※スマホ版では白文字(#ffffff)をドラッグできず見えないことがあるため、白文字は使用せず括るか、灰色の(#f3f3fe)あたりをお使い下さい。
※段落の頭に全角空白を、スペースや英数字は半角を使用して下さい。(周知のため1週間程度この文言は残しておいて下さい。)

 新春!天女チャレンジ2022は2022年1月1日(土)〜1月31日(月)開催のイベント。
 例年開催されている天女レイド、また1週間前に開催されていたメリクリ大魔道杯 with 超絶パリピ天女の続編イベントである。
開催前
 メリクリ大魔道杯 with 超絶パリピ天女のストーリーの長さ的に、年始も天女イベが来るということは大体の人が察しており、またトリテンのLtoLが(素材はないものの)魔道杯終了時点ででき、その時点で新春!天女チャレンジ2022の存在は判明していた。
 また、12月28日から謹賀新年に登場するキャラがカウントダウンを行い、12月31日にかねてより予告されていたおせにゃん#129にて正式な発表があった。
 そして謹賀新年ガチャは1月1日の0時より、新春!天女チャレンジ2022は16時より開始となった。
開催後
 裏トリテン戦を除き基本的に難易度がかなり低かった、周回もさほどではなかった、今まで難民が発生していた結晶が手に入るようになったなどかなり良かった点が多かった。
 地味だが、およそ4か月?近くぶりにイベントタブのミッションが使われたというのも注目すべきか。
 問題点として次のイベントである黒ウィズダンジョン ゴールデンアワード2021が開催された1月14日に「何のお知らせなどもなく」投票券Dが交換報酬に追加された点は問題といえるだろう。

イベント内容

  • 本編(2021年1月1日(土)16:00〜1月31日(月)15:59)

良かった点

報酬の復活

 干支レイドの報酬が全て交換所に投入されている。
 今まで難民の出ていた(見破り)トリテンや複色30%回復ネミミなどもいる。
 もちろん丑ヶ崎の精霊大結晶も交換所にあるため、結晶難民が救われる事になる。
 しかも、結晶はランダムではなくすでに結晶化されたものを交換できるというとても楽な仕様。
 問題はこのイベントが期間限定という事だが…。まあ、数か月もすれば復刻もできるようになるだろう。
 →2022/04/06に復刻できるようになったよ!

周回数が(当社比)少ない

 今回交換に(最低限)必要なコインは進化のピース32万×2+結晶30万×2+クリスタル9個145万+漫画チケット30万+限定投票券25万の324万。
 丑結晶が1つ50万したり、過去の神などを回収しようとすると進化素材を抜きにしても4万+4万+150万+30万+24万+30万+20万+1万+3万+3万2000+4万+3万2000+4万+3万2000+4万+3万2000+4万+6万4000+4万+3万2000+4万+マナエレメント9万×11必要(累計追加312万4000+99万)だが、前回の合計1700万コイン必要とかいう気が狂った数字と比べるとかなり少ない。
 周回効率は裏トリテンがSSで1周15万といいが、裏イノジョがオートで回せるので(Sで7万2320)そちらのほうが良いだろう。

正月&干支パネルミッション

 オートだと選ばないはずだが4つ全てこのパネルになる事があり、この時は選んでくれる。
 もちろん正解するため、つまりこのミッションはオートで達成可能と言う事になる。

悪かった点

ビシュラ

 クエストでマワシはいるのにビシュラが出てこない…。

6人しかいない

 12の干支の数だけ天女がいるはずだが、卯〜未の天女が実装されていないため6人しか出てこない。
 ハードでは裏クエストとして3人いるが…。

限定化投票券D

 1月14日に突如追加された投票券。1枚1万コインで25枚まである。
 問題はこの投票券追加のお知らせがまともにされていないという点である。

賛否両論点

オートのパネル事故

 これはクエストの都合上仕方ないのだが、正月パネルが特殊ジャンル扱いなので、オートではかなり選択されない。
 選択順位としては
 リーダーの主属性の色→左上パネル(特殊ジャンルの場合は特殊ジャンルでない右上→左下→右下のパネル)→すべてが特殊ジャンルパネルの場合のみ特殊ジャンル
 という順序なので、特殊ジャンルが2枚だとか3枚出てくる場合は、リザーブなどを用意しないとすぐにパネルが尽きることになる。(4枚すべてが特殊ジャンルならば一応踏んでくれる)

箱根駅伝問題

 正月恒例ということで問題に含まれているのだが、箱根駅伝は関東学生陸上競技連盟に所属している大学しか出場できない。
 そのため、関東圏でない人にとってなじみの薄い問題となってしまっている。ちなみに箱根駅伝問題は10問〜20問くらいある。
 基本的に下記のことを抑えていれば解ける。

ネタバレなので一応折りたたみ

その他

石の数

 今回は交換所の9個にノーマル6個、ハード9個、君の本で14個の38個。PVとおせにゃんを合わせても40個と少なめ。
 ただし、本イベントは正月ストーリーと同時開催なので実質49個とも言える。
 ちなみに、君の本は黒ウィズゴールデンチャレンジのところに入っている。
 毎年正月にあった謹賀新年クエ(猫師匠が報酬で石が10個くらい貰え、鏡もちジェムとかが敵として出るクエスト)や謹賀新年魔導書などは廃止されている。

 ここ最近は縮小の結果配布石がかなり少なくなっており、昨年12月は結局130程度(去年は250?、2年前は300ちょい?)しか配られていないという点には注意。(主に今後春までに来る予定のGA後半や9周年、GWなど)

ガチャ

 天女ガチャではなく、例年通り謹賀新年ガチャが行われた。
 精霊はリュオン&イスカ、ヨミチ、サージュの4名3種。
 12/28日からのカウントダウンでサージュの→ヨミチ→イスカ順番で登場していたためまた属性被りガチャ?と懸念されたが、12/31のカウントダウンでリュオンが登場、さらにおせニャんで3属性ガチャと正式に判明した。

夜店を巡る リュオン&イスカ

 水/火 AS:種族攻撃強化・属性特効 SS:特殊パネル変換 EX-AS:全体化・連続化
 リーダーと非リーダー時にスキルの効果が少し変化するAS/SSを所持している。
 SSは今久留主のほぼ上位互換的なものとなっている。 
 EXASはリーダーという簡単な条件で発動する癖に、水属性以外に3100+500の全体化(水属性なら500)となかなか狂ったものになっている。
 また地味に経験値アップ召反幹禹ち。AS封印耐性はないのだけは注意。

 しかし、このキャラが出たことで多くの人が思ったのが最近出ていないチェイン反転がまた出てくるのではないかという懸念。
 接待しなくても十分強い精霊なので、あれだけクエストの難易度を無駄に上げたチェイン反転にはさすがに出てほしくないところ。
 ちなみにチェイン反転自体は今回はイノジョ戦で使用してくるのだが、イノジョがEXAS重視で挑むクエストである(オートプレイが多い)、イノジョ戦で4tかけて怒らせないと使用してこないため、「そもそも見なかった、存在を知らなかった」という人が多い。

 ところでこの話のストーリーの時期設定はいつなんだろう?

こそばゆい幸せ ヨミチ・ヨミドノ

 火/闇 AS:属性特効 SS:逆襲大魔術 EX-AS:全体化・貫通
 火版キルラ。
 キルラであれだけやらかしたので出ないかと思いきや1月の間を空け登場。
 SP封印がないのでそこだけは注意。

 相変わらず衣装が妙にエロイ

正月を堪能する サージュ・ソネガン

 雷 AS:攻撃強化・チェイン攻撃 SS:爆裂連鎖 EX-AS:全体化・属性特効連撃
 雷版ルシエラ(クレティア)。
 EXASの属性特効連撃はこのキャラが初となる。とはいえ、挙動自体は通常の属性特効連撃と一緒。 

報酬精霊

 交換所で40000ポイントで交換できる進化のピースを8枚集める事で進化。
 どちらのキャラも持っていなくても交換所で入手できる。

申年はうちの時代! マワシ・アイア

 水 AS:回復・攻撃強化 SS:パネル変換/パネルリザーブ EX-AS:ガード・ダメージブロック
 配布の水属性SSで3色リザーブは初だが…。正直微妙。
 EXASも1年近く前の配布であるキャンプガールズでよさそうな性能となっている。
 地味に水/術士だとHP1300、攻撃1000アップ。

酉年は飛躍の年! トリテン・コロロ

 雷 AS:回復・攻撃強化 SS:解答削り EX-AS:種族攻撃強化
 ステータスが上がり潜在が強化されAS封印無効がついた。
 それだけなのだが、元が一線級に活躍しており難民すら発生していた精霊なため、かなり強い。
 問題はエクストラが消滅し二度と戻ってこなさそうなことなのだが…。(それでも通常クエストでも十分活躍はできはする)
 今後難易度地獄でトリテンを使ったほうが通常攻略より楽ということも出てくるだろうか…?
 EXASはおまけ。

報酬結晶

 2つはそれぞれ30万コインで交換、もう2つはお正月パネルを解いた回数のミッションから入手できる。

たいやきもこしあんで

 激化大魔術の初期効果値+75、攻撃回数+1。
 30万コインで入手できる。

 多分リュオンお手製。
 ちなみにこしあんの鯛焼きは実際にあるらしい。

和ノ国ばっぐ

 残滅大魔術の初期ダメージ効果値+1000。
 30万コインで入手できる。

雪メスタヌキ

 種族が亜人の味方全体の攻撃を500アップ。
 回数ミッションで入手できる。

 種族亜人ってほとんどいないのですが…。

異国の杯

 純属性<雷>の味方全体のHPを500アップ。
 回数ミッションで入手できる。

 銀魂コラボのドS結晶の代わりとしての配布か。
 

LtoL

 謹賀新年2017の精霊(4体)とBoNo2(3体)の精霊がLtoL予定とおせにゃん#129で発表された。
 見どころはメルテールが詠唱大魔術から爆裂大魔術に変更されるとのこと。
 そもそも変更するならほかの詠唱大魔術も救ってやってほしかったり、変更先の爆裂大魔術もほとんど使われていないスキルなのが気がかり。
 また、BoNO2の精霊にはシリスが含まれている。2シリスは水版がカムシーナで配布落ち、雷版は存在すらしていないという黒猫史上稀に見る明確な失敗認定されているスキルなので注目が集まっている。

 イベント開始から少し遅れて1月5日にLtoL解放。
 半数以上が魔改造され、一部キャラ(特に正月キャラ)は原型すら留めていない何かに変化した。特に変化が激しいものを解説する。
 注目のシリスはまさかの6t/2t周期の効果値7000の無属性大魔術。さらになぜか自分を含めたスキルチャージ1を行うため実質的に毎ターンスキルが使える。
 ツクヨは全体チャージブーストが撃滅連弾/特殊パネル変換に。一応原型として特殊パネル変換は初となる自傷パネルを自ら付与する。もっと原型残すべきところあったと思うんですけど。
 エテルネ/ファムはリエンさんと同じ自己ステアップだったのが統一強化に。回復過剰なwas属性で回復でない統一強化とかなり使いやすくなった。
 正月キュウマは自傷攻撃+特効大魔術がパネル数攻撃+複属性封印強化/双滅大魔術に。もはや原型などないレベルである。
 アデメモは、SS2が蘇生ではなく精霊強化になってしまったのでわざと進化をさせない人もいるようだ。
 運営のほうから注目とまで言われたメルテールは爆裂は単体なので既存の2倍、AS自体は数年前のレベルと正直期待外れな感じであった。

どなたでも編集できます