職・超魔道列伝 アルティメットワーキングガールズ!は2019年3月29日(金曜日)〜4月30日(火曜日)開催のイベント。
 略称はUWG。
 UGUSGUHGの続編イベントである。

開催前
 魔道杯明けの3月26日(火)に謎のチラシが飛んでくる形での予告があった。チラシが飛んでくる演出、およびチラシに書かれていた文字からすぐにUG系列のイベントだと分かった。
 その翌日にはエリス、ソフィ、イーニアの常識人トリオが登場。この段階でタイトルが分かり、一部のニートプレイヤーが怯え始めた。
 イベント開始前日はおせにゃんが生放送だったこともあり、16時にはアリエッタ、リルム、レナの予告に入れ替わっただけだったが、予告にはただ一言、「働け」とだけド直球に書いてあったため、今度こそ一部のニートプレイヤーに突き刺さった。
 中には「ニートの俺にはきついからストーリーは全スキップする」と宣言する者もいる模様。働かないと課金できないからしょうがないね。
開催後
 ストーリー面はサネーの扱いを除き概ね良い感じである。特に今までの不遇な扱いから評価が猿やら「金金金、インゴットとして恥ずかしくないのか!」とネタにされていたソフィが大企業のCEOとして活躍するなど、今までと比べて評価の大躍進が目立つ。

イベント内容

  • 本編(2019年3月29日(金)16:00〜4月30日(火)15:59)
  • 超高難度(2019年4月4日(木)16:00〜4月30日(火)15:59)

同時復刻

いずれも(2019年3月27日(水)16:00〜4月16日(火)15:59)
  • UG
  • USG
  • UHG

新要素

社会常識問題

 イベント内の特殊形式クイズとして社会常識を問う問題が出される。例題としては、冠婚葬祭、ビジネスマナー、テーブルマナーなどが紹介された。ニート程解けない問題として評判が良い。
 問題数はコラボ問題と同じくらいでそこまで多くないので、覚えてしまえばエクストラではカモにできる。実生活でも是非活用してみよう。
 全部が新問というわけではなく、既存雑学問題からの流用と思われる問題も見られる。
 アリエッタが持つ新スキル。また蓄積
 精霊に付与されたバフ、デバフ等をカウントしていく。スキルを使用すると蓄積はリセットされる。
 精霊強化とは特に相性が良く、カウントが一気に増える。
 なおこれまでの蓄積とは異なり、メンバー全員でのカウント合計なのでエンハを掛けたり毒などのバステを全員に掛けられるだけで一気に蓄積される事となる。
 レッジSSを2回使用するだけで30たまりその状態でSSを使用するだけで100万越えのダメージが出るというお手軽さに、EX-ASや鈍化を実装してクイズゲーにしていくような素振りを見せた運営が何をしたいのか不信に陥るものも多い。

良かった点

「社会性」について

 予告の印象とは真逆に、本編では序盤から舞台となるマドーワークの「社会性」が黒幕であるサネーの言葉一つで決められる怪しいものだと示され、あっという間に格闘漫画における「戦闘力」と同じ扱いになってしまったことで、身構えていたユーザー達はそろって脱力することになった。

 黒猫の魔法使いも、サネーにほぼ難癖のような理由で社会性が最低だと定められたものの、マドーワークにおける「社会性」は結局は一定のルールで点数つけるものであるため、中盤からはすぐにコツをつかんで順調に数値を上げていた。
 あちこちの異界を旅してきた経験からくる適応力の高さは伊達ではない。

 この「社会性」のルールは、アリエッタほか、いつもの一同の普段と異なる面(及びいつも通りな面)を描写するのに役立っており、とくにこれまでシリーズで存在感が控えめだったソフィの存在に焦点を当てるために大きく機能していた。

 最終的な展開を含めると、今回の「社会性」「社会常識」というキーワードは、社会の基盤になるものである面だけではなく、ルールを作る側の都合のいいものになり得る面をも示すものとなっている。

キャラクターについて

 メインの登場人物たち全員にそれぞれ見せ場が作られていて、極端に扱いの悪いキャラがいない。
 とくに、常識人という設定ゆえに今まで出番が控えめだったソフィの活躍はキャラクターのイメージを壊すことなく丁寧に描写されていて、多くのユーザーに好評だった。

 また、UGから登場していたミツボシとサネーの二人は、同じイーニアの弟子でありながら、付き人に取り立てられたミツボシと、選ばれなかった嫉妬からイーニアの下を去ったサネーとで大きく明暗が分かれる最後となっている。みんなイーニア先生好きすぎるだろ。

悪かった点

ストーリーについて

 コメディ系ストーリーのUGシリーズであるが、仮にも超大物魔法使いであったイーニアの弟子であったサネーが、序盤から終盤までこちらをひたすら見下すような態度を取ってくる。 大物魔法使いであれば魔法技術以外の精神的な修行なども行ってそうではあるが、イーニアは魔法しか教えていなかったのだろうか…?*1
 牢獄に入れられたとの事だが他の黒幕はミツボシにより逮捕され、あっさりと終わったという印象がかなり強い。
 また、リルムは過去のイベントを活かしているが、イーニアの背骨についてもサネー以外誰にも突っ込まれる事がなく、あまりにも不自然である。
 まあ社会性関係に関しては単位、基準などサネーが勝手に決めているので仕方ないかもしれないが・・・

 悪かった点というほどでもないかもしれないが「主人公と少女たちが理不尽に囚われの身になる」「最後は暴動を起こし、囚われている施設を破壊して脱出する」という展開は2か月前のイベントでもやったばかりである。
 また、4月前半のイベントで労働や勤労をテーマにするのは2年連続となる。新社会人へのメッセージのつもりなのかもしれない。

ポイントについて

 本イベントだけではないが、パネル連結を使って、2問とも正解してもパネル一枚分のポイントしか入らない。社会常識パネルを連結してもボーナスポイントすら1枚分。通常と社会常識の組み合わせの場合、どちらを先に踏んでもボーナスは入るが、通常のポイントは(演出を見る限り)2枚目のものだけが入る。パネチェンなどで異なるボーナスポイントのものを解答した場合どちらが優先されるかは不明。この辺りに配慮がない運営は社会性がない。
 また報酬が他のタッチで一括でスキップできるようなイベントと違い1つ以上報酬がもらえる場合、いちいちスキップしますか?という選択肢が出てくる。この選択肢が出た場合はいorいいえを選択しないと何もすることができず下手をすると何もしない方が早いまである。

社会常識問題

 5秒以内に問題の解答を求められるウィズにおいてなぜか2重否定を持ち出してきたり、単純に問題文が長いといった不満点が上げられる。また、問題も?となるものが多少あり*2そういった不満がいくつかある。

ガチャ

 基本的にはFairyChordの色違いが多い。全員が活躍の場は違えども強力なアタッカー気質である。
 ちなみに、SSの時の名称は全員マドーワーカーで統一されている。

超当選確実 アリエッタ・トワ

 水単色。 AS:攻撃 SS:蓄積解放大魔術・印 EX-AS:全体化
 新スキルの蓄積・印持ち。レッジ、タツマ、ウリシラなどのいくつものバフを同時にかけられる精霊と相性が良いのだが、アリエッタだけでは火力を上げられないため今までの蓄積と異なり艦隊性能は高くない。複属性持ちだがチェイン犠牲強化のリレイとは相性が抜群に良い。
 EXASは10ch以上で永続の全体化。イベントではそこそこの火力を出せる。
 最終的に選んだ職業は政治家。SS+ではなんと選挙ポスターになる。実際は政治家になるにはもちろん選挙に当選する必要があるが、それ以外に特殊な資格などは(年齢を除き)必要ない。(ちなみにアリエッタは12歳設定らしい…)

 蛇足だが、約3ヶ月の間に3度も限定化されるという前代未聞の事態だが特に何も言われる事がない。

社会派リポーター リルム・ロロット

 火/雷 AS:攻撃 SS:Lカウント大魔術 EX-AS:貫通、チェインプラス
 FairyChordのルミスの色違い。ロザノク、リザ等と相性が良い。
 効果値3000は昨今のインフレの中では少し弱く見えてしまうが、4T周期で複属性の分も攻撃できるため数字以上に強い。(雷属性に対し7500の効果値。ガチャ産3色パネル爆破の6000より効果値は出る。素のステが爆破の方が高いためそこまで差は無いとは思うが)
 それ以上に今回の報酬のエターナルロア(配布版WAS)と組めるというほうが重要かもしれない。
 ストーリーでは中盤からADとして登場。アイドルでいいんじゃ?ADは主にディレクターの手伝い係。アイデア出しから当日の収録、編集作業まで業務内容は多岐に渡るはずだがどう見てもそんな事をしているようには見えない。誰だこいつをADとして起用したディレクターは!

燃える消防士 レナ・イラプション

 火単色。AS:属性特効 SS:パネル爆破大魔術 EX-AS:貫通
 セカンドファスト持ちのパネル爆破。初回は8Tかかるが2回目以降は2Tで撃てる。パネルリザーブミカエラ、アイドルリルムや総合レメモ等でスキチャを使って連発すると強い。
 訓練している職業は消防士。燃やす側じゃないのかとエリスもイーニアも思っていたようだが、逆に燃やす側の心理などを考えて行動している。大人になったな。
 実際は各消防署による教養試験、体力試験などに合格して消防学校で研修を受ける必要がある。森林火災や油田火災などで、爆発による爆風を利用して消火する「爆風消火」という消火方法も存在する。

魔道RQ エリス=マギア・シャルム

 雷単色 AS:連撃 SS:無属性変化 EX-AS:全体化
 6周年キワム&ヤチヨ、FairyChordのタツマの色違い。現状ではEXASでの使用の方が有力候補だが、SSは接待されたら替えが効かない可能性が高い。
 訓練している職業はレースクイーン。SSでは今までに比べて露出が減っているが、Lではやはり露出が多い。
 なお、この世界にレースなんかあるのか、という考えを持った皆さんは正解である。グリモワールグランプリはあるけど。
 現実のレースクイーンは、最近では女性のみを起用するのは不公平などの指摘が相次ぎ、徐々にその姿を減らしつつある。

ひよこ鑑定士 イーニア・ストラマー

 水/光 AS:攻撃 SS:パネルリザーブ EX-AS:連続化
 6周年リフィル、FairyChordソウヤの色違い。なぜかリフィルやソウヤと違って斬撃型40chのアルルシと属性が同じ。併用した場合はダメージの大きさでは勝るが、融合の組みやすさや止められやすさで劣る。
 訓練している職業はひよこ鑑定士。養成所で訓練と実務経験を積み、36分で400匹のひよこを鑑定する試験に合格することで資格が与えられる。手のサイズが大きいと不利であるため欧米人はなりづらく、偏見なども相まって外国人のひよこ鑑定士は少ない。特にイギリスでは慢性的に足りていないとか。
 近年機械化が噂されている。

魔道科学の探求 ソフィ・ハーネット

 雷/光 AS:属性特効 SS:弱体化大魔術 EX-AS:全体化&チェインプラス
 FairyChordのリレイの色違い。蓄積聖のロザリアやリフィル、40chリフィルとの相性が良い。EXASでチェインを増やす立ち回りもできる。
 訓練している職業は科学者。社長職は?専門とする分野によって様々だが、一般的には大学等で研究していたことから繋げて研究を続けることが多い。
 今回はCEOである事と魔法使いである事を生かして序盤から終盤までかなりの大活躍をする。これで猿呼ばわりから脱出できるか…?
 なおSS+でメガネを掛けるので、眼鏡っ子好きは要チェック。

報酬精霊

 ドロップ報酬、ポイント報酬、ミッション報酬が各1枚ずつの計3枚。
 WAS、残滅、融合大魔術とかなり性能が高い。

ピンとこない罵詈雑言の嵐 鬼教官

 火/雷 AS:連撃 SS:融合大魔術
 魔道杯エルナの色違い。単体融合大魔術持ちで、何故かガチャ産と異なりASがノーチェイン。
 結晶化で汎用のA+のパネブになる。

魔杖バーテンダー エターナル・ロア

 火/雷 AS:分散攻撃 SS:ダブルAS付与 EX-AS:複属性攻撃強化
 ぼったくりバーの店員。この姿は1割程だけ乗っ取らない状態だとは本人談。
 配布WAS。今回のイベントのガチャで手に入るリルムと相性が良い。さすがである。
 蛇足だが配布キャラにしては久々の3段階進化である。

新たな社会を サネー・ウェスト

 水/闇。 AS:連撃、複属性攻撃強化 SS:残滅大魔術 EX-AS:全体化
 残滅エネリーの色違い。チェインを稼ぐ手段、闇属性のダメージ役として使える。EXASは効果値が高いが継続ターンが短い。

報酬結晶

 ポイント報酬に2つ。

超魔道選挙ポスター

 光と闇のダメージを5%軽減する。スビェート結晶やヴィロムコ結晶と比べて軽減できる量が少ないが、持っていなければ代わりとして使える。最近は光や闇ばかり出るステージも多いのでその場合全員からのダメージを減らせる。

マドーワーク卒業記念の品

 融合強化の攻撃強化継続ターンを1増やす。マドーワークは破壊しただろなどと突っ込んではいけない。
 アイドルωキャッツ!!の男気の結晶の融合版だが、現状ではエンハンス付きの融合強化は2018年の各種コラボガチャ産しかいない。
 持っていなければ配布版の実装を待つか、コラボの復刻を待つ必要がある。

超高難度 ☆☆☆級 メリィの腕試し

 全2戦のクエスト。今回はSSでのドロップとなっているため、進化させるには3周する必要がある。

 最近の高難度は覇級よりも簡単と言われがちであったが、死の秒針→強制進行の極悪コンボ、強めの残滅とニートを蹴落とす社会常識パネルでプレイヤーを苦しめた。アイドルリルム×3にアルドベリクを組み合わせてヨビコを呼び込むことで1TSSで攻略されたとはいえ、このデッキを組めるようなプレイヤーはほとんどいないと思われる。

 なお、ミツボシは今までのUGシリーズの全てで隠し精霊に近い形で配布されているが、今までに戦ったことはない*3(ちなみにUGの時には黒猫氏たちがロアちゃんと戦ったりワチャワチャしてる間に優勝していた)。
 もちろんミツボシもあの頃と比べて成長しているのだろうが、もし当時の手持ちでこれほど成長したミツボシと戦ったとしたら勝つのは相当難しかったと思われる。
 なお魔法使いと「手合わせ」と言っているわりに協力者が3人いる点には決して突っ込んではいけない。

犧廼瓩遼眛算痢.瓮螢・ミツボシ

 雷/光。AS:回復、SS1:特殊パネル変換、SS2:スキルチャージ
 オルハレポートのエンラの色違い。
 SS1はおみくじ型の特殊パネル変換で、極稀に当たりの効果も付いている。SS2のスキチャは劣化版アルティミシア&コリンと言ったところ。

大出世の結晶〈ミツボシ〉

 術士の精霊のHPを200上げる。覇眼3のヴァヌスス結晶の強化版。コストは30と高めなので、自分のレベルと相談して集めよう。

その後

 2019年12月に開催された大魔道杯 in アルティメットマナーガールズ!のストーリーはマドーワークが解散し、ミツボシが新たな筆頭理事に就任後の話となっている。元鬼教官のジーナが新キャラとして登場。

筆頭理事の品格 メリィ・ミツボシ

 水/火 AS:攻撃 SS:スキルチャージ EX-AS:チェインプラス・EX強化
 ASは味方全体のHP10%消費するが、EX-ASならEX強化に回復があり自己完結する。
 EX-ASはメアレス3エリンの永続版でデッキ全員をEX-AS持ちで固める方が良い。

魔道士協会新米理事 レプス・クルゥ

 火/光 AS:連撃 SS:時限大魔術
 SSはハロウィンプリフィカちゃんさまの光バージョン。
 ガチャ産と効果値は同じであるが、発動するまで5ターン必要でレプスの攻撃力も低い。

鬼教官 ジーナ・ブル

 雷/闇 AS:複属性攻撃強化 SS:快調大魔術
 マドーワーク解散により失業した元鬼教官、レプスにマナーを徹底的にたたき込む。
 SSはHP100%時の追加効果値がガチャ産の半分に抑えられている。

関連項目

どなたでも編集できます