「聖なる空のエステレラ3 きらめく星と想いの物語」は、2018年6月30日開始のイベント
 聖なる空のエステレラ聖なる空のエステレラ2の続編である。

開催前
 6月の魔道杯終了直後、お知らせでの画像チラ見せから開始。
 「初めての夏−」というキーワードと星がついたカニの絵から「ポポラの里*1」イベントを予想する声も多かった。
 その後の精霊チラ見せによりエステレラ関連イベントの可能性が高まり、金曜日に公開されたおせニャんでエステレラ3であることが発表された。
 エステレラ1、エステレラ2、イタズラ女神、登場キャラが出ている季節やGAのストーリーもおせニャん公開後に復刻開催。

 ちなみに、月末の土曜日に開始されたイベントは空戦のドルキマス3以来。
開催後
 イタズラ女神キャラのLtoL解放。
 エステレラ1、エステレラ2、イタズラ女神ガチャが闇鍋ではなく、イベント毎の単独筐体で復刻された。

イベント内容

  • 本編 (2018年6月30日(土) 16:00 〜 2018年7月31日(火) )
  • 想いの輝石送り (本編覇級クリア後にミッションを受け取ると開放)
  • 超高難度クエスト (7月4日16:00〜7月31日15:59)
  • 聖なる星のフェスティバル (7月6日16:00〜7月13日15:59)
    • 七夕にちなんだイラストカード配布とミッション開催

新要素

敵スキル 強制進行

 ノーマルモードから使用する敵が配置されている。詳細は強制進行を参照。

想いの輝石集め

 本編と超高難度クエストにてパネルにランダム付加される輝石を集める要素。稀に出現する赤/青/黄の特殊輝石を3色集めるとボーナスで輝石が50個手に入る。特殊輝石は3つ集めるまでクエストをまたいでもストックされ続け、またストックしている状態で同色の輝石を入手した場合輝石3つになる。

 集めた輝石を持っている状態で「想いの輝石送り」クエストをクリアするとイベントポイントへと変換でき、このポイントを集めることが最終目標となる。(報酬は18万Ptまで。)
 「想いの輝石送り」は難易度が高いクエストほど変換できる輝石の条件とポイント変換効率が良い。

 システム自体はエステレラ2をほぼ流用しており、デフォルトで正解率表示が有効化されている。

潜在能力 単色○属性の精霊の攻撃力/HPをアップ

 クレティアにて初実装。いきなり攻撃力/HP両方を1000アップから登場した。

良かった点

背景及びBGM

 今回も評判が良い。戦闘BGMはアトリエシリーズを思い起こさせるという声も。

ストーリー

 クレティア推しで来るのかと思いきや、各キャラにそれなりにスポットが当たっていた。また、久しぶりにリタがまともに登場した。配布精霊で性能、画像が良かったため割と一定数のファンはいる模様。

必要周回数が少ない

 お助け級以上を周回できるのであれば、ポイントのための周回数は20周行くか行かないか程度と優しい。

難易度

 幻魔特区RELOADEDはハードの一部クエストが難しかったが、エステレラ3は強制進行対策をすればそれほど難しくない。
 ハード封魔級に先制3属性ガード100%の敵が出るが、即死攻撃はしてこないので光闇属性で殴れば倒せる。

悪かった点

 前回から半年しか経っていないのに開催したせいか、ストーリーやシステム、設定など色々な部分に手抜きや噛み合わない部分が見受けられる。

ボリューム

 エステレラシリーズは開催される毎にクエストの規模が小さくなり、今回は通常のイベント型になってしまった。
 さらに土曜開催で翌日にはだいたい終わらせて、結局暇猫になってしまった人も多い。

ストーリー

 良かった点の裏返しだが、クレティア1人で受けるはずの試練に女神3人+天使1人+大賢者様1人+一般人(?)2人+猫1匹と豪華サポート陣が揃ってしまっている。そのため敵方が女神1人とショタ1人、あと海獣といった面子では全く戦闘に緊張感が生まれず、単に薄っぺらい話になってしまった感もある。
 別の試練を1人で受けているはずのリアラが可哀想という声も。

 また、今回のストーリーは簡単に言えば「ダリアの過去がバレそうだったから邪魔されたけど許した」というもので、ダリアのただのわがままだけのストーリーというあまりにもスケールが小さすぎる話となってしまった。

 また、輝石を1000個集めなければいけないはずなのに最終的に999個で試練をクリアしており、設定が噛み合っていない。

 なお、リアラの試練に関しては1年近く経過した2019年GWのリアラ&クレティアのストーリーで明かされた。こちらもソラナやヒカリ、ドルティなどの手助けを受けることができた模様。

ソラナ&ヒカリの出番が一切なし

 ソラヒカファンはがっかりしていた。
 ヒカリあっちいった〜
 2018年七夕記念イラストカードにデフォルメされたソラヒカ、リアラが登場している・

想いの輝石送り

 エステレラ2とは違い、手に入れた輝石をここで選べるクエストで送らないとイベントのポイントが一切増えずに報酬が貰えない上に1度で送る事ができる輝石の数に限界があり面倒である。
 クエストは4つあるものの、共に叶える級はお助け級のクイズ難易度を上げただけであり手抜き感が漂う。
 よって、かんたんモードをONにすると敵のHPを1.25倍にしたお助け級に成り下がってしまう。
 また、何故か再挑戦機能は使えない。
 運営助っ人以外の助っ人を選ぶと次に挑戦する時にはいなくなっていることもザラである。

不具合

 ボイスOFFの時限定で、1問答えると左上のクレティアがクエスト終了まで延々と口パクする。

ガチャ

 全6種類で全員女性。カードは全てSS/SS+/Lの3段階。

知慧は大海の如く ノイン・ケーラ

 火単 術士 AS:デッキ内の単色精霊に応じてダメージアップ SS:捕食大魔術
 早速ドラプロレイドのバルミラージュで試し斬りされた。
 ところで夏のにへ派キャンペーンとは…?

輝く夏の恋天使 マーガレット・リル

 火/水 天使 AS:解答速度エンハ SS:融合パネル変換

天飾る願い星 クレティア・ブライユ

 水単 術士 AS:属性特効、SS:弱体化大魔術
 SSの弱体化大魔術は従来型と比べ1T持続と短くなった代わりに効果値が増えている。また、初の純属性しかステータスが上がらない潜在能力を持つ。
 捌式での適応力が高い。

夏の悪戯 プリフィカ・ランクスター

 雷/闇 神族 AS:ルーシュ型攻撃、SS:特殊パネル変換
 久々のルーシュ型ASを持つ。3色変換精霊やクルイサの天邪鬼結晶とどうぞ。

夏と戯れる賢神 リタ・バニスター

 雷単 神族 AS:連撃、SS:純属性強化
 SSはいわゆるサクト型。これで3属性出揃った。
 イベント配布で初登場したキャラがガチャで単独登場するのは、ミス&ミスタークロムマグナガチャのイツキ以来となる。

常夏禁断果実 イヴ・フォルクロール

 水/光 神族 AS:連撃、SS:残滅大魔術
 あまりの爆乳っぷりに胸にリンゴを入れているとの噂。
 SS+カード絵の不良化(?)も健在。今回のガチャ産の中で唯一強制進行がプラスに働く。

報酬

結晶

 ポイントを集めることにより2つ入手。ボスの結晶化もある。
規律を定める教典
 種族が神族の攻撃力とHPが150アップする。
聖夏の波音
 「起死回生?」の継続ターンを1増やす。

報酬精霊

 ドロップボスは絶級のみ。

恋する海獣使い ペスカ・フォルド

 火/雷 戦士 AS:20チェインで敵単体を2回連続攻撃、SS:20チェイン付き多弾魔術
 20チェイン勢のイルーシャの劣化版。劣化にしてはそれなりに使えるのではないだろうか。
 結晶化するとオリジナル絵柄の「多弾魔術250アップ」になる。コスト+30であるが量産可能。

秩序を司る女神 ダリア・ブラウ

 水単 神族 AS:回復、SS:撃破強化?
 覇級のサブクエコンプで最終進化。

聖界の夏休み サフィナ・ファウト

 水/火 神族 AS:回復、SS2:統一パネル変換
 累計ポイント報酬。回復パネルを作れるメロウ&アヴリオの水/火版。
 自己紹介ボイスではあの精霊が出てくる。

超高難度

 7/4の16時に開放。
 最初の1ターン目に強制進行を食らう事、5体同時に倒す事さえ覚えておけばダリアのHP1000万を地道に削って行くだけというそこまで難しくはないクエストとなった。

暴走する秩序の女神 ダリア・ブラウ

 AS連撃 SS毒。
 いつもの2Pカラー毒おばさんがまた1人…。「今さら遅いのよ!」はこっちのセリフだよとの声多数。
 結晶化する事で毒ダメージ6000upと継続ターンが1T増える結晶になる。

どなたでも編集できます