
 敵が進んでいき進行度が増えるので、100%に達する前に撃破する。
 その都合上コンティニューができない。
 当然だがこちらが全滅してもゲームオーバーである。
 「進撃」「大進撃」以外進行度が増えないのに、画面では常時進行しているようにしか見えないのは突っ込んではいけないのだろうか…?

新スキル「統一パネル変換」

 レッジが所有しているスキル。
 主属性と複属性を一致させるほど効果が上がる特殊パネル変換と思えば良い。
 それにしても運営は火/水、水/火、雷/水以外はどうしたいのか…

良かった点

ボイスが豪華

 1つ前のイベントでは進化前と進化後でイラストが大きく変わる場合でもボイスは一緒であったが、今回は進化前と進化後でボイスが変わる精霊が何体かいる。
 また主要キャラ以外にもボイスが入っているキャラが何人かいる。
 珍しいことに、高難易度の報酬精霊にもボイスが付いている。
 ゼラード&コピシュや叶わざる<夢>たちはSS1とSS2が同じかつ進化前のボイスがLと異なるため、L段階のSS1ボイスは聴く事ができない。

ストーリー

 今までのメアレスの例に漏れず、今回のストーリーも評価が高い。
 ネタバレのため詳細は伏せるが、メアレス最終章にふさわしいストーリーであると言えるであろう。
 上でも書かれているように、今までのメアレスと同じようにシリアス一辺倒ではなく程よいギャグテイストも織り込まれている。猫の日。

背景

 時間経過による風景の変化や、列車の上での戦闘等、秀逸な背景が用意されている。
 特にステージセレクトの背景は美麗かつ精緻。

悪かった点

周回してポイントを稼ぐ要素

 1つ前のイベントで言われた不満要素であった、何度も周回してのポイント稼ぎが今回もある。
 ただしアイドルポイントとは違い今回は最大必要ポイントが低いこと(20万で終わりでありエキストラ全問自力解答すれば最低3000ptも貰える)、またボスドロップや結晶化も復活したため、エクストラをクリアできるユーザーならボスを各1体作り終える前に自然と終わる模様。
 クイズポイント自体は聖なる空のエステレラと同じシステムで、正解率が低い問題ほどポイントが多く貰える。
 0T大魔術で一問も解答しないでクリアすると当然ポイントはもらえない。

報酬精霊が微妙

 ボス以外はサブクエコンプ報酬しかなく、コンプ報酬以外のボスは性能がいずれも微妙。

特殊仕様の6-1と6-2

 この2ステージは敵にダメージを与えながらストーリーが進むためかノーマル以下ではテンポが悪い。
 またクイズポイントを得る事もできない。

 特にノーマル以下の6-1は敵のHPのゲージが4段階(青緑黄赤)あるが1段階減る度にストーリーが進むため、1段階分HPを減らしたらストーリーが進むまでそれ以上HPを減らせない。
 ハードやエクストラは色の変わり目付近でダメージを与えても問題なく進行する。
 またALTERNAのように敵が3Dであるために倍速モードは効かない。
 同じ理由で6-1だけは冒険の回想でストーリーの見直しが不可能。ストーリーを見直すにはノーマル以下の6-1をやり直すしかない。

 6-2もイージーとノーマルはメアレス全員が加勢して攻撃するため、一気に撃破する事ができない。
 なおハードとエクストラは加勢してくれない。メアレス仕事しろ。
 ほぼ死産と言われる2レッジ唯一の見せ場でもある。
 あと一々変顔ミスティックメアが煩い。

ガチャ

 ゼラードとコピシュがペアになったため、従来通り6枚で収まっている。黒猫の魔法使いとの絆が強調されているためか、黒猫の魔法使いに呼びかけるセリフが多い。

黄昏mareless サンセット=リフィル

 雷/光のリュオン。
 SS+ではリピュアとペアとなっている。らっしゃーせー。魔道白刃取りぃ!

流星飛蝶 ガンダウナー=ルリアゲハ

 水/光のアルル(アウトランダー)。

血火咆哮 ダイトメア=ラギト

 水/闇のイスカ。

戦鳥裂帛 ウォーブリンガー=ミリィ

 火/雷のGAアルドベリク。
 GAアルドベリクの評価が微妙なため、こちらも微妙な評価となっている。が直後の魔道杯の一部のデッキで活躍した模様

剣光無尽 ゼラード&コピシュ

 雷/闇のアルルシ
 SSでコピシュ、SS+でゼラードとなっており、ボイスが全て異なる。
 4/16に絵の一部が変更されたとのお知らせがあった。(コピシュの左手とアイコンの腕)

激輪双旋 ウィールライト=レッジ

 火/水 AS:連撃・攻撃強化 SS1:パネチェン SS2:統一パネル変換
 新スキル持ちだがAS倍率強化と同じく火/水で揃える事前提であり、手持ちが少ない人には使い道がない。
 なおSS+カラー反転により口もとの傷がほうれい線に見えがちで、うっかりするとおばちゃんに錯視、ゆえにファンは一刻も早くLに進化させるとか。
メアレス魔導杯の覇級では最速クリアのキーパーソンとなっており、ほとんどの上位ランカーのアイコンがレッジだらけになるという事態も発生した。
 

報酬精霊

 魔道杯まであと1週間と言う所で捌式に使えそうな精霊を出してきたのだが、その条件がハードサブクエコンプであるため今回の魔道杯で使うには中々厳しいところ。

革命魔道 シードゥス

 黒ウィズゴールデンチャレンジのラディウスの雷/火。
 顔がBoNOのイーロスっぽい…?

暴論魔道 コルティーナ

 UHGのレナ人形の水。
 ポーズがどう見てもクロデブ1のオールド・ワンである。

裂魂魔道 アーレス

 心竜強撃のディルクーザの火/闇。雷の魔法を使う氷のようなものが描かれた火属性のカードと突っ込みどころが満載
 デュエルしそうなポーズ。
 直前のイベントとやたら親和性の高いキャラ設定と、その戦法故に色々犠牲になってることと迫真の演技が重なった結果シリアスなネタキャラと化した。
 半端ねえピュア

天理嚮導 ディルクルム

 雷/光 術士 AS:属性特効連撃・複属性強化 SS:スキルチャージ&遅延
 スキルチャージ&遅延持ち精霊は大魔道杯 with 魔轟三鉄傑のヒフミ以来の1年3ヶ月ぶりの登場。
 なお結晶化で複属性が光の精霊のHPを100増やす事ができる。
 こちらも半端ねえピュア

叶わざる〈夢〉たち

 ノーマルサブクエコンプ報酬。
 火/光の配布版メイフウ。これでセカンドファストスキルコピー配布型が3属性揃った事になる。
 なお進化前だと戦士、進化後だと魔族となる。

幻想魔道〈ミスティックメア〉

 元祖変顔、再臨。
 ハードサブクエコンプ報酬。
 エリアナ(アウトランダー)を持っていない人の捌式の6T用精霊と思われるが、ワンパンするにはそれなりの前準備が必要でデッキ構築難度が高い。

超高難度クエスト 人擬態級

 ボス戦一戦のみだが、5体で合体して復活するという新演出。合体ロボかな?
 登場するのは黄昏メアレス2の報酬精霊(ラスティメア、アイアンメア、ロードメア、ラウズメア、レベルメア)達。
 恭暗舛任僚佝屬多めだったためか、ドレスメアは登場しない。
 というかおそらくメアレス2のオープニングの再現のようなものだと思われる。
 なおアイドルキャッツ!!とは違い、こちらの超高難易度はクイズポイントがきちんと加算される。

 ボスの行動は、ラスティメア:パネルチェンジ、アイアンメア:鉄壁、ロードメア:恐怖(時限大魔術と同じ効果音)、ラウズメア:ガード、回復、レベルメア:カウンターと、それぞれのキャラの精霊のSSをイメージしたものとなっている。アイアンメアは友情ごっこしてていいのか? ←擬態したオルタメアではなくオルタメアに殺された本物のアイアンメアなのでは? ←キャラボイスを聞く限りでは、このアイアンメアは友情ごっこをしているオルタメアである可能性が高い。

 復活後は、これら全ての行動を織り交ぜてくる。

報酬 残響dearless

 雷/闇 魔族 AS:属性特効連撃・複属性攻撃強化 SS:起死回生
 最近のイベントでは珍しく2Pカラーではなくなり、ボイスもついている。
 結晶化すると魔族ATK+150の結晶になる。
 クロマグお兄さん&お姉さんの存在もあるため微妙と言われがちだが、雷/闇で組みたい時などで使える。

魔道杯

 事前のおせニャん#43にてメアレス魔道杯が開催されることが明らかとなっている。
 周年記念イベントとして位置づけられているイベントシリーズをテーマにした魔道杯は初めての開催となる。
 開催期間は2018年4月20日〜23日、今回も魔道杯前のストーリーが無かった。

報酬精霊

ガチャ産スキルの劣化版が多数登場。

PEACEMARE<ピースメア>

 水 魔族 AS:2色以上で回復 SS:パネル色に応じて上昇
 やっと配布されたガウガウ?型の劣化版。5問正解しないと使用できない。

ROUSEMARE<ラウズメア>

 雷/光 魔族
 クレティア型精霊強化の劣化であり、トシュカトルやエンテレケイアの属性違い。

DRESSMARE<ドレスメア>

 火/水 魔族
 SOKレイド版ヴィロムコの属性違い。

WINGEDMARE<ウィングドメア>

 雷/闇 魔族 AS:3連撃 SS:蓄積・邪
 早くも蓄積解大魔術が配布。
 ただしガチャ産と違い、ファストVしか持っておらずすぐには使えない。また効果値も最大3000と半分以下になっている。

ROADMARE<ロードメア>

 火/闇 魔族 AS:ダメージアップ、10ch消費でさらにダメージアップ SS:セカンドファスト型斬撃大魔術
 ssは初回10T、以後2Tで出せるアルルシ型。初回が4T遅いものの2T毎に出せるようになるのは同じ。
 ASは覇眼戦線3のリヴェルドに近く、10ch以上あると食われるのが痛い。頑張って貯めたチェインを食ってやるにへ チェインを食って周囲に迷惑をかける奴がいるぞば
 珍しくパネブを一切持たないためパネル事故に注意。
 空戦のシュヴァルツで一定のチェイン数でターンを終えると怒る敵が登場したため、一応接待クエストがあったと言える。
余談
 黒ウィズゴールデンアワード2017のイベント賞に「『特別Project』が始動! 」となっていた。今回のメアレス犬「メアレスProject」と銘打たれているため、イベント賞としての企画である可能性がある。

どなたでも編集できます